無能でもできる!簡単に就ける仕事11選と楽に就職するための方法

オレの名前は、ジャパニーズモンキー・D・イエロー!!!!!

好きな漫画はもちろんワンピース!!!

今回、君たちに紹介したいのは「サルでも出来る簡単に就ける仕事」。

この記事に書いてる方法を試せば、カンタンに仕事が見つかるぞ!

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

無能でもできる仕事

  • マーケティングリサーチャー
  • 自動車製造工
  • 食品製造工
  • トラック運転手
  • 検針員
  • 警備員
  • 家政婦
  • 造園師
  • 司書
  • 地方公務員
  • 自衛官

マーケティングリサーチャー

マーケティングリサーチャーは、企業や団体の依頼を受けて、ある特定の商品の需要や消費者のニーズ、販売実績や購入者層の分布といった、ヒット商品を生み出すために必要なデータやマーケットの動きなどを調査・分析するのが仕事です。
初歩的な仕事はデータ入力や収集が主となるため、簡単なパソコン操作さえできれば誰でもできる仕事です。
また、広い意味では交通量調査を行う仕事や、前述のデータ入力者もマーケティングリサーチャーに含まれます。
もし、マーケティングリサーチャーとしてデータ入力の仕事をしたいのであれば、まずは大手求人サイトで「リサーチャー」「調査」「データ入力」などの単語で調べてみるといいでしょう。

自動車製造工

1台につき2万点以上といわれる部品を組み立てて自動車を完成させるのが自動車製造工の仕事です。
専門学校などで自動車の基本的な構造や 関連する技術についての知識を学んでおけば就職に有利ですが、大手自動車メーカーが出している期間工の求人であれば、未経験・年齢不問で働けることもあります。

食品製造工

食品を製造を機械、または手作りで行うのが食品製造工の仕事です。
代表的な食品製造工は「和菓子製造工」「パン・焼菓子製造工」「乳製品製造工」「清酒製造工」など。
従業員数が多く雇用形態も様々で、大規模な企業が運営している工場も多いのも特徴です。

トラック運転手

大型から小型まで様々な大きさの貨物自動車を運転し、貨物を安全に確実に目的地に搬送するのがトラック運転手の役目です。
受注や積荷作業、荷下ろし時にはコミュニケーションが必要ですが、それ以外の大半の運転時間は車内で1人で過ごせるため、向いている人にとっては非常に快適で、給料も月給なら平均31万、年収も400万円以上と決して悪くない数字です。
ただ、トラックを運転するには「大型自動車第一種運転免許」の取得が必要になる点には注意。

検針員

検針員は水道、ガス、電機の計量器を見て使用量を計測する仕事です。
担当地区をバイクまたは徒歩などで回ることになります。
月前半約20日間が検針日、2日程の調整日が稼働日、残りは休日に割りあてられることが多いため、休日日数も多い方です。
収入目安は月15万~20万円ほどで、時給ではなく検針件数による歩合制で給料が決まることもあります。
検針員になりたいなら、最寄りの水道局やガス協会に直接問い合わせてみるのが一番でしょう。

警備員(ガードマン)

警備員の仕事は事件の発生を警戒・防止することで「ガードマン」とも呼ばれます。
最近では、一般家庭のホームセキュリティの普及、ATMへの現金運搬業務、大規模イベントにおける警備の需要などが増大すし、 人々の安全と財産を守る産業として警備業が定着してきているため、人手の需要も増えています。
警備員として働けば日給1万円に達することもあり、給料も決して低くはないと言えます。
警備員になるには、警備会社に入社するのが一般的ですので、警備会社の求人を見つけて応募してみましょう。

家政婦

家政婦・家政夫の仕事は、大別すると家事サービス・介護サービ ス・ペットサービスに分けることができる。家政士とも呼ばれる。
家事サービスとは、住居の清掃・整理、子どもの世話、洗濯・衣 類の整理、話し相手になること、食事の準備と後片付け、生活必需 品の買い物、留守番など。介護サービスとは、食事介助、医療機関 への通院介助、利用者の健康管理、入浴介助、排泄介助、衣服の着 脱、清拭など。そしてペットサービスは、餌やり・水やり、ケージ の清掃、ペットの散歩などとなる。介護士の仕事とよく似ている部 分はあるが、介護職の多くは、組織の職員として不特定多数の人と 接するのに対し、この仕事は依頼の家庭に入り込み、その家族の一 員としての役割が求められることも多い。そういう意味では、究極 の接客業という側面を持っているといえよう。
家政婦(夫)紹介所に登録し、仕事の斡旋を受けよう。 家 事代行のほか、介護の仕事も増えている。
フリーで働いている人もいるが、基本的には厚生労働大臣の許可 を得た家政婦(夫)紹介所に登録し、そこを通して仕事の斡旋を受 けることになる。一般家庭からの求人があると、紹介所に指示され、 紹介状を持参して求人者の家を訪ねて面接を行なう。面接に受かれ ば、求人者から労働時間や内容等の条件を聞く。そしてその後、紹 介所が労災保険の加入手続きを取り、仕事を始めることとなる。
必要とされる資格はないが、日本看護家政紹介事業協会が実施す る、厚生労働大臣認定の「家政士」検定試験を受けておくといいだ ろう。また、近年、介護サービスの需要が増えており、訪問介護員 として働いている人の中には、介護福祉士の資格を取得している人 も増えている。あるいは、逆に家政婦(夫)として働いているうち に、必要に迫られ、介護職員初任者研修、実務者研修を受け、さら に介護福祉士への道を歩む人もいる。
日本看護家政紹介事業協会のホームページに全国の家政婦紹介所 が紹介されている。チェックするといいだろう。

造園師

植木の剪定(せんてい)や、害虫から草木を守るための消毒、成長を促すための移植や肥料管理など、庭を最適な状態に維持するための手入れを行うのが造園師の仕事です。
取得が義務付けられた資格はありませんが、造園に関する国家資格である「造園技能士」や「造園施工管理技士」を持っていると就職に有利になります。
造園師は「庭師」「植木職人」とも呼ばれ、個人規模の事業から大きな造園会社まで様々です。

司書

自治体や教育機関などの図書館に勤務し、収蔵されている図書や資料の管理をしたり、図書館の利用者が求めている情報を探すための補助をしたりするのが司書の仕事です。ジャンル別に書架を整理するなど、利用者が使いやすいように施設を整備したりするほか、図書館でのイベントなどの企画・運営に携わることもあります。
募集の要件となることが多いので、まずは文部科学省認定の司書資格を取得しておくといいでしょう。

地方公務員

地方自治体の公務員として働くのが地方公務員で、都道府県庁や市役所、町村役場といった行政サービスをはじめ、警察や消防署、保健所など、住民の生活に密着した施設が職場となります。

地方公務員になるには採用試験に合格する必要がありますが、逆に言えば採用試験にさえ合格してしまえば就職できるので、採用試験に合格するための勉強以外は考えなくていいので、細かいことを気にしない人にとっては向いてる可能性があります。加えて言えば、公務員はマニュアルに則って行なわれる仕事が多いため、マニュアルさえ覚えて遵守できる人にはうってつけの仕事と言えるでしょう。

自衛官

国防の任務にあたる自衛隊は、もともと第二次世界大戦後の1950年に警察の力を補う目的で警察予備隊がつくられたことから始まりました。その後、独立した日本の防衛の仕組みを整えるため、警察予備隊を改編した保安隊と海上警備隊を合わせて、1952年に保安庁となり、1954年には防衛庁(2007年からは防衛省)が設置され、自衛隊となりました。

防衛省は、陸・海・空の各自衛隊を取り仕切り、そのための事務などを行なっています。その指揮下で実際に防衛の任にあたるのが、現在およそ25万人いる自衛官の役割です。 自衛官の任務は大きく分けて、日本の国民や領土・領海・領空を敵 の侵略から守る、災害などが起きたとき人々の命と財産を守る、国際平和協力活動や防衛交流などを通じて国際社会の平和と安定を目指す、のみっつとされています。

陸上自衛官は、全国に置かれた駐(分)屯地に配属されており、常時国土を侵略されたときの防衛任務に備えている。また、国際平和維持活動にも多くの陸上自衛官が派遣され、活躍しています。

海上自衛官は日本の周辺海域の防衛にあたっています。敵に攻められた場合、それを海上に押し止め、退けるのが任務です。陸・空 自衛隊とともに、対水上戦、対潜戦、防空戦(個別的な防空)などの各種作戦を行なっています。

航空自衛官は、常に日本の周辺をレーダーで監視するとともに、 戦闘機を直ちに発進できる態勢で待機しています。現代の侵略は航空攻撃で始まる場合がほとんどであり、万一侵略を受けた場合、空において相手の戦力を上回り、大きな損害を受けることなく作戦を遂行するのが任務です。

さらに自衛官は災害発生時における救助派遣という重要な使命も帯びています。派遣される人員数が最も多いのは陸上自衛官です。現地に入り、救助や復旧にあたります。また、海上自衛官や航空自衛官は、 航空機による迅速な情報収集を行なったり、救援物資や負傷者、病人の輸送などで活躍します。

自衛官になるには、自衛官採用試験に合格するのが前提です。入隊後、防衛大学校や防衛医科大学に進む道もあります。自衛隊の主な募集科目には、大卒程度以上を対象とした「一般幹部候補生」、18歳以上(高卒)を対象とした「航空学生」「一般曹 候補生」「防衛大学校学生」「防衛医科大学校医学科学生」、17歳未満(中卒)を対象とした「高等工科学校生徒」などがあります。

一般幹部候補生として採用されると同時に陸・海・空の各自衛隊の曹長に任命されて、幹部候補生としての教育を受けます。 航空学生は入隊後、海上自衛隊や航空自衛隊のパイロットになるための訓練コースに進みます。一般曹候補生は採用後、陸・海・空の各自衛隊の部隊勤務につき、 陸曹・海曹・空曹として養成されます。 防衛大学校学生は将来、陸・海・空の幹部自衛官となるべく、防衛大学校で4年間の教育を受けまs。 防衛医科大学校医学科学生は防衛医科大学校医学科で医師(幹部自衛官)となるため、6年間の教育を受けます。防衛医科大学校看護学科学生は防衛医科大学校看護学科で、看護師 (幹部自衛官)となるべく、4年間の教育を受けます。高等工科学校生徒は将来、陸上自衛隊において、装備品等を駆使し、運用できるように教育を受けます。

いずれも学費はかからず、教育を受けている間にも規定の給与が支給されます。日本の国防に関心があり、情熱と積極性のある人、組織の上に立つリーダーとしての資質を有した人が求められています。

簡単に就ける仕事なら派遣社員もオススメ!

猿でも出来る仕事が多くあるのが「派遣社員」だ!!

派遣社員は手を抜いて仕事するのも可能、正社員を目指して頑張るのも可能。

自分の好きなように働けるのが魅力だな!

「週5日8時間勤務」とかめんどくさいよな?

派遣社員なら、なんと「週4日4時間~」のようにアルバイト感覚で働ける!

しかも、未経験者からでも就ける仕事多数あり。

こんなに楽な仕事はねえ!!

しかも、派遣社員なら月収25万円~30万円は余裕で稼げる。

意外と給料が良くて最高。

正社員みたいに上司にガミガミ言われることも少ない。

おまけに残業もほとんどない(人件費が高くなるから)。

さらに働き方改革の「同一労働同一賃金」で、派遣社員の待遇はどんどん良くなっている!

派遣社員でオススメなのが世界No.3の企業「JOBNET(マンパワーグループ)」と国内最強の「テンプスタッフ」。

知名度は低いが、どっちも全国に拠点があってすぐに相談して仕事を紹介してもらえるので、今すぐ登録しよう!

登録から仕事の紹介まで、もちろん無料だ!

[o_shiny] JOBNET(マンパワーグループ運営)に今すぐ登録!
【登録1分・完全無料・全国対応】
[/o_shiny] [b_shiny] テンプスタッフに今すぐ登録!
【登録1分・完全無料・全国対応】
[/b_shiny]

無能でもできる仕事が見つかる転職サービス

最後に無能でもできる仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました