大企業からリストラされた末路は悲惨?待っているのは転落人生?リストラされないためにしておくべきことは?

近年、終身雇用制の崩壊や転職市場の活性化に伴って大手企業のリストラが相次いで発表されております。

最も多かったのが富士通の2850人で、ルネサスエレクトロニクス(約1500人)、ジャパンディスプレイ(約1200人)、東芝(1060人)、コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(950人)、アステラス製薬(約700人)、アルペン(355人)、協和キリン(296人)、中外製薬(172人)、カシオ計算機(156人)と続いていた

出典:https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00118/00044/

このように名だたる大企業で行われているリストラですが、不思議なことにリストラされた社員のその後はあまり表に出てこないものです。

中には「転落人生を歩んでいるのでは?」「首を吊ってしまったのでは?」と想像されている方もいるでしょうが、多くの場合は再就職や転職を決めてリストラ後も活躍している人が多いのが実情だと言えるでしょう。

いや…でもそれって
一部の優秀な人の話では…?

よく言われているのが「大企業の社員は役に立たない・無能」という説ですが、本当に無能であればまず大企業に就職できません。

ただ、大企業の社員の中でも安定性重視で会社にしがみつくだけしか能がなかった人であれば、リストラ後に立ち上がることが出来ずに悲惨な末路を迎える可能性は十分にあり得ます。

当記事では、大企業でリストラされた後に悲惨な末路を迎えないために、知っておくべきことや意識しておくべきことをご紹介していきます。

スポンサーリンク

大企業の人材はリストラ候補になりやすい?

近年、終身雇用制崩壊で日本の働き方の価値観や組織再編が行われているため、大手企業でリストラがよく行われているのは、冒頭にご紹介した通りです。

2019年の大手企業のリストラ実績だけを見てみても、1万1351人という人数が早期退職の対象となっており、今後も大企業のリストラが進むことが予測されます。

大企業を中心に人員削減の流れが強まっている。東京商工リサーチの調査によると、2019年に早期・希望退職者を募集した上場企業はのべ36社、対象人数は1万1351人に達したという。社数、人数ともに14年以降の年間実績を上回り、過去5年間で最多を更新した。また、20年以降もすでに10社を超える実施が判明しており、約2000人の早期・希望退職の募集が予定されている。

出典: https://biz-journal.jp/2020/02/post_142947.html

企業別にリストラ・早期退職の発表人数を見てみますと、1000人単位でのリストラが行われていることがわかります。

▼近年の大手企業の発表リストラ人数

富士通:2850人
ルネサスエレクトロニクス:1500人
東芝:1410人
ジャパンディスプレイ:1200人
カシオ:156人
ファミリーマート:1025人
セブン&アイHD:3000人

業種ベースで見てみると「製造業界」「コンビニ(流通・小売業界)」でのリストラが目立ち、人数が発表されていない業界でも「製薬業界」「アパレル業界」「金融業界(銀行)」などの大企業でもリストラが発表されております。

俗にいう「斜陽産業・衰退業界」に該当する業種はもちろんのこと、ITによる技術革新で仕事の効率化の進む製造・金融業界なども打撃を受けている印象です。

でも、これって単純に大企業のリストラが目立つだけで
中小企業でも当たり前に行われているのでは…?

大手企業のリストラは計画的かつ段階的に行われているので、リストラ予定人数が発表されたり、希望退職者を募るだけまだマシ…という見方もできるかもしれません。

ですので「大手企業だからリストラされやすい」というよりは、経営が安定しているように思える大企業だからこそ不意打ちでリストラ候補になってしまうかもしれない不安がある…と考えた方がいいでしょう。

また、近年では「黒字リストラ」が大企業でも積極的に行われており、景気や業績だけでリストラが行われるかどうか判断できなくなっております。

いずれにせよ、終身雇用制が実質崩壊した現代、大企業勤めでも安心できなくなっているという事実を受け入れた上で、リストラを見据えたキャリアの構築が必須な時代になっているのは間違いないことでしょう。

リストラされやすい人の特徴や

リストラされないためにしておくべきことは
以下の記事にもまとめてあるぞ!

大企業でリストラされた人の末路は悲惨?転落人生を送るしかない?

読者の中には、リストラの発表された大企業グループに勤めており、リストラされた後の仕事や生活に不安な方もいらっしゃるかと思います。

▼大企業でリストラされた人の末路

  • 退職金が支給される
  • 失業手当が「会社都合」になるため支給額に期待できる
  • 企業によっては再就職支援も行っている

単純に退職金や失業手当の存在を考えれば、大企業でリストラされたとしても当面の生活は保障されるため、決してリストラされて転落人生を歩む…という末路は早々考えらないと言えるでしょう。

ただし、大企業からリストラされて再就職・転職する場合は話が変わって来るので、注意が必要です。

たとえば、過去7000人のリストラを敢行した「シャープ」社員の再就職においても、転職活動で難航している人が目立つニュースが報道されております。

リストラされた元シャープ社員の再就職が難航

また、以下の記事でも紹介されている通り、大企業からリストラされた場合によくあるのが「今までの待遇が良すぎて、次の転職先選びで条件を妥協できない…」というケースです。

元々、大企業勤めは新卒採用時から研修や社会保障など、終身雇用制度の恩恵を最も受けられる立場なので、リストラされた後の再就職・転職活動で過去の栄光にすがろうとする人ほど難航しやすい…という事例が目立ちます。

元々、大企業勤めは破格の待遇だったのが
リストラされることでリセットされちゃうわけですね…

退職金を受けとれるだけマシとも言えるが
そこから再就職・転職で立ち直れないと
悲惨な末路を迎えるかもしれないな…

もし、読者の方が大企業勤めでリストラ候補にならないか不安であれば、ハイクラス転職サイト「ビズリーチ」の登録を早い段階で済ませておくことをオススメします。

ビズリーチは年収600万以上の人材を対象としたハイクラス転職専門のサイトで、企業や仲介のヘッドハンターと直接やりとりができるため、中長期的な転職活動では必ず使っておきたい転職サイトだと言えます。

ビズリーチでは職務経歴書の指導から
企業・ヘッドハンターとの直交渉まで
かなりハイレベルな転職サポートが期待できるので
大企業のリストラに不安なら早めに使っておきたい!

ビズリーチに登録して、地道に転職活動を進めておけば、万が一リストラ候補になった場合もスムーズに対応でき、次の転職先選びで不安を抱えるリスクも減らせるので、この機会に登録してみてください。

ビズリーチを見てみる【登録無料】

タイトルとURLをコピーしました