製造業が辛い・辞めたい理由と転職する際の注意。製造業がきついと感じたら知っておくべきこととは?

「製造業を辞めたい」
「メーカー勤務がつらい…」
「工場での仕事が向いてないと感じる…」

そうお悩みではありませんか?

製造業が安泰していたのも今は昔、IT化が進む現代では、必ずしも安定している業種とは言えなくなっております。

その結果、製造業では大企業クラスでもリストラが行われ、定年まで働けるかどうかにも不安が残る時代になっています。

もし読者の方が、製造業を辞めたいと感じているのであれば、今後のキャリアについて真剣に考える段階に来ているはずですので、ぜひこの記事で紹介している情報を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

製造業は残業や休日出勤が多いので辞めたい人が多い?

製造業が辞めたくなる理由としては、人手不足が原因で残業が多くなりやすいからでしょう。

国内の製造業や工場勤務では、以下のような理由から人手不足となりやすい傾向があります。

  • 工場稼働を止めることが出来ないので、一定数現場に人がいないと回らない
  • 海外(後進国)の工場展開で国内の賃金が下がりがちなので、人が集まりにくい
  • 閉鎖的な職場環境なので、まともで優秀な人材ほど辞めていく

製造業・工場勤務の場合、そもそもが現場の人間だけでは人手不足になる原因に関して一切解決方法がなく、経営階級の判断頼みになりやすい性質があります。

また、IT・WEB系の技術の需要増加から国内での製造業の価値が低下しており、海外の後進国に工場を展開したり、国内でも外国人人材の採用や派遣社員の採用など、人材の賃金が低下していることも、製造業が辞めたくなる理由のひとつでしょう。

ですので、そういった事情に気づいた人材はいち早く辞めていき、製造業には人が残りにくくなるのです。

まともな人ほど辞めていく理由に関しては、以下の記事をご参考ください。

また、人手不足が理由で辞めたい場合は、職場内で引き留めにあったり、周りに迷惑がかかって心理的にも辞めにくいことが予想されるので、以下の記事もご参考ください。

製造業は細かい仕事ばかりで失敗が許されなくて辛い

製造業と言えば、マニュアル作業やルーチンワークが多い仕事の筆頭です。

ですので、ルーチンワークが苦手で退屈に感じる人にとっては、もっとも辞めたい理由になってもなんらおかしくはないはずでしょう。

筆者自身、同じことの繰り返しであるルーチンワークは飽きやすく、クリエイティビティを要される仕事の方が、やりがいを感じやすいです。

ミイダス」という転職アプリに搭載されている「コンピテンシー診断(旧:ミイダス適性チェック)」では、以下のような診断結果が出ております。

ルーチンワークが苦痛で製造業を辞めたい場合、考えられる転職方針は以下の通りになってきます。

  • 製造業の中でも開発・企画・研究などが主な部門につく(理系・技術者の場合)
  • 製造業の中でも営業・コンサルなど、文系領域でクリエイティビティの要される職種を目指す
  • 製造業以外の業種・職種に挑戦する(未経験職に転職しやすい20代の場合)

記事内後半に具体的なキャリアプランを紹介しておきますので、当てはまると感じた方は最後までチェックしてみてください。

製造業勤務は出張・単身赴任が多いので辛い

製造業が辞めたい理由として「出張・単身赴任が多いから」というものがあります。

安定志向の人からすれば、生活環境や職場環境がガラリと変わる単身赴任は、耐え難いストレスを感じるはずです。

また、会社によっては海外への出張があることも、辞めたい理由になるかもしれません。

筆者自身、生活環境が変わることを好まない性格ですので、出張や単身赴任が多い仕事であれば、強いストレスを感じるかと思います。

それも多くの場合は、自分の意志とは関係なく上の意向で理不尽に出張を命じられることがほとんどです。

その分、賃金面で手当てがつくこともありますが、そこまでして生活環境が大幅に変わることを望まないのであれば、辞めるきっかけにとして「単身赴任が多い」という理由は、十分かもしれません。

製造業は性格の悪い人がいるので辞めたい人が多い?

これは会社にもよりますが、製造業・工場勤務は閉鎖的な職場環境になりやすいためか、人間関係が悪くなりがちです。

閉鎖的な職場では、以下のような状態が生じやすいです。

  • 情報や話題が閉じこもりがちで異常な環境になっても誰も気づかない
  • 向上心の低い人が集まると成長意欲が失われていく
  • 刺激が少ないためか、職場いじめや新人いびりが起きる

閉鎖的な職場は、人間関係が悪くなる原因自体に根本的な問題があることが多く、仕事をする上で様々な悪影響をもたらします。

人間関係の悪い職場については以下の記事にもまとめてありますので、ご参考ください。

製造業は斜陽産業で将来性に不安が残るから辞めたい?

製造業が辞めたくなる理由としては、斜陽産業・衰退産業として将来性のない業種が多いからでしょう。

製造業の将来性に不安が残る理由としては、主に以下の通りです。

  • 現場作業レベルの仕事は派遣・契約社員に任せている
  • 人件費削減で海外への工場展開、外国人雇用など、
  • IT・WEB系の技術の需要拡大に伴い、製造技術の価値が低下している
  • 会社の規模がデカい+業界内の関係が根強いため、改革しにくい構造である

製造業はかつては安定しているイメージがありましたが「非正規雇用の拡大」「外国人労働者による人件費削減」「IT技術の拡大による製造技術の価値低下」「改革しにくい業界構造」などの要因が重なり、今では安定しているとはとても言い難い状況です。

日本でも最大規模を誇るトヨタ自動車の社長が公に「終身雇用は厳しい」と発言したことも、製造業がかつてのように安定した仕事ではないことの証拠だと言えるはずです。

また、SHARPの海外企業からの買収、東芝の粉飾決算など、超大手クラスでも不正や経営難が蔓延しているところに、閉鎖的な企業体質・隠蔽体質が見え隠れしており、社内改革には期待できません。

少なからず「安定しているから」という理由だけで何も考えずに製造業界で働いているだけでは、将来性に不安に残る時代なのは間違いないでしょう。

将来性のない会社について詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ。

製造業を辞めたい時の転職先はどこがいい?

製造業を辞めたい方には、

「製造業からの転職先があるのか不安…」
「他の業種がいいのか?それとも同じ製造業での転職がいいのか?」
「自分のスキルや経歴が他の職場で通用するのか心配…」

…など、転職に踏み切れない方も多くいらっしゃるかと思います。

そこでここからは、具体的に製造業から転職する場合のキャリアプランの方向性について、紹介していきます。

ぜひ、読者の今後のキャリアのために活用してみてください。

同業種・職種(製造業界)内で転職する場合

同業種・同職種(製造業界内)で転職する場合はどうすればいいのでしょうか?

読者の年齢・学歴・スキルがわからない以上、詳しくは断言できませんので、まずは「自分の年齢・経歴・スキルが他の会社でも通用するのか?」を知っておく必要があります。

とくに製造業界の場合、専門性のスキルが必要とされるので、より詳しく業界事情を把握しておくことが大事になってきます。

同業界内で転職する場合は、まずは製造業界の人材派遣業として40年の実績を持つ「メイテックネクスト」がオススメです。

メイテックネクストは製造業の中でも、以下のような職種・業種の転職に対応しております。

電気・電子・半導体関連、機械・メトロ関連、化学関連/化学・電子材料、制御系・組込み・ファームウェア、メディカル関連/医療機器・用具

その他:IT関連、メディカル関連、金融関連、コンサルティング、外食・小売・流通関連、建設・設備・不動産関連、食品関連、商社関連、クリエイティブ関連、管理系(経理・財務/人事・総務/法務・知財/広報・IR/秘書・アドミ/エグゼクティブ)

製造業界内で転職する場合は、以下のような点に注意しておくと、次は間違いのない職場に就けるはずです。

  • 会社の規模や事業内容をしっかり見ておく
  • 将来のキャリアプランを考えた上で、自分が成長・挑戦できる会社を選ぶ
  • 有名企業・大企業だけでなく、中小規模の企業も候補に入れておく

今勤めている製造業や工場がブラックであっても、他の会社がそうとは限りません。

ですので、転職サービスでしっかりと情報収集をした上で、今の職場で抱えている課題が解決できそうな職場を見つけ出しましょう。

以下の記事では、製造業・工場勤務のメリット・デメリットなどをまとめてますので、より良い転職先を見つけるための参考にしてみてください。

異業種(製造業界以外)へ転職する場合

異業種(製造業界以外)へ転職する場合は、どうすればいいのでしょうか?

このケースの場合、以下のような方針が考えられます。

  • まったくの未経験職に転職する(20代の場合は未経験職に就きやすい)
  • 製造業界向けの営業・コンサルなど(製造業界での勤務経歴が活きるため)
  • 派遣社員として転職する場合(経歴不十分、年齢制限に引っかかる場合など)

製造業界外へ転職する場合、今までのスキルや経歴がそのまま通用するわけではないので、転職先選びや自己アピールにも工夫や応用が必要になってきます。

20代のうちであれば、完全未経験からの転職も可能な一方で、30代以降は今までの経歴を活用しなければ転職先が中々決まらないのが実情です。

また、経歴が不十分な方や、自分のライフワークに合わせた働き方を考えている方は、派遣社員として転職する選択肢も考えられます。

とくに製造業の中でも、工場勤務で現場作業しかこなしたことがないのであれば、経歴的にもスキル的にもプラスになりにくいので、派遣社員も候補になるかもしれません。

正社員でも将来に不安が残る時代、派遣社員としてキャリアを積むのも立派な選択肢ですので、以下の記事などでメリットを抑えておくといいでしょう。

20代なら既卒・第二新卒向けの就職支援サービスを利用しておく

もし、読者が20代の製造業勤めで辞めたいと悩んでいるのであれば、20代向けの就職支援サービスを使っておくことをオススメします。

とくに卒業後3年以内であれば「第二新卒」として、就活生同様の扱いになるので、業種・職種の選択肢が広がりやすいため、キャリアを見直すには最適です。

また、そもそも「今の会社で続けるべきか?」「自分に向いている仕事がわからない…」「職場の人間関係が原因で自信を失くしている…」と言った悩みも、20代向けの就職支援サービスではしっかりと相談に乗ってくれるので、製造業を辞めたいと悩んでいるなら使っておくだけ損はないでしょう。

とくにオススメは、ブラック企業排除と正社員採用限定の紹介で、20代の若者の就職支援にしっかり取り組んでいる「いい就職ドットコム」と、最近の若者の感覚に近しい「ウズキャリ」の2社。

とくにウズキャリに関しては、ネットでの情報発信にも精力的で、20代の人の退職・転職に関する失敗談も積極的に情報発信しているので、利用の際も安心できるはずです。

その他にも、20代向けの就職支援サービスはたくさんあるので、以下の記事を参考に選んでみてください。

年齢・経歴問わず、転職エージェントは必ず活用しておきたい

製造業からの転職を考える場合は、大手の「転職エージェント」も必ず活用しておきたいです。

転職エージェントでは、自分の経歴に合わせて数多くの求人が届くため、効率よく転職先を見つけ出せます。

また、プロのアドバイザーと面談して、様々な相談や情報提供も頼めるので、より良い転職先を見つけたいのであれば、登録しておくだけ損はないはずです。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響に寄る布教に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました