仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

ロバート・ウォルターズの特徴と強みを徹底解説!「英語力特化」のエージェントの実力とは?

編集長
在宅転職エージェント評論家の
スコシテン編集長です

外資系特化の転職エージェントとして「ロバートウォルターズ」という人材会社を見つけましたので、ご紹介したいと思います。

ロバートウォルターズの特徴と強みは、他社と比べてみても以下の通り。

  • 英語求人・英語力のある人材に特化
  • グローバル求人に完全特化
  • 外資系+小さめの企業なので、対応が非常にスピーディー
  • 求人傾向はニッチなグローバル・海外企業多め(※大企業もあり)
  • 担当者と直交渉・直連絡でやりとり出来る

良くも悪くも「英語力・グローバル求人に特化」という感じですね。

外資系転職エージェントの中でも、日系企業も広く扱っているアデコの「Spring転職エージェント」や「JACリクルートメント」とは、明確に差別化してきている印象です。

その辺も踏まえた上で、ロバートウォルターズの特徴や強みを知っていただければと思います。

ロバート・ウォルターズ

ロバートウォルターズの強みとメリットは?

英語力特化の転職エージェント

一にも二にも、ロバートウォルターズの強みは「英語力特化」なところ。

  • 英文レジュメ・英語面接は当たり前
  • 日本語でいい連絡の場面も英語
  • 求人情報は英語のものが多め
  • 外国人コンサルタントも多数在籍

英語が読めれば、超有利になります。

また、職種・業種に関しても幅広く取り扱っております。

よって「英語力+職種経験」と経歴を乗算して企業側に売り込めますので、英語力がある方は非常に有利な条件での転職に期待できます。

たとえば「JACリクルートメント」「ビズリーチ」でも、グローバル系のハイクラスな求人は取り扱っていますが、日系企業も多めです。

また、同じく外資系企業運営の「Spring転職エージェント」と「ランスタッド」は、どっちと言うと日系企業寄りに合わせて来ているので、英語・グローバル特化という印象は薄いです。

ですので「英語力を活かしてキャリアアップしたい」という場合は、必ず利用しておきたい転職エージェントが、ロバートウォルターズだと言えるでしょう。

アメリカ・ヨーロッパ・東アジア圏に事業展開

ロバートウォルターズは30ヶ国展開の外資系企業です。

主に「アメリカ」「ヨーロッパ」「東南アジア」「中国」に展開。

次世代の大規模市場になること間違いなしの「中国」や、発展途上国として日系企業の主な販路拡大先になりそうな「東南アジア」など、人材需要が高い国もカバーしております。

海外勤務を視野に入れる場合、Spring転職エージェントはあまり海外勤務のサポートには積極的ではないので、ロバートウォルターズの方が期待できるかと思います。

企業買収(M&A)少なめの、本業メインの事業方針

個人的に「すごいな…」と思ったのが、33年の運営期間の中で企業買収(M&A)で取り込んできた企業がたったの3社というところ。

当社の成長の大部分は本業の成長から来ており、33年以上の歴史を通じ、企業買収は市場参入のためにおこなった3社だけです。現在対応している職種でのさらなるスペシャリスト化と、新たな分野に対する専門チームの設置を通じて、成長を推進し、世界各地でさらに多くの求職者様や企業様を支援していきます。

国内の大手人材会社を見ればわかりますが、企業買収(M&A)を繰り返しては事業再編…という経緯を持つ企業が多いため、各部門や子会社であまり連携が取れておらず、企業ブランドだけ有名になって、実力が伴っていない人材会社が非常多いです。

ですので、企業全体としても一貫性のある運営方針を持ち、さらに社内での情報共有や密接な連携には期待できそうです。

これが国内の大手転職エージェントですと「担当部門ではないので詳細はわかりません…」とお茶を濁してきますからね。(面談担当者・採用求人振り分け・紹介先企業の営業が個別に別れているせい)

担当者との直交渉に期待できる

外資系運営の転職エージェント全般に言えますが、担当者個人と直接連絡出来るので、非常に融通が利きますし、相性さえ合えばかなり有利に転職活動を進められます。

ですので、早期に「担当者の保有している求人内容や傾向」「担当者の業務範囲」などを把握しておけば、かなりの精度で自分の希望条件に合致した求人の紹介に期待できます。

逆に日本の大手転職エージェントとか、マジで「それ、わざわざ担当者名義で送ってくる内容じゃないでしょう?」みたいなスパムレベルの求人送ってくるので、私は外資系エージェントの方が好きです。

ロバートウォルターズのデメリットは?

ロバートウォルターズのデメリットですが、強みがそのまま弱みに変わります。

ですので、自分に合っているかどうか確認した上で、使っておくと時間を無駄にせずに済むでしょう。

英語力必須

ロバートウォルターズは英語力特化ですので、もちろん英語力必須で、英語力がない人にはオススメできません。

信憑性がありそうな評判を見ていると「日本語でいいところまで、英語が求められた」などの情報もあるので、とにかく英語で仕事したい人向けでしょう。

「In Japanese,plz(日本語でおk)」が通用しない場面も想定されるので、ガチで英語だけでもコミュニケーション出来る人向けです。

どういうことかと言うと「TOEICでハイスコア取ったから英語力がある!」とナメてかかると、いざ英語のコミュニケーションで通用しなかった場合、ミスマッチ採用にもつながるおそれがある…ということです。

「英語スキルはあるけど、実務経験がない…」という方はアデコのSpring転職エージェントがオススメです。

Spring転職エージェント(Adecco)の特徴と強みを徹底解説!世界No.1の手がけるエージェント制の圧倒的合理性とは?

ですので使うにしても「自分の英語力でどれだけの仕事に挑戦できるのか?」という、自己分析も兼ねての方が、間違いないでしょう。

自分の英語力見誤って、内定後海外に飛ばされ、辞めるに辞められない…という状況だけは避けたいものです。

紹介先企業の詳細な情報が未知数

ロバートウォルターズですが、公開されている情報だけでは、紹介先企業の傾向や会社のコネの方向性が見えてこないため、紹介先企業が未知数な点は不安が残ります。

たとえば、同じ外資系運営の転職エージェントでも、以下のようにわかりやすい方針があります。

Spring転職エージェント…国内大手と差別化、外資系の紹介は比較的有名な企業が多め。

ランスタッド…外資系だけど国内法人色強め。地方展開、各業界内でもニッチな企業の取り扱い多め。

JACリクルートメント…グローバル展開している日系大企業、外資系企業でも国内で知名度の高い企業の求人が多め。

※ただし、実際は幅広く扱っているので、自分が紹介してもらえる求人傾向と異なることもります。ですので”あくまで目安”としてです。

ロバートウォルターズはほとんど求人情報を公開していないため、傾向も方針も読めません。

代理店経由の情報ですとグローバル展開している大企業から中小企業まで幅広く求人を網羅しているとの説明を受けていますので、まずは使ってみて確認してみるといいでしょう。

また、職種・業種の扱いも広く「英語力を求めている企業>職種の専門性」という優先順位であることもうかがえます。

ちなみにロバートウォルターズは、日本国内でも従業員数300人近くいるので、求人内容制作のための営業訪問をしっかり行えるマンパワーはあるので、その点に関しては心配要らないでしょう。

電話対応・メール対応などでのやりとりが基本

外資系企業・ベンチャー系の転職エージェントに言えますが、電話対応・メール対応でやりとりで密接に情報交換するのが基本です。

担当者も個人プレイが出来るので、見込みのある求職者にはガンガン迫ってきます。

ですので、担当者と相性や利害関係が合えば、非常に心強いです。

担当者の営業力・交渉力完全重視で、それだけエージェントの能力にも自信があるという証拠です。

国内でも2000年から継続運営して来ている実績があるので、やはり登録者への情報提供力や交渉力があるという証拠でしょう。

ただし、あまり外資系・ベンチャー系の個人プレイ重視の転職エージェントに慣れていない方や、急かしてくる相手との距離感のとり方がわからない方ですと、疎ましく感じることもあるかもしれない点には注意です。

そういう方はビジネスライクで事務的に付き合える国内大手「リクルートエージェント」や「doda」の方が合ってることでしょう。

エージェント毎に特徴を理解して、使い分けておくといいでしょう。

英語力に自信があるならロバートウォルターズは使っておきたい

以上のようにロバートウォルターズは良くも悪くも「英語力」に特化した転職エージェントで、非常にわかりやすい強みを持っております。

公開求人も年収600万以上は当たり前ですので、かなりのキャリアアップ・年収アップに期待できそうです。

ちなみに競合するエージェントをまとめて比較しておくと、ざっと以下の通り。

Spring転職エージェント…世界No.1外資系企業アデコ運営。英語力に関しては「スキルはあるけど、実務経験が足りていない…」という人向け。紹介先に関しても「国内展開している外資系企業」など、国内で働く人寄り。→Spring転職エージェント解説記事

JACリクルートメント…外資系企業運営。高い英語力・経歴が要求される。グローバル展開している日系企業・外資系企業の紹介が多く、有名企業とのコネも強い。ロバートウォルターズの競合としては、もっとも近い性質を持つエージェント。→JACリクルートメント解説記事

ビズリーチ…ヘッドハンター・企業と直交渉出来るSNS形式の転職サイト。運営会社はただのプラットフォーマー。なので人材業者が仲介に入らない点が強み。有力なヘッドハンターと出会えたり、企業側から直接オファーが届くと圧倒的に有利。本格利用は課金制。→ビズリーチ解説記事

使い分け方としては、

  • 英語スキルが思うように評価されず、いい条件の求人を紹介されない
  • 書類スペック以上の実践的な英語力で勝負したい
  • もっとグローバル展開している企業の詳細や選択肢を知りたい
  • 担当者のレスポンスやスピード感に期待できない

…という方なら、他の競合エージェントとの併用先候補として、ロバートウォルターズを確実に利用しておきたいです。

とくに、担当者と直交渉で実践的な英語力をアピール出来るという点で、ロバートウォルターズは非常に有利な条件を引き出せる転職エージェントだと言えるでしょう。

逆に言えば、他のエージェントは英語力をしっかり評価してくれない担当者と当たってしまえば、不当評価されることもあるということです。

ロバートウォルターズは、他の転職エージェント同様、完全無料で登録出来ます。

英語力に自信がある方は、この機会に登録だけでも済ませてみてはいかがでしょうか。

ロバート・ウォルターズ

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。