ロケット開発エンジニアになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

ロケット開発エンジニアは、日々進化する航空宇宙工学の知識技術を駆使して、用途に応じたロケットの開発や設計を行う。
一方、ロケットの整備士も特殊な技術が必要となるため、やはり航空宇宙工学や機械工学の基礎知識が必要だ。
日本のロケット開発エンジニアは、主に宇宙航空研究開発機構(JAXA)へ就職して仕事をしているが、ロケット開発に誘っている大学などの研究室に残って研究者となったり、ロケット開発を行っている民間会社の研究者として開発に携わる者も多い。
航空宇宙工学とは、流体力学、飛行力学、航空機設計などの学問を用いて、航空機、ロケット、人工衛星、宇宙探査機を設計するための方法を研究開発する学問のことだが、早稲田大学の理工学部や工学部の専門の学科で、航空宇宙工学を学ぶことが基本だ。
その上で、JAXAへ応募したり、三菱重工業など ロケットを作っている民間企業への就職を目指すというのが一般的である。
また、大学の研究室に残って能力を発揮すれば、JAXAや民間企業の方から招聘されることもある。

タイトルとURLをコピーしました