生理学者・医学者になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

生命現象を機能の側面から研究するのが生理学者、人体の構造や機能、疾病について研究し、疾病を診療・治療・予防する方法を開発するのが医学者の仕事だが、両者の研究は重なる部分が多い。
日本でノーベル生理学・医学賞を取ったのは、様々な抗体を生成する遺伝的原理の解明をした利根川進む(1987年受賞)でしょう、iPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製に成功した山中伸弥(2012年受賞)、線虫による感染症の治療法を発見した大村智(2015年受賞)、細胞のオートファジー(自食作用)の仕組みを解明した大隈良典(2016年受賞)の四人だ。

タイトルとURLをコピーしました