仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

正社員なんて肩書きだけ。正社員で働くメリットのない会社の特徴とは?

「正社員なんて、だせえ…」

20代前半の頃、私はそう思っていました。

しかし、20代中盤から周りの友人が出世・結婚しだし、非正規としての仕事も限界が見えるにつれ、日本では正社員がいかに恵まれているか、身にしみて実感しました。

もし、この記事を読んでいる20代の方で「そろそろ、正社員になるべきかな?」と悩んでいるなら言っておきます。

何が何でも正社員にしがみつけ。

じゃないと、若さと健康だけでは押しきれなくなった30代に、周りと差をつけられた状態で仕事しないといけなくなります。

とにかく、日本ではどんなに能力ややる気がなくても、正社員という肩書きがあるだけで超優遇されるんです。

逆に、超能力があってやる気もあり優秀な人間であっても、非正規というだけで不当に評価されます。

なぜなら、正社員になる努力をしている人間の方が、社会的信用は高いからですね。

そこで今回は、徹底的に正社員が優遇されている日本社会の現状を洗いざらい挙げていきます。

正社員の権利は強すぎる

何と言っても、日本では正社員の権利が強すぎるんです。

「正社員は苦労する」
「上司と部下にはさまれて大変そう…」
「頑張っても年収は頭打ちになるんでしょ?」
「転勤・残業の指示には逆らえない」

…そういった印象を正社員に抱いている方も多いでしょうが、それはあくまで正社員の一面だけです。

別に、正社員は仕事しなくても、周りに迷惑かけても、即解雇される…だなんてことは一切ないのです。

「仕事しない上司」というのは、どこの職場にもいますが、出世すればイスに座っておくだけで給料がもらえる…なんてことも珍しくありません。

そんな上司がいたとしても、会社はやめさせることができないのです。

実際には頑張って苦労している正社員も多いですが、頑張らずに怠けまくっていても、会社側が積極的に解雇することは、極めて難しいんです。

そのため、正社員の採用にも必死になるわけです。

正社員の社会的評価は高い

また「正社員」という肩書きがあるだけで、社会的には一気に信用されます。

裏でどんな汚いことをしていようが、性格が悪かろうが、仕事で大して結果出してなかろうが、それは外部の人間からはわかりませんからね。

正社員というだけで社会的には信用されるんです。

その証拠として、

  • クレジットカードの審査
  • 各種ローンの審査

など、とくに収入・経済力の安定性では、正社員の信頼は極めて高いです。

年商1億円稼ぐ社長よりも、年収400万を堅実に稼ぐ正社員の方が、社会的信用は上なわけですね。正社員でなければ、マイホームはローンがまず降りないので、一括で買うなどしないといけないわけです。

また、単純に世間体や、他人の評価も正社員の方が上です。

一発当てて1億円稼いだ社長よりも、年収400万を安定して稼いだ男性の方が、女性からもモテます。

そして、どんなに性格の悪い人間や仕事のできない人間でも「〇〇社員」という肩書き一発で、信用されます。名刺を渡せば、一発で信じてもらえるのと一緒ですね。あるいは、警察が警察手帳を見せるだけで、簡単に捜査に協力してもらえるようなもんです。

社会保障などでも優遇されている

また、単純に正社員は福利厚生・厚生年金など、税金や保険金の負担などが極めて軽くなるメリットがありますね。また、結婚すると扶養控除の制度もありますので、家計の負担も軽くなります。

もっとも、これは会社側からすればかなりに負担となるので、最近では福利厚生がまったくなかったり、非正規雇用者を積極的に雇う会社も増えていますね。

ただし、それを差し引いても「社会的信用」「安定性」だけで、非正規雇用よりも一歩上です。

給料が上がりやすい

正社員は、何と言っても非正規雇用よりも給料が上がりやすいです。

年二回のボーナスでは会社の業績に応じて賞与が支給されます。

また、年一回の昇給では月収1万円ずつプラスになっていくわけです。

年を取ればとるほど、収入が上がっていくわけです。

もちろん、成果が出せなければ出世コースは頭打ちになりますが、それでも30代前半ぐらいまでは安定して給料がアップし続けます。

年を取ればとるほど、ドンドン楽になっていくわけです。

正社員のデメリット:自由や時間の融通が効かない

正社員のデメリットとしては、転勤や部署替えなどで、働く場所を選べないことと、時間の融通が効かないことですね。

会社の命令次第では、残業も休日出勤も当たり前です。

しかし、そういった会社の命令を忠実に守ることで得られる社会的信用は、年齢を重ねることに連れて高く評価されるわけです。

早い話が、「仕事が出来るかどうか」よりも「今まで会社の指示に忠実に従ってきたかどうか」が、死ぬほど大事なわけです。

過労死で部下を殺そうが、大した結果も出せなかろうが、仕事を効率化する努力をしてなかろうが、

会社に正社員として長年勤めた実績だけで、誰でも簡単に信頼されてしまうんです。

言ってしまえば、正社員というのは「無能で才能もない人間でも、努力して言うこと聞いておくだけ」で、簡単に社会的に信用されるわけです。

こんな楽な立場、非正規雇用では味わえませんよ?

正社員に就職するには?

そんな正社員ですが、努力と行動力さえあれば、誰でも簡単になれます。

面接や履歴書作成も、あるいは就職先も、誰かの指示通りに言われたことを忠実にやっていけば、誰でも簡単に正社員になれますからね。

ただし、年を取ればとるほど、不利になってきます。

正社員は会社に長年勤めた実績が評価される反面、会社にいなかった期間が長ければ長いほど、相手を疑うように教育されているわけです。

そのため、まだ社会的信用がゼロなだけの20代のうちに、できるだけ早く正社員にしがみつきましょう

30代も過ぎると、社会的信用はゼロからマイナスへと変わっていきます。

おすすめの就職・転職サービスは?

今すぐ正社員を目指したい方は「いい就職ドットコム」「ハタラクティブ」に登録しましょう。20代ならば、誰でも簡単に正社員になれるチャンスがあります。

履歴書や面接、ビジネスマナーも一から教えてもらえるので、正社員経験のない方や、就活で挫折した人でも、安心して正社員になれます。

まずは利用して、面談を受けてみてください。

求人先も、若さあふれる熱意の会社が多いので、他の就職サービスと違って、未経験でも出世できるチャンスも高めです。

勤務経歴が長ければ転職エージェントもあり!

正社員経験があったり、非正規雇用での勤務経歴が長ければ、転職エージェントもおすすめです。

転職エージェントはキャリア向けのサービスのように見えますが、実際は非正規雇用などの正社員以外の求人も扱っています。

あくまで正社員というのは社会的ステータスだけの話ですから、能力や適性を重視する転職エージェントでは、非正規雇用でも正社員に転職するチャンスもたくさんあります。

また、正社員経験のない人が手当たり次第に求人先に応募しても「正社員経験なし・非正規だから」という理由で問答無用で書類選考すら通らないことは多いですが、転職エージェントではそういう会社と当たることはないので、効率よく求人先を見つけることもできます。

日本では、正社員は圧倒的に恵まれてます。

あとは一度正社員の席を勝ち取って、必死にしがみつくだけで人生安泰です。

まずは、転職エージェントなどの正社員に簡単に就ける求人サービスを利用して、人生勝ち組コースのスタートラインに立ちましょう。実際に行動さえ起こせば、あとはエージェントや会社の指示に従っておくだけで済みます。こんな簡単に安定する人生の選択肢はないですよ。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。