離職率の高い原因は会社だけでは解決できない?人が辞める理由は業界構造やビジネスモデルからも考えないといけない

人が辞めていく割合のことを「離職率」と言いますが、公表している会社とそうでない会社も多く、実態は闇の中に包まれがちです。

ですが、離職率の高い会社/職種/業界をまとめて見てみますと、共通する傾向が見えてきて、問題が浮き彫りとなってきます。

離職率が高い原因は複合的な要素が絡み合っていることが多く、どれか一つを改善しただけで根本的な解決には期待できないことも多いように感じます。

ただ、社内で人事/管理職/経営という立場であれば、離職率の問題に取り組まなければならないこともあるでしょう。

そこで当記事では、キャリア/経営に関する情報を発信しているサイトの目線から、離職率の高い原因について紹介していきます。

スポンサーリンク

離職率が高い原因は「不特定多数の人と関わる」「人手不足」の2つ

離職率が高い原因は複雑な要因がありますが、新卒入社後の離職率者のデータを見てみると「不特定多数の人と関わる仕事」「人手不足の続く業界」の2つの原因がとくに大きいと考えられます。

▼新卒生の3年以内の離職状況

■ 大学■  高校

宿泊業・飲食サービス業

50.4% (+0.7P)

宿泊業・飲食サービス業

62.9% (▲0.3P)

生活関連サービス業・娯楽業

46.6% (+1.6P)

生活関連サービス業・娯楽業

58.0% (▲1.2P)

教育・学習支援業

45.9% (▲0.3P)

教育・学習支援業

58.0% (+1.5P)

医療、福祉

39.0% (+1.2P)

小売業

49.4% (+0.6P)

小売業

37.4% (▲0.3P)

不動産業、物品賃貸業

46.7% (+1.2P)

出典:https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00002.html

上記の厚生労働省発表の離職率を見てみても、最終学歴大卒であっても4割~5割近くの離職者が出ている職種/業種には、共通して「不特定多数の人と関わる」「慢性的に人手不足」という特徴があります。

厚生労働省の職種/業種分類は少々わかりにくいので、以下のような分類で再度確認してみましょう。

▼離職率の高い業種/職種一覧

多く仕事が「不特定多数の人=一般人」と関わるため、精神的に消耗しやすいという特徴がある上、人手不足が目立つ業界ばかりであることが見えてくるはずです。

離職率の高い会社については
以下の記事でも詳しく説明しているぞ!

人と関わらない仕事に就きたい人
以下の記事も参考にしてみてくださいね

人手不足の仕事を辞めたい時は
以下の記事も確認しておきましょう

組織の規模や従業員数が少ないほど離職率が高くなりやすい

厚生労働省が公表している離職率に関するデータで、離職率の高い原因がわかりやすいのが「会社の規模/従業員数」です。

【新規学卒就職者の事業所規模別就職後3年以内離職率】

[ 事業所規模 ]

■大学■高校

1,000 人以上

24.3 %

25.3 %

500 ~999人

29.8 %

32.9 %

100 ~499人

31.9 %

37.9 %

30 ~99人

38.8 %

47.1 %

5~29人

50.2 %

56.4 %

5人未満

59.1 %

64.0 %

出典:新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)を公表します

上記のグラフを見るとわかりますが、従業員数が少なければ少ないほど離職率が高くなるという統計結果が出ています。

考えられる理由としては、

  • 大きな企業ほど収入/福利厚生/労働環境が安定しているので辞めにくい
  • 逆に小さい企業ほど不安定になるので辞めやすい

…という傾向が、数字としても見えてくるはずです。

とくに従業員数30人以下の企業は様々な問題を抱えていることも多いため、よほど経営者と価値観が合ったり仕事内容が好きでもなければ、待遇条件が悪い感じて辞めてしまう人が増えてしまう事情があると考えられます。

また、零細企業の規模であれば、給料の支払いが滞ったり、倒産して夜逃げする社長がいるなど、一般企業経験者からすれば信じられない話もあるぐらいです。

事業規模が小さいと信用できない会社もあるので
以下の記事で最低限の信用基準は知っておきましょう

閉鎖的な職場で離職率が高いなら一部の社員に原因がある

従業員数が少ない/事業規模の小さい会社で離職率が高いのは紹介した通りですが、その原因として考えられるのは閉鎖的な職場環境で人間関係が固定化されてしまい、一部の社員に問題があると職場全体に悪影響をもたらしやすいからという理由です。

▼狭い職場で離職率を上げる社員の特徴

通常、中小~大手企業であれば、部署替え/転勤によって数年周期で仕事で関わる人間が入れ替わるため、職場に嫌な人間がいても我慢できるものです。

ですが、同じ職場で何年も居座り続けるような人は、自分の性格が原因で社員が辞めていったとしても気づきかないため、膿が放置される形になるのです。

業界全体で離職率が高い場合はビジネスモデルに原因がある

会社/企業/社員ではなく、業界全体のビジネスモデル自体に問題があって離職率が高いケースもあります。

▼業界全体のビジネスモデルに離職率が高まる原因があるケース

  • 効率重視のビジネスモデルで人材を使い捨てしやすい業界構造(小売、飲食など)
  • 派遣社員/アルバイトが重要な仕事を担っている(事務/ITエンジニアなど)
  • 収入源が限られるので賃金を上げにくい職種/業種(公務員、社会福祉など)
  • ブラックな経営体制が当たり前となっている業界(不動産、金融など)

これらの業界は「離職率」が高く、大手企業であっても人の入れ替わりが激しい傾向にあるため、会社ではなく業界全体に問題があると考えておくべきでしょう。

離職率の高い職種/業種
以下の記事でも紹介してます

業界全体に問題がある仕事の場合
キャリア的にも先行きが見えなくなる…

ネット上では「底辺の仕事」と揶揄されることもあるが
業界全体に問題があると

非正規雇用ばかりの会社は人が育たないので離職率が高い

離職率が高い原因として、現場仕事のほとんどを非正規雇用(派遣社員/アルバイト)に任せっきりというものも考えられます。

非正規雇用者主体の現場の場合、プロジェクトの重要な判断ができる人が自社の社員でない場合、派遣と派遣先とで軋轢が生じやすくなります。その結果、一回きりのプロジェクトに参加して失敗しては繰り返し…というスパイラルに突入してしまうため、派遣社員を受け入れる会社も派遣社員も育たないまま、離職率だけが上がっていくのです。

また、フランチャイズ形式でオーナーを募集しているコンビニ/飲食業界個人事業主(フリーランス)への外部委託を行っているITエンジニア/クリエイターも離職率が高い傾向にあります。

正社員以外の契約形態の多い業種/職種は
離職率が高くなりやすい傾向にあるわけだ

非正規雇用者に現場仕事を任せる場合ですが、重要な判断や責任だけは派遣/委託先の正社員が担うことが多いため、プロジェクトの失敗が見えていても現場判断を一切聞かないどころか責任を押しつけてくることもあります。

そうなると、現場経験が豊富でプロジェクトリーダーの資質がある人材が正社員となれず、そうでない無能な正社員がリーダーで居続けるという逆転現象が起こってしまうのです。

非正規雇用者はレベルが低いとの声もありますが
使いこなす正社員側にも問題があるんですね…

さらに言えば、派遣社員が現場に入る際には、仲介として派遣会社も介入してくるため、責任の所在/従業員教育などの問題が非常にややこしくなってきます。

元々、日本の会社は終身雇用制が前提だっただけあって
非正規雇用者が重大な仕事に絡むとややこしくなりがちだ

離職率が高い根本的な原因は改善不能!?

以上のように、離職率が高い原因はおおむねパターン化されていると言えますが、一社員の努力や会社の取り組みだけではどうにも出来ないものも多いと言えます。

▼離職率が高い原因が改善不能な理由とは?

  • 離職率の高さをどうにかするのは人事の仕事(人事以外はやらなくてもいい)
  • その人事の仕事を人材会社/派遣会社に委託する会社も多い
  • 会社の経営方針/業界構造自体に問題がある場合は法整備などでしか制御できない

今回紹介した離職率が高い原因の中でも、社員一人の努力でどうこう出来る範疇なのは職場の誰かのせいで離職率が上がる場合ぐらいなもので、他の問題は管理職/人事以上が長い時間をかけて取り組まないと改善に期待できないものばかりです。

つまり、末端の社員は黙って耐えるしかないと?

残念ながらそうなるな…

そもそも、一社員の権限や努力でどうこうならない原因が多いからこそ離職率が上がるわけですので、もし離職率の高い会社で悩んでいるのであれば、根本的な解決が見込めるかどうかを見極め、無理だと悟ったら諦めるか転職するかの決断をする必要があると言えるでしょう。

 

仕事の出来る優秀な社員ほど辞めていく
会社側に問題解決が期待できないからだろうな…

離職率の高い会社は自分も辞めて転職した方がいい

離職率の高い原因が個人/会社単位でも解決不能だと感じる場合は、自分自身がキャリアを意識して転職を考えておくべきでしょう。

今回紹介したような原因は、根をたどれば終身雇用制の崩壊に対応できない会社がダラダラ延命しているパターン人材を使い捨てるような使い方をしている企業/業界とで分かれています。

ですので、労働者側はどの会社でも通用するキャリア/スキルを身につけて転職市場で通用する人材になる方が、将来性は高いと言えるはずです。

また、離職率の高い原因が放置されている会社は、自転車操業で新たな仕事に挑戦できないで現状維持/保守的になりやすいため、仕事を通してスキルを身につけにくいという問題もあります。

スキルが身につかない仕事
以下の記事でも紹介しています

これらの事情を踏まえると、離職率の高い会社に期待するのはやめて、転職活動を通して離職率の低い企業/業界で働くことを考えておいた方が自分のためだと言えるはずです。

転職活動を始めるなら転職エージェントは必ず活用しておきたい

転職を考えるのであれば「転職エージェント」と呼ばれるサービスを活用しておくことをオススメします。

転職エージェントは無料で利用でき、自分に合った求人の紹介から転職に関する相談、面接先とのスケジュール調整から年収交渉まで、あらゆる転職サポートを行ってくれます。

転職エージェントの仕組み
以下の記事でも詳しく紹介しているぞ!

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

仕事辞めたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました