【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

警察官を辞めたい人向けの全知識。転職して後悔しないために知っておくべきこととは?

「警察官の仕事がきつい…辞めたい…」
「警視庁の仕事があまりにハードすぎて辛い…」

このようにお悩みではありませんか?

警察の仕事はさまざまなものがあり、代表的なものとしては、

  • パトロールや巡回
  • 交通取り締まり
  • 事件や事故の現場検証
  • 犯人追跡や逮捕
  • 証拠収集
  • 取調べ
  • 裁判
  • 交通安全教育
  • 防犯活動
  • 災害時の救助活動
  • 治安の維持
  • 国民の安全の確保

など、多種多様だと言えます。

また、警察組織は大企業並の大きな組織ですから、一般職同様、事務仕事から人事・広報といった仕事もあります。

日本の警察組織は「地方警察」と「警察庁」から構成されています。

地方警察は「都道府県警察」と「政令指定都市警察」で構成されています。
警察庁は警察の最高機関であり、都道府県警察と政令指定都市警察を統括しています。

地方警察は「警視庁」「大阪府警察」「神奈川県警察」「埼玉県警察」「千葉県警察」「兵庫県警察」「京都府警察」「北海道警察」「宮城県警察」「茨城県警察」「栃木県警察」「群馬県警察」「千葉県警察」「新潟県警察」「富山県警察」「石川県警察」「福井県警察」「山梨県警察」「長野県警察」「岐阜県警察」「静岡県警察」「愛知県警察」「滋賀県警察」「三重県警察」「奈良県警察」「和歌山県警察」「鳥取県警察」「島根県警察」「岡山県警察」「広島県警察」「山口県警察」「徳島県警察」「香川県警察」「愛媛県警察」「高知県警察」「福岡県警察」「佐賀県警察」「長崎県警察」「熊本県警察」「大分県警察」「宮崎県警察」「鹿児島県警察」「沖縄県警察」です。

要は、地方警察は警視庁のある東京都以外の都道府県すべてにあるということになります。

警察庁は「本庁」「管区警察局」「警察学校」「科学警察研究所」「刑事部」「交通部」「生活安全部」「外事部」「情報通信部」「警備部」「サイバーセキュリティ部」「警察大学校」「警察庁長官官房」で構成されています。

このように、多くの仕事内容と部署の存在する巨大な警察組織ですが、一部の地方警察では組織内部が腐っていてハラスメント的な言動を行う上司がいたり、警視庁内部の一部の仕事は想像を絶するほどの激務でメンタルの強さが求められるなど、辞めたくなる要因も潜んでいます。

また、公務員として民間企業とは異なるキャリアを歩むことから、昨今の転職が当たり前の風潮のある時代、長く続けることに不安や疑問を感じる方もいらっしゃるかと思います。

そこで当記事では、警察官の仕事の辛い部分やきついと感じる瞬間を紹介しながら、警察組織内で働くことで得られるスキルや経験、それを活かして開ける転職やキャリアアップの可能性も交え、辞めたいと悩む人にとって参考になる情報をまとめてお届けしていきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

警察官で辛いと感じる瞬間や仕事のきつい部分は?

冒頭にご紹介したとおり、警察組織は大きいため、仕事の辛い部分やきつい部分は所属する部署や上司との相性などによっても変わってきます。

ただ、その中でも警察組織内部の異常さを表す事例や、他の職業でも退職理由になりやすい要素を厳選して、ご紹介していきます。

警察組織特有のタテ型組織や体育会系のノリについていけない

警察官を始めとした公務員の多くの組織は、いわゆる「タテ型組織」となります。

タテ型組織には、

  • 「目上の人は敬う」「上の指示は絶対」という組織風土や価値観が強い
  • 出世や昇進の基準が明確で年功序列なことが多い

といった特徴があります。

体育会系の無秩序な職場に配置

また、タテ型組織は体育会系人材が多く集まり、たとえば「飲み会で盛大にストレス発散する付き合いを従業員に強要する」「ハラスメント的な言動の目立つ上司がいる」など、人によっては、仕事を行う上で強いストレスになる場合があります。

私が警察官卒業後、配属された職場は典型的な体育会系警官の集う職場でした。

職場内では汚い罵声が飛び交い、まるでやくざの事務所にでも転勤された気持ちでした。

私はそんな汚い罵声にも負けず、先輩方について仕事を覚えていきました。

その頃は、私自身が罵られるのは、いくらでも耐えられました。

それも仕事のひとつですし、時には一般市民からもそのような恫喝や罵声を浴びせられかねないことはわかっていたので、修行だとも思っていました。

しかし、私がこの職場の警察官に不信感を持つようになったのは、職務質問や交通取締りで、明らかに警察官に従う意志のある一般市民にも、恫喝めいたことを言って脅していたことです。

私はすかさずに市民側のフォローに入り、恫喝する先輩をなだめたことも何度かあります。その後、職場に戻ると「お前、先輩に向かってあの態度はなんだ?」と、平手打ちされることもありました。

私は武道経験者ですので、平手打ち程度ならかわせますが、あえて受けていました。だからこそわかるのですが、先輩は手を抜かずに感情のまま平手打ちしていたと思います。痛かったですからね。

いくら警察官と言えど、このような職場意識が未だに残っていることは、今でも疑問に感じずにはいられません。

良識のない人間でも、警察官に慣れてしまうほど、日本の警察組織は腐敗しきっているのです。

そして、そんな腐った公安の犬に治安を守らているのが、日本の実情なんです。

ハラスメント的な言動の目立つ上司や部署がある

その後、私は転属され他の部署に就くことになりました。

これが前の職場を上回るほどの体育会系人間ばかりで、パワハラの横行しているような狂った職場でした。

直属の上司がとんでもないパワハラ上司で、職場もその上司が支配していました。

目に余ったのは、唯一職場内にいた女性警官へのセクハラとパワハラのダブルハラスメントですね。その女性は黙って耐えていたものの、私が仲良くなると「辛い」「耐えられない」などと、愚痴をこぼすようになりました。

私はそれに耐えかねて、ついに職場で上司に抗議することにしました。

しかし、それが私の警察官人生を狂わせることになりました。

上司からはその日一日中怒鳴り散らされ、後日以降は職場全体でいじめのような待遇にあう有様でした。

女性警官もだんまりを決め込み、そのうち退職していきました。

それから、その女性に対する愚痴や差別のような発言が職場内で飛び交いました。

「〇〇ちゃんとヤりたかったのに」
「もったいないことしたなあ…」
「誰かさんが上司にあんなこと言うからやめちゃったよ」

…など、モラルもクソもあったもんじゃない、まるで中学生のヤンキーレベルの雑言が飛び交っていたのです。

その後、私は職場内のいじめの標的にされ、雑務を押し付けられたり、上司の機嫌が悪い時のストレス発散の的にさせられたりと、散々な扱いを受けました。

警察組織のジレンマ、理想と現実のギャップ

私は幼いころより、警察官になることが夢でした。

それは、父が警官モノのドラマが大好きだったことが理由でしたね。

また、私は人一倍正義感が強く、学生時代から生徒会や柔道部部長として、強さと正義を求めて生きてきました。

その後、警察学校を経て、無事警察官という夢を叶えることが出来ました。

しかし、その後は地獄のような日々が待っていたのです。

うつ病気味になり、転職を考える

その後、ただでさえ事件や調査があると激務になりがちで肉体的な負荷が多い仕事に、職場内での陰湿な人間関係による精神的な負荷が加わり、私はうつ病気味になりました。

時折、警察官の拳銃自殺の事件がニュースになりますが、私も深夜に職場で1人でいる時は、銃を口の中に入れて引き金を…と考えたこともあります。

その頃、友人でうつ病から退職し、その後転職した話を聞いて、私も「仕事辞めてやる!」という思いの方が強くなっていきました。

職場の人間関係ならまだしも、先輩たちの腐った姿や、さらに上の人間の天下りや責任問題の誠意ない対応などを見ていても、とても警察官が正義のある仕事には思えず、仕事に誇りなど微塵もなくなっていたからです。

結局のところ、警察官なんて正義など捨てて、組織の犬に成り下がれるクズだけが生き残れる仕事なんですよ。

その事実を現場で知った私は、今でも警察官なんて「汚い仕事」だと軽蔑しています。

警察官を辞めたい時はどうする?退職方法から転職を成功させるためのポイント

 

その後私は退職届を提出し、警察官を辞めました。

パワハラ上司が「認めんぞ!」と言ってきましたが、「でしたら、上の〇〇に提出させて頂きますが、困るのはあなたでは?」と脅しをかけたら、あっさり受け入れてくれました。警察官は上には逆らえない犬ばかりですので、辞める際に拒否されそうな場合は、こういった防衛策も必要です。

最初は「転職先が決まってから退職しよう」と考えていたのですが、多忙すぎて転職先を見つける余裕がなかったことと、その時はストレスがピークに達し、正常な判断力が欠けていて転職先選びにも支障が出ると思ったため、思い切って退職してから転職活動をする決断をしました。

事前に転職コンサルタントに相談していたのですが、警察官からの転職であれば民間企業への転職も困ることはないだろうとのことで、ひとまず先に退職しておきました。

転職先を先に決めておくに越したことはありませんが、肉体・精神共に限界を迎えているような警察官の方は、先に辞めて療養しつつ転職先を見つけるのもありですよ。

警察官のハードワークと、転職活動の両立はかなり辛いですからね。

自分に合った退職計画を立てる

仕事を辞める際には「計画性」があればあるほど、次は失敗せずに済みます。

通常、採用が決まって企業と雇用契約を結ぶ際に「退職時は1ヶ月前に申告する」という旨の記載があるため、辞めるにしても1ヶ月間の猶予は見て辞めるべきでしょう。法律でも最低2週間前に通告しないといけないという決まりもあるため、円滑に辞めたいなら準備は必須です。

それ以外にも、退職を決断するにあたり、以下のことを考えておかなければなりません。

  • 本当に辞めるべきか?続けるべきか?
  • 退職手続きは誰にどう伝えて行うべきか?
  • 退職手続きはスムーズに進められそうか?引き留められないか?
  • 辞めた後も収入面の心配はないか?
  • 次の仕事を見つける目処はあるか?

民間企業について詳しくなる

警察官のような公務員と違い、民間企業は「利益を上げること」を最大の目的としています。

営業職なら新規顧客から契約を取ったり、販売なら商品を売る…など。

そのためには、自分が就きたい会社が扱う商品やその顧客層について詳しくなったり、業界全体の動向を知る必要があります。

「公務員はキャリアで潰しが利かない」とよく言われるのも、こういった民間企業の営利目的の業務体制についていけないと思われがちだからです。

転職サービスを利用してプロのサポートを受ける

以上のように「警察官を辞めたい」という悩みに対し、一概に「これをすべき」という正解はなく、それぞれの状況に合わせて最適な行動を取捨選択する必要があります。つまり、多くのことを考えて計画的に行動する必要があるのです。

それを在職中の考える余裕がないうちに行うのは、かなりハードだと言えるです。

そこでオススメしたいのが、転職サービスでプロに相談してサポートを得るという方法です。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【業種・職種】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました