給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事を見つけ出すコツ【正社員・派遣社員両対応】

「給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事に就きたい!」

そうお悩みではありませんか?

誰もが出来れば精神的に楽な仕事に就きたいものと考えており、楽な仕事は求人もあまり出回りません。

ですので、精神的に楽な仕事を見つけ出すためには、様々な仕事に関する知識が必要となってきます。

当記事では、給料が安くてもいいのでとにかく精神的に楽な仕事を見つけ出すための知識やコツをご紹介していきます。

スポンサーリンク

給料が安くてとにかく精神的に楽な仕事は何がある?

給料が安くてもいいのでとにかく楽な仕事には、どのようなものがあるのでしょうか?

ネットでとくに「楽な仕事」という評判の多い仕事を見てみると、以下のような仕事が代表例です。

▼給料が安いけど精神的に楽な仕事の例

  • 事務職
  • 工場勤務
  • 警備員
  • 運転手(タクシー、トラック、バスなど)
  • 調査・リサーチ

それぞれ、詳しく解説していきます。

事務職は精神的に楽な仕事?

精神的に楽な仕事の代名詞としては、事務職はよく挙げられている職種です。

▼事務職が精神的に楽な理由

  • 営業・接客がないのであまり人と関わらないで済む
  • 指示されたことをやっておけばいいので複雑な判断が要らない
  • 定時出社・定時帰りの出来る職場が多い

仕事内容や必要なスキル、会社内での責任の重さで考えれば、事務職は精神的に楽な仕事だと言ってもいいでしょう。

ただし、事務職には以下のようなデメリットがある点には注意。

▼事務職のデメリット

  • 人間関係が閉じこもりがちな職場が多いのでギスギスしがち
  • 女性の採用率が高い傾向にあるので男性は不利
  • 派遣社員制を導入している会社が多いので正社員採用は厳しめ
  • 採用人気が非常に高いため書類選考で落ちやすい

事務職は楽なイメージが強いため、全職種の中でも求人応募率が高く、経歴がある人や若い人材の採用が優先されがちです。

工場勤務は精神的に楽な仕事?

精神的に楽な仕事として、事務職同様よく挙げられるのが「工場勤務」でしょう。

▼工場勤務が精神的に楽な理由

  • 営業・接客がないのであまり人と関わらないで済む
  • 指示されたことをやっておけばいいので複雑な判断が要らない
  • 特別なスキルや資格なしでも就ける職場が多い

事務職よりもスキルや資格が要らない求人が多い分、工場勤務の方が就職ハードルは楽だと言えます。

ただし、工場勤務は作業内容が楽な分、以下のようなデメリットもある点に注意。

▼工場勤務のデメリット

  • 二交代制・三交代制勤務の職場が多いので深夜出勤が増える
  • 工場の稼働時間や人材に融通が利かないので残業が多くなることがある
  • 長時間同じ作業が続くので楽だけど辛いと感じる人もいる

事務職と比べると、二交代制・三交代制による深夜勤務の多さが辛いと感じる要素となりやすいです。

また、工場勤務は場合によっては、毎日8時間同じ作業を続けるだけの仕事となる場合もあるので、 工夫の要る仕事や難しい仕事に挑戦したい人からすれば、きつく感じるかもしれません。

警備員は精神的に楽な仕事?

精神的に楽な仕事としては、警備員もあります。

▼警備員が精神的に楽な理由

  • 営業・接客がないのであまり人と関わらないで済む
  • 監視・待機が主な仕事なので暇になりがち
  • 特別なスキルや資格なし・年齢制限なく就ける職場が多い

警備員の仕事は、監視や見回り、あるいは何かに備えて待機しておくこと自体が仕事内容となることが多いため、仕事内容自体はかなり楽なことが多いです。

また、年齢制限がない採用も多く、健康な体さえあれば誰でも就けるところが魅力。

ただし、警備員には以下のようなデメリットもある点に注意。

▼警備員のデメリット

  • 有事・緊急の際には対応しないといけないので忙しいこともある
  • 待機時間・立ってるだけの時間が暇すぎて辛いと感じることもある
  • 早朝出勤・夜勤・残業ありなど労働時間は一般職とズレがち

警備員の仕事は、その性質上は何かに備えて待機しておくだけでいいこともあるので楽と言えば楽ですが、逆に言えば暇過ぎて辛いと感じる人もいるようです。

また、警備員は肉体労働の部類に入るため、不定期な出勤時間に対応したり、立ちっぱなしでも大丈夫な健康さは必要とされます。

運転手は精神的に楽な仕事?

精神的に楽な仕事と言えば、運転手(タクシー、トラック、バスなど)も人によっては楽だと言えるかもしれません。

▼運転手が精神的に楽な仕事の理由

  • 運転免許証さえあれば仕事に就ける(トラックの場合は大型二種免許)
  • 運転している時間が長いので拘束されない自由な時間が多い
  • 営業・接客がそこまで多くない(※仕事内容による)

運転手の仕事は、運転免許証(大型二種)さえあれば誰でも就け、仕事中も多くの時間は運転に費やすため、運転が苦でない人は楽に感じるはずです。

ただし、運転手には以下のようなデメリットもあります。

▼運転手のデメリット

  • 事故のリスクがある
  • 長時間社内で座って運転する必要がある
  • 仕事によっては営業・接客の必要あり(タクシー・配送業など)

長時間車を運営することに抵抗がない方であれば、運転手は精神的に楽な仕事だと言えますが、そうでない方なら苦痛に感じるかもしれません。

調査・リサーチは精神的に楽な仕事?

精神的に楽な仕事と言えば、調査・リサーチも楽な仕事と言えるでしょう。

▼運転手が精神的に楽な仕事の理由

  • 接客・営業の機会が少なめ(聞き込み調査の場合は別)
  • 数をカウントしたり計測するだけなので複雑な判断が要らない
  • 特別なスキルや技術が必要とされないことが多い

調査・リサーチの仕事は具体的に言えば、路上で通る車の数を調べたり、道路の寸法を測るなど、何かしらのデータを集める仕事で、広くは「マーケティング」に含むこともあります。

また、IT・WEB系であればアンケート調査などで調べた結果をExcelなどでまとめたり、分類化することも調査・リサーチの仕事に含みます。この場合は「事務」「WEBマーケティング」という職業分類に区分されることが多めです。

▼調査・リサーチの仕事のデメリット

  • 継続的に続く仕事ではないので仕事内容が変わりやすい
  • 現地調査の場合は外での仕事が多くなりがち
  • 逆にWEB・IT・マーケティングの場合はデスクワークが増えがち
  • 仕事内容が別れているため求人票からだと実態が判別しにくい

調査・リサーチの仕事は内容によっては楽と言えば楽ですが、業務内容が日々変わるため、毎日同じことを繰り返したい人にはやや不向きかもしれません。

また、調査・リサーチの仕事はマーケティング領域に含まれるため、求人票だけからは仕事内容がわかりにくいことや行う仕事が複雑で多く調査・リサーチ以外も担当させられることもあるので、事前に確認しておくといいでしょう。

派遣社員は精神的に楽な仕事が多い?

給料が安くてもいいので精神的に楽な仕事に就きたい場合、派遣社員で働くという選択肢もありでしょう。

▼派遣社員が精神的に楽な理由

  • 正社員に比べて仕事の責任が軽いので楽
  • 仕事の範囲が限定されているため余計な仕事を振られることが少ない
  • 派遣では複雑な判断やスキルの要らない簡単な仕事や作業の仕事が多め

以上のような条件もあり、派遣会社では精神的に楽な仕事を多く取り扱っているため、給料が安くてもいいのでとにかく精神的に楽な仕事に就きたい場合にはオススメだと言えます。

派遣社員は責任が軽いという意味では

精神的にも楽な仕事になりそうですね!

派遣社員は契約期間が過ぎると職場を替えることもできるので
責任が重くて精神的に辛い仕事だと感じたら
次の職場を見つけることもできるぞ!

「精神的に楽」ということは「責任が重くない」ということも大事な条件になるので、とにかく精神的に楽な仕事に就きたいと考えているなら、派遣社員で働く選択肢は十分にありだと言えるでしょう。

派遣社員として働きたいなら
長い実績を持つマンパワーグループの運営する
JOBNET」に登録するのがオススメです

マンパワーグループの運営する「JOBNET」は全国47都道府県展開の派遣会社で、精神的に楽な仕事からスキルの必要な仕事まで、幅広い仕事を紹介してくれます。

登録後、初回は面談の必要がありますが、その後はパソコン・スマホからでも仕事を探せて楽になるので、ぜひ利用してみてください。

派遣社員制度について
もっと詳しく知りたい方は以下の記事もどうぞ!

精神的に楽な仕事に就きたいなら自分にとって「何が楽か?」を知っておくこと

精神的に楽な仕事を見つけ出すためには「自分にとって何が楽か?」を知っておくことが大事になってきます。

もし「自分にとって楽な仕事」と言われてもパっと思い浮かばないのであれば「自分が仕事で何に対してストレスを感じやすいか?」を自分でしっかり把握しておくといいでしょう。

精神的に辛いと感じやすい仕事については、以下の記事で詳しく紹介しております。

たとえば筆者の場合は、無料転職アプリ「ミイダス」の適性診断で「自主的に出来ない環境」「知的要素の不足」がストレス要因として挙げられております。

この適性チェックは、無料で利用でき、ついでに企業からスカウト求人が届く転職サイトとしても利用可能なので、興味のある方はぜひ登録してみてください。

逆に「どんな仕事が楽か?」については、以下のような基準で考えていくとわかりやすいはずです。

  • 他人よりも習得が早い仕事
  • 努力することが苦にならない仕事
  • 自分が活躍できるイメージが湧く仕事

ただ、楽な仕事を判断する時にはひとつだけ問題があって、実際に働いてみなければ判断できないことも多いということです。

適性・適職診断も、あくまで「統計的にそういう傾向がある」という判断材料のひとつでしかありません。

ですので、もし「自分にとって楽な仕事」が思いつかない人は、次の項目を読んでみて、実際の仕事のイメージと結び付けてみてください。

楽な仕事の見つけ方は?

ここからは、以下の傾向別に「楽な仕事の見つけ方」「向いている仕事」についてご紹介していきます。

  1. 人間関係がストレスとなりやすい人
  2. ルーチン作業が辛いと感じやすい人
  3. 社内競争や数字意識が苦手な人
  4. 将来の不安に強いストレスを感じる人
  5. 責任を負うことにストレスを感じる人

いずれの項目にもストレスを感じる人は多いでしょうが、とくに避けたいストレスだと感じる要素から、自分にとって楽な仕事を見つけ出してみてください。

1.人間関係がストレスとなりやすい人にとって楽な仕事

人間関係がストレスと感じやすい人にとって、楽な仕事は主に以下の通りでしょう。

  • エンジニア(技術者・開発者)
  • クリエイター
  • 接客・サービス業

また、職場の人間関係は企業や業界ごとに傾向があるので、以下のようなことも知っておくといいでしょう。

  • 会社・業界ごとに「社風」があり、集まる人の傾向が異なる
  • 上司や経営者のマネジメント・コーチング次第で下の社員の意識も変わる
  • 少人数の会社ほど連帯感が強くなり、大規模の会社ほど様々な人物が集まる
  • 外資系はキビキビした人材が集まりやすい
  • 成長業界は意識が高い人材や情報感度が高い人材が集まりやすい

とくに職場の人間関係に強いストレスを感じる方が、参考にしておきたい情報が「社風」と呼ばれる、会社の雰囲気や集まる人材の傾向と言った情報です。

逆に、人間関係が悪くなりやすい職場は、以下のような傾向があります。

  • 職場の環境が閉鎖的で人の入れ替えが激しい
  • 経営者や上司にリーダーシップがない
  • 将来性が低く活気のない業界や会社
  • 意識の低い人ばかりが集まっている
  • 陰口・悪口・噂話が多い
  • 暴力・暴言が日常茶飯事

対人関係のストレスは仕事では避けられないものではありますが、ある程度は業界・職種ごとに集まる人材の傾向はあるので、事前に自分と相性の良い社風・悪い社風を調べておくのも手でしょう。

2.ルーチン作業が辛いと感じやすい人にとって楽な仕事

ルーチンワークやマニュアル通りに行う作業が苦手・辛いと感じる人にとって、楽な仕事は以下のような仕事になってきます。

  • マーケティング(企画・販売・開発)
  • 営業・接客(対人スキルの要る仕事)

この場合、楽かどうかよりも「楽ではないけどやりがいや達成感はある」という感じになってきます。

逆に、ルーチン作業が苦手な人に、高確率で向いてない仕事は以下の通り。

  • 事務職全般
  • 公務員
  • 工場勤務

いずれも、自分の頭で考えて創意工夫を要されない仕事ですので、ルーチン作業が嫌いで自分の能力やひらめきを試したい人にとっては、長く続けるのは辛いかもしれません。

3.社内競争や数字意識が苦手な人にとって楽な仕事

社内競争や数字に追われるのが苦手な人にとって楽な仕事は、以下のような条件を見ておきたいです。

  • 安定して経営されている中規模以上の企業
  • ノルマに追われにくい企業
  • 顧客や品質を”適度に”大事にしている企業

仕事である以上は、大なり小なり利益や数字は意識せざるを得ない面はありますが、過度に求めすぎている企業はブラックになりがちです。

とくに競争意識が苦手な人は、以下のような業種・職種・企業は避けた方が無難でしょう。

  • 不動産業界
  • 保険・金融業界
  • 新規開拓営業

ブラック企業の退職報告などを見てみても、過剰に競争やノルマを煽る会社は、どんなに精神が強い人物でも疲弊してしまうほどです。

4.将来の不安に強いストレスを感じる人に楽な仕事

企業や業界の安定性や先行きも、仕事の楽さの判断に関わってくるはずです。

将来の安定性が高い大企業勤め・公務員であれば、どんなに辛い仕事でも耐えられる人が一定数います。

また、成長中の業界や業績が上伸びしている企業であれば、社内の活気もあり、先行きに期待できるので将来の不安は和らぐはずです。

逆に、業績が下降傾向にあったり、業界自体が斜陽産業として先が見えないのであれば、常に会社が倒産するリスクに怯えながら働かなければいけません。

いずれにせよ、働く会社の先行きや将来的に不安が残ると、仕事自体が楽でも精神的な不安は消せなくなるのは間違いないはずです。

5.責任を負うことにストレスを感じる人にとって楽な仕事

仕事で責任を押し付けられることも、強いストレスに感じやすいです。

とくに筆者の場合、周りよりも仕事が出来て優秀なことが多く、責任だけは押しつけられて給料も待遇も上がらないという経験をしてきたため、見返りなしに責任を押しつけてくる企業はクソだと思っています。

また、以下のような職場でも、立場や給料の割に責任が重くなりやすい傾向があります。

  • 放任主義で上司や先輩が教育を投げ出している職場
  • 上司や経営者が責任を取りたがらない無能(失敗を部下のせいにする)
  • 入社後すぐにマネージャークラスの仕事を振ってくる企業(小売・飲食など)

これらの企業は、上に報告・相談しても「自分でどうにかしろ」と責任を押し付けくることも多いので、注意が必要です。

精神的に楽な仕事を見つけたければ転職エージェントを活用しておこう

精神的に楽な仕事を見つけたいのであれば、転職エージェントを使っておくといいでしょう。

転職エージェントは無料で使えて、プロが自分に合った求人を紹介してくれるサービスです。

ただ、転職エージェントはビジネスモデル上、年収が高いほうが利益になるという仕組みですので、ハッキリこちらの要望を伝えておかないと、年収重視になりがちです。

ですので、転職エージェントに伝える希望条件としては、

  • 年収よりも待遇や職場環境の良さが大事
  • 勤務時間や残業の少なさ重視
  • 社風や仕事の考え方が、自分にとってストレスが少ない職場

…など、しっかりと自分の意志を通し、それを無視するエージェントからは無理に紹介を受けないことが大事です。

また、自分自身で「仕事の何にストレスを感じるのか?」ということをしっかり分析し、エージェントや企業側に伝える能力も必要になってきます。

以上のようなことを意識し、的確にエージェントを使いこなせば、自分にとって精神的に楽なのに給料も高めの会社が見つかる可能性も出てきますので、ぜひとも効果的にご活用ください。

タイトルとURLをコピーしました