仕事が不公平で辞めたい…。そんなあなたに不公平で理不尽な評価にぶちキレて憂さ晴らしでブログ書いてる私がいいことを教えてやる

「職場の評価が不公平でムカつく」
「仕事の負担が不公平過ぎて辞めたい…」
「才能も能力もない同僚が課題評価されてムカつく」

そう悩んでいませんか?

私も「平等」や「協調性」という名の裏に確かに存在する差別に、いつもイライラしながら生きてます。

とくに「協調性」って言葉は搾取のための魔法の言葉で、大嫌いな言葉です。

それはなぜか?

黙々と凡人の3倍以上の仕事をこなせる私が評価されないで、大して仕事してない愛嬌だけが取り柄のポンコツが評価されるからです。

そういう奴に限って、都合のいい時だけ「協調性(笑)」「チームワーク(笑)」って言葉を持ち出して、自分が仕事しない言い訳をしだすんですよねぇ。

でも、世の中って実はコネ社会で、しっかりと仕事をこなす有能よりも、えこひいきされる無能の方が美味しい思いができるんです。

その結果、真面目に仕事をこなしている人間が割を食って、そうじゃない人間は上司にゴマスリして媚びを売って、評価されちゃうんですよ。

これってすごく不公平でムカつきませんか?

最近はネットでも大して実績も能力も才能もない顔出しリア充が、エラソーに威張り散らす様が目立つようになりましたが、その事実がますます私を苛立たせるんです。

この記事にたどり着いた読者の方も「自分の方が努力しているのに…」「自分の方が明らかに仕事で成果出してるのに…」「自分の方が優秀なのに…」と悔しい思いをしているのではないでしょうか。

もしそうでしたら、私と同じですね。

私もあまりに優秀過ぎて才能があるばかりに、世間的に評価されない20代を送ってきました。

このブログは、復讐心だけを頼りに制作してきた、負の遺産です。

仕事であまりに不公平で理不尽な憂き目に遭っている方は、最後まで読んでみて、今後のキャリアについて考えてみてください。

なぜ、こんなにも仕事で不公平な目にあうのか?

どうして、私たちはこんなにも仕事で不公平な目に遭わないといけないのでしょうか?

私自身、仕事で何度も何度も体験してきたことを踏まえ、ご紹介していきます。

上司や人事の見る目がない

仕事で不公平な思いをするのは、ハッキリ言って上司や人事の見る目がないからでしょう。

残念なことに、世の中には大して部下の能力や適性を見抜く能力もないゴミみたいな上司や人事がたくさんいて、そいつらがエラソーに采配振るっております。

「適材適所」という言葉がありますが、日本の組織ではそんな言葉は通じません。

「周りと同じようにやれ」
「成功している人間と同じようにやれ」
「自分と同じやり方でやれ」

人を育てる能力のない人間ほど、こういうことを言いだします。

で、そういう人ほど「自分の思うように部下が育たたないと、相手を無能扱いする」というのが、世の常です。

親がエリート大企業勤めなら、子供にも「自分と同じような経歴をたどれ」と言うように…ね。

残念ながら、私たちは個体差があるので「他の人になること」は出来ません。

しかし、自分の成功体験からしか学べない無能な人間は、そこに気づけないのです。

私がフリーランスなんて立場に追い込まれてるのも「自分の才能や能力を的確に使えるのは自分だけ」という、しょうもない理由があったからだけに過ぎません。

そして実際、他人のアドバイスや意見なんか、全部ガン無視した結果の方が、上手くいってます。

さて、何が言いたいのかというと、結局自分より上の立場の人間の評価基準なんて「自分の思うように動いてくれるか?育ってくれるか?」という、私情にまみれたことが多いということです。

ですので、私は以下の記事などでも「上司の判断基準や社内評価と、自分の仕事に対する価値観が一緒か?」は、仕事選びで非常に重要な要素だとご紹介しているのです。

どれだけ仕事が出来て有能で将来性があっても、上司が「愛嬌があって媚び売るのが上手い無能」を過大評価する職場であれば、どんな才能も潰されるだけです。

社風が人間性や政治力重視だから

仕事で不遇な目にあっているのは、今の会社が人間性や政治力重視の社風だからかもしれません。

人を見る目のない無能な人間ほど、他人を見た目や第一印象、性格で判断します。

日本の面接が第一印象重視なのも、そのためです。

また、日本の組織なんて、学歴・経歴・ステータスだけしか取り柄のない人間でも、社交力や政治力さえあれば、出世できてしまうものです。

それは、頭の悪い政治家が大半を占めていたり、経営階級ですら粉飾決算などの非合理的な判断をすることからして、明らかでしょう。

会社によっては、

「飲み会や交流会に参加しないことが理由で評価を下げられる」
「特定の誰かを怒らせただけで社内評価が著しく下がる」
「学歴が劣るから昇進を見送られる」

…みたいな、中学生の派閥争いレベルの感情的判断を仕事に持ち込む人もいます。

そして残念なことに、その中学生レベルの感情的判断が理由で、社内評価が下がって不公平な思いをする人も一定数出てくるわけです。

仕事が出来るほどなぜか仕事が増えるから

世の中は不公平ですので、仕事が出来る優秀な人ほど、なぜか仕事が増やされます。

私も営利上「仕事が出来る人」「頭の良い人」みたいに思わせておかないといけない部分もあるのですが、そのせいで仕事が増やされて頭を抱えております。

私はフリーランスだから仕事を選べるのでまだマシですが、これが組織人ともなればそうは行きません。

「他の人間があまりに能力が低すぎるから自分の仕事が増えまくる」
「他に適任者がいないのでマネージャークラスに抜擢される」

こういったことに、身に覚えがありませんか?

人間というのは身勝手で、自分に出来もしないことを他人に押し付けてきて、なまじそれが出来てしまうとさらに要求がエスカレートしてくるものです。

で、他人に無茶な要求してくる割には、感謝もしない、見返りも与えないクソばかりが世の中にはびこってます。

そうしていくうちに、他人の要求に応えられる人間は「あの人は優秀だから」「あの人は特別だから」などと、わけのわからない理由で勝手に期待され、使い潰されていくことになります。

…であれば、そんな身勝手な要求してくる会社なんかさっさと辞めてしまおうと考えるのが、まともな人間の正常な判断でしょう。

搾取されるにしても「マシな形」があるはずですから。

怠ける奴が得するような社風だから

組織は「怠ける奴が得する」という仕組みになりがちです。

なぜなら、他の社員が怠けていれば「出来る人間や気づいた人間がやるしかない」という状態になるからです。

世の人間は「助け合い」だとか「協調性」だとか、自分が出来ないことを他人に押し付けるための甘えたことを言います。

では、そんな「他人の助けなんかなくとも、一人で大体のことが出来ちゃう人間」がいた場合、どうなるでしょうか?

怠けている人間や能力のない人間の尻拭いから何まで、すべて押し付けられることとなります。

なので、バカ正直かつ真面目に努力する人間ほど「協調性」という名の下に搾取され、他人の数倍の成果を出しても給料は手を抜いて怠けている人間よりも下…みたいな状況が生まれるのです。

そういう職場は「頑張るだけ無駄」なので、さっさと辞めてしまった方がかしこい選択肢だと言えるでしょう。

有能過ぎて上司や同僚に恐れられているから

仕事で不公平な目で遭っている方で、明らかに周りよりも優秀で成果を出しているにも関わらず、それでも社内評価が低いのであれば「有能過ぎて上司や同僚に恐れられている」可能性があります。

「若い芽はさっさと摘んでおくに限る」「将来、脅威になりそうな人間は潰しておくに限る」というのは世の常ですが、これは現代の仕事においても当てはまります。

少なからず、出世心や上昇志向を剥き出しにしていて、なおかつ敵意を見せてくる下の人間は、上の立場の人間からすれば「脅威」以外の何物でもありません。

そして、その常套手段としては「上司権限を利用して、巧妙に社内評価を下げてくる」「社内で孤立させて困ってても助けない」ので、陰湿なものと相場が決まっております。

このあたり、よくわかっている人間は事前の根回しであったり、社内政治で巧妙に立ち回れるのですが、そうでない人間は普通に嫉妬の対象となって潰されます。

能力のない人間や自分で努力して這い上がる気力のない人間ほど、そういった幼稚で稚拙な手段を使ってきますが、集団においては意外なまでに効果を発揮します。

それがなぜかは、マスコミを見ればわかるでしょう。

9割の人間は「あいつが悪だ!」と報道を流せば、疑いもしない脊椎反射の感情で動くバカばかりなのですから。

他人を貶めるのが趣味な人がいるから

仕事や対人関係のストレス発散で死ぬほど気持ちいいのが「自分より弱いものをいじめる」という方法です。

たとえば、フジに敵対買収を仕掛けて財界を怒らせて己の無力さを知った堀江貴文氏が、ネット上で下の人間相手にみっともない愚痴を漏らしていますが、あのような成功者ですらそのようなみっともない行為を行うのです。

これはなにも成功者に限らず、多くの人間が無自覚に行っている行為です。

立場上、自分に言い返せない人間を、上から一方的に屠り倒すのは、非常に気持ちがいいものです。

なので、政治家もテレビの取材会見で国民をバカにしますし、マスコミ自体も大衆をバカにし続けます。

なぜなら、自分がやり返されるリスクなしで、他人を貶められるという最高に有利な状況があるからです。

ですので、ハラスメント行為は減りませんし、権力者は一方的に弱者をいたぶって快感を覚えます。

これだけやりたい放題やられっぱなしでもあるのにも関わらず、日本人の多くはヘラヘラ笑っているだから、あまりに情けないですよね。

私もこのブログを立ち上げたのは「てめぇら、好き勝手言ってんじゃねえぞ?クソがっ」という動機しかないのですが、仕事や人生の動機なんかその程度で構わないのです。

不公平な仕事は辞めた方がいいのか?

「不公平な仕事は辞めた方がいいのか?」と聞かれれば、私は「辞める理由の一つとしては立派な動機」だと思ってます。

というも、歴史的に見ても謀反や革命は不公平感が巻き起こしているものですし、転職のモデルケースも表面上はキレイな建前ばかり並べている人が多い一方で、実際は裏では憎悪が入り乱れている人ばかりだからです。

少なからず、私のような「社会のため」「自分の成長のため」だなんてキレイな動機よりも「正統評価されなくて悔しい」「無能な上司や同僚が過大評価されていてムカつく」「経営者のセンスがなさすぎて不満」といった醜い本音が先行する方は、一度キャリアを見直す時期に来ていると言えるでしょう。

だいたい、仕事を辞めるなんて背信行為、キレイな理由だけで行っている方が少ないのです方、汚い自分も素直に前向きに受け止めておき、合理的にブチ切れながら転職の準備をしましょう。

実務面の優秀さの割に合ってないなら辞めるべき

自分の実務面の優秀さと仕事量や社内の権限、あるいは給料が割に合っていないと思うのであれば、辞めることを前向きに考える時期に来ているでしょう。

だいたい、そういう人は自分を過大評価し過ぎているわけでもなければ、キャリアアップ転職は実現可能ですから。

いつまで経っても自分を無能扱いしている会社の下で生きていても、成長する道理があるわけもありません。

少なからず、人間は「周りの人間の要求や期待に応えて成長していく」という性質を持つ以上、自分を過小評価してくるセンスのない人間と仕事するよりは、期待してくる人間と仕事した方がマシです。

自分が客観的に見て「有能か?無能か?」は環境によって変わりますし、人によっても変わります。

少なからず、私は「自分が有能だと仮定して、的確な環境に当てはめた」だけで、勝手に仕事で成果が伴っており、逆の「自分が無能だと思って、誰かの言われた通りにやった」という状況で上手くいったことは一度もありません。

それがなぜかと言えば「結局、自分が一番正しくて間違いのない選択肢を選べる人間」だと思います。

そんな感じで、世の中の多くの人間は人を見る目もない、的確なアドバイスをする能力もないクソ無能ばかりであるにも関わらず、エラソーに他人にあーだこーだ言ってきますが、全部無視してOKです。

自分の目と耳で確かめた経験と判断が、自分の人生の選択肢においてはもっとも正しいと、自分だけを信じてください。

会社も何もかもが信用できない、最後に信じられるのは自分だけです。

社内政治や派閥争いに勝つ自信があるなら残るのもあり

もっとも、読者がそれなりの大企業や有名企業に属していたり、あるいは役職クラスであれば、社内政治や派閥争いで打ち勝つ処世術を身につけて巧妙に立ち回るのはありかもしれません。

私はしょーじき、みっともない大人の嫉妬争いや足の引っ張り合い、愚痴の吐き合いには付き合いきれないので、フリーランスでいた方が気楽です。

もちろん、私が組織人であれば社内政治でムカつく派閥に一泡吹かせるようなしょうもない遊びに付き合ってもいいのですが、そんなもんに時間を割いたり頭を使う暇があるなら、もっと生産的なことをした方がマシです。

政治家が国会答弁で茶番で言い争って税金泥棒しているのを見て、あまりにバカげていると思いませんか?

ですが、あの程度のガキのケンカレベルの議論が「政治」などと呼ばれるのですから、本質はお笑いエンターテインメントみたいなものです。

そして、社内政治で行われているのも、ああいったガキレベルの「意地の張り合い」や「しょうもないプライド争い」ばかりなのですから、付き合ってる方はたまったものではありません。

転職エージェントを利用してお早めの情報収集を

「社内で不公平に扱われている」と思うのであれば、仕事を辞めて転職を考えておくことが極めて合理的な判断だと言えます。

今や終身雇用がバレバレの嘘だと国民全体で気づいちゃっているのですから、転職を考えておかないほうが意味がわかりません。

仮に社内政治でハメられて、権限のある上司に「お前、一生出世させねえぞ?」と思われたら最後、一生不公平な目に遭い続けるのが大人の世界です。

それも一度「あいつは無能だ」と不公平なレッテルを張られたら、残念なことに周りの人がそういう目で見てくるのが、人間の普遍的な心理です。

であれば、不当評価など転職でさっさとリセットしてしまい、正統評価してくれる職場で自分の有能さを発揮して世間に認めさせたいと思いませんか?

もしそう思うのであれば、早めに転職エージェントなどを活用しておき、転職活動を始めておくといいでしょう。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ