接客業に向いていない人の特徴6つ。「接客業やりたくない…」と感じているなら読んでおこう

編集長
元接客業勤めの
スコシテン編集長です

「接客業に向いていない…」
「接客業もうやりたくない…」

この様にお悩みではないですか?

以下の記事には「向いていない仕事」について書いてますので、合わせてお読みいただけると、参考になるかもしれません。

接客業に向いている・向いていないかの判断ですが、私はドライに仕事は仕事と割り切って、客に対して感情を切り分けることが出来るタイプですので、とくになんとも感じませんでした。

ただ、接客業時代に一緒に働いてきた人を見ると「この人は向いていないから辞めそうだな…」と感じいる人がいたのも、確かです。

そして、悲しいことに、だいたいそういう人は接客業を辞めていきます。

以上のような私の経験や、当サイトを運営する中で身につけてきた適職診断の知識を踏まえ、接客業に向いていない人の特徴を紹介していきます。

スポンサーリンク

接客業に向いていない人の特徴

接客業に向いていない人とは、一体どのような特徴を持つのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

要領が悪い・マルチタスクが出来ない

接客業に向いていない人の代表例と言えば、要領が悪くてマルチタスクがこなせない人でしょう。

マルチタスクとは「同時に複数の仕事をこなす」という意味です。

最近の接客業と言えば、コンビニバイトレベルですら覚えることや同時にこなさなければならない仕事が多く、要領の良さが必要な仕事だと言えます。

これについては”慣れ”としか言えない部分もあるかとは思いますが、あまりに人手が足りていない職場でフォローし合える環境でなかったり、何も教えないままなんでもやらされる環境ですと、非常に辛いと感じるはずです。

私の場合、幸い周りが声かけして助けてくれる環境だったので初期の辛い時期を乗り越えられましたが、そうでなければすぐに辞めていたと思います。

見知らぬ他人とのコミュニケーションが苦手

接客業に向いていない人は、見知らぬ他人とのコミュニケーションが苦手な人です。

接客業は、不特定多数の見知らぬ人と関わる仕事です。

その中には、

  • タメ口で喋ってくる客
  • 細かいマナーでイチャモンつけてくる客
  • 何言っているかわからない客
  • 酔っぱらいの客

…など、コミュニケーションすると精神が摩耗する客もいます。

とくに私の場合、いわゆる「安い客が集まる店」「客層の悪い店」での接客経験をしていましたので、クソな客の対応もかなりしてきました。

接客経験を重ねると、人の嫌な面を見すぎて性格が悪くなるので、注意が必要です。

私は良くも悪くも「他人のことなんかどうでもいい」というドライさがあるので割り切りましたが、他人を嫌いになりたくない根っからのお人好しであれば、あまり接客業は向いていないかもしれません。

細かい努力・改善が出来ない

接客業に向いていないのは「細かい努力や改善が嫌い」な人です。

接客業の仕事は、日々の細かい努力や改善を繰り返し、地道に売上を上げなければいけません。

それも店長クラスともなると、上のエリアマネージャー・SVから売上に対して口うるさく指示されます。

その中で、しっかりと売上を叩き出し、ノルマも達成できる店長クラスは出世できますが、そうでなければ店長止まりなのが、接客業のつらいところ。

基本的な接客が出来るのは当たり前として、店長クラスとなると売上に対する意識は重要になってきます。

これが出来ない人は、店長クラス止まりで一生を終えることになるので、向いていないと感じるのであれば将来について考え直してみることも大事でしょう。

クレームを受け流せない

接客業に向いていない人は「クレームを受け流せない」人でしょう。

接客業は理不尽なクレームがつきものです。

自分が悪くなくても、ペコペコ頭を下げなければいけません。

間違っても、クレームをつけてくる客に対して、キレたり、不満そうな顔をする人はあまり接客業に向いていないと言えるでしょう。

「なぜか他の人よりクレームをつけられる…」
「クレームを受ける度にへこむ…」

…と言った方は、とくに注意が必要かもしれません。

以下の記事にも書いてある通り「クレームを受けやすい体質」かもしれないので、無理をせずに他の仕事を見つけることも考えておいた方が自分のためかもしれませんよ。

クレーム対応に関しては、本当に向き・不向きがありますので、どうしても耐えられない方は前向きに転職を考えることをオススメします。

社員同士でのコミュニケーションがとれない

接客業に向いていない人は、社員同士のコミュニケーションがしっかり取れない人です。

接客業の仕事は店舗ごとに管轄が別れているため、

  • 他店の店長と情報共有する能力
  • アルバイトのスタッフをまとめあげる能力
  • 同店舗の社員と上手く付き合う能力
  • 上長と少ない時間で打ち解ける能力
  • 本社の指示をしっかり遂行する能力

…などが、求められます。

これが出来なければ、店舗の中でも1人だけ孤立していしまい、誰にも助けてもらえないことになりがちです。

目標意識が低く、仕事にやりがいを見いだせていない

接客業に向いていない人は「目標意識が低く、仕事にやりがいを見いだせていない人」です。

接客業の仕事は、毎日同じことの繰り返しですので、自分なりに目標意識や向上心を持つ必要があります。

人にもよりますが、

  • 売上やノルマを追い求める
  • 現場のスタッフをまとめて、店舗を働きやすい環境にする
  • お客さんを大事にし、リピーター率を増やす
  • 細かい清掃や品出しを徹底し、機会損失を防ぐ

…など、地味に見える接客業の仕事でも、目標ややりがいを見い出すことは出来るのです。

そして、その自分なりの目標ややりがいを地道にこなしていけば、見えない部分で評価されることにもなります。

そういった目標ややりがいを見い出せないのであれば、接客業に向いていないのかもしれません。

「接客業に向いてない…」と感じる人は転職の検討を

以上のように、一見誰でも出来る簡単そうな接客業ですが、実際は向き・不向きの強い仕事だと言えます。

もし、あなたが「接客業向いてない…」「頑張っても上手くいかない…」と悩んでいるのであれば、転職することをオススメしますよ。

以下の記事には、接客業から転職する際の注意や方法を書いてますので、参考にしてみてください。

接客業からの転職なら転職エージェントを使っておこう

接客業に向いていない方で、接客業をすぐに辞めて転職したい方は「転職エージェント」の利用をオススメしますよ。

転職エージェントとはプロのアドバイザーが、当に自分に向いている仕事を紹介してくれるサービスで、転職に関するサポートを無料で行ってくれます。

ちなみに接客業からの転職ですが、元々人手不足の影響で、そこまで難しくはありません。

以下の記事には接客業の方にオススメの転職エージェントもご紹介しておりますので、気になる方は読んでおくといいでしょう。

また、接客業の方はフリーターの方も多いかと思いますが、転職エージェントはフリーターでも利用可能です。

また、転職エージェントでは「転職先の上司や先輩の人柄や人間関係」「社風や客層」なども教えてもらえるので、自分に向いていない仕事に就くリスクがグッと下がり、長く働ける優良企業に転職しやすいと言えます。

しかも、転職エージェントは完全無料で面談の指導から書類の添削まで手伝ってくれ、内定後の手続きから転職後のアフターフォローまで行ってくれるので、安心して転職できます。

もちろん、今の会社にバレる心配もないので、安心して転職活動できますよ。

「接客業に向いていない」と悩んでいる方は、ぜひ転職エージェントを利用して自分の天職と巡り会ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました