接客業に向いている意外なタイプの人の特徴。接客業で磨かれる能力とは?

私は、学生時代のバイト含め、接客業を10社以上経験したことがあります。

接客業に向いている人ってどんなタイプの人だと思いますか?

よく、言われているのが、

「コミュニケーション能力がある」
「笑顔が得意」

という特徴ですね。

…はい。

これ全部仕事しているうちに嫌でも身につくので、ぶっちゃけ必要ないです。

あるに越したことはありませんが、どの職業でもそれは一緒です。

実は意外に接客業に向いている人って多いんです。

店で買い物している人は「笑顔・あいさつ」ばっかりに目が行きがちですが、実は陰ではすさまじいほどの仕事がありますからね。

そこで今回は、意外に接客業に向いている人の特徴を挙げていきます。

接客業に向いている人の意外な特徴

接客業って、実は明るい人や元気な人よりも、

陰でこっそり頑張ってる人や、内気な人ほど向いています。

というのも、笑顔とかあいさつとか、ぶっちゃけ誰でもできますから。

しかし、実は表では見えない部分の仕事の方が、接客業の仕事では10倍大事なんです。

その、表では見えない接客業の仕事に向いている人の特徴を紹介します。

好奇心旺盛

まず、好奇心旺盛な人には絶対に向いていると思いますね。

好きな商品を扱っている店が一番理想ですが、「なんとなく好きかな」という程度でも全然OKです。

どんどん商品について詳しくなっていくので、好奇心旺盛なタイプには向いています。

また、トリ熱い商品ってトレンドや店ごとにも特徴があるので、そういった分析ができるようになってくると、売上上昇にも貢献できるようになってきて、やり甲斐があります。

こまめな努力・コツコツ積み上げるのが好き

接客業はこまめな努力が超大事です。

商品をこまめに補充したり、お客さんの抱き合わせ購入をうながしたり、人気の品を事前に仕入れたり…そういう、地味な努力を重ねていくのが、接客業の基本ですね。

内気・目立つのが嫌い

実は、内気で目立つのが嫌いな人も接客業は向いてます。

まず、接客業に就けば、嫌でも目立たないといけないので、ある程度は克服されます。

また、接客業では基本的に役割分担することが多いので、内気な人は裏方に回されることも多いですね。

実際は、ある程度仕事が出来るようになると、裏方の仕事のほうが大事になってくるので、内気で目立つのが嫌な人ほど、すぐに重要な仕事を回されることも多いです。

競争心があまりない

接客業というと、ノルマなどで競争心が必要に思われがちですが、実はそんなに競争心は必要ありません。

というのも、こまめな努力でコツコツ売上を上げていく都合上、競争心をギラギラ燃やしたところで、短期的に売上が伸ばせるわけじゃないからです。

体育会系の「やってやるぞ!」という熱血漢よりも、冷静に売上の数字などとにらめっこして、こまめな改善のできる人の方が向いています。

気づかいができる

接客業に大事なのは、気づかいですね。

お客さんの細かな仕草や、隠れた要望を見抜くことで、顧客満足度を高められます。

逆に押し付けがましい気づかいは嫌われますね。

「クレームを大切にしろ!」という上司も言いましたが、本当に大事なのはクレームを声に出さないお客さんの動きをしっかり観察し、適切な気づかいができる能力です。

人と話すのが嫌い

意外かもしれませんが、私は仕事以外ではかなり無口です。

逆に仕事ではセールストークバリバリですね。

プライベートと仕事の話し方が一緒のテンションの人って、印象はいいかもしれないんですが、商売人としてはちょっと余計なこと話し過ぎで、愛嬌がいい店員止まりですね。

逆に話すのが嫌いな人ほど、仕事と割り切ってセールストークが上手くなるので、人と話すのが嫌いな人ほど、接客業での伸びしろがあります。

接客業で磨かれる能力

今回挙げた「接客業に意外と向いている人の特徴」を伸ばしていくと、接客業でもドンドン能力が伸びていく傾向が強いですね。

「笑顔とあいさつが大事」というのは、正直、バイトレベルの話です。

本当に接客業に向いている人は、それ以外の仕事に本当に大事な能力を磨く必要があります。

接客業で磨いた能力は、他業種でも通用するので、接客業は実は将来性も高い仕事だと言えますね。

とくに、私が接客業で鍛えられたと思う能力を紹介します。

商品知識

とにかく、商品知識についてはめちゃくちゃ詳しくなりますね。

トレンドや定番品などに詳しくなるので、同業界内での転職はスムーズになります。

また、新商品や他業界の商品についても知りたくなってくるので、買い物する時の分析力もめちゃくちゃあがりますね。

また、ドラッグストアにバイトで勤めていた時に「登録販売者」の資格を取得したんですが、これがあるととりあえず接客業の仕事には困りません。

マーケティング知識

接客業に数年以上勤めていると、マーケティング視点が嫌でも身につきます。

机の上で「マーケティングどうこう」言っている奴らよりも、よっぽど現場での生のマーケティング知識が身についたと感じますね。現場でコツコツ努力して商品が売れたり、お客さんの動きや買うものを観察していると、上で企画している人よりも、よっぽど直観的なマーケティングの本質を理解できます。

将来自営業に挑戦したい方や、物を売ってみたい人は、まず接客業で販売経験をしてみるのもいいでしょう。

トラブル対応力

不特定多数の個人のお客を毎日何人も相手にする仕事って、実は接客業ぐらいなものです。

他の業種は、得意先や特定個人と時間をかけて対面することがほとんどです。

つまり、他業界では経験できないことができるわけですね。

これは、いくら給料の低いチェーン店のアルバイトでも、かけがえのない経験になります。

大勢の客をはく能力が身につくので、困難にも動じない肝っ玉が身につきますね。

接客業に勤めて、自分の知られざる能力を発揮しよう

接客業は笑顔や愛嬌が大事と思われていますが、それは基本中の基本で、正直誰でもできるレベルの話です。

本当に適性があって伸びる人というのは、実は冷静で分析力もある、普段は目立たないタイプの人間です。

とくに、仕事中は割り切ってセールストークできるので、プライベートな会話とは別の、ビジネスで必要なトーク力が鍛えられます。

よく、仕事モードで声色変える人いますけど、そういった演技力が鍛えられるわけですね。

接客業で経験を積めば、どんな仕事でもやっていける自身がつきます。

接客業は最初は誰でも就きやすい仕事ですので、未経験の方や、何も技術も経歴もない人も挑戦してみるといいですよ。やり甲斐さえ見つければ、本当に自分の能力が上がっていく実感が持てます。

向いている仕事・向いていない仕事

向いている仕事と出会いたいなら「転職エージェント」を使っておこう!

「今の仕事が本当に自分に向いているかわからない…」
「もっと自分に向いている仕事に就きたい…」
「やり甲斐や自己実現のためにキャリアプランを練り直したい…」

このように「今の仕事は本当に自分に向いているのか?」とお悩みの方は「転職エージェント」でプロのキャリアアドバイザーに相談してみることをオススメしますよ。

転職エージェントは、言わば”仕事選びのプロ”

本当にあなたに合った転職先を代わりに見つけてくれます。

転職エージェントで自分の可能性に気づき、転職を決意する人も最近ではかなり増えています。

そして転職エージェントは完全無料で利用できます

これは紹介先企業がすべての費用を負担しているため、転職希望者は一切費用がかからないからです。

相談するだけオトクなので、今の仕事が向いていないと感じている方は、試しに相談してみるといいですよ。

就活生の方はこちら→就活生が意外と知らない就活サービス!自分に合った就職先を見つけるなら絶対にチェックしておこう!

初心者にオススメの転職エージェントは「DODA」

 

初めての転職を考えるのであれば「DODA(デューダ)」は絶対に登録しておきましょう。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの最大手で、安定した実績もあります。

その上、どんな経歴でも登録拒否されることもないので、今の仕事に自信のない人でも安心して利用できます。

満足度も業界No.1なので、DODAを使っておけばまず間違いありません。

登録求人数も5万件以上と多いのですが、その8割以上の優良求人は非公開求人であり適性のある人でなければ紹介してもらえません。

そのため、転職サイトやハローワークでは出会えないような、自分に向いている天職とも出会うチャンスも生まれます。

また、企業実態の調査も行っているので、ブラック企業を紹介されることもありません。

DODAの登録は「会員登録→職務経歴→確認」と入力していく必要がありますが、自己アピールなどの入力は一切ないので、5分もあればすぐに終わります。

後日、面談の日程についての連絡があるので、プロのキャリアアドバイザーに相談して、自分の向いている仕事を紹介してもらいましょう。

ただし、時期によってはキャリアカウンセリングを受けられないこともあります。

ですので、余裕があればプロフィールや職務経歴を充実させておき、エージェント側からアプローチしてもらえる様にしておくと確実ですよ。

登録しておくだけチャンスの生まれる「リクナビNEXT」

エージェント制ではありませんが、登録しておくだけで優良企業からスカウトメールの届く「リクナビNEXT」も無料で登録できるのでこの機会に利用しておくといいですよ。

リクルートには転職に関するノウハウと圧倒的情報量があるので、自分に本当に向いている求人が自動で送られてきます。

またリクナビNEXTでは「グッドポイント診断」というクオリティの高い自己分析ツールが用意されており、これを使っておくとより自分に合った企業と出会いやすくなりますよ。診断結果は企業側からも確認できるので、より相性のいい会社からスカウトメールが届く確率も高くなります。

リクナビNEXTは無料で登録でき、個人情報の入力もすぐに終わるので今すぐ登録しておきましょう。

転職者の8割以上が使っているので、使っておくだけ他よりも有利に転職活動が進みます。

また、リクナビNEXTは他社エージェントからのヘッドハンティングの場としても使われており、思いがけないエージェントからも面談確約のオファーが届くこともあります

オファーを受けやすくするには、職務経歴書やリクナビNEXTの利用履歴を充実させる必要もあるので、転職に興味があるならガンガンリクナビNEXTを使っておきましょう。

その他の転職エージェント

「DODA」「リクナビNEXT」以外にも、国内には多数の転職エージェントがありますが、それぞれに特徴や強みがあるので転職に興味があるならいくつか併用しておきましょう。

すべて無料で利用できます。

・国内主要転職エージェント

パソナキャリア
…公共事業・地方事業などの社会貢献意識の強い人向け利益よりも仕事のやり甲斐重視の転職エージェント。対応が非常に丁寧。→パソナキャリアの詳細はこちら

マイナビエージェント
20代~30代の若手向けエージェント。ベンチャー気質が強く、とくにIT系の紹介に強みを持つ。→マイナビエージェントの詳細はこちら

メイテックネクスト
…製造系エンジニア向け特化の転職エージェント。ものづくりエンジニアは必ず利用しておきたい→メイテックネクストの詳細はこちら

JACリクルートメント
外資系・海外転職・グローバル大企業などハイクラス転職特化のエージェント。求められる経歴は高くなるが、その分高年収の仕事の紹介が多い。→JACリクルートメントの詳細はこちら

DYM就職
既卒・第二新卒・フリーターなど経歴にネックのある人向けのエージェント。他のエージェントで、登録や面談を拒否された場合はここがオススメ。→DYM就職の詳細はこちら

・その他の転職エージェントは以下の記事をチェック!

 →国内の主要エージェントの比較記事はこちら

 →外資系運営エージェントの紹介はこちら

 →業界向け特化の転職エージェントの紹介はこちら

それぞれのエージェントの特徴と強み、あるいは運営方針や社風があるので、本当に自分に向いている仕事にこだわりたい方はなるべく多めに利用しておくといいでしょう。

関連コンテンツ