理系卒のニート・フリーターが経歴不問で就ける就職先を見つける際のコツ

最近では「高学歴ニート」と呼ばれる方も増えてきていますが、そのほとんどが「社会に対する誤った認識が原因」でなかなか就職に踏み切れずにいます。

関連:高学歴ニートの俺が就職したあるきっかけ…。踏み出す勇気が欲しいならぜひ読んで欲しい。

大学で専門的な教育を受けてきてポテンシャルがあるにも関わらず、就職せずに社会のために自分の力を発揮できないことは本人にとっても社会にとっても、大きな機会損失です。

おそらく、当の本人がそれを一番自覚しているのではないかと思います。

そこで今回は「理系ニートが就職で失敗しないための考え方と方法」についてご紹介していきます。

理系ニートに足りないものは?

理系ニートに足りないものは、シンプルに2つ。

「行動力」と「リサーチ力」です。

この2つさえ身につけてしまえば、あとはどうとでもなりますので、だまされたと思って試す勇気が必要でしょう。

行動力

理系ニートに限らず、ニートに共通して欠けていることは「行動力」と言えるでしょう。

とくに理系ニートは慎重な性格の方も多いでしょうので、行動力は非常に大事になってきます。

初めの一歩さえ踏み出せば、意外とどうとでもなってしまうものですよ。

とくの高学歴ニートの場合、学校教育課程でエスカレーター式に上がっていくことしか経験していないため「自分から行動することで成功体験を得る」という経験が欠けていることがほとんです。

そのため、一度や二度の失敗で再起不能なまでに落ち込んでしまうことも珍しくありません。

ですが、人生には理科の実験のように失敗がつき物です。

そして理系の就職先となる仕事においても、膨大な失敗と試行錯誤が待っています。メーカーの開発でも失敗続き、上司から思うように評価されないなんて当たり前です。

だからこそ、挑戦する価値があると思いませんか?

行動力が湧かないのであれば、考え方を変えてみることも大切です。「絶対に間違えないために行動する」のではなく「失敗するために行動する」という、不屈の研究者精神を持つことが、良い就職先を見つけ出す結果になることでしょう。

就職・転職に関するリサーチ力

ニート…というよりも就職や転職に失敗してしまうほとんどの人に欠けている要素が「業界・企業分析」ですね。つまり「リサーチ力」です。

最近ではネットで簡単に「答え」が手に入ってしまうため、それで”リサーチした気”になって思考停止している人も少なくはありません。

たとえば口コミサイトで「この企業や業界はブラックだ!」と書いてあったらうのみにしてしまう人などですね。

そこから一歩踏み込んで「本当にブラック企業なのだろうか?」「いや、自分の目で確かめてみるべきではないか?」と考えたり行動してみる若者が減ったのは、非常に残念なことです。

とくに高度な知識を持つ理系学部出身の大学生が「考える力」を放棄してしまっているのは、自ら可能性を放棄してしまっているようなものですからね。「考える力」を使うことなくすぐに正解を求めてしまう短絡さが、就職や転職で失敗してしまう原因になってしまうわけです。

ろくに求人情報や業界分析も吟味せず「この会社は有名で待遇がいいから」という理由で応募すれば書類選考すら通りません。逆に「ブラック企業と評判だから」という理由で応募を控えれば、本来天職であったかもしれないというのに選考の機会を自ら手放すことになるのです。

大切なのは、情報も知識も経験も交えた「自分の基準」でリサーチすること。

これを出来ていない方は非常に多く、そういった方が長く働ける職場に就けたのはただ「運が良かった」だけとも言えるでしょう。ですので、運に頼らずに就職・転職を成功させるには「少しでもリサーチをして運要素を減らす」ことが大事になるわけです。

ただし、求人情報やネットの情報だけを参考に考えたところで、自分の知っていることや経験していること以上の結果を導き出すことができないことは覚えておくことです。

そして、就職・転職活動は「試行錯誤」が原則。

応募先選びや面接もトライアンドエラーで精度を上げていくことが、成功につながるのです。ビジネス用語で言えば「PDCAサイクル」ですね。「最初から計画通り行くことなんてない」とドンと構えておけば、不採用通知に落ち込むこともなくなっていきますよ。

理系ニートが就職で失敗しないコツとは?

ニートに足りないものは以上の2つでした。

他の要素に関しては、本人が思っている以上に”十分足りている”ことも多いので、あとは書類応募や面接でしっかりと的確に”伝える”テクニックが必要になってきます。

伝えるテクニックに関しては慣れが必要になってきますし、社会人でも出来ていない人の方が多いぐらいです。ですので完璧を求めず、基本だけ抑えてサクッと実行していきましょう。

自分の経験・経歴をまとめておこう

就職・転職活動で大事になってくるのは「自分の経験や経歴を簡潔にまとめて相手に伝えること」です。いくら履歴書にキレイな文字で経歴をまとめても、相手に伝わらなければ意味がないのです。

実は日本人はこの「伝える能力」がド下手クソです。というのも、そもそも履歴書自体が「伝わりにくい構造」になっているからですね。

たとえば海外の履歴書では「箇条書き」「最新の経歴を上から記入」が当たり前になっています。その理由は、企業人事がすぐに知りたい優先度の情報がすぐにわかるからなんですね。

とくに理系出身の方の場合は習得技術や専門知識などが採用の際に重要になってきます。

ですので、フォーマットの決まっている履歴書はともかく、職務経歴書の記入も大事になってきます。書類作成の際に、今までの経歴を抑えておかないとスムーズな作成も出来ませんので、まずは自分の経験や経歴、習得スキルを簡潔にまとめることを意識しておきましょう。

これさえ済ませておけば、一歩前進ですよ。

”オタクっぽさ”は強みになる!

よく、就職・転職系ノウハウでは「面接での受け答えは簡潔にハッキリと」などと書いていますが、対人関係の重要な営業職や販売職ならともかく、理系・技術系の仕事では多少の受け答えの下手さはマイナス評価になりません

むしろ、理系の人は「学生時代に熱中したこと」「技術や専門分野に対する熱い思い」「夢や将来の展望」を語ったほうがいいぐらいです。

要は”オタクの自分語り”と似たようなものですね。

なぜ、そうした方がいいかと言うと、理系出身者の仕事では似たような人が集まるからです。そして、知識や技術に深い思い入れや熱意があり、その上で夢も希望もある若くて勢いのある人材のほうが「採用したい!」と思わせられるからです。

とくに最近では変に賢しいだけの若者や、安定志向のつまんない新卒組が増えており、さらに若手不足で技術畑は活気がなくなってきています。

そこにガチガチの理系オタクの若手がやってきたとなれば、面接官も一目置くに決まっています。オタクっぽいことは悪いことと思われがちですが、決してそんなことはありません。

むしろ理系出身の方は「オタクで何が悪い!」ぐらい、自分の知識や技術に誇りを持ちましょう。

知識に縛られない自由さも重要

理系ニートが陥りがちなのが「なまじ知識があるばかりに”決めつけ”を行ってしまう」という弱点ですね。

「自分は〇〇学部だから、この求人は受からない」
「自分の持っている資格ではこの仕事は務まらない」
「自分にはこの会社は向いていない」

しかし、それを決めるのはあなたではありません。企業です。

企業が「君に仕事を任せてみたい」「君に将来を担う人材になってもらいたい」と思ってもらえれば、出来る・出来ないとか関係なく「やり遂げなければいけない」ことになるわけです。

そもそも、入社後の新人の判断で「可能・不可能」を決めることはまずありません。それを決めるのは上司や経営者の仕事です。

ですので、入社前は少し自信過剰に「自分は出来る人材だ!」と思い込んでおきましょう。

”ベスト”ではなく”ベター”を意識しておこう

理系ニートはとくに正解をひとつに絞りたがること傾向が多めです。

もともと、理系学問自体が「正解」「最適解」の存在する分野になりますので、そういった思考回路になるのはある意味で「教育の賜物」と言えるでしょう。

ですが、人生に正解などなにひとつ存在しません。

そして正解を決めるのはあなた自身です。

ただ、覚えておいてほしいことは「仕事は”ベスト”ではなく”ベター”を目指す」ことの方がほとんどだと言うことです。

とくに新人のうちなど、絶対に”ベストな仕事”などできません。出来たとしても上から見れば「まだまだだな」なわけです。

日本の製造業では「欠点のない高品質な商品」が売りですが、その陰には膨大なまでの失敗と挫折があったことは忘れてはいけません。

理系ニートの就職・転職方法は?

理系のニートが実際に就職・転職する場合の方法をご紹介していきます。

ハローワークに頼るのはほどほどに

理系のニートが就職先を探す場合は、ハローワークに頼るのはほどほどにしておいた方がいいでしょう。

というのも、単に効率が悪すぎるからです。

ハローワークの職業区分は主に「総務省分類の業種」から検索することになるのですが、そのせいで専門性の高い仕事が見つかりにくいという仕様になっています。

そのため、より専門性の高い知識や技術を身につけいる理系出身者に関しては、なかなか自分の適正が活かせる仕事と出会いにくいというデメリットがあります。

ただし、ハローワークには意外な専門職が求人を出していることもあるため、利用しておくに越したことはありません。

また、メジャーな出身学部や習得技術によっては、あっさり仕事が見つかることもあるので、使い分けが大事です。

理系なら「専門職の転職サービス」がオススメ!

理系出身のニートの方でしたら「専門職向けの転職サービス」を利用しておくといいでしょう。

とくに「メイテックネクスト」では、製造業・メーカー・エンジニアなど、理系の経歴を最大限に活かせる転職先を紹介してくれます。未経験からの転職もサポートしており、既卒・第二新卒(フリーター・ニート)でも無料で利用できるため、必ず登録しておきましょう。

アドバイザーも業界経験ありのプロフェッショナルが多数在籍し、具体的な提案をしてもらえます。また、運営会社である「メイテック」自体が製造・エンジニア業界専門の人材サービスとして40年以上の実績を持つので、利用しておかない手はありません。

関連記事:メイテックネクストの特徴と強みを徹底解説!転職者の口コミや評判はどうなっている?

通常の就職支援サービスも活用しておこう

また、理系出身のニートの方は通常の就職支援サービスも利用しておくといいでしょう。

ニートでも利用可能な就職支援サービスでは、無料で面接の指導なども行ってくれるため、利用しておくだけオトクです。ただし、理系出身の場合は専門性については不安の残ることもあるので、使い分けも重要になってきます。

使う際のコツとしては、こちらの経歴や知識、専門性をしっかりと尊重してくれているからどうかがひとつの判断基準です。もし、相手のアドバイザーが見当違いの求人を提案してきた場合は断ることも出来るので、強気な態度で利用しましょう。

ニート訴求

とくにオススメの就職支援サービスは、以下の3社です。

オススメNo.1!

いい就職ドットコム

→解説記事はこちら

  • 中堅企業の紹介多め
  • 正社員求人限定
  • ブラック企業徹底排除
  • サイト登録式で求人情報閲覧可能
  • カウンセリング(電話可)などのサポートが充実
  • 創業者に既卒経験ありで利用者目線
  • 2001年からの長い運営実績のある老舗
効率NO.1!

ハタクティブ

→解説記事はこちら

  • 効率重視、登録1分で完了
  • 書類選考なしで面接可能
  • 全国に面談拠点あり
  • 電話面談・Skype面談対応
  • 契約・派遣社員の求人あり
DYM就職

→解説記事はこちら

  • 効率重視、登録1分で完了
  • 全国に面談拠点あり
  • 最短1週間の内定実績あり
  • 中堅~ベンチャー企業多め
  • 一部、上場企業の求人も

これらの就職支援サービスは、無料で登録できて就職先が決まるまで丁寧にサポートしてくれます。

なぜ、無料なのか?

理由は単純で「企業側がお金を払ってでも、将来性のある若者を採用したい」と考えているからです。

人材会社の運営する就職支援サービスでは、人件費に余裕のある企業ばかりなので、ブラック企業はなく、働きやすい企業と出会える確率がグッと高くなります。

また、利用者にすぐ辞められたら就職支援サービス側の信用にも関わるので、対応が丁寧で、決して強引な勧誘や無理な就職を押しつけてくることはありません。

途中で利用をやめることもできるので「思ってたのと違う…」「いい仕事を紹介してもらえない…」と思った場合も安心です。

とくにこれらの就職支援サービスは「既卒・第二新卒・フリーター・ニート」といった、レールから外れた人向けのサポートを行っているサービスで、読者と同じような悩みを持つ人を数多くサポートしてきた実績もあります。

さらに就職支援サービスは効率面も重視しているので、履歴書作成の手間がかからず、すぐに面接に行き着くことも多いので、就職活動で余計な手間をかける時間も省けます。

もちろん、面談のアドバイスもしっかりと行ってくれるので、安心して利用できますよ。

無料でここまでサポートしてくれると「怪しい…」と思う方もいるでしょう。

しかし、日本は若手が不足していて、それだけ「お金と時間をかけてでも、しっかりと若い人材を採用したい」と思っている企業が多いということです。

これらのサービスをしっかり活用しておけば、今まで1人で抱え込んで悩んでいたことがバカバカしくなるほどスムーズに就職・転職先が決まりますので、ぜひ登録だけでも済ませておいてください。

※現在は景気がよく買い手市場で非常に内定がもらいやすく、紹介してもらえる求人も多いので、早めの行動をオススメします。

その他の就職支援サービス

日本では20代の若手人材が不足しているため、上の3社以外にもきめ細やかな対応に期待できる就職支援サービスが登場しております。

以下に紹介する就職支援サービスは人を選ぶ反面、自分に合ったものを使えば意外な天職にも出会えるチャンスですので、気になる方はチェックしてみてください。

ウズキャリ

20代の若手でとくにIT・WEB業界に興味があるなら「ウズキャリ」がオススメ。

ウズキャリの特徴は、ざっと以下の通り。

ウズキャリの特徴

  • 社長がニート・フリーター経験ありのため、利用者目線に沿った運営方針
  • IT・WEB系の紹介に強い
  • 面談に平均20時間もかけるほど対応が丁寧
  • 若手中心のベンチャー企業のため、20代目線に近いサポートに期待できる
  • 「ウズカレ」という研修講座を受けた上での就職も可能

良くも悪くも「若手中心のITベンチャー」という会社なので、気になった方は使っておくといいでしょう。

※当サイトの読者限定で、ウズキャリ様より「Amazonギフト券2,000円分」のキャンペーンの案内を頂いております。利用される方はぜひご活用ください。

Amazonギフト券獲得の流れ

  1. 会員登録をする
  2. 本人確認の電話の際に【キャンペーンコード「uz20」】伝えていただく
  3. 面談後、3週間以内にAmazonカードをメールにて送付

JAIC(ジェイック)

20代向けの就職支援サービスとして根強い実績を持つのが「JAIC(ジェイック)」です。

JAIC(ジェイック)の特徴

  • 正社員の紹介限定(他業者だと契約・派遣がある場合も)
  • 研修・講座でビジネスマナーなどを徹底指導してくれる
  • 全国展開
  • 地方から東京までの交通費と宿泊費を全額支給

ウズキャリとは対照的で、古風な体育会系の就職支援という感じです。

また、JAICの場合は「研修や講座でみっちり社会人の心構えを作った上で、就職先を紹介」という方針ですので、効率面はやや劣ります。

社会人としての心構えや基礎をしっかり身につけた上で、腰を据えて働ける会社を探したい方であれば、使っておきたいサービスです。

就職Shop

あのリクルートの手がける既卒・第二新卒向けの就職支援サービスが「就職Shop」です。

就職Shopの特徴

  • 求人数最多
  • 人柄重視の小さめの企業の紹介多数
  • ただし、拠点での面談参加は必須

リクルートらしく、圧倒的求人量はあるものの、面談参加重視な点で、やや効率性には欠ける印象。

GEEK JOB(ギークジョブ)

東京近郊在住の方で、未経験からIT・WEB業界のプログラマー・エンジニアを目指したい方は「GEEK JOB」がオススメ。

GEEK JOBの特徴

  • 20代なら無料で本格的なプログラミング研修が学べる
  • IT・WEB業界で働くために必要なコミュニケーションスキルも学べる
  • ただし、東京都内の拠点に通う必要あり

GEEK JOBは、プログラミング研修を学んで本格的にプログラマー・エンジニアを目指したい方なら、非常に向いているサービスだと言えます。

もちろん、最初は無料で体験講座を受けてから、長期間の研修を受けるかどうか判断することも可能ですので、気になる方はぜひ参加してみてください。

TokyoDive(トーキョーダイブ)

東京への上京就職を考えている方なら「TokyoDive」もオススメ。

TokyoDiveの特徴

  • 地方在住でも、東京都内の仕事を紹介してもらえる
  • 東京の住まいを無償で提供してもらえる
  • ただし、派遣社員の紹介も多め

TokyoDiveの魅力はなんと言っても「東京の住まいも無償で提供してもらえる」という点にあり、上京就職を考えている方にとっては非常に心強いサービスだと言えます。

ただし、難点は派遣社員の紹介もあるところで、東京都内で正社員として長く働ける職場を探たい方にはやや不向きかも。

逆に「派遣社員でもOK」という方であれば、TokyoDiveは非常に魅力的です。

地方住まいの方でも、まずは電話面談と履歴書送付からでもサポートを受けられますので、興味のある方は使っておくといいでしょう。

東京みらいクルー

こちらも東京での就職・転職を考えている人にオススメの「東京みらいクルー」。

東京みらいクルーの特徴

  • 東京都内の正社員求人を中心に紹介してもらえる
  • 東京の不動産物件も同時に紹介してくれる

TokyoDiveはかなり緩めの感じのサービスですが、東京みらいクルーは正社員求人中止なので誠実な印象が強めです。

欠点としては、まだ運営期間が短く、知名度が低いところ。

そのため、あまり具体的な信用できる口コミ・評判も出回っていない点には注意。

関連コンテンツ