【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【思考停止でOK】何も考えなくていい仕事一覧+就くための方法を徹底解説!頭を使わない職業で高収入を目指せ!

自分、思うんすよ。

「何も考えたくない」ってね。

毎日頭使って働くなんてバカバカしい
思考停止で淡々と作業をこなすのが一番

何も考えずに働けたら最高じゃないですか?

何も考えなくていい仕事、探しちゃいましたよ。

この記事では、頭使わずに思考停止で働ける仕事を紹介します。

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

仕事で考えたくない人の弱みや短所:仕事ができないと思われやすいデメリット

世の中には「頭脳労働=ホワイトカラー」という言葉がある通り、今や多くの仕事が頭を使って考える必要のある仕事となっています。また、GDP(国内総生産)の6割が「サービス業」となるため、他人に対する気づかいや配慮も求められます。

そういった状況ですから「仕事で何も考えたくない…」ということで生まれる欠点は、より良い人生を歩む上では明らかに損することが多くなると言えます。

ここでは、その代表的な例をいくつか解説していきます。

人生の選択や意思決定を放棄する傾向がある

仕事で考えたくない人は、そもそもの「自分自身の人生の選択権」「人生の細かな決断(意思決定)」を放棄してしまう傾向があります。

たとえば、

  • 就職活動で妥協して、内定をもらった仕事を選んでるだけ
  • 簡単そうな仕事や楽そうな仕事ばかり選んでしまう
  • 自分のやりたいことや目指したい姿がなく受け身
  • 人生の目標や仕事での目標がない
  • 周りや流行りに流されやすく自分軸がない

といったような傾向です。

このことにより、

  • 周囲の人間関係に振り回されることが多くなり、自分の本当にやりたいことができない
  • 会社の方針や置かれた環境に、後悔や不平不満を抱くことが多くなる
  • やりたくない仕事をしているので、自己成長のための向上心を持てない
  • 人生に充実感や満足感が得られない

といった心理に陥りやすくなります。

責任を回避する傾向があり他力本願な部分がある

前述の自分自身で選択を行わない傾向により、仕事の細かな場面でも無意識に「責任の回避」や「他人に責任を押しつける」「誰かが指示するの待つだけ」に陥りやすくなります。

仕事においては「責任」がつきものです。

自ら責任が重い仕事に率先して取り組んで失敗しながらも評価を高めていくのと、責任を回避して楽しながら評価を落とさないようにするのとでは、長い目で見て、身につく自信や経験が変わってきます。

たとえば、上司や取引先から怒られることを恐れて仕事で消極的になっている状態では、思うようにポテンシャルが発揮できません。

しかし、上司や取引先から怒られても「何を言われようがちゃんと成果を出して見返す」という自信や経験が身につくと、背負える責任や耐えられるストレスも上がってきます。

仕事において、責任回避ばかりを意識していると、

  • 他者から信頼を得られないため、他人を動かす大きな仕事を任せられない
  • 積極性がないので、期待されなくなる
  • 「自分には関係ない」と問題を放置するので、かえってミスやトラブルが増えて生産性が下がる
  • 上司や同僚、社会的な評価が下がりやすい

といった状態に陥りやすくなります。

判断のために必要な情報収集や検討を行わない

仕事や人生において「正しい選択」を行うためには、判断のための情報収集が不可欠です。

ところが、考えたくない人は、情報収集やその分析に時間を割くことが少ないことがあります。

たとえば、

  • 就職/転職活動で業界分析や企業研究を行わない
  • インターンシップや説明会で実情を確かめて自分で判断しようとしない
  • 新しい業務に取りかかるにあたって、知識の更新や事前調査を行わない
  • ミーティングやプレゼンを行うにあたり、事前準備をせずに十分に行えない

などです。

このことで、結果的に「事前に考えて準備しておいた方が良いものも、意地でも準備を行わない。そのことで仕事のクオリティが低下する」と、負の連鎖に陥ります。

また、そもそもが「事前に情報収集や準備を行う習慣がない」ため、適切な情報収集の仕方や情報を分析する能力も身につかないデメリットも生じます。

複雑な事象や分析を要する頭脳労働に耐性がない

多くの仕事では、リーダーポジションを担当する立場になってくると、複雑な事象への分析が必要になるなど、頭脳労働として難しい業務に直面する機会が増えてきます。

たとえば、

  • 経済ニュースを日常的に確認し、自社や自分への影響を常に考えて業務を行う
  • 技術に関するトレンドや知識のアップデートを行い、新しい状況に対応できるように備える
  • 業務中、わからないことがでてきたら調査して理解して、業務に落とし込む
  • 資格取得レベルの体系的な知識の更新を行い、業界全体の課題に対応できる人材となる

など、高度な頭脳や理解力の高さが求められるようになります。

また、技術的なことや専門知識だけでなく、対人関係のトラブルへの対処や人間関係に関する調整も行わなければなりません。たとえば、部下の教育やタスク管理、上層部や取引先とのやりとりなどです。

こういった高度な頭脳労働への耐性は、日頃より考えて仕事していないと身につかないものです。

また、

  • 前提知識が必要な意思決定に関するミーティングで発言権すら得られない
  • 仕事での指示内容が理解できないため、業務についていけないことが多くなる
  • 抽象的な指示を理解できないため、具体的かつ簡単な仕事にしか対応できなくなる
  • 上記のような状態が続くと、資格取得や勉強の必要性や有用性を実感できない

などの弊害が起こり、結果として難しい仕事を任せられることも少なくなり、学歴や資格があっても活かせなかったり、勉強の大事さを実感できないなど、学習意欲が低下していきます。

この項目のまとめ

以上のような欠点を抱えていると、仕事でもプライベートでも上手く行かず、生きづらさを感じることが多いかもしれません。

もし、自分の弱みや欠点が理由で仕事で活躍できていないと感じているなら、リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみることをオススメします。

グッドポイント診断では
合計18種類の強みから
自分の強みがわかります


自分の強みを診断することで、これまで自分で欠点だと思っていたことが実は長所だったことに気づくチャンスになります。

また、キャリアを見直したり、転職を考えている人にとっては、自己アピールの参考になること間違いなしなので、受けてみる価値は大きいです。

リクナビNEXTのグッドポイント診断は
無料で利用することができます!

リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみる【登録無料】

仕事で考えたくない人の仕事で活かせる強みや長所は?

上記のように、頭脳労働が主な現代においては、仕事で考えたくないことはデメリットが大きいものです。

しかし、誰もが高度な頭脳労働に耐えられるわけではなく、世の中には多くの「考えることが苦手な人向けの仕事」「思考停止して作業したい人向けの仕事」も存在します。

ここでは、そのような仕事を行うための適性となる強みや長所について、解説していきます。

単純労働の業務遂行能力が高く効率良く作業を行える

考えたくない人は、単純労働の業務遂行スピートが早く効率良く行えるという点が強みです。

例としては、後ほど紹介する「飲食店のキッチンスタッフ」「製造業の流れ作業」「データ入力の仕事」などが該当します。

頭が回る人や難しく考える人は、これらの単純作業も「もっとこうした方がいいのでは?」と改善点を探してしまうため、集中して行うことが苦手な場合があります。

一方で、考えるのが苦手な人ほど目の前のシンプルな作業に集中できたり、単純作業を繰り返しているうちに細かな効率化が行えるため、適性が高いと言えます。

一般的に、仕事でより高い目線を持てば持つほど、単純作業よりも会社に貢献する仕事の範囲を見つけ出すため、単純作業を効率よくこなすのが苦手になる傾向があります。

たとえば、管理職の中年が若者よりもパソコンやスマホをスムーズに操作できなかったり、梱包作業やレジ打ちなどの単純作業は社員よりアルバイトの方が早くこなせる…といったような例です。

ルーチンワークやマイクロマネジメントへのストレス耐性

ルーチンワークとは「決まった手順で行う作業」「毎日(あるいは定期的に)同じことを繰り返す仕事」を指します。

具体的には、

  • 文書のファイリング
  • データ入力
  • 決まったフォームでの書類作成(日報など)
  • 小売店のレジ打ち
  • 製造業の流れ作業や検品作業
  • 清掃などの雑用

などが該当します。

マイクロマネジメントとは、上司が部下の細かい行動まで指示し、管理する方法です。

マイクロマネジメントは、自発性があって自分で考えたい人にとっては、強いストレスを感じる原因ともなり、一般的にはモチベーションを低下させる方法だと考えられています。

ところが、仕事で何も考えたくない人は、マイクロマネジメントにて細かいことまで指示してもらった方が、仕事がやりやすいと感じることが多いかもしれません。

逆に、吸収力が高く日々の業務に飽きっぽい人、頭の回転の速い人、あるいは創造性があって自分で工夫ができる人は、これらのルーチンワークやマイクロマネジメントに対するストレスが大きく、向いてない傾向があります。

その点で、ルーチンワークやマイクロマネジメントに対しても抵抗がないなら、考えたくない人にとって適性が高いと言えるでしょう。

上の方針を疑わないことによる組織適性の高さ

中途半端に頭良かったり考えることができると「自分の会社の方針は時代に合わないのでは?」「上の方針は間違っていて業績が落ちているのでは?」など、組織の方針を疑ってしまうことが増え、仕事に集中できないばかりか、転職などで会社から離れるリスクとなります。

一方で仕事で考えたくない人は、良く悪くも上の方針に対して思考停止したり、意図的に目を背けられるので、組織適性の高さに期待できます。

また、会社方針だけでなく、直属の上司の指示に素直に従えるかどうかというのも、強みになりえます。

中途半端に知識や経験があって優秀な部下の場合、上司の指示が不適切であったり効率が悪いと不満を抱え素直に従わないことがありますが、部下が考えない性格だと上の指示が間違っていて非効率でも素直に従うため、職場単位で人間関係が悪くなるリスクを下げられます。

社内制度が明確で研修制度がある組織では一定以上の成果を出せる

公務員や大企業ほど、社内制度が明確となります。

社内制度が明確とは、具体的に

  • 就業時間や就業規則が用意されている
  • 社員教育制度が用意されている
  • 部署ごとの仕事の役割や責任範囲が明確
  • 社内の評価制度が明確
  • 昇進や出世も能力よりは勤務経歴などの明確な指標が重視される

などを指します。

制度が明確なため、業務マニュアルがしっかり用意されていたり、研修制度が用意されているなど、考えたくない人でも真面目に勤務しておくだけで最低限の成果が出せる仕組むづくりがされていると言えます。

一方で、

  • 社内制度を固めるほどの余裕がないベンチャー企業~中堅企業
  • 少数精鋭のWEB系企業やコンサルティング企業
  • 社員個人の自発性に依存している営業系の企業

は、社内制度が明確でないことが多かったり、制度があっても社員や部署ごとの柔軟な対応が重視されるため、考えたくない人には組織風土が合わなかったり、求められる人材像に合わない可能性が高くなります。

考えたくない人に向いている職業は?【適性や才能を発揮できる仕事】

ここまでご紹介した考えたくない人の特徴を踏まえ、ここからは実際に適職と言える仕事の条件や具体的な職業名を解説していきます。

なお、ここでいう「向いてる職業」とは、以下の条件に当てはまる確率が高い仕事を指します。

  • 適性や得意なことが活かせる仕事
  • 興味関心が高く自発的に学習できて成長しやすい職業
  • 才能や能力を発揮して稼げる仕事
  • 似たような価値観や性格の人が多く集まる業界や職場環境

これらは、あくまで傾向を踏まえた上で「向いてる可能性がある」というだけであり、最終的には読者自身がその仕事に興味を持ち就きたいと思えるかどうかが重要です。また、働く中でスキルや経験が身につくことで適性が変化していくこともあるため、参考程度にお読みいただければ幸いです。

マニュアルがあり日々の業務内容が決まっている仕事

  1. レジスタッフ:スーパーやコンビニなどでレジ業務を担当し、商品の会計や精算をマニュアルに基づいて行う職業です。
  2. データ入力職:企業のデータを入力し、整理・管理する仕事です。入力するデータや手順が決まっており、ミスを防ぐためにマニュアル通りに作業する必要があります。
  3. パッケージデリバリースタッフ:宅配業務で、指定されたエリアに荷物を届ける仕事です。ルートや時間が決まっており、効率的に配達を行うためにマニュアルに沿った作業が重要です。
  4. 暫定オペレーター:電話対応などを行う仕事で、事前に準備された対応マニュアルその後、問題解決や案内を行います。
  5. ホテルフロントデスク:ホテルの受付業務を担当し、チェックイン・チェックアウトなどを手動で行います。
  6. オフィスアシスタント:企業内での事務作業や書類整理を行う仕事で、決めた手順に基づいて業務を進めます。
  7. パッケージツアーガイド:旅行会社でツアーを案内する仕事で、プランやスケジュールがマニュアルによって決められています。
  8. 製造ライン作業員:工場や製造ラインで製品の組み立てや検査を行う仕事で、作業手順が決まっており、迅速な作業が求められます。
  9. コンピューターサポート技術者:ITサポート業務で、トラブル対応問題や解決をマニュアルに基づいて行います。
  10. 清掃員:施設やオフィスの清掃業務を担当し、定められた清掃方法や手順に従って作業を進めます。

ルーティンワーク/単純労働が主な職業

  1. 農業労働者:農場での作業や収穫、草刈りなどを行う単純労働の仕事です。定型的な作業を繰り返し、農作業に取り組みます。
  2. 清掃員:公共施設や建物の清掃業務を担当し、掃除やゴミ収集など単純な作業が主な業務です。
  3. 工場ライン作業員:工場の生産ラインで製品の組み立てや検査を行い、同じ作業を繰り返す単純労働の仕事です。
  4. 飲食店キッチンスタッフ:飲食店での調理や調理補助を行う仕事で、定型的なメニューの調理が主な業務です。
  5. パッケージデリバリースタッフ:指定されたエリアに荷物を届ける仕事で、単純な配達作業が主な業務です。
  6. ガソリンスタンドスタッフ:ガソリンスタンドでの給油や洗車など、単純な作業を行います。
  7. 建設作業員:現場での土木作業や建築作業を行い、体力を使った単純労働が求められます。
  8. 貨物積み込みスタッフ:倉庫での荷物の積み込みや運搬を行う単純労働の仕事です。
  9. セールスアシスタント:ショップでの接客補助や商品陳列などを行い、単純な業務が主な業務です。
  10. データ入力職:データ入力やファイリングなど、単純な事務作業が主な仕事です。

手先を使う軽作業の技術職

  1. 製菓・製パン職人:菓子やパンの製造を手作業で行う技術職で、手先の器用さが求められます。
  2. 美容師・理容師:ヘアスタイリングやカットなどの美容技術を提供する仕事で、手先の繊細さと技術が重要です。
  3. 裁縫職人:洋服や衣類の縫製や修繕を行う仕事で、かなりな手作業が必要とされます。
  4. 宝飾品製造職人:宝飾品アクセサリーの製造を手作業で行う技術職で、精密な手先が求められます。
  5. インテリアコーディネーター:家具やインテリアの配置やデザインを慎重な仕事で、創造的な手先の活躍が期待されます。
  6. ガラス職人:ガラス製品の制作や装飾を手作業で行う技術職で、繊細な手先が必要とされます。
  7. 陶芸家:陶器や焼き物の制作を手作業で行う仕事で、器用な手先が求められます。
  8. 木工職人:木材を加工して家具や木製品を製作する技術職で、手先の器にはさと創造力が重要です。
  9. 花屋:花束やアレンジメントの制作を手作業で行う仕事で、繊細な手先と美しいセンスが求められます。
  10. 絵画・彫刻家:絵画や彫刻の制作を手作業で行う芸術家で、創造的な手先の才能が重要です。

専門性や複雑な思考を求められずに直感だけでこなせる業務

  1. イベントスタッフ:イベントの運営や誘導、接客などを行う仕事で、即興的な判断や柔軟な対応が求められます。
  2. ホテルルームサービス:ホテル内でのルームサービスや飲食提供を行う仕事で、スムーズな対応が求められます。
  3. グラフィックデザイナー:広告やポスターなどのデザインを今後の仕事で、クリエイティブな発想と即興性が重要です。
  4. インフルエンサー:SNSなどで自分の個人ブランドを発信し、フォロワーとのコミュニケーションに重点を置いた仕事です。
  5. セールスプロモーター:商品の販促活動やプレゼンテーションを行う仕事で、コミュニケーション能力が求められます。
  6. 旅行ガイド:観光地や名所を案内し、旅行者とコミュニケーションをとる仕事で、フレキシブルな対応が必要です。
  7. パーティーコーディネーター:イベントやパーティーの企画・運営を行う仕事で、即興的な判断力が重要です。
  8. 研究助手:研究や調査のサポートを行う仕事で、柔軟な対応と問題解決力が求められます。
  9. カメラマン:写真撮影を行う仕事で、瞬間の判断力や視覚的なセンスが必要です。
  10. Pro:モーターやサービスの宣伝・広告活動を行う仕事で、クリエイティブなアプローチが重要です。

責任範囲や評価基準が明確な環境での仕事

  1. 派遣社員:派遣会社にいる他の企業に一時的に雇用される形態の社員です。業務内容や責任範囲が明確に定められているため、派遣社員はその範囲内での業務に集中しやすく、自分の仕事への責任を遂行しやすい特徴があります。
  2. 契約社員: 一定期間の雇用契約を結んだ社員で、通常の定期とは異なり、雇用契約の期間が限られています。契約社員も、雇用契約によって業務の範囲や評価基準が明確に定められることが多いです。契約期間中に求められる業務を遂行し、契約の条件を満たすことで、自らの仕事への責任を果たすことができます。
  3. アルバイト:一般的に時間限定のパートタイムの雇用形態で、主に短い間の仕事をすることが多いです。 アルバイトとして働く場合、業務内容や責任範囲が明確に示されていることが多く、シンプルな業務が多い傾向があります。自分の仕事に対する責任を明確に定められた範囲内で果たすことが求められます。
  4. 地方公務員:地方自治体に所属する公務員で、地方公共団体のやサービスを提供します。評価基準も明確であり、公務員としての責任があることが重要です。
  5. 大手企業グループ社員:大手企業のグループに所属する社員は、グループ内の各企業で派遣社員や契約社員として働くことがあります。そのことが一般的であり、社員は自らの仕事に対して責任を持って業務を遂行します。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

考えたくない人に向いていない可能性のある仕事【ストレスが多く活躍しにくいと感じる仕事】

意思決定が重要となり責任感が求められる仕事

  • 経営者:企業の経営や戦略にとって重要な意思決定を行う立場で、多くの責任を負います。
  • プロジェクトマネージャー:プロジェクト全体の進行管理や成果の達成に向けた判断が求められる役職です。
  • コンサルタント:クライアントの問題の解決や政策の提案改善に取り組み、重要な意思決定を行います。
  • 大企業の経営幹部:企業の経営方針を決定し、組織全体の成果に責任を持つ立場です。
  • 医師:重要な医療判断や治療方針の決定、患者の健康に対する責任を負います。
  • 弁護士:クライアントの法的問題を解決するための意思決定が求められる専門職です。

これらの職業では、常に重要な意思決定を迫られ、自らの判断で責任を持たなければなりません。 また、失敗が大きい可能性があるため、考えることを優先する傾向のある人にとっては、ストレスが増加しやすいと言えます。

創造性や発想力が求められる仕事

  • アーティスト:創造性や独自の発想が芸術作品の創造に必要な職業です。
  • デザイナー:新しいアイデアやデザインを提案し、クリエイティブな仕事を行います。
  • マーケティングプランナー:商品やサービスの戦略的なプランを考える役割で、創造性が重要です。

これらの職業では、創造性や発想力が重要な要素となります。 新しいアイデアやアートを生み出すためには、常に考える力が求められます。することが、ストレスを感じる可能性が高いと言えます。

複雑な対人コミュニケーションを求められる仕事

  1. カウンセラー: クライアントとの対話により心の問題を解決するため、対人コミュニケーション能力が重要な職業。
  2. セールスマネージャー:顧客との折衝や契約に関して交渉対人コミュニケーションが欠かせない仕事。
  3. ヒューマンリソースマネージャー:従業員とのコミュニケーション育児採用や人事評価を行う職務。
  4. カスタマー問い合わせサポート担当:顧客からの対応、問題解決のために対人コミュニケーションが必要な業務。
  5. マネジメントコンサルタント:クライアントとのコミュニケーションにより企業課題の解決策を提供する仕事。
  6. 教育者/トレーナー: 学生や受講生とのコミュニケーションにより知識やスキルの伝達を行う職業。
  7. プロジェクトリーダー:チームメンバーやステークホルダーとのコミュニケーションによりプロジェクトを進行させる役割職。
  8. メディアのインタビュアー: インタビュイーとのコミュニケーションにより有益な情報収集を行う仕事。
  9. イベントプランナー:クライアントや関係者とのコミュニケーションこどもイベントの企画・運営を行う職業。
  10. ソーシャルワーカー: 利用者との対話により社会的なサポートや問題解決を行う専門職。

この項目のまとめ:向いてない仕事は無理に続けないことも大事

向いてない仕事に無理して就くことや続けることは、自分を苦しめるだけの結果になりやすいので注意が必要です。

自分に本当に合った仕事を見つける上では、逆に自分に向いてないと言える職業を避けることも重要な考え方です。もし、自分に向いてない仕事を避けて安定した職業に就きたかったり、今の仕事が向いてないと悩んでいるなら、転職活動を行うことをオススメします。

とくに、20代の方は未経験職へのやり直しがしやすい時期なので、向いてない仕事を無理に続けたり、今までの経歴に縛られて選択肢を狭めるよりは、未経験職へチャレンジした方が将来性の高いキャリアを歩みやすくなります。

経歴やスキルがないうちは
向いてない仕事は避けて
将来性の高い職業に就いて
市場価値を高めましょう!

もし読者が20代の方で、向いてる仕事を探しているものの経歴やスキルが十分でなく、応募資格がなかったり、内定をもらう自信がないなら、20代向けの就職/転職支援サービスとして長い実績を持つ「いい就職ドットコム」がオススメです。

いい就職ドットコムは、マイペースで向いてる仕事探しをしたい人向けです。キャリア相談から求人閲覧に加え、充実したセミナー開催や最新の業界情報など、登録することで多彩なサポートや機能を利用できます。

自分のペースで適職探しをするなら
いい就職ドットコムを
使っておきましょう

また、いい就職ドットコムの特徴として徹底したブラック企業排除の方針があるので、向いてる仕事以前の安定性のない職業や企業を避けられるという意味でも、使っておく価値ありです。

【厳選】オススメの転職サービス

最後まで読んでくれた方限定で、当サイトで厳選した「本当に使っておくべき転職サービス」を紹介していきます。

サイト運営7年以上、
人材業界の動向にも詳しい運営者
サービス実態市場ニーズも踏まえて
厳選しました!

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

ポジウィルキャリアは初回相談(カウンセリング)は無料で受けられるため、適職選びで悩んでいるなら相談してみるといいでしょう。

それ以外にも、様々な診断ツールやLINE相談も用意されており、気軽に相談しやすくなっているので、試しに活用してみてください。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

次に異業種への転職を実現させる、次世代型転職エージェント「Worx(ワークス)」の紹介です。

▼こんな人にピッタリ

  • 仕事の将来に期待ができない
  • 別の職業へ転職したい
  • だけど、どの職業が向いてるかわからない…
  • 年収アップしたい
  • 将来性の高い職業に就きたい
  • スキルアップして無理のない転職がしたい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

など、異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)では、

  • どの職業が向いてるか診断してくれる
  • その仕事に就くためのスキルアップ支援もある
  • スキルアップは自宅学習とオンライン面談
  • なので、空いた時間に無理なく転職活動できる

といった、他にはないサポートが用意されています。

これにより、

  • 接客業→大手IT企業
  • ウェディングプランナー→外資系企業
  • 保険営業→インサイドセールス

といった、今までにない転職の選択肢を実現可能となります。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なので、今の会社から抜け出したい人にとっては大きなチャンスを得られると言えます。

また、今までの転職エージェントでは最短3ヶ月と十分な期間が得られないことが多かったですが、Worx(ワークス)は半年~1年と、計画的で無理のない転職活動ができます。

さらに、スキルアップや業界研究をした上での転職となるので、入社後も業務についていけるようになり、転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

Worx(ワークス)は、相談はもちろんスキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、気になった方は試しに使ってみてください。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

仕事一覧/ランキング【特性】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました