【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

「メモを取る人は仕事ができない」論に終止符を打つ!メモを取る/取らないだけで判断する方がどうかしてる

仕事でよく賛否両論になるのが、

「メモをとるべき」
「メモをとるぐらいならやって覚えろ」

…という、意見の応酬ですね。

お前らは、そんなくだらねえことにこだわってるから、いつまで経っても成長しねえんだよ!

だいたい、考えても見てくださいよ。

学生時代、ノートをとらずにテストでいい成績出す人もいましたし、逆にノートは見やすいのにテストの結果はイマイチ…という人がいましたからね。

「メモをとる・とらない」でもめている職場は、学校で何も学んでいない人が多い証拠です。

ひどい場合は「メモをとったこと」自体で満足していたり、逆に何が何でもメモをとらないで凡ミスばかりの人もいますね。

手段と目的を履き違えたバカが、社会にはびこっている証拠です。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

「メモ」にこだわる人はいつまで経っても成長できません

そもそも「メモをとる」というのは、ただの記憶の補強作業であったり、思考を整理するための「手段」でしかありません。

あくまで「手段」です。

社会人にはバカも一定数紛れ込んでいるため「とにかくメモを取れば一発で覚える」「メモをとるのも仕事」と勘違いしている人も実に多いです。

そういった手段と目的を履き違えたバカが指導する立場になると、頭ごなしに「メモをとれ」と命令し「メモをとらない=覚える気がない」と勘違いするわけです。

学生時代の授業を思い出してみてください。

ノートをとっていない生徒がいると、キレだす教師もいましたよね。

あれと同じです。

「ノートをとっていない=学ぶ意欲がない」と、勘違いするわけですね。

日本人はこのタイプの「手段が目的化している勘違いバカ」も多いので、注意が必要です。

ノートを熱心にとりながら話を聞いているフリしていれば、一切授業の内容が中身に入っていなくても、問題ないのです。

私も、よく教師に適当な態度で授業中に怒られていましたが、ノートはぶっちゃけ要点しかメモる必要なかったですし、だいたい教科書読めば簡単にテストでも点数とれたので、ただノートをとる必要性を感じていなかったわけです。もっと言えば落書きしまくって、余分なことでノートの空白を埋めていましたからね。

「メモ」にこだわる頭でっかちの対処法

もっとも、社会人には「真面目に聞いているフリ」という、誠意を演出する必要も多々あります。

スーツを着て、ビジネスマナーどうこうですね。

ぶっちゃけ、スーツやビジネスマナーには、なんら仕事の成果に直接的な影響はありません。

しかしながら、スーツやビジネスマナーみたいな誠意の演出にこだわる輩が多く、それが他人の信用の基準に大きく関わってしまう以上は、守ってしまっておいた方が合理的なわけですね。

どんなに仕事が出来る優秀な人材でも、身だしなみやビジネスマナーが守れていないで機会損失しては、もったいないですからね。

こういった「誠意の演出」「マナーや慣習を守っていく合理性」という無駄と思えることを、論理的に説明できないアホが多すぎるせいで、融通の利かない頭でっかちが生まれてしまうわけです。

職場や上司のバカ度によっては「メモをとる行為そのもの」が、仕事に対する意欲として判断される場合もあります。

その場合は、素直にメモをとるフリしておいた方が、色々とこじれなくて合理的に問題を解決できることでしょう。ぶっちゃけ、とったメモは使わずともOKです。上司を満足させるためだけに「メモを取る」わけですからね。

「メモをとる」必要のある人とは?

ところが、メモをとるべき必要のある人も多数いますね。

  • 記憶力の悪い人
  • 要領の悪い人
  • 物事の優先順位が判断できない人
  • 思考の整理ができない人

こういった、俗に言う「頭が悪い人」と言われるタイプの人ですね。

別に頭が悪い事自体は、悪いことではありません。自分の能力の足りなさを補う努力は必要なわけです。

言ってしまえば「メモをとる」ことは、自分の能力の足りなさを補強する道具なわけです。早い話が、パソコンや電卓と同じものだと思いましょう。

まあ、前項の「何が何でもメモを取れ!」と言っているのは、ただ自分が頭悪いから、頭のよい人がメモが必要ないことを想像できないだけなんですけどね。

メモのとり方の工夫

ついでに、頭の悪い人向けにメモのとり方の工夫を紹介しておきましょう。

要領の悪い人ほど、最初から全部メモをとります。極端な例で言えば、上司の言ったこと一言一句メモる人もいるでしょうが、それはあまりにも非効率的です。裁判の速記や、取材の録音じゃないのですから、そういうバカ真面目なことはやめましょう。

メモは、早い話自分が見てすぐに思い出せるのであれば、どんな書き方でもOKです。

たまに頭はいいのにノートの汚い人がいますが、あれは単に記憶の補強装置としてしか使っていないからなんですね。自分で見て思い出せればOKなんです。

メモをとることの本質は「思考=脳の整理」にあると思うんですよね。

必要ない情報は一旦書いて忘れてもいいし、逆に一度書くことで重ねて記憶することができます。

要点だけを洗い出して、指示内容を整理することもできますし、順序立てて指示をまとめることで、フローチャート式な実践マニュアルとして参考にも出来ますね。

実はメモをとることは、そういった「自分の頭の中を一度整理する」ことが最大の目的なんです。

ですので、業務内容や指示に応じて、最適なメモのとり方が出来るように「頭の体操」をしているものだと思いましょう。

ちなみに「書くこと=思考の整理」という発想については「思考の整理学」という本が非常に分かりやすかったですね。少々アカデミックな内容ですが、頭の体操にはぴったりな本ですので参考にしてみてください。

ちなみに、私もブログ記事を書く上で、かなり思考の整理をした上で、人にわかりやすいように計算して書いております。

メモをとる際に頭の体操を意識することで、業務習得度も向上したり、判断力も磨かれると考えると、また仕事上での「メモをとる」という行為の意味が変わってくるのではないでしょうか。

まあそういった、読者様方の思考力の幅を広げることも、私がこうしてブログを書くことの意義であったりするわけです。

 メモだけに頼るな!

まあ、もっとも「メモをとる」云々以前に、わからないことは聞いて解決していくほうが、何倍も手っ取り早いですね。

とはいえ「一度教えたことは絶対に二度教えない」という、融通の利かないクソ上司も世にはいるものです。そういう上司は、人材教育やマネジメント視点からすれば仕事をサボっているも同然ですので、気にする必要はないでしょう。しつこく、聞きまくっておいた方がお互いのためです。

前にも説明したとおり「メモをとる」ことは、ただの個人の能力の補強手段でしかありません。

メモを取れば一発で仕事を覚えるとは限りませんし、メモをとらなくてもガンガン覚えるタイプの人もいます。

そういった事実を理解できない想像力のないバカが「メモをとる・とらない」だの、ただの手段に固執し続けるわけです。

大切なのは、自分の能力や上司の性格をよく理解し、メモをとるかとらないかの判断力を磨いていくところにあるのではないでしょうか。

メモを取る/取らないの低次元な議論にウンザリしたら転職活動を

もし、職場で「メモを取らない人間は仕事ができない」あるいは「メモを取る人は仕事ができない」などと低次元な議論ばかりに時間を割くような環境でしたら、それは職場環境が良くなかったり、周りの人材があまり優秀ではない証拠かもしれません。

たとえば、メモを取ろうが取らないが「成果さえ出しておけばいい」「メモを取る必要もなく、業務フローがマニュアル化されており仕事がしやすい」といった状況が整っている職場こそ、仕事ができる人が集まっている会社の証です。

ですので、メモを取る人が仕事ができない、逆にメモを取らないから無能扱いされるなど、そういった小手先のことばかりにこだわり、もっと本質的な仕事について関わりたいなら、一刻も早く今の職場を抜け出すために転職活動を行っておくに越したことはありません。

ただ、いきなり転職しようとしても、経歴が不十分なうちや自己アピールが不十分なうちは自力で転職しようとしても採用されにくいばかりか、下手をすると年収ダウンしてしまったり待遇がさらに悪くなる…なんて失敗にもつながりかねません

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

対人関係
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました