「仕事がだるい…行きたくない…」そんな時に考えておきたいやる気を出すコツ

編集長
ども…
仕事がだるくてやる気のない
スコシテン編集長です

「仕事がだるい…」
「やる気が出ない…」
「何もかもから逃げ去りたい…」

そう思うこと、ありませんか?

今の日本とかお先真っ暗で、頑張っても報われないし、真面目に仕事で頑張るのも嫌になっちゃうことってありますよね。

関連:仕事で先が見えない不安で苦しい…泣きたい…。そんな苦境を乗り切るための考え方。

そのクセして「もう、これで終わってもいい…」と命を投げ捨てるほどに打ち込めるようなこともありませんし…。

つまり、今の平和な日本で生きることなんて「ただダラダラと同じことを死ぬまで繰り返す、グロテスクな日々」しか待ってないんですよ。

ま、それに気づいちゃうと「はあ~生きることなんてくだらねえ~」「どうせ頑張っても何も残らないじゃないか」「進み続けたって、その先にあるのは地獄よ」って感じで、将来なんて真っ暗にしか見えませんよね。

関連:「生きることなんてどうせくだらない」故・山田花子の鋭すぎる作品を読み解く

関連:頑張っても報われない仕事の特徴。努力しても評価されない虚しい会社でモチベーションを維持するためには?

それでもう「こんな仕事、続けたって何も変わらないじゃないか…」「頑張れば頑張るほど搾取される」なーんてことはわかりきっているから、仕事もどんどん面倒で外に出ることすら億劫になる。

んで、そんなだるくてやる気のない状態で仕事に行ったとして、実際にやる仕事も「だるくて、いくらでも代わりなんている仕事で、給料もしょぼい、やり甲斐もない仕事」だから一層バカらしくなって、ドンドン気持ちもだるくなってやる気もなくなる。

その結果…。

うつ病にすらなれない、死んだ魚の目で毎日を無意味に消化しきっているのが、今の現代人の姿じゃないですか?

「仕事めんどくさい」
「仕事だるい」
「給料上がらない」
「生活が変わらない」

こんなことをSNSだか友人だか恋人に愚痴ってる割に、なーんも自分を変えるために行動しない人、本当にたくさんいますよね。

そう。

何も変わらないんですよ、実際。

仕事し続けたって、頑張ったって、何一ついいことは起こらない。

「このままじゃダメかな…」なんて思いながらも、毎月安月給もらってほどほどに暮らせれば、そこで満足して止まっちゃう人、ほんと多い。

そのクセして、本心では「仕事だるい」「もっとやり甲斐のある仕事で輝きたい!」「もっとお金欲しい」なんて思ってるクセして、自分を抑圧してしまう。

もっと、自分に正直になりましょうよ?

現実では大人ヅラしてキレイゴトばかり言って、謙虚に振る舞うことを強いられているかもしれません。

しかし、ネットの世界ではそんなものは必要ありません。

「仕事がめんどくさい」
「上司死ね」
「仕事辞めたい」

ここでは全てが許されています。

全 て の 人 間 に 幸 せ と 自 由 を 掴 む 権 利 が あ り ま す 。

この記事を最後まで読んで、ぜひ自分の欲望を解放してやる気を出すきっかけにしてみてください!

仕事がだるい理由6選

仕事がだるかったり、めんどくせー理由はだいたい以下の通り。

  1. 仕事自体がクソでつまらなくて、なんのやり甲斐もない
  2. 職場の人間関係があまりに面倒
  3. 仕事が非効率的・非合理的でアホくさい
  4. 労力の割に合わなくて徒労感がすごい
  5. 先が見えきっていて成長余地がない
  6. 仕事自体に飽きた

…だいたい、こんな感じなのではないでしょうか。

なんというか「うわ、この仕事くだらね」「自分の人生、一体なんの意味があるんだ?」って感じで、空虚感が押し寄せてくるんですよね~。

とくに最近の若者なんて、年上世代に搾取されまくりで貧乏生活強要されまくっている割に、無料で遊び放題のスマホがあるので「頑張るだけ無駄じゃん…」って感じの人、かなり多いと思います。

ですので、あえて言っておきますよ。

仕事がだるいなら自分に正直になって、辞めることを考えたほうがいいです。

どうせ、途中でだるくなる仕事で頑張って尽くしてみたって、先なんて分かりきってますから。

せいぜい、安月給で頭がハゲ上がるほどの仕事を割り振られて、そこそこの暮らしが味わえながらも、実際は仕事の忙しさでお金を使う時間すらなくて、せっかく稼いだ金も「仕事のために無理やり生活費を使っている」って感じでドンドン搾取される。

んで、今は少子高齢化だから年金支給されるかどうかもわからないで老後の不安も付きまとうと言うのに、ずーっと同じ仕事で人生の大事な時間を費やす未来しか見えない。

今の若者が仕事で頑張って得られるものなんて、しょせんはその程度。

もう「老後の安泰」とか「幸福な家庭生活」なんてものは幻想だってわかりきっている。

…そんなんじゃ、仕事なんてだるくなって当たり前ですよ。

ですが実際問題、それで仕事から逃げ出してみたって、惨めな負け犬ニート生活か、あるいは生活保護者かホームレスになって世捨て人になるしかないんですけどね。

だから、みんな嫌々したくもないしょーもねえ仕事で消耗して、毎日つまらなく生きることになる。

その裏では、仕事に命を賭けてる人や、プライベートも充実している人もいる。

その差はなにか?

答えは簡単。

あなたが毎晩・毎朝「だるい…」と感じるような、自分に合っていない仕事を選んでいるからです。

…何年か働いてみて、もうあなたはわかりきっているんじゃないでしょうか?

仕事にやり甲斐もクソもないし、自分がいなくなったって代わりはいくらでもいる。

人間関係のストレスを抱えて苦労して、それで手にする金はせいぜい雀の涙程度で人生は変わらない。

でも、そう感じちゃうのって「仕事が自分に合っていない」からなんですよ。

世の中には「これが自分の天職だ!」「プロ意識を持って仕事に取り組む」みたいな人がいますけど、あーいう風に仕事を心から楽しめるのが”本物”ってヤツね。

ところが、毎晩・毎朝「仕事だるい」「仕事行きたくない…」なんて思っちゃう人は、心のどこかで社会人になりきれていない。

「こんな仕事いつか辞めてやる!!」
「こんなの本当の自分じゃない…、自分はもっと出来るんだ!!」
「仕事がクソ…」

こんな風に思っているのに、理想と現実のギャップに苦しんでいる。

だから、いつまで経っても自分を変えることが出来ず、つまらない仕事を延々と続けるハメになるんですよね。

…じゃあ、あなたが心底「だるい…」と感じてしまう仕事とは、一体どういう仕事なのか?

その具体例を挙げていきましょう。

1.仕事がクソつまらなくてやり甲斐がない

仕事がだるく感じるのは「仕事自体がクソつまんなくてやり甲斐もない」からですね。

まあ、世の中の仕事なんて8割ぐらいが「クソつまんない」「やり甲斐なんて微塵もない」という感じなんですよ。

どうせ、自分なんかいなくなったところで代わりはいますし、何をしても上司や取引先からは文句を言われる。

褒められることも認められることも、そんなことはレアケース。

どいつもこいつも「そんなこと出来て当たり前」「金払ってるんだからそんぐらい出来て当然」みたいな感じで殺伐している。

間違っても他人に感謝されたり褒められることなんて、万に一つもない。

なぜなら、仕事なんて完璧に出来て当たり前だから。

当たり前のことが当たり前に出来ないやつは淘汰されるし、当たり前のことが出来ればそれ以上を求め続けられる。

結局、仕事に「ゴール」なんてないんですよ。

「自分は一体どこまで頑張ればいいんだ?」
「どこまで進めば楽になるんだ?」

こんな感じで、いつまで経っても仕事という地獄から開放されることなんてない。

むしろ逆で、仕事が出来れば出来るほど、仕事を増やされるという無限地獄が待っている。

それが万に一つも「楽しくてやり甲斐のある仕事」ならば、それは喜べることでしょう。

しかし、実際はどうでしょうか。

やり甲斐もないクソつまんねえ仕事なんざ、さっさと片付けて定時に上がりたいものですよね?

んで、現実は仕事大好きリア充やワーカホリックが「みんな仕事にやり甲斐を感じていて当然!」みたいなノリでガンガン仕事押し付けてくるから、いつまで経っても仕事は減らないし、働き方改革も実現しない。

それがより一層、仕事を「嫌々やらされてるクソつまんないもの」に変えてしまうんですよね。

…結局「好きで今の仕事を選んだ」のではなく「流しに流されて”しょうがなく”今の仕事を選んだ」から、ダメなんですよ。

関連:つまらない仕事の特徴。楽しくない仕事を続けるとどうなる?辞めるのはあり?

2.職場の人間関係があまりに面倒

仕事がだるいと感じる要素が「人間関係」ですね。

  • 無能で人間的魅力もないクソ上司にガミガミ文句を言われる
  • 取引先に嫌味を延々と言われた挙げ句、仕事を断れる
  • 自分は何も悪くないのにペコペコ頭を下げても何も得られない
  • 身勝手な派閥争いに合わせて心にもないお世辞や社交辞令を言わないといけない

…だいたい、仕事の人間関係なんてこんな感じで「茶番」ばっかりなんですよ。

上司のご機嫌取りに飲み会でおべっか並び立てて、とりあえず頭ペコペコ下げて、それでどうにかなってしまう。

そのクセして、会社の無駄な残業を減らすために意見すれば、目をつけられて排除される。

そう。くだらないんですよ、仕事の人間関係って。

なのに、社会人はそれが普通だと思ってるから「みんな辛いんだから我慢しろ」「大人なんてこんなもの」と、諦め腐ったつまらないことばっかりをつぶやく。

んで、結局出世できるのも、そういうつまらない人間関係に合わせて、しょうもないお世辞や建前並び立てられる人ばかりで、正論を通したり革新的な人ほど排他される運命。

なぜなら、組織からすれば「現状を変える人」なんて脅威以外、なんでもないんですよ。

黙って上の言うこと聞いてダラダラ仕事しとけば、文句を言われながらも金はもらえるし、生活は保証される。

そんな環境で、いちいち仕事を増やしかねない革新的な意見や斬新な発想なんて、受け入れられるはずないんですよ。

なぜなら、無駄な仕事が増えるから。

結局、組織に属して新しいことや正しいことをしようと思うのであれば、人間関係のめんどくささをどうにかしなければならない。

上司の上司からの許可とか、同僚の嫉妬対策とか根回しとか、本当くだらない人間関係の調整が必要になる。

…それだけなら、まだマシ。

実際、世の中「仕事なんて金もらえればなんでもいい」って心底意識の低い人間も多いもんですから、しょーもな職場いじめで自分のストレス発散したり、余計な仕事負わないように他人に仕事押し付けて自分は楽したり、そんなヤツばっか。

ほんと、仕事の人間関係なんてくだらないオブくだらない。

しかも、職場が狭ければそのくだらない人間関係が定年退職まで続くし、プライベートにまで関わってくる恐れもある。

これがまた、仕事に行くのをより一層だるくさせる原因ですね。

考えてもみてくださいよ?

上司がハラスメントクソ野郎なら、一生そいつが自分の上の立場の人間として、エラソーにあーだこーだ「指示」という名の文句を言ってくるんですよ。

例えるなら、あなたは一生クソ上司のサンドバッグとして、都合よくボロ雑巾のように絞られるのみです。

正直言って、自分の人生なのに誰かのストレス発散のサンドバッグにされるなんて、嫌じゃないですか?

いつも家でガミガミ文句言われている夫が日本の理想の男性像らしいですけど、そんなもんはただの生き地獄ですよ。

「仕事がだるい…」と感じる人は、今一度自分の職場の人間関係を思い返してみてください。

3.仕事の効率が悪く合理的でない

仕事がだるく感じるのは、仕事自体の効率が悪くて合理的ではないからでしょう。

実際、日本の仕事ってビックリするほど効率悪くて、非合理的なんですよ。

なぜなら、頭の悪い人間に合わせて組織運営されているから。

ハッキリ言って、経営者や役員が時代についていけないバカなら、会社全体が頭の悪いやり方を強要されるのが「組織」ってヤツですよ。

社長が「履歴書は手書きじゃないと認めない!」「PCで作業するのは心がこもらないからダメ!」なんて化石みたいなこと言い出せば、それが会社全体のルールとなるわけです。

んで、その結果未だにFAXでスキャニングして文書送信とか、いちいち書類に判子押す手間とか、郵便で送料払って封筒送るみたいな無駄がはびこる。

これは一例で、実際会社で働いてみると驚くほど非効率的かつ非合理的なことと出くわすんですよ。

仕事があまりに早く進みすぎるのでマシンスペック落としたりとか、残業代もらうためにわざとダラダラ仕事して終電帰りとか…。

これが仕事をだるく感じさせる原因です。

仕事なんかさっさと片付けて、早く帰って優雅にプライベートの時間を楽しむほうがいいに決まっているじゃないですか。

どうせ、残業して頑張ったって高い成果が出るわけではないのに、なぜか日本の会社の多くは1時間で終わることを残業して10時間も時間かけてやったほうが評価される。

でもね、それっておかしいことで理不尽かもしれないですけど、会社が「それがウチのルールだ!」って言えば、それまでなんですよ。

なぜなら、会社の命令に逆らえばクビになるから。

「この仕事くだらねー」「効率悪すぎ…」なんてみんな内心で思いながらも、会社の摂理に従うのが組織人の務め。

働き方改革で「効率化」なんて提唱されても、老害経営者や役員どもの化石みたいな考え方が変わることなんてない。

技術革新でドンドン世の中は便利になっていくのに、日本の仕事は全然効率的かつストレスフリーにならないところがまた、仕事をくだないものにさせる原因です。

4.労力の割に給料や待遇が見合わない

仕事がだるいと感じるのは「労力の割に給料や待遇が見合わない」からでしょう。

実際、初任給もらった時に「こんなに苦労したのにこんだけ?」「は?税金こんだけとられるるの?」と感じませんでしたか?

んで、昇給ペースもせいぜい年1万程度、ボーナスも今どき年100万出ればかなりもらってる方で、中小企業ならボーナス出ないなんてことも、ざら。

それは会社がどんだけ黒字で儲かろうが、自分が会社の利益に貢献しようが、結局変わらない。

それどころか、自分の頑張りなんて上司の手柄として横取りされることも珍しくないし、せっかく苦労して出した成果も「そんなこと出来て当たり前でしょ?」という感じで給料横ばいでドンドン責任だけ重くなって求められるハードルも高くなる。

結局、どれだけ頑張って結果を出そうが、会社の奴隷である続ける限り搾取され続けるしかないんですよ。

これが善良な会社ならしっかりと見返りとして昇給や出世を約束してくれますが、今日日「不景気だから」「みんな辛いんだから」とかいう謎理論で頑なに昇給や出世を拒む会社や上司も少なくはありません。

そして、それで「はい、そうですか」と納得して従順に会社に尽くし続ける社畜も多い。

「不景気とか知るか、ボケ」「オレはみんなより苦労したぞ」と強引に意見通す度胸もない。

そのせいで、みんな辛い思いしながら安月給で搾取されながら「今回もみんな頑張った!」なんて飲み会で勝手に盛り上がって、宗教くせーことになる。

ゴタクやキレイゴトは、もう聞き飽きた。

同 情 す る な ら 金 を よ こ せ 。

「金の話は汚い」「金のために仕事するな」なんて言うのは、強者側が都合よく搾取するためのいい訳であって、そんなものは真っ当な社会人ならみんなウソだと気づいているんじゃないでしょうか?

「仕事した分だけしっかり金はよこせ」

これが言えない・実行されない世の中だからこそ、みんな仕事をくだらなく感じるわけですよ。

実際、大して苦労してなさそうなボンクラ息子が「不動産投資で月100万稼いでます」なんて言われれば、それだけで真っ当に働くのがバカらしくなるんですよ。

んで、そういうボンクラが遊び感覚で会社経営に噛むなんてこともざらによくあることで、真面目に働けば働くほど搾取され続けるわけです。

…であれば「仕事なんざ手を抜く」「自分の努力に見合った適切な見返りをくれる会社に尽くす」の二択になるのですが、世の中の9割の人は前者を選びます。

だって、転職先を探すのもめんどくさいし、適切に仕事してても給料はもらえるもの。

5.先が見えきっていて成長余地がない

仕事がだるく感じる理由は「先が見え切っている」「成長余地がない」ことですね。

わかりやすく言うなら「もう、この職場から学ぶことはないかな…」ってヤツですよ。

日本の教育課程は飛び級がないので、義務教育過程なんか余裕で習得できるレベルの勉強しかしませんけど、あれを一夜漬けで攻略できたのと同じ。

仕事なんてちょっと頭のいい人からすれば、すぐに習得できるレベルのものばかりなんですよ。

でも「出る杭は打たれる」「能ある鷹は爪を隠す」ということわざがある通り、なまじ優秀すぎたり仕事が出来ると、余計な仕事を増やされたり同僚や上司のしょーもない嫉妬に悩まされることになります。

なので、ダラダラ手を抜いてわざと仕事が出来ないフリをして、なんの成長性もない仕事をダラダラ続けるハメになる。

そして何より、職場の上司や役員を見ればそれが「この会社で働き続けた将来の自分」だとわかりきってしまう。

良くも悪くも、先が見え切っているんですよ。

そりゃあ、ダラダラ仕事して自分の権力や地位を守るのに必死な上司や役員になれば、日本国民が大好きな「老後も安定した生活」とやらは手に入るかもしれません。

くだらない仕事をこなし続けて、上司にペコペコ頭下げて理不尽に耐えた結果、それは得られるわけです。

ですが、その人生には「先のわからないワクワクする仕事」「自分の能力を存分に活かせるやり甲斐のある仕事」なんてものは、一切ありません。

むしろ、日本の権力者が年をとって化石頭になっていくのを見ればわかりますが、権力を手にして地位が高くなればなるほど、人間は成長が止まってしまうことになります。

本当に年をとっても人間成長できるのであれば、日本のGDPが横ばいになって閉塞感漂う国にはなりません。

この国はバブル崩壊以降、成長が止まっているんですよ。

そんなもんだから、公務員やら大企業務めみたいな「安定した仕事」ほど先行きが見えなくなる。

しかもその安定した仕事に就いた奴らが高級取りのクセして大した仕事してないから、下請けである中小企業やベンチャーも成長できない。

…なのに、なぜかそーいうつまらない人生の選択肢が推奨される。

言ってしまえば「学校に通って大学出て、それなりの企業でダラダラ人生の貴重な時間を使い潰すクソつまらん人生」が推奨されているわけですね。

んで、若干20代にして「将来に備えて…」なんて、定年退職間際の人生観の成長の止まった人間がわんさか溢れ出す。

そんなんだから、今の若者は人生つまらなく感じて、国の将来に期待できなくなるんですよ。

関連:なぜ無欲な若者が増えたのか?現代日本の抱える課題を一発で解き明かそうと思う

…少なからず「ダラダラ働いてほどほどに金もらって、まるで”働くために生きている”」という価値観から抜け出せなければ、どんな一流企業に勤めていようが先は見えません。

6.仕事に飽きた…

仕事がだるいと感じるのは、単に「仕事に飽きた」だけかもしれません。

ぶっちゃけ、仕事なんざある程度のレベルまでこなせるようになると、飽きるんですよ。

「この程度なの?」
「もっと上の仕事に挑戦したい」
「もっと先に進みたい…」

こうは思うものの、日本の会社は何度も言っている通り「適度に手を抜いたほうが得する」「変に優秀ぶらない方が面倒事押し付けられず済む」という矛盾があるので、変に挑戦なんかしない方がいいんですよね。

仮に副業で月100万円の業績を出したとして「ウチの仕事のおかげ」だとか言い出して、社員の成果を横取りしたがるのが企業の常というもんです。

だから、優秀な人ほどこっそり副業でビジネス立ち上げて独立したり、今の会社の功績を手土産に転職するわけですよ。

結局、日本の会社って「新しい風を!」「挑戦を!」なんて口では言いながらも、それが出来る組織運営なんてする気はさらさらないわけです。

だから、大企業や公務員ほど没個性でつまらねー人間が集まり、逆に個性的で優秀な人ほど独立したりジョブホッパーとして職場を踏み台にする。

全企業人事に言いたい一言。

「いつまでもいると思うなよ、優秀な人材」

仕事に飽きたら、さっさと転職、あるいは独立。

これがスマートかつ合理的選択肢なんです。

だいたい日本は若手不足なので、優秀な人材が思わず一生働きたくなる職場環境を作れないのは、どう考えても「企業側の責任」ってヤツですからね。

「仕事に飽きた」と感じる人は、新しい仕事にチャレンジしましょう。

「仕事がだるい…」と感じた時の対処法とは?

仕事がだるいと感じる理由は色々ありますが、大事なのは「対処法」です。

残念ながら人間、一度「無理」「だるい…」と感じたものは、なかなかやる気がわかないものです。

日本の企業が「新しいことやるのだるい…」公務員が「前例がない」とい保守的で、技術革新や組織改革を拒んでいるのと同じですね。

日本のお偉いさんや大企業ですら「仕事だるい」という感じなのに、どうして末端の社員がだるく感じないものでしょうか?

ですが、だるくても仕事は続けなければいけません。

そこでだるくて面倒くさい仕事を続けていくための知恵を、ご紹介していきます。

「金のため」と割り切る

だるい仕事を続けるコツは「金のため」と割り切ることです。

就活生の面接では「御社の理念に惹かれて~」なんざ建前を求められますが、あれをマジで言うのはただのバカです。

仕事の目的なんか、金のために決まってるじゃないですか。

ガチで「金のため」と割り切ると、仕事の面倒事や人間関係とかマジでどうでもよくなります。

アホな上司がいても「とりあえずあいつの機嫌損ねるとめんどくせえから、合わせておくか」とか、無能な部下がいても「どうせあいつに何言っても仕事出来る気がしないし、一切期待しないでいよう」という感じ。

仕事とか「金のため」なので、マジで細かいことがどうでもよくなるんですよ。

非効率的な仕事とか非合理的な組織運営とかたしかにアホくさく感じますけど、そんなもん給料もらえればどうでもよくなります。

組織改革とか業務改善とか必死にやったところで、給料も上がらないし社内評価が上がる保証もありません。

そんなアホくさい会社で必死に頑張るぐらいなら「金がもらえれば余計な苦労はしない方がマシ」と割り切って、適当に仕事した方がマシに決まってます。

よくテレビ番組で「プロフェッショナルは仕事にこだわりを持つべき」とかやってますけど、あんなもんは社員を騙すための番組ですよ。

なぜ、給料上げる気もない、社員の成果横取りする気満々の会社に必死に尽くさないといけないんでしょうか?

「仕事にこだわりも信念もねえ、金のためにやってるだけだよ」と割り切ってこそ、一人前の社会人と言うやつですよ。

間違っても「やり甲斐」「自己実現」なんてまやかしに騙されてはいけません。

んなもん、会社側がやりがい搾取や自己実現搾取するための方便ですから。

「給料以上の仕事は絶対にしない」

こう割り切るだけで、仕事に関する心理的負担は楽になります。

出社して「仕事モード」の自分を楽しむ

だるい仕事を乗り切るためには、出社して「仕事モード」の自分を楽しむことが大事です。

よく「満員電車で朝から出勤の疲れ切ったビジネスマンはダサい」と言われますが、本当にダサいですよ。

スーツ着て出社している以上、ウソでも辛くても笑えよ、ほら。

「仕事楽しい!これから仕事頑張るぞい!」

ウソでもそう思えないから、くだらない社畜ディスにいちいち反応してしまうことになるんですよ。

だいたい、仕事なんざだるいと思っていようが、いざデスク前に座って作業しだすとスイッチが切り替わるレベルまで成長して、ようやくスタートラインってヤツですよ。

仕事に取り掛かると「自分の本心」とか「自分の思いや信念」とか「精神状態」とか「健康状態」、そんなもんどうでもよくなる。

仕事に取り組んだら、まるで機械のように淡々と作業をこなせる。

この域に到達出来てないのは、それは今の仕事が合っていない証拠です。

よく軍人のドラマやアニメでお人好しそうな人が「本当はこんなことやりたくないんだ…」と言いながらも、戦場では鬼のような才能を発揮することがありますが、あれと一緒。

人間、自分の才能や適正が発揮できる仕事になると、本人の意志とか感情とか関係なく体が勝手に動き出すんですよ。

…まあ、この感覚が味わえないのであれば、それは間違いなく向いていない仕事なので辞めちゃうのも手かもしれませんね。

めんどくさいことは他人に押し付ける

だるい仕事を避けるためには、いっそだるい仕事は他人に押し付けましょう。

考えてもみてくださいよ。

世の中の人間、ほとんどが文句を言っておきながら、いざ「お前がやれ」と言われると「自分の仕事じゃないし…」と言い訳して逃げるものです。

ほら。世の中の人間なんて、みんな面倒事を他人に押し付けてばっかりじゃないですか。

だったら、やるべきことは簡単です。

だるい仕事なんて、さっさと他人に押し付けましょう。

上司から面倒事押し付けられたら上手く断ればいいし、部下の責任とかとらなくてもOK。

最初は嫌われるかもしれませんが、そのうち「だるい仕事なんて、自分がやらなくても誰かがやってくれる」と気づくんですよ。

その中でも「本当に自分のやるべきこと」だけやっておけばいいんです。

どうせ企業も無責任で自分で成長する気はないですから、都合のいい企業を買収したり、優秀な人材をヘッドハンティングするなど、他力本願なのが本質ですからね。

転職して新たに活躍できる場を探す

どうしても仕事がだるくて、自分を変える気力もない人は転職しちゃうのが一番ですよ。

今どき、日本の企業は人手不足で経歴とか関係なく転職できるので、どうしても仕事がだるくて仕方がないなら転職活動しておく価値は十分あります。

前述の通り、本当に自分に合った仕事というのは理屈とか抜きに「自分の能力をフルに活かせている快感」「体が勝手に動き、だるいとかそういう感情は湧かない」という感じですが、それを実感しないままだるい仕事を嫌々続けるのは不幸でしかありません。

少なからず、今の仕事を毎朝「だるい…」と思って定年退職まで嫌々続けるよりも、早いうちに転職して自分に合った天職と出会った方が人生の可能性は広まるはずです。

もし転職活動でクソみたいな仕事しか見つけられないなら今の職場で頑張ってみるのも一興ですし、逆に魅力的な求人があれば迷わず飛び込めばいいだけの話。

「仕事がだるい…」なんて考えて、人生も充実しない自分を変えるために、転職活動を始めてみましょう。

転職エージェントを活用して効率的な転職をしよう!

仕事がだるくて転職を考えている人は「転職エージェント」という無料で利用できるサービスを使ってみるといいですよ。

転職エージェントはプロのアドバイザーが求人の紹介や、転職ノウハウについてマンツーマンでサポートしてくれるので、1人で転職するよりもグッと転職成功確率が高まります。

また、転職エージェントでは「非公開求人」と呼ばれる適正のある人にしか紹介してもらえない優良求人も多数ですので、自分で求人検索するよりもいい求人に出会いやすくなります。

しかも転職エージェントは完全無料で利用でき、転職する気がなくなったらいつでも利用は止められます。

転職するにしてもしないにしても、今のだるい仕事を嫌々続けるよりは選択肢がグッと広がること間違いなしなので、興味が湧いた方はぜひとも利用しておきましょう。

タグ:仕事辞めたい

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ