【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

製造業を辞めたい人向けの全知識!新卒から技術管理者までキャリアに合わせて退職時の注意点を徹底解説!

「製造業を辞めたい」
「メーカー勤務がつらい…」
「工場での仕事が向いてないと感じる…」

そうお悩みではありませんか?

「製造業を辞めたい…」と悩んでいても、上記のどの職務領域に所属するのかによっても辛い部分や辞めたい理由は異なります。

製造業全体が抱える課題として、

  • 高度経済成長期の成功体験に囚われて時代に合った経営体制に移行できてない企業がある
  • IT化やAI活用など最先端技術の導入に遅れを取っている
  • 国際競走力がなく業績に伸び悩み大規模リストラを行う会社がある

などがあり、一部の大手製造メーカーやその下請け会社がその煽りを受けていることもあります。

このような業界全体が抱える問題は、その業界の最大手企業のみならず、その下請けから現場の作業者にまで悪影響をもたらすことがあります。

たとえば、業界全体の売上が低下し人件費削減をしなければならないといけなくなると、人件費の安い海外への工場設立が目立ったり、派遣社員の雇用に頼り切って人が育たず技術力が向上しないといった問題です。

ここで言いたいのは、業界全体の問題は多くの会社や職場にも悪影響をもたらすということです。

そこで当記事では、製造業全体についての解説を交えながら、製造業の仕事が辛いと感じた時の解決のためのヒントや、出世コースや転職も考慮したキャリアアップ計画、製造業で長く働き続けるなら気になる業界の将来性、最後に製造業を辞めたい場合の具体的な手順など、まとめて知りたい情報をお届けしていきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

製造業勤務で辛い部分やきついと感じる瞬間

製造業は製品や部品の製造に携わる重要な産業であり、多くの人々がその中で働いています。しかし、製造業の仕事には辛さやきつさを感じる瞬間も存在します。この項目では、製造業で働く人々が辛さを感じる要素やきつい瞬間に焦点を当てていきます。

製造業は残業や休日出勤が多いので辞めたい

製造業が辞めたくなる理由としては、人手不足が原因で残業が多くなりやすいからでしょう。

国内の製造業や工場勤務では、以下のような理由から人手不足となりやすい傾向があります。

  • 工場稼働を止めることが出来ないので、一定数現場に人がいないと回らない
  • 海外(後進国)の工場展開で国内の賃金が下がりがちなので、人が集まりにくい
  • 閉鎖的な職場環境なので、まともで優秀な人材ほど辞めていく

製造業・工場勤務の場合、そもそもが現場の人間だけでは人手不足になる原因に関して一切解決方法がなく、経営階級の判断頼みになりやすい性質があります。

また、IT・WEB系の技術の需要増加から国内での製造業の価値が低下しており、海外の後進国に工場を展開したり、国内でも外国人人材の採用や派遣社員の採用など、人材の賃金が低下していることも、製造業が辞めたくなる理由のひとつでしょう。

ですので、そういった事情に気づいた人材はいち早く辞めていき、製造業には人が残りにくくなるのです。

まともな人ほど辞めていく理由に関しては、以下の記事をご参考ください。

また、人手不足が理由で辞めたい場合は、職場内で引き留めにあったり、周りに迷惑がかかって心理的にも辞めにくいことが予想されるので、以下の記事もご参考ください。

製造業は細かい仕事ばかりで失敗が許されなくて辛い

製造業と言えば、マニュアル作業やルーチンワークが多い仕事の筆頭です。

ですので、ルーチンワークが苦手で退屈に感じる人にとっては、もっとも辞めたい理由になってもなんらおかしくはないはずでしょう。

筆者自身、同じことの繰り返しであるルーチンワークは飽きやすく、クリエイティビティを要される仕事の方が、やりがいを感じやすいです。

ミイダス」という転職アプリに搭載されている「コンピテンシー診断(旧:ミイダス適性チェック)」では、以下のような診断結果が出ております。

ルーチンワークが苦痛で製造業を辞めたい場合、考えられる転職方針は以下の通りになってきます。

  • 製造業の中でも開発・企画・研究などが主な部門につく(理系・技術者の場合)
  • 製造業の中でも営業・コンサルなど、文系領域でクリエイティビティの要される職種を目指す
  • 製造業以外の業種・職種に挑戦する(未経験職に転職しやすい20代の場合)

記事内後半に具体的なキャリアプランを紹介しておきますので、当てはまると感じた方は最後までチェックしてみてください。

製造業勤務は出張・単身赴任が多いので辛い

製造業が辞めたい理由として「出張・単身赴任が多いから」というものがあります。

安定志向の人からすれば、生活環境や職場環境がガラリと変わる単身赴任は、耐え難いストレスを感じるはずです。

また、会社によっては海外への出張があることも、辞めたい理由になるかもしれません。

筆者自身、生活環境が変わることを好まない性格ですので、出張や単身赴任が多い仕事であれば、強いストレスを感じるかと思います。

それも多くの場合は、自分の意志とは関係なく上の意向で理不尽に出張を命じられることがほとんどです。

その分、賃金面で手当てがつくこともありますが、そこまでして生活環境が大幅に変わることを望まないのであれば、辞めるきっかけにとして「単身赴任が多い」という理由は、十分かもしれません。

社内や職場の風通しが悪いことでの人間関係のストレス

これは会社にもよりますが、製造業・工場勤務は閉鎖的な職場環境になりやすいためか、人間関係が悪くなりがちです。

閉鎖的な職場では、以下のような状態が生じやすいです。

  • 情報や話題が閉じこもりがちで異常な環境になっても誰も気づかない
  • 向上心の低い人が集まると成長意欲が失われていく
  • 刺激が少ないためか、職場いじめや新人いびりが起きる

閉鎖的な職場は、人間関係が悪くなる原因自体に根本的な問題があることが多く、仕事をする上で様々な悪影響をもたらします。

人間関係の悪い職場については以下の記事にもまとめてありますので、ご参考ください。

製造業に向いてない人や辞めてよかったと思える人の特徴

次に製造業に向いてない可能性が高い人や、辞めても後悔せずに良かったと思えるような人の特徴を紹介していきます。

ここで紹介する特徴はあくまで代表的な例や考え方の一つで、必ずしもすべての人に当てはまるわけではありません。最終的には読者自身の資質や適性によりますので、参考程度にお読みください。

単調なルーチンワークや精密検査が苦痛に感じる

製造業では、一つの作業を繰り返し行うことが多くあります。このような単調なルーチンワークや精密検査が苦痛に感じる人は、製造業に向いていないかもしれません。繰り返し同じ作業をすることにやりがいを感じず、もっと変化や刺激のある仕事を求める傾向があります。

閉鎖的な職場環境や組織風土に耐えられない

製造業の一部の職場では、閉鎖的な雰囲気や組織風土が存在することがあります。そのような環境において、人間関係やコミュニケーションに苦労する人もいます。閉鎖的な職場環境にストレスを感じ、自由なコミュニケーションや活発な意見交換ができる環境を求める傾向があります。

保守的な社内風土よりは挑戦や革新を求められる仕事がしたい

製造業の一部では、保守的な社内風土や慣習が強いことがあります。しかし、挑戦や革新を求め、新しいアイデアや技術を取り入れることに興味を持つ人もいます。保守的な社内風土よりも、自分のアイデアやクリエイティビティを発揮できる環境で働きたいと考える傾向があります。

製造業の将来性は?無理に働き続けた末路はどうなる?

製造業が辞めたくなる理由としては、斜陽産業・衰退産業として将来性のない業種が多いからでしょう。

製造業の将来性に不安が残る理由としては、主に以下の通りです。

  • 現場作業レベルの仕事は派遣・契約社員に任せている
  • 人件費削減で海外への工場展開、外国人雇用など、
  • IT・WEB系の技術の需要拡大に伴い、製造技術の価値が低下している
  • 会社の規模がデカい+業界内の関係が根強いため、改革しにくい構造である

製造業はかつては安定しているイメージがありましたが「非正規雇用の拡大」「外国人労働者による人件費削減」「IT技術の拡大による製造技術の価値低下」「改革しにくい業界構造」などの要因が重なり、今では安定しているとはとても言い難い状況です。

日本でも最大規模を誇るトヨタ自動車の社長が公に「終身雇用は厳しい」と発言したことも、製造業がかつてのように安定した仕事ではないことの証拠だと言えるはずです。

また、SHARPの海外企業からの買収、東芝の粉飾決算など、超大手クラスでも不正や経営難が蔓延しているところに、閉鎖的な企業体質・隠蔽体質が見え隠れしており、社内改革には期待できません。

少なからず「安定しているから」という理由だけで何も考えずに製造業界で働いているだけでは、将来性に不安に残る時代なのは間違いないでしょう。

製造業と言っても将来性は取り扱う製品や所属する業界によって異なる

製造業は幅広い分野にわたり、将来性も業界や製品によって異なります。自動車や電子機器などの高成長産業やグリーンエネルギーなどの新たな分野では、将来的な需要が見込まれます。しかし、伝統的な製造業や低付加価値の製品においては競争が激しく、将来性に不透明な要素があります。

製造業で身につくスキルだけでは転職市場で通用しにくいリスクがある

製造業で培われるスキルは一部の業界や職種に特化しています。そのため、他の産業や職種への転職を考える際にはスキルのマッチングやアップデートが必要です。製造業に長く従事し続けた場合、転職市場での競争力が低下し、求職者としての選択肢が限られる可能性があります。

IT/DX化の効率化により技術価値が低下するリスクがある

製造業においてもITやデジタル技術の導入が進んでいます。自動化やロボット化による生産効率の向上など、効率化が進む一方で、一部の人手による作業が減少する可能性があります。このような技術の進歩により、一部の従来の技術や作業における技術価値が低下し、将来的な雇用やキャリアに影響を与えるリスクがあります。

製造業を辞めたい時はどうする?製造業から転職先は何がある?

製造業を辞めたい方には、

「製造業からの転職先があるのか不安…」
「他の業種がいいのか?それとも同じ製造業での転職がいいのか?」
「自分のスキルや経歴が他の職場で通用するのか心配…」

…など、転職に踏み切れない方も多くいらっしゃるかと思います。

そこでここからは、具体的に製造業から転職する場合のキャリアプランの方向性について、紹介していきます。

ぜひ、読者の今後のキャリアのために活用してみてください。

退職から転職までの計画を立てる

今の仕事を辞めるにしても、その後次の仕事を見つけ出すにしても「計画性」があればあるほど、失敗せずに済みます。

通常、採用が決まって企業と雇用契約を結ぶ際に「退職時は1ヶ月前に申告する」という旨の記載があるため、辞めるにしても1ヶ月間の猶予は見て辞めるべきでしょう。法律でも最低2週間前に通告しないといけないという決まりもあるため、円滑に辞めたいなら準備は必須です。

それ以外にも、退職を決断するにあたり、以下のことを考えておかなければなりません。

  • 本当に辞めるべきか?続けるべきか?
  • 退職手続きは誰にどう伝えて行うべきか?
  • 退職手続きはスムーズに進められそうか?引き留められないか?
  • 辞めた後も収入面の心配はないか?
  • 次の仕事を見つける目処はあるか?

職務経歴を整理する

一言で「製造業」と言っても、その職務範囲は様々です。

たとえば、理系の技術者の所属する部署や課としては

  • 生産管理/生産技術
  • 製造技術
  • 研究開発
  • 品質管理技術者
  • 環境・安全管理責任者

などがあります。

技術者(エンジニア)と転職する場合は、「今の会社でどういうスキルを身につけたか?」「学生時代学んだ工学などの基礎教養はあるか?」などを踏まえ、自分の経歴が十分に活きる転職先を見つけ出す必要があります。

また、文系の一般職としては

  • 営業
  • 購買
  • 経理/事務
  • 人事
  • 広報
  • 法務
  • 総務

といった部署や役職があります。

加えて、「主任/班長」などのリーダー経験があるかどうかも、転職時に重要な要素となります。

また、アルバイトや派遣社員などの非正規雇用者として働いている場合も、転職の方針が変わることも。

企業研究や業界分析を行っておく

「製造業」と言っても、業種の多さや会社自体の得意領域が異なります。

企業研究とは、様々な情報を分析してその会社を理解することです。業界分析とは、所属する企業が属する業界全体を分析して詳しくなることを指します。

自社で取り扱っている製品は生産財か?消費財か?」「自社はどの業種に属するか?次はどの業種に転職したいか?」といった要素でも、今後のキャリア方針が変わってきます。

製造業界内で転職する

製造業からの転職先としては、異業種の製造メーカーでの就業も選択肢の一つです。異業種の視点を取り入れながら、自身の製造業の経験や知識を活かして新たな分野でのキャリアを築くことができます。

製造業内で転職する場合は、まずは製造業界の人材派遣業として40年の実績を持つ「メイテックネクスト」がオススメです。

メイテックネクストは製造業の中でも、以下のような職種・業種の転職に対応しております。

電気・電子・半導体関連、機械・メトロ関連、化学関連/化学・電子材料、制御系・組込み・ファームウェア、メディカル関連/医療機器・用具

その他:IT関連、メディカル関連、金融関連、コンサルティング、外食・小売・流通関連、建設・設備・不動産関連、食品関連、商社関連、クリエイティブ関連、管理系(経理・財務/人事・総務/法務・知財/広報・IR/秘書・アドミ/エグゼクティブ)

製造業界内で転職する場合は、以下のような点に注意しておくと、次は間違いのない職場に就けるはずです。

  • 会社の規模や事業内容をしっかり見ておく
  • 将来のキャリアプランを考えた上で、自分が成長・挑戦できる会社を選ぶ
  • 有名企業・大企業だけでなく、中小規模の企業も候補に入れておく

異業種(製造業界以外)へ転職する場合

異業種(製造業界以外)へ転職する場合は、どうすればいいのでしょうか?

このケースの場合、以下のような方針が考えられます。

  • まったくの未経験職に転職する(20代の場合は未経験職に就きやすい)
  • 製造業界向けの営業・コンサルなど(製造業界での勤務経歴が活きるため)
  • 派遣社員として転職する場合(経歴不十分、年齢制限に引っかかる場合など)

製造業界外へ転職する場合、今までのスキルや経歴がそのまま通用するわけではないので、転職先選びや自己アピールにも工夫や応用が必要になってきます。

20代のうちであれば、完全未経験からの転職も可能な一方で、30代以降は今までの経歴を活用しなければ転職先が中々決まらないのが実情です。

また、経歴が不十分な方や、自分のライフワークに合わせた働き方を考えている方は、派遣社員として転職する選択肢も考えられます。

とくに製造業の中でも、工場勤務で現場作業しかこなしたことがないのであれば、経歴的にもスキル的にもプラスになりにくいので、派遣社員も候補になるかもしれません。

正社員でも将来に不安が残る時代、派遣社員としてキャリアを積むのも立派な選択肢ですので、以下の記事などでメリットを抑えておくといいでしょう。

20代なら既卒・第二新卒向けの就職支援サービスを利用しておく

もし、読者が20代の製造業勤めで辞めたいと悩んでいるのであれば、20代向けの就職支援サービスを使っておくことをオススメします。

とくに卒業後3年以内であれば「第二新卒」として、就活生同様の扱いになるので、業種・職種の選択肢が広がりやすいため、キャリアを見直すには最適です。

また、そもそも「今の会社で続けるべきか?」「自分に向いている仕事がわからない…」「職場の人間関係が原因で自信を失くしている…」と言った悩みも、20代向けの就職支援サービスではしっかりと相談に乗ってくれるので、製造業を辞めたいと悩んでいるなら使っておくだけ損はないでしょう。

とくにオススメは、ブラック企業排除と正社員採用限定の紹介で、20代の若者の就職支援にしっかり取り組んでいる「いい就職ドットコム」と、最近の若者の感覚に近しい「ウズキャリ」の2社。

とくにウズキャリに関しては、ネットでの情報発信にも精力的で、20代の人の退職・転職に関する失敗談も積極的に情報発信しているので、利用の際も安心できるはずです。

その他にも、20代向けの就職支援サービスはたくさんあるので、以下の記事を参考に選んでみてください。

転職サービスを利用してプロに相談する

ここまで紹介した通り、製造業を辞めたとして次の転職先で上手く行くためには、実の多くのことを考えて計画的に行動する必要があります。

今回、紹介したような「職務経歴を整理する」「自社のことに詳しくなったり、業界動向を分析する」などの準備ができてないうちは、転職しても失敗する可能性が高いです。

そのため、まずは転職サービスでプロに相談してみることをオススメします。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【業種・職種】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました