接客業に向いている意外なタイプの人の特徴。サービス業で磨かれる能力とは?

私は、学生時代のバイト含め、接客業を10社以上経験したことがあります。

接客業に向いている人ってどんなタイプの人だと思いますか?

よく、言われているのが、

「コミュニケーション能力がある」
「笑顔が得意」

という特徴ですね。

…はい。

これ全部仕事しているうちに嫌でも身につくので、ぶっちゃけ必要ないです。

あるに越したことはありませんが、どの職業でもそれは一緒です。

実は意外に接客業に向いている人って多いんです。

店で買い物している人は「笑顔・あいさつ」ばっかりに目が行きがちですが、実は陰ではすさまじいほどの仕事がありますからね。

そこで今回は、意外に接客業に向いている人の特徴を挙げていきます。

スポンサーリンク

接客業に向いている人の意外な特徴

接客業って、実は明るい人や元気な人よりも、

陰でこっそり頑張ってる人や、内気な人ほど向いています。

というのも、笑顔とかあいさつとか、ぶっちゃけ誰でもできますから。

しかし、実は表では見えない部分の仕事の方が、接客業の仕事では10倍大事なんです。

その、表では見えない接客業の仕事に向いている人の特徴を紹介します。

好奇心旺盛

まず、好奇心旺盛な人には絶対に向いていると思いますね。

好きな商品を扱っている店が一番理想ですが、「なんとなく好きかな」という程度でも全然OKです。

どんどん商品について詳しくなっていくので、好奇心旺盛なタイプには向いています。

また、トリ熱い商品ってトレンドや店ごとにも特徴があるので、そういった分析ができるようになってくると、売上上昇にも貢献できるようになってきて、やり甲斐があります。

こまめな努力・コツコツ積み上げるのが好き

接客業はこまめな努力が超大事です。

商品をこまめに補充したり、お客さんの抱き合わせ購入をうながしたり、人気の品を事前に仕入れたり…そういう、地味な努力を重ねていくのが、接客業の基本ですね。

内気・目立つのが嫌い

実は、内気で目立つのが嫌いな人も接客業は向いてます。

まず、接客業に就けば、嫌でも目立たないといけないので、ある程度は克服されます。

また、接客業では基本的に役割分担することが多いので、内気な人は裏方に回されることも多いですね。

実際は、ある程度仕事が出来るようになると、裏方の仕事のほうが大事になってくるので、内気で目立つのが嫌な人ほど、すぐに重要な仕事を回されることも多いです。

競争心があまりない

接客業というと、ノルマなどで競争心が必要に思われがちですが、実はそんなに競争心は必要ありません。

というのも、こまめな努力でコツコツ売上を上げていく都合上、競争心をギラギラ燃やしたところで、短期的に売上が伸ばせるわけじゃないからです。

体育会系の「やってやるぞ!」という熱血漢よりも、冷静に売上の数字などとにらめっこして、こまめな改善のできる人の方が向いています。

気づかいができる

接客業に大事なのは、気づかいですね。

お客さんの細かな仕草や、隠れた要望を見抜くことで、顧客満足度を高められます。

逆に押し付けがましい気づかいは嫌われますね。

「クレームを大切にしろ!」という上司も言いましたが、本当に大事なのはクレームを声に出さないお客さんの動きをしっかり観察し、適切な気づかいができる能力です。

人と話すのが嫌い

意外かもしれませんが、私は仕事以外ではかなり無口です。

逆に仕事ではセールストークバリバリですね。

プライベートと仕事の話し方が一緒のテンションの人って、印象はいいかもしれないんですが、商売人としてはちょっと余計なこと話し過ぎで、愛嬌がいい店員止まりですね。

逆に話すのが嫌いな人ほど、仕事と割り切ってセールストークが上手くなるので、人と話すのが嫌いな人ほど、接客業での伸びしろがあります。

接客業で磨かれる能力

今回挙げた「接客業に意外と向いている人の特徴」を伸ばしていくと、接客業でもドンドン能力が伸びていく傾向が強いですね。

「笑顔とあいさつが大事」というのは、正直、バイトレベルの話です。

本当に接客業に向いている人は、それ以外の仕事に本当に大事な能力を磨く必要があります。

接客業で磨いた能力は、他業種でも通用するので、接客業は実は将来性も高い仕事だと言えますね。

とくに、私が接客業で鍛えられたと思う能力を紹介します。

商品知識

とにかく、商品知識についてはめちゃくちゃ詳しくなりますね。

トレンドや定番品などに詳しくなるので、同業界内での転職はスムーズになります。

また、新商品や他業界の商品についても知りたくなってくるので、買い物する時の分析力もめちゃくちゃあがりますね。

また、ドラッグストアにバイトで勤めていた時に「登録販売者」の資格を取得したんですが、これがあるととりあえず接客業の仕事には困りません。

マーケティング知識

接客業に数年以上勤めていると、マーケティング視点が嫌でも身につきます。

机の上で「マーケティングどうこう」言っている奴らよりも、よっぽど現場での生のマーケティング知識が身についたと感じますね。現場でコツコツ努力して商品が売れたり、お客さんの動きや買うものを観察していると、上で企画している人よりも、よっぽど直観的なマーケティングの本質を理解できます。

将来自営業に挑戦したい方や、物を売ってみたい人は、まず接客業で販売経験をしてみるのもいいでしょう。

トラブル対応力

不特定多数の個人のお客を毎日何人も相手にする仕事って、実は接客業ぐらいなものです。

他の業種は、得意先や特定個人と時間をかけて対面することがほとんどです。

つまり、他業界では経験できないことができるわけですね。

これは、いくら給料の低いチェーン店のアルバイトでも、かけがえのない経験になります。

大勢の客をはく能力が身につくので、困難にも動じない肝っ玉が身につきますね。

接客業に勤めて、自分の知られざる能力を発揮しよう

接客業は笑顔や愛嬌が大事と思われていますが、それは基本中の基本で、正直誰でもできるレベルの話です。

本当に適性があって伸びる人というのは、実は冷静で分析力もある、普段は目立たないタイプの人間です。

とくに、仕事中は割り切ってセールストークできるので、プライベートな会話とは別の、ビジネスで必要なトーク力が鍛えられます。

よく、仕事モードで声色変える人いますけど、そういった演技力が鍛えられるわけですね。

接客業で経験を積めば、どんな仕事でもやっていける自身がつきます。

接客業は最初は誰でも就きやすい仕事ですので、未経験の方や、何も技術も経歴もない人も挑戦してみるといいですよ。やり甲斐さえ見つければ、本当に自分の能力が上がっていく実感が持てます。

接客業への転職ならエージェント制を活用しておこう

この記事を読んで「自分は接客業に向いているかも…」と感じた方は、転職エージェントのご利用をオススメします。

転職エージェントは無料で利用でき、プロのアドバイザーへ転職に関する相談ができ、自分に合った求人を紹介してもらえます。

タイトルとURLをコピーしました