【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

履歴書の手書きがばかばかしいと感じたら?くだらない時代遅れな手書き履歴書を送付しなくても効率的に採用を進めるには?

履歴書を手書きで書く文化は未だに根強く、デジタル全盛の今ではくだらないと感じる人も多いはずです。

ただ、最近では履歴書が手書きでなくてもOKな会社も増えており、わざわざ手書きで無駄な時間をかける必要がないこともあります。

では、一体どのようにして履歴書を手書きで書くかどうかを判断すればいいのでしょうか?

当記事では、手書きで履歴書を書くのがバカバカしいとお考えの読者に向けて、履歴書を手書きで書くべき場合とそうでない場合についてお伝えしていきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

履歴書の手書きがバカバカしいと思う人は多い

まずは、手書きで履歴書を書くことがバカバカしいと感じている人の意見を見ていきましょう。

以下は匿名掲示板2chでの意見です。

7: 名無しさん@おーぷん:17/06/01(木)19:14:36 ID:RZt ×
日本は面倒くさいことをあえてやるのが美徳だという風潮

24: 名無しさん@おーぷん:17/06/01(木)19:27:32 ID:X3A主 ×
・1文字でも間違えたら紙と時間の無駄
・結果として出来上がる物の内容はパソコンとなんら変わりなし
・そこまで掛けた手間も祈られたらすべて水の泡

メリット、なし!w

157: 名無しさん@おーぷん:17/06/01(木)20:24:50 ID:RZt ×
別に手書きで出すのは構わんがせめてコピーOKかNGかくらいは明記してほしいわ

177: 名無しさん@おーぷん:17/06/01(木)20:38:01 ID:RZt ×
>>175
>>もし自分の会社にコピーした履歴書を送ってきた応募者がいた場合どのように感じられるでしょうか。手を抜いていると評価されても仕方がない行為だといえます。

決めつけはまずいですよ!

出典:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1496311943/

ネットでの意見をまとめてみると、

  • 面倒な手間の要される履歴書手書きは無駄
  • 数十社以上に送ることを考えると手書きは時間の損失が大きい
  • コピーの可不可の記載のない求人では判断に困る
  • 手書きの履歴書で人間性を判断するのは時代遅れ

…などの意見が非常に目立ちます。

履歴書で下書きした上で清書したり、途中で誤字があると書き直すなどの非効率な時間は確かに無駄であり、ただでさえ忙しい就職・転職活動でイライラする要因でもあります。

それを踏まえると、手書きの履歴書提出を求職者に求めるような企業は応募してくる相手に余計な負担を強いる会社だと言え、バカバカしく感じるのも仕方のないことでしょう。

企業側も手書きの履歴書はくだらないと思っている!?

「履歴書は手書きでないとNG」とする声も根強いですが、企業側は実際のところはどのように考えているのでしょうか?

以下の調査結果によると、企業人事の8割以上が履歴書が手書きでなくても評価は下げないという結果が出ております。

履歴書の調査では、人事における85.6%が手書きでなくても評価を下げないとしていますが、学生の46.5%が形式の指定がなくても手書きを選ぶと回答しました。

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000041771.html

時間効率の重視される転職活動/中途採用では、履歴書・職務経歴書ともにデータでの提出でOKな会社も多く、とくに転職エージェントなどの人材サービスでは履歴書・職務経歴書を一度アップロードしてしまえば書類送付不要なことも珍しくありません。

そもそも、経歴の要される転職活動においては、手書きで履歴書を書く能力などは大した採用決定の基準にならないため、相対的に手書きでの履歴書作成能力が軽視されるのです。

逆に言えば、経歴だけで判断しにくい学生の就職活動であったり、経歴不問・未経験からでも募集をかけている無料求人サイトでの採用は、相対的に履歴書の評価基準が上がるため、手書きで作成した方が選考通過率が上がるなどの事情も考えられます。

手書きの履歴書でなければNGなので時代遅れな会社?

前項で8割近くの会社が手書きの履歴書にこだわらないと紹介しましたが、逆に言えば残りの2割近くの企業は未だに履歴書を手書きで書くことにこだわっているとも言えます。

中には「手書きではないから落とす」「手書きじゃないとダメ」という頭の堅い会社もあり、そのような会社は「時代遅れな会社」「古風な会社」「慣習やマナーを重んじる会社」だと考えておくといいでしょう。

以下の「ウズキャリ」を運営する株式会社UZUZの広報アカウントでも、以下のように手書きの履歴書についての見解が述べられています。

手書きの履歴書でなければNGだとする人事側の言い分は以下のようになってきます。

▼手書きの履歴書にこだわる会社の言い分

  • 自分たちも手書きの履歴書で苦労したから他もするべき
  • 手書きの文字でなければ人柄が判断できない
  • 手書きの履歴書でなければマナー違反で失礼

このような慣習や伝統を重んじる社風の会社に入社したいのであれば手書きの方がいいでしょうが、そうでなければ分と合わない会社を弾くためにもわざわざ手書きで履歴書を書く必要は低いと言えます。

また、手書きの履歴書をくだらないと感じるような人は、無駄を嫌う効率重視の若者も多いはずなので、時代遅れで社員の年齢層が高い会社を弾く意味でも、手書きの履歴書に無駄な時間を割かなくても問題ないでしょう。

時代遅れな会社の特徴は以下の記事でも紹介していますので、自分の入りたい会社に手書きの履歴書が必要がどうかを判断する際の基準にしてみてくださ。

履歴書を手書きで書くどうかの判断はどうやって決める?

履歴書を手書きで書くのはくだらないと感じている人は、そもそもが「手書きで書くべき会社とそうでない会社」の見切りがつけられてないだけなのかもしれません。

手書きで書くかどうかの判断基準さえ知っておけば、スムーズに履歴書作成が進むはずです。

指定がなければ「手書きじゃなくてもOK」だと考えておく

前述の通り、最近では企業人事側も履歴書が手書きかどうかは重視してないことも多いため、指定がなければ手書きの履歴書でなくてもOKだと考えても問題ないでしょう。

手書きの履歴書と指定がなければ、パソコンで作成しても構いませんが、手書きの履歴書から人物像をイメージする採用担当者もいます。

出典:履歴書の書き方マニュアル完全版! 履歴書の見本(サンプル)・作成方法|マイナビ転職

どうしても手書きの履歴書ではないといけないかどうか判断しかねるのであれば、事前に応募先企業に電話・メールで確認しておくと、互いに余計な手間をかけずに済むかもしれません。

また、転職エージェントなど仲介業者を通す場合、専用サイト内に登録した履歴書を活用できるため、一度登録さえすれば書類送付する必要すらなく済むことも増えています。

いずれにせよ、手書きの履歴書でなくてもOKだとする企業人事が増えている以上、自身の就職・転職方法を工夫すれば効率良く進められるはずなので、手書きの履歴書がバカバカしいと感じるなら活動方針を見直しておくといいでしょう。

人柄や人間性をアピールしたいなら手書きで書く価値はある

履歴書の限られた情報から、自分の人柄や人間性を企業側に伝えるのは難しいものです。

ですので、他の応募者と差をつけるのであれば、手書きの履歴書で少しでも応募先に自分の人間性を知ってもらうためにも、手書きで履歴書を作成する意義はあるでしょう。

どんなに熱意を持って応募しても、雑な履歴書ではその熱意をくみ取るのは難しいもの。人事担当者はまず、履歴書の限られた情報からあなたの熱意を探ろうとします。

写真、書き方、文字、内容などが、意欲の高さを判定する判断材料となっているのです。

出典:履歴書をかんたん作成!履歴書の書き方見本&ダウンロード|リクナビNEXT

人事側の目線で考えるとわかりますが、文字情報だけで応募者の人柄を判断するのは難しいものです。書類通過率が高い企業なら面接で人柄を判断してもらえますが、そうでなければ人柄が見えてこないというだけで書類落ちしてしまうリスクが上がります。

経歴で勝負できる中途採用者ならともかく、新卒生や社会経験が不十分な第二新卒・既卒生なら、手書きの履歴書で通過率を上げる判断も必要かもしれません。

手書きでなければ落とされるような会社への入社は損切りするのも手

どうしても履歴書を手書きで書くのがくだらないと感じるのであれば、指示がない限り履歴書を手書きで書かないスタンスを貫くというのもありでしょう。

前述の通り、履歴書が手書きでも評価に左右しない会社が8割以上なので、残りの2割は最初から期待しないで切ってしまえばいいのです。

そうすれば、履歴書を作成する際にわざわざ「手書きで書くべきか?」で悩む必要がなくなり、書類応募する企業の数を増やすことができ、就職・転職活動の効率を上げられます。

そもそも、履歴書を手書きで書くことをくだらないと感じるような人は、履歴書が手書きでなければ評価しないような会社とも相性が悪いでしょうから、書類選考の段階で落とされた方が互いのためだとも言えるでしょう。

まとめ|履歴書を手書きで書くのがくだらないと感じるなら自分の考えを貫いてもいい

以上のように、最近では履歴書は手書きで書かなくてもOKという意見が主流で、企業・人材会社側もそれに沿った採用方法が取られています。

中途採用枠に関して言えば、履歴書以上に職務経歴書の方がよほど重要なので、手書きで文字をキレイに書くことよりも自己分析などを通して、効果的に企業人事に自分の人材価値を伝えられる書類作成に時間をかけた方がスマートでしょう。

職務経歴書の効果的な作成方法
以下の記事でも紹介しているぞ!

2020年3月のコロナウイルスによる外出自粛に伴い、WEB面談を取り入れている企業も増えだしたため、増々手書きの履歴書やオフィス面接などのアナログな方法は重視されなくなってくることでしょう。

いずれにせよ、履歴書を手書きで書くことにこだわるあまり時間を無駄にすることは、転職活動で努力するポイントを間違っていると言えるので、この機会に転職活動方針を見直してみるといいかもしれません。

履歴書を手書きで書くのがくだらないなら転職エージェントを活用しておく

文中でも何度かお伝えしていますが、履歴書を手書きで書きたくないなら「転職エージェント」の相談して効率良く転職活動を進めていくのも手です。

転職エージェントは一度登録してから、履歴書・職務経歴書をアップロードすれば、わざわざ書類郵送する手間すらなくなるので、効率よく転職活動を進められます。

また、手書きの履歴書が好まれる応募先であれば、事前にエージェント側の担当者が教えてくれることもあるため、無駄な手書きの履歴書を作る手間を割くことができます。

とくに中途採用枠の場合、履歴書が手書きかどうかよりも経歴と紹介先企業が求めている人物像がマッチすることが何よりも大事なので、履歴書が手書きでバカバカしいと悩んでいるぐらいであれば、まずは転職エージェントでプロに相談しておき、転職活動を効率よく進めるためのアドバイスをもらっておくところから始めておくといいでしょう。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました