仕事にマンネリを感じて飽きた場合の対処法。転職活動を始めるべきタイミングかも?

社会人数年も経つと、仕事にマンネリを感じる方も多いでしょう。

ですので、言っておきます。

仕事にマンネリを感じたときこそ、社会人としての自発性・成長性が問われます。

しかしながら、仕事にマンネリを感じているにも関わらず、ダラダラいつもと同じ仕事で満足してしまう社員も実に多いです。

仕事を「毎日同じことの繰り返し…」と思い込んでいる社会人も多いですが、それは違います。もし、あなたが「毎日同じことの繰り返し…」だと感じているのであれば、それはあなたがその程度の仕事しかしていない証拠です。

世界が毎日目まぐるしく変わっていくように、会社もそれに合わせて、経済や社会情勢に変わっていかなければなりません。

現代社会は、変わり続けるものが勝つ世の中です。

仕事にマンネリを感じているのであれば、あなた自身が変わっていない証拠でしかないのです。

そこで今回は、仕事のマンネリを打破する方法を5つ紹介します。

スポンサーリンク

上司の仕事を奪い取れ!

仕事にマンネリを感じているのであれば、積極的に上司の仕事を奪いにかかりましょう。

上司の仕事を軽減してくれる部下は、当然ながら大変喜ばれます。

上司からしても、自発的に自分の仕事を受け持ってくれる部下は喜ばしい存在です。

あわよくば出世…ということも狙えるので、仕事にマンネリを感じている場合は上司の仕事を奪い取ることを意識しましょう。

上司の仕事をゼロに出来る部下は、優秀な部下ですからね。

関連:本当は教えたくない、上司を引きずり下ろす方法。社内政治に負けないための復讐方法とは?

同僚の仕事を奪い取れ!

上司だけではなく、職場の同僚の仕事を奪い取るのも手です。

頼れる兄貴・姉貴分となり、優秀なビジネスマンであることをアピールしておきましょう。

ただし、あまりにやりすぎると周りから嫉妬されたり、あるいは都合よく使われる可能性もありますので、バランスが大事です。

自分の領域外の仕事にも挑戦してみることで、調整役としてリーダーシップも発揮できるようになってくるので、同僚の仕事を手伝うメリットは大きいです。

新しい仕事を作り出せ!

仕事にマンネリを感じているのであれば、新しい仕事を作り出すのも手です。

今の職場での新しいアイデア・改善案があるのであれば、企画書や提案などで自分の意見を通すよりも、先に自分で実践してしまう方が何倍も説得力がありますからね。

自分で作り出した仕事が同僚や上司にも評価されれば、新しい仕事を正式に社内で行うことも夢ではありません。

勤務時間に余裕がある方なら、マンネリを打破するためにも、着々と新しい仕事を作り出してみましょう。

仕事以外にやり甲斐を見い出せ!

仕事内容が決まっていて、勤務中に他の業務が出来ないような方は、仕事以外のプライベートにやり甲斐を見出すのも手です。

趣味や恋愛はもちろん、副業で新しいビジネスに挑戦してみたり、セミナーなどに参加して仕事にフィードバックしていくことで、今の仕事でも新しいやり甲斐を発見できるかもしれません。

職場以外で人と関わることや、自分の違った能力を活かすことで、新しい自分に出会うこともできますからね。

転職して新しい仕事に挑戦しよう!

今の仕事にマンネリを感じているのであれば、転職を前向きに考えてみるのもいいですよ。

何も「転職活動を始める=仕事を辞める」ということではありません。

転職活動を始めることで、今の自分の人材価値を客観的に見直し「今の職場で働き続けることが、本当に自分に合った生き方なのか?」と考え直すきっかけになります。

実際に、仕事にマンネリを感じてこっそり転職活動をしている人も多く、転職を考える中で新しい自分と出会う人も珍しくはありません。

もし、今の自分と仕事にマンネリを感じているのであれば、辞める気がなくても転職活動に挑戦してみる価値は十分にありますよ。

転職エージェントに相談して今の自分を見直してみよう

今の仕事にマンネリを感じている方は、転職エージェントという転職支援サービスでカウンセリングを受けてみるといいでしょう。

転職エージェントは完全無料で利用でき、相談を受けるだけの方でも大歓迎しています。

そのため、転職する気がなくても、

「今の仕事を続けてもいいのかな?」
「他に自分が活躍できる仕事はないのかな?」
「もっと自分が輝ける職場はないかな?」

…といった、漠然とした相談にも応えてくれるので、カウンセリングを受けてみるだけでも、違った自分が見えてきますよ。

カウンセリングに応じて、自分に向いた転職先を紹介してくれるため、意外な天職と出会って転職を決意する人も珍しくはありません。

転職エージェントでは、今の会社にバレないようにプライバシー厳守で相談を受け付けていますので、今の仕事にマンネリを感じている方は一度相談してみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました