【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

接客業で人間嫌いになる瞬間。態度の悪い客や身勝手な要求に消耗…もう二度とやりたくないほどに病む原因

「接客業を経験して人間嫌いになった…」
「接客をしていると人間不信になりそう…」
「接客をもうやりたくないほど嫌な目にあった…」

このようにお悩みではありませんか?

接客の仕事をしていると、客を通して人間の嫌な部分を見る場面に出くわします。

たとえば、大手小売店では「少しでも安く買いたい…」という余裕のない客がレジの順番を守らずクレームを言ってきたり、飲食店なら「早くしろ」と空腹の怒りをぶつけてくるなどです。

また、接客業の中でもより個別対応能力が求められる例では、スナックや夜職であれば特定のお客がストーカーじみた行為をしてきたり、顧客単価が大きいウェディング関係の仕事や旅行関係の仕事では、要求がハッキリしない相手でも察して提案したり計画をしないといけない…といった具合です。

客商売では、相手の欲求や欲望を満たさなければならないこともあるわけですから、時に客の剥き出しの生々しい欲望や感情をぶつけられ、人間不信に陥ってしまうこともあるでしょう。

しかし、そういった経験を乗り越え、接客スキルを磨き上げることで、よりキャリアアップしたり新しい道がひらけることもあります。

そこで当記事では、接客の仕事の中で人間が嫌いになる瞬間をご紹介した後、その克服方法や向き合い方、接客の嫌な部分を乗り越えた先に考えられるキャリアの選択肢など、参考になる情報をまとめてお伝えしていきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

接客業で人間が嫌いになる瞬間

接客業で人間嫌いになって「もうやりたくない…」と感じる瞬間は、数多くあります。

そんな、接客の仕事で人間の嫌な部分が見えて落ち込んだりへこむ場面を、いくつかご紹介していきます。

心ない客の言動に傷つく

接客業では、心ない客の言動に直面することがあります。時には無礼な態度や攻撃的な発言、侮辱的な言葉を浴びせられることもあります。

そのような言動に対して傷つくことは避けられません。

心の中で耐える必要がありますが、それでもなお、傷ついたり落ち込んだりすることは自然な感情です。

心ない言動によって自尊心や自信を傷つけられることで、やる気やモチベーションが低下することもあるでしょう。

人間の卑しい本性を見せられて嫌になる

接客業では、売る場にいる限りは常に監視の目でお客さんから見続けられます。

服装や身だしなみ、業務態度まで、常に監視されているものと思わなければなりません。

どこで難癖つけてクレームにつながるかわかりませんからね。

働いている8時間の間、誰かに監視されていると思うと、気が狂いそうになります。

休憩時間だけが、唯一気の休まる時間です。

あまりに売り場での緊張状態が馴染みすぎて、プライベートで他の店に行った時も、人の目が無意識に気になるぐらいでした。

8時間の間、ちょっとした気の緩みすら許されないのですから、これほど狂った仕事もないと思います。

ある意味で、カメラやビデオの前で笑顔を作っていればいい役者さんやモデルよりも、よっぽどプロ意識のいる仕事だと思います。

毎日、8時間売り場がステージのアイドルなんて、寿命が縮むと思いますからね。

理不尽なクレームにも平謝りしないといけない

接客業では、時折理不尽なクレームや人格攻撃 に直面することがあります。

お客様の不満や不適切な要求に対しても、平謝りしなければならない状況に直面することがあります。

しかし、そのような状況においても自分の正当性を主張することができず、腹立たしさや無力感を感じることもあるでしょう。

クレームを意識して接客対応しないといけない苦痛

「お客様は神様」という言葉はよく聞きますが、これはウソです。

お客様は敵です。

いつ、機嫌を損ねて難癖つけて、怒鳴ってくるのかわからない、怖い存在なんです。

接客業では、不特定多数、すべてのお客様を「敵」だと疑って仕事しなければなりません。

これは、私にとってすさまじいストレスでした。

売り場で少しでもサボったり、緩んだ態度を見せれば、どこでクレームになるのかわからないのです。

実際にWebクレームで

  • 〇〇というスタッフの態度が最悪。教育し直せ
  • 〇〇というスタッフの声がやる気がない
  • 〇〇というスタッフの説明が適当だった。不快。もう二度と利用しません

…など、顔の見えないお客からクレームをつけられたこともあり、私は自信をなくしました。

店長からは「Webクレームだし、気にしなくていいよ」とフォローされましたが、お客さんの誰かからそう評価されていると思うと、もうお客さん全員信じられなくなるのです。

そういえば、アメリカに留学した友人の話を少し思い出しました。

アメリカでは銃社会なので、初対面では過剰にフレンドリーに接するらしいです。というのも、相手が銃を持っていることを前提にしているかららしいです。

その話を聞いた時、日本の接客業も同じだと思いました。

接客業では、お客さんが銃やナイフを持っているぐらいに疑って、笑顔で愛想よく完璧な対応をしないといけないのです。

一人一人にじっくりと向き合えない

接客業では、多くのお客様と接する機会がありますが、限られた時間の中で一人一人に十分な対応をすることは難しいです。忙しさや混雑により、お客様への丁寧な対応や細やかな気配りが行き届かないことがあります。このような状況では、お客様とのコミュニケーションや関係性の構築が困難になり、自身もストレスを感じることでしょう。

わからないことに十分に応えられない悔しさ

接客業では、お客様からの質問や相談に対して的確な回答や解決策を提供することが求められます。しかし、専門的な知識や情報に詳しくない場合、十分に応えることができないことに悔しさを感じることもあります。お客様の期待に応えられず、自分自身への不甲斐なさや不安を抱くこともあるでしょう。

自分の感情を圧し殺して愛想良くするのに疲れる

接客業は笑顔がしんどいし愛想よくできないとつらいことがあります。

そうして、私は入社3年目には、コワレタ笑顔を貼り付けて明るい声で笑う、ピエロみたいになって仕事をしていました。

同級生とプライベートで会う際も、無意識で笑顔を作っていたようで「怖い」「笑ってるようで笑ってない」などと言われる有様でしたね。

まるで、感情のない人形が、笑顔を貼り付けているみたいでした。

接客業を続けていると、どんどん感情が失われていくのを実感しました。

上司や上長に人の心がないことがある

ただでさえ、お客という敵に怯えながら仕事しなければいけないのに、会社からはノルマが課せられます。

このノルマが達成できなければ、エリアマネージャーから説教を受け、昇給査定にも響きます。

お客さんに必死にオススメしてみても、

「要らないんだけど」
「早く精算済ませてよ、こっちは忙しいんだよ!」
「はあ?なにそれ?」
「金がねえんだよ!」

…など、迷惑になるばかりです。

いざ、お客さんが話に食いついてきても「ええ?そんなに高いの?」「今度ね、今度」などと言われるばかりで、まるでノルマは達成できませんでした。

このノルマのせいで、私の接客でのストレスはさらに膨れ上がる結果となりました。

エリアマネージャーに「なぜ売れなかったんだよ!」と怒鳴られても、決して「お客が悪い」「商品や値段が悪い」とは言い訳できず「私の努力が足りませんでした」と平謝りばかりでした。

それからというもの、ノルマのある時期はますます憂うつな仕事だと感じました。

接客業で人間嫌いになった時の対処法

接客業の現場で働いていると、上記に解説したように人間が嫌いになる瞬間がたくさんあります。

しかし、大切なのはお客のネガティブな言動に振り回されることなく自分自身の感情に向き合い、適切な対処法を見つけることです。

この項目では、接客業で人間嫌いになった時の対処法について考えていきます。

客を人と思わないで淡々と仕事する

接客業では、日々多くのお客様と接することになりますが、時にはお客様を単なる金づるや分析対象として見てしまうことがあります。

しかし、接客の本来の目的はお客様に対して思いやりを持ち、サービスを提供することです。

客を人として尊重し、淡々と仕事に取り組むことが重要です。

理不尽な客にはまともに関わらない判断も大切

接客業では、理不尽なクレームや要求に直面することがあります。

しかし、すべての客に対してまともに関わる必要はありません。

時には、冷静に判断し、適切な対応を取ることが重要です。

嫌いな人間がいても、感情的にならずに冷静に対応することが求められます。

嫌なことがあっても引きずらないように心がける

接客業では、嫌なことやストレスがつきものです。

しかし、それらを引きずってしまうと、自身の心身に負担がかかるだけでなく、接客においても影響が出てしまいます。

嫌なことがあったとしても、できるだけ早くリセットし、前向きな気持ちで次のお客様に接するよう心がけましょう。

人と関わらない時間を設ける

接客業において日々不特定多数の相手と接することが多いと、疲労やストレスが蓄積し

休日まで人と関わりたくない…
休日まで接客している人が目につく買い物すら行きたくない…

と思うこともあることでしょう。

そんなときには、人と関わらない時間を意識的に設けることが重要です。

自分の時間を大切にし、リフレッシュすることで、より良い接客ができるようになります。

接客業をもう二度とやりたくない人にオススメの転職例

接客業をもうやりたくないと感じる方には、新たな職業への転職が一つの選択肢となることでしょう。

接客業で培った人間関係構築やコミュニケーションスキルは他の職種でも活かせる可能性があります。

この項目では、接客業を辞めたいと思っている方にオススメの転職先の例をご紹介していきます。

客層の良い店での接客業に就く

客層の良い店での接客業は、より心地よい環境で接客を行うことができます。

こうした店舗では、教養のあるお客様やマナーを持った来店者が多く、より良い人間関係を築きやすいでしょう。

また、高級店や専門店では、商品知識や接客スキルを磨く機会も豊富にあります。

「小売」「流通」「販売」ではなく「サービス業」に就く

量販店や大手小売は、お客さんを機械的に対応していく、人間味のない仕事になりがちです。

接客業からの転職先として考えられるのが、小売や流通、販売といった領域とは異なる「サービス業」です。

ホテルやレストラン、エンターテイメント施設など、お客様に対してサービスを提供する業界では、接客スキルを活かしつつ新たな環境で働くことができます。

接客スキルアップが報酬に結びつく業態で働く

接客スキルをさらに高めることで報酬や評価に直結する職種もあります。

例えば、高級リゾートホテルや航空会社の客室乗務員などは、上質なサービスを提供するためのトレーニングがあり、その成果が給与やキャリアの成長に反映されます。

営業職

接客業からの転職として営業職を考える人も多くいます。営業職は人とのコミュニケーションが重要であり、接客スキルを活かしつつ商品やサービスの提案を行うことが求められます。

事務職

接客業とは異なる方向性として、事務職に転職することも選択肢の一つです。データ入力や書類整理などの業務を担当しながら、自分のペースで仕事に取り組むことができます。

WEB関連職

インターネットの普及に伴い、Web関連の仕事に興味を持つ方も増えています。ウェブデザイナーやコンテンツ制作スタッフとして、クリエイティブな活動を行いながら新たなキャリアを築くことができます。

商品企画

商品企画の仕事では、お客様のニーズを把握し、市場動向やトレンドを分析しながら商品の企画や開発に携わることができます。接客業で培った顧客の声やマーケットの知見を生かして、魅力的な商品を生み出すことができるでしょう。

工場勤務

接客業から一転して、工場勤務を選ぶことも可能です。製造業や物流業などの工場での仕事では、商品の製造や流通プロセスに携わります。接客業とは異なる環境で働きながら、新たなスキルを身につけることができます。

接客業が嫌になって退職や転職したいなら意識しておくべきこと

接客業からの退職や転職を考えている場合、意識しておくべき重要なポイントがいくつかあります。これらを頭に入れておくことで、転職活動をスムーズに進め、次のステップに向けて前向きな移行を図ることができます。

前向きな志望動機やアピールポイントを考えておく

仕事を辞めたいと思い悩む時には、誰もがネガティブな動機になりがちです。

しかし、転職活動を行うにあたって、志望動機を考える上ではポジティブになる必要があります。

以下は、接客で人が嫌いになった場合の、前向きな転職の志望動機の例です。

  • お客さんを敵と疑うような接客ではなく、真にお客様に感謝される仕事がしたいと思ったから
  • 量販店のような機械的な接客対応ではなく、一人一人のお客さんと向き合って満足行く接客のできる仕事がしたいと思ったから

コツとしては、志望動機はそのまま使うのではなく、とくに自分が「これだ!」と感じるものを選び志望動機が評価されそうな会社を見つけ出すことがポイントです。

「お客は敵」みたいになる仕事は
割り切って機械のようにならないと

対応し切れない忙しさがあります

転職サービスを利用してプロのサポートを受ける

以上のように、「接客業を辞めたい」という悩みに対し、一概に「これをすべき」という正解はなく、それぞれの状況に合わせて最適な行動を取捨選択する必要があります。

つまり、多くのことを考えて計画的に行動する必要があるのです。

それを在職中の考える余裕がないうちに行うのは、かなりハードだと言えるです。

そこでオススメしたいのが、転職サービスでプロに相談してサポートを得るという方法です。

転職は人生の大きな変化ですが、専門家の手助けを借りることで、その過程をずっと安心して進めることができます。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【業種・職種】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました