社内評価が低い場合に見直したいこと。仕事で正当評価されないなら転職すべきか?

「社内評価が著しく悪い」
「自分勝手な上司のせいで社内評価が落ちている」
「成果を出しているのにもかかわらず、社内評価が一向に上がらない」

このように「社内評価が悪い」ことを理由に、仕事を変えたいと考える方は少なくないです。

出世や昇給を目指してて日々仕事に励んでいる方にとって、会社の評価が低いことは、死活問題ですからね。

「今の会社で思うような評価が得られないなら、仕事を変えるしかない」と思うのは、キャリアアップ思考があるならば、胸に抱いて当然なのです。

ただし、ひとつだけ言っておきたいことがあります。

仕事を変えれば、今の会社で築いた信頼や評価がリセットされてしまいます。

今は「評価が悪い」と感じていても、それが数年後には芽を出すかもしれませんし、逆にドンドン悪化して、社内評価が落ちているかもしれません。

そのため、社内評価を理由に転職する場合は、冷静に考えなければいけませんね。

そこで今回は、自分の社内評価の悪さの原因を探った上で、正当に評価される転職先を探すコツを紹介していきます。

スポンサーリンク

社内評価には”感情”が大きく絡むものと知っておこう

「社内評価が悪い」と感じて転職を考えていいる方の多くは、実際に成果を出しているにも関わらず、評価が得られていないことがほとんどです。

なぜなら、仕事の成果や人材の評価を下すのは、機械ではなく人間だからです。

人間というのは、感情や先入観、あるいは建前や世間体などを気にして、公平な評価を下すことが出来ません。

不正するクズ政治家を有権者が見抜けないように、結局のところ、多くの社会人は「正当な評価」ができないわけですね。

社内評価は”純粋な仕事の成果”ではないことを知っておこう

多くの場合、社内評価は”純粋な仕事の成果”だけで決まることはありません。

たとえば、どれだけ仕事で高い成果を出していても、上司がプライドが高ければ「オレを無視して生意気な奴」という心理が働き、不当に低く評価してくることも、珍しくはないです。

また、組織での仕事は原則的に”チームワーク”です。

「みんなで協力して成果を出す」と言えば聞こえはいいですが、成果に対する見返りに関しては、必ず人間の複雑な欲望がうずまきます。

「私がいなければ、このプロジェクトは成功しなかった」
「リーダーは指示するだけで、何もしていないの評価されている」
「仕事で足を引っ張ってばかりだった上司が、なぜか評価されている」

利害が絡む以上、必ずこういった主張が社内からも出てきます。

そして、悲しいかな。

声の大きいものや、自己アピールが上手いやつほど、目立って評価を得ていくわけです。

どんなに優秀で成果を出している社員でも、他人に成果を横取りされれば、不当に評価されてしまいかねないわけですね。

そして、物事の本質や他人の能力を正当に判断できない人ほど、他人の評判や、目立った人物を評価してしまうのです。

評価には伝統・地位・建前などの打算も絡む

社内評価には「伝統」「地位」「建前」など、仕事の成果以外の打算も絡みます。

古風な伝統のあるタテ割り型の企業であれば、若者や部下などはいくら優秀でも、素直に評価しようとはしません。

また、地位の問題もあります。安定志向の強い企業ほど、役職などの「地位」にこだわるわけですが、ポストを得るために、権限のある上長に悪評を吹き込むなどは、日常茶飯事です。

そして、多くの社会人は「建前」にもこだわります。優秀で成果を出している部下であっても、そのライバルとなる面倒を見ている人材がいれば、簡単に高く評価することができなくなるわけです。

むしろ、政治家や大手企業の役員などを見ていればわかりますが、組織で上に上がっている人間は、能力よりも「世渡り上手さ」の方が取り柄であることが多いぐらいですからね。

結局のところ、組織では仕事の成果や能力以上に、人間関係の打算のほうが評価に大きく影響するわけです。

社内評価は”運”が大事だと前向きに考えよう!

社内評価は”運”が死ぬほど大事です。

そもそも、どんなに優秀なポテンシャルのある社員でも、大きな成果につながる仕事を任されないようであれば、評価が上がることなどありません。

また、前述の通り、評価には人間関係の打算も大きく絡みますが、これもどれだけ相性のいい上司や仕事仲間に恵まれるかの”運”です。

上司の評価次第で出世が決まる企業も多い

そもそも「企業で働く」ということは、上司との相性や気分次第で、大きく評価が変わるものです。

極端な話、社内評価に大きな影響力を持つ人物に嫌われたら最後、一生社内で評価されないことも十分にあり得るわけですね。

上司が感情を仕事に持ち込むようなタイプであれば、正当に評価されないリスクもあり得るのです。

もちろん、大企業のような大きな組織ほど、こういったリスクを理解しているので、部署替えや他の部署との仕事をさせることで、一部の人間だけから評価が偏らないようにしています。

しかしながら、社内評価が一部の上司の権限に偏ったり、あるいは組織規模がそこまで大きくないため、職場全体で悪評が共有されるなど、正当評価されない環境というのは生まれやすいことも確かです。

仕事の成果や結果が評価につながらないことも…

また、どれだけ仕事で成果や結果を出しても、それが評価につながるとは限りません。

これも極端な話、上司や同僚が「自分のおかげ、あいつは何もしていない」と上に報告してしまえば、自分の成果が横取りされることだってあり得るのです。

残念ながら、組織で評価を得るためには、こういった「他人を上げて落とす」という方法が、もっとも効率的であるわけですね。

政治家の討論でも、揚げ足取りばかりしていますが、あれと同じです。

一度した大失敗だったり、コツコツ振りまいていた悪評があれば、どんなに大きな成果を出した社員であっても、そう簡単には評価できなくなるのが、人間の感情というものですからね。

一度、落ちた評価を上げることは難しい

社内評価に関わらず、一度落ちた評価を上げることは難しいものです。

何年も積み上げてきた信頼が、一度の失敗でいともたやすく壊れてしまいますからね。

いくら仕事で成果を出していようが、影響力のある上司に嫌われてしまえば、それは「大きな失敗」として、人事査定に響きます。

政治家がどれだけ良い政策を行っていても、ひとつの失言で辞任に追い込まれるように、失敗で落ちた評価は、上げることはできないのです。

これまで長年会社のために勤めてきたところで、社内評価が悪くなってしまえば、再び評価を上げることは難しいでしょう。

仕事を変える前に見直すべきことは?

このように、社内評価が悪い理由には、運や複雑な人間感情も絡むため、実際のところは「仕事の成果」「本人の能力」はそこまで大きく影響しないことも、十分あり得るのです。

そして、本人の意志ややる気だけでは、一度落ちた社内評価を上げることは極めて難しいものなんです。

失言した政治家が二度とチャンスを与えられないように、社会人も組織内での悪評が膨らむと、それをくつがえすのは困難ですからね。

ただし、自分では「社内評価が悪い…」と感じていても、実は社内では高く評価されていて、今はまだ「評価が上がっている途中」である可能性もゼロとは言い切れません。

もしそうだった場合、安易に仕事を変えて転職してしまうと、今まで積み上げてきた実績がリセットされてしまうことにもなります。

仕事を変える前に「本当に自分の社内評価は悪いのか?」をしっかり確認してみましょう。

直属の上司と腹を割って話す機会を設けてみよう!

まずは、自分の社内評価に大きな影響を及ぼす、直属の上司と腹を割って話す機会を設けてみましょう。

口や態度は悪いにも関わらず、腹を割って話してみれば「実は高く評価していた」という上司も、少なくはありません。

人間というのは、先入観の奴隷です。

一度「この上司は自分を正当に評価してくれない」と思い込むと、なにもかもがそういう風に思えてきますからね。

仕事を変えるのは、上司と腹を割って向き合って「ああ、この人は思ってたとおりの人物だ…」と確信してからでも、遅くはありません。

他の部署や専門外の仕事の視点も持とう!

自分の社内評価を確かめるためには、他の部署や専門外の仕事の視点を持つことも大切です。

「仕事をたくさん請け負ってくる営業」
「過剰な業務量に疲弊する現場」
「クソ上司を配属して和を乱す無能人事」
「好き勝手言ってくる経営陣」

組織というものは、あれこれ理由をつけて、他の部署や専門外の仕事を”敵視”したがるものです。

社内評価が悪いと感じるのであれば、まずは”現場目線”だけで考えるのはやめて、他の部署や専門外の仕事についても理解する必要はありません。

極端な話、どんなにお客さんから評判のいいコンビニアルバイトでも「売上につながらない」「将来的に会社に貢献する気がない」のであれば、評価が上がることはありませんからね。

アルバイトに関わらず、組織で働く以上は、経営者視点・会社に評価される人物像をしっかりと把握しておかないといけません。

会社や組織の求める人物像を見定めながら「本当に社内評価される人物像とは?」を、今一度見直してみましょう。

独りよがりの評価になっていないか考え直そう!

「社内評価が悪い」と感じるのであれば、独りよがりな判断になっていないか、一度考え直しましょう。

残酷な話ですが、どれだけ顧客から高い評価を得るような仕事をしていても、売上につながらないなら、評価してくれない会社もあります。

また、自分では頑張って成果を出しているつもりであっても、それが上司や会社が求めているものとはズレていたり、あるいは相手にしっかり伝わっていないことも考えられます。

できるだけ多くの社内の人物と関わり、自分の評価をしっかりと聞いてみることも大切です。

…とは言え、多くの大人は「社交辞令」「建前」を使ってくるので、本当の評価を見極めることも難しいのも確かですけどね。

社内評価が原因で仕事を変えるなら転職エージェントに相談しておこう

「社内評価が悪い」と感じているのであれば、仕事を変えることを前向きに考えておくべきでしょう。

改めて言いますが、一度社内で落ちた評価を上げることは、極めて難しいです。

また、ポスト争いであったり、社内の人間関係の複雑な感情も絡み合うため、今の会社で思うように評価が得られないのであれば、転職を前向きに考えておいたほうがいいでしょう。

そもそも、キャリアアップ思考での転職は、決して「逃げ」ではありません。

転職は、より高みを目指すべく「挑戦」です。

自分の仕事の成果や能力を正当に評価してくれない会社であれば、見切りをつけて、本当に自分をしっかり評価してくれる会社で働くべきですからね。

何度も言いますが、人間は感情的な判断をする生き物なので、仕事の成果や能力関係なく、社内評価が悪くなることは十分にありえるのです。

転職エージェントなら、正確で客観的な評価を得られます

「社内の評価が悪い」と感じて転職するのであれば、転職エージェントでプロのキャリアアドバイザーにしっかり相談しておくことをオススメします。

転職エージェントは面談でカウンセリングしてくれるので「今の会社の評価が低すぎないか?」「他の会社であればどれだけ評価されるのか?」というアドバイスを、客観的にしてくれます。

また、転職エージェントでは多くの利用者を転職に成功させてきたプロであり、自分と似たような人材の成功事例のデータから、客観的に自分の評価もしてくれます。

転職エージェントはビジネスで転職先を紹介してくれるので、しょーもない人間感情や打算の絡む会社内の評価とは違い、ドライに自分の人材価値を評価してくれますよ。

転職エージェントを利用することで、

「今の会社の評価が不当に悪い」
「今の仕事は自分の人材価値に見合っていない」
「本当に自分の仕事を評価してくれる会社を見つけたい」

…と、転職を前向きに考える方も、少なくはありません。

今の会社の評価が悪いのであれば、自分を高く評価してくれる会社で仕事すればいいだけですからね。

今の会社の不当な評価であったり、人間関係の悪化招く足の引っ張りあいをリセットするのであれば、転職してしまうのは一番合理的な判断です。

社内評価のために仕事出来る人材であれば、売り手市場の今において、そうそう転職に失敗することもありません。

自分の仕事を正当に評価してくれる職場で働く。

そのためにも、今の評価の悪い会社には見切りをつけて、転職活動を始めるべきです。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました