仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

今の仕事に向いていないと感じている人の特徴。自分に向いている転職先を見つけ出すために必要なこととは?

編集長
天職研究家
スコシテン編集長です

私は日々、性格診断・エニアグラムなどの理論を研究し、より皆様に「本当に自分に合った仕事」に出会って頂くために、日々弛まぬ研鑽をしております。

というのも、私自身「自分の能力や才能を最大限に活かして、より多くの人の役に立って収入にもつながる理想の仕事」を探求しているからです。

この記事に訪れた方は、おそらく、

「今の仕事が自分に向いていないかも…」
「仕事が向いてないから転職したい…」
「向いてない仕事を続けるべきか悩んでいる…」

…と、悩んでいることかと思います。

もちろん、私はエスパーではないので、本当に読者に今の仕事が向いているか・向いていないかは、判断できません。

ですが「今の仕事に向いていない…」と悩んで転職して成功した事例を見てみますと、多くの人に共通する傾向が見られることは間違いないのです。

もし、読者の方が今の仕事が向いてなくて続けるべきかどうか悩んでいるのであれば、今後の人生のご参考にしていただければ、幸いです。

向いていない仕事の特徴7つ

向いていない仕事の特徴は数多くありますが、その中でも厳選した「7つの特徴」をご紹介していきます。

ぜひ、自分に思い当たる節がないかを今までの経験と照らし合わせて、考えてみてください。

やりがいが感じられず、モチベーションを維持できない

向いていない仕事の代表格と言えば、やりがいや達成感がまったく感じられない仕事でしょう。

正直、どんなに給料が良くて社会的にステータスのある仕事であっても、1ミリたりともやりがいが見いだせないのであれば、それはおそらく「向いていない仕事」だと言えます。

多分、それは仕事内容を一切見ずに、年収や企業ブランド、あるいは世間体や周りの評判で選んでしまった仕事であって、決して「自分自身の意志で選んだ仕事」ではないのです。

恋愛で言えば、年収や職業、あるいは見た目や周りの評判だけで選んでしまった恋人みたいなもの。

そういう恋人は、多くの場合は「性格が悪かった」「人柄に魅力を感じない」といった違和感があるにも関わらず「せっかく付き合った優良な恋人だから、別れたくない」と、自分の気持ちにウソをついて日々を過ごし、息苦しくなっていくわけです。

やりがいを見いだせない、向いていない仕事もそれと同じことが言えるんです。

ですので、見直したいポイントとしては、

  • 世間体や評判で選んだ仕事ではないか?(親の意向、就活の人気企業ランキングなど)
  • 「年収・待遇・企業ブランド>仕事内容」という優先順位で選んだ仕事ではないか?
  • 仕事内容を広告イメージや他人からの説明だけで決めて入社しなかったか?(インターンシップ、面接の質問でしっかり仕事内容を確認したか?)

…など。

どれも本質的には「仕事内容自体をしっかりと確かめて納得しないまま選んでしまった」状態になるので、向いていないと感じても仕方のないことなのです。

他人の期待に応えられない

仕事に向いていないのは「他人の期待に応えられない人」です。

もっと厳密に言うなら「今の仕事で自分自身に期待できるか?」です。

仕事とは、上司や顧客(取引先)に評価されてこそです。

なぜなら、上司や顧客に評価されればドンドン新しい仕事も任せられてやり甲斐も感じ、しかも周りから感謝されたり頼られるから、職場の居心地も良くなります。

ところが、向いていない人はどうでしょうか。

「キミ、この仕事向いてないんじゃないの?」
「そんなこともわからないの?」
「勝手なことをするな→自分で考えろ」
「ノルマ達成出来なかった反省をしろ!!!!」

こういう風に、何をやっても上手くいかない結果になります。

そして、上司や同僚からも見放され、気づけば社内ニート(窓際族)となって、職場の腫れ物扱いに…。

これはもう、誰がどう見ても「向いていない仕事」と言ってもいいでしょう。

関連:「この仕事向いてないよ?」と言われたら辞めるべき?それとも続けるべき?

関連:社内ニートは転職するべき?飼い殺しでつらいなら読んでおこう。

ミスが多くて上手くいかない

向いていない仕事をすると、とにかくミスが頻発するハメになります。

例えるなら、運動音痴がキャッチボールで何度も何度もボールを取りこぼすのと一緒ですね。

んで、毎回ボールを走って拾いに行くハメになるのですから、やり甲斐も感じなくなって徒労感ばかり残る。

一方で、運動神経のある人はキャッチボールを悠然と楽しむことが可能です。

仕事である以上はミスが起こるのは当たり前ですが、向いていない仕事ではミスが頻発したり、重大な場面で失態を起こすから困りもの。

しかも、職場の人間に迷惑をかける罪悪感だけならまだしも、意地の汚い人間が集まっている職場では「お前使えねえな」「まったく何やってるのやら」「あの時、大失態晒したからなあ…」など、過去の非をねちねちと責められて、生き恥を晒しかねない結果にもなります。

とくに日本では「失敗した人間はとにかく叩け!」「一度でも失敗した人間は一生チャンスは得られない」と言った風潮が強いので、ミスが多い仕事は続けるだけもはや生き地獄ですよね。

あまりに周りと比べてミスが多いのであれば、今の仕事が向いていないと疑ったほうがいいでしょう。

関連:仕事をすぐ辞めたくなる人の特徴と原因。長く働くための方法とは?

関連:仕事で大失敗から立ち直れない…。辞めたい…。そんな時は現実的に自分の置かれた立場を見直してみること

集中力を発揮できず必死になれない

向いていない仕事とは、いまいち集中力の発揮できない仕事のことです。

「上司や同僚の仕草や言動がいちいち気になって仕事に集中できない」
「仕事内容が単調すぎてまったく集中できない」
「仕事内容が難しすぎて頭が追いつかない」

上のようなことに心当たりがあるのであれば、それは仕事に集中できていない証拠ですね。

また、仕事中に「早くこの仕事終わらないかな…」と時計を眺めたり、ぺちゃくちゃ雑談するようであれば、やっぱりそれは向いていない仕事と言うほかないでしょう。

一方で、向いている仕事に出会うと、驚くほど集中力が発揮できる快感を得られます。

それはもう一日中仕事漬けでも苦にならず、毎日仕事について考えるのが楽しくなる。

仕事にどうしても集中できない方は、今の仕事が向いていないことを疑いましょう。

人間関係が上手くいかない

今の仕事に向いていない人は、職場の人間関係が上手くいきません。

関連:人間関係が最悪な職場の特徴。職場の人間関係に恵まれない人は読んでおこう

「仕事が向いていない」というよりは、職場環境や社風が合っていないと言えますね。

関連:社風が合わないでストレスを抱えている方へ。会社の雰囲気が合わないで転職する時のポイント

なぜ向いていない仕事で人間関係が悪くなるかと言うと、以下のような集団心理が働くからです。

  • 集団において無能な場合、足を引っ張る側に属することになる
  • 集団において有能な場合、他人から嫉妬を買うor他人から仕事を押しつけられる

上の場合は向いていないことは明白ですが、下の場合はあまりに仕事に向きすぎて損する立場になりやすいです。あまりに仕事に向きすぎると、周りとレベルが開いてしまって「今の仕事が向いていない」と感じる領域にまで達するということですね。

関連:仕事ができる優秀な人ほど会社を早く辞めていくのはなぜか?出来る人ほどバカを見る組織のジレンマ

仕事においては「人間関係のストレス」「他人の嫉妬や妨害」「他人からの不当評価」が邪魔になることが多いですが、これも向き・不向きのひとつだと言えますね。

どんなに仕事内容自体が向いていたとしても、職場の人間次第では「向いていない」と感じてしまうこともよくあるということです。

なぜなら、上司や同僚が必ずしも人の適性や才能を活かせるとは限らないから。

ネットで仕事の愚痴を読んだりSNSで仕事の愚痴を書き込んでしまう

仕事に向いていない人は、ネットで仕事の愚痴を読んで共感してしまったり、仕事の悩みや愚痴をSNSや匿名掲示板に書き込んで相談したりします。

それはなぜか?

今の仕事が向いていないと感じているにも関わらず、職場の人間に相談できないからです。

つまり、職場の人間に面と向かって「向いていないよ」と言われることを恐れているわけですね。

なぜなら、向いていないことは自分が一番よくわかっているから。

そして、ネットで同じような境遇の人を見つけると「辛いよね」と共感しあい、逆に自分より格下のニートなどを見つけると「税金泥棒!」と叩き、さらに自分より明らかな上の人間は「ズルい!不正している!」と罵声を浴びせるわけです。

酒屋で仕事の愚痴を言い合っている人も「こいつ人生充実してないなぁ…」みたいな人ばかりですが、あれと同じ。

今の仕事が向いていないとわかりきっているから、ネットで運命の天職先と出会えるチャンスを待っているんですよ。

おそらく、今のあなたも「スマホで本当に自分に向いている運命の仕事が見つからないかな…」と漠然と考えているはずです。

毎晩・毎朝「仕事行きたくない…」と思ってしまう

向いていない仕事の末期症状が、毎晩「明日も仕事か…早く週末にならないかな…」と考え込んで眠れなくなったり、朝起きて倦怠感と共に「はあ…今日も仕事か…」と仕事に行く前から嫌になっている状態ですね。

関連:日曜日の夜の憂鬱に負けて死にたくなっているあなたへ。どんなに辛くても生き抜いて欲しい。

これはうつ病の兆候ですので、体が動かなくなるレベルであれば、心療内科に通って処方箋をもらっておくのもいいかもしれません。

向いていない仕事を続けると体が出社を拒否し、うつ病にかかる恐れもあるということです。

向いていない仕事の対処法4つ

「向いていない仕事を続けるか?それとも辞めるか?」

あなたは今きっとそう悩んでいるはずです。

向いていない仕事を辞めるにしても続けるにしても、何かしら今の自分を変える必要があります。

これから紹介する5つの方法で出来そうなことから実践してみて、ぜひ自分を変えてみてください。

「向いてなくてもいいや」と割り切る

向いていない仕事を続ける苦悩から逃れるためには「向いてなくてもいいや」と割り切ることです。

仕事では適度に手を抜き、同僚と上司の関係も極めて浅くすることで、仕事がどうでもよくなってきます。

最悪「なんかあったら、こんな仕事辞めちゃえばいいや★」と割り切ることで、心がグッと楽になりますよ。

関連:「こんな仕事いつでもやめてやる!」という覚悟を持て。「辞めてはいけない」なんて常識にとらわれるな!

どうせ個人で努力したって、経済状況や会社の利益次第で全部水の泡になりますからね。

…であれば、頑張らないで適当に仕事しておくのも一つの手段です。

関連:頑張っても意味がない。努力するだけ無駄。報われない人生を送っているあなたへ。

他人の評価を気にしないようにする

向いていない仕事を続けていくためには、他人の評価を気にしないようにすることです。

「自分は自分、他人は他人」

こう割り切ることで、社内評価とか世間体とかどうでもよくなってきます。

また、社内の人間関係もガキの戯れに思えてくるので、心にゆとりが生まれます。

関連:会社の馴れ合いが気持ち悪いし嫌い!会社は仲良しクラブではないと思っているなら読んでおこう。

ただし、社風や職場の雰囲気によっては「あいつは感じ悪い」「協調性がない」と思われるリスクもありますが、そんなものは対人関係の余計なストレスと比べれば随分軽いものだと言えるでしょう。

関連:仕事に「協調性」って本当に必要?「チームワーク」を言い訳にするのはいい加減やめたほうがいい

仕事以外に人生の価値を見出す

向いていない仕事のストレスから抜け出すためには、仕事以外に人生の価値を見出すことです。

  • 恋人や家族をつくる
  • 趣味を見つける
  • 副業・社会貢献活動にやり甲斐を見い出す
  • 宗教・スピリチュアルにハマって、人生の道標を探す

仕事以外に人生の価値観を見つけ出すことで、仕事の価値が相対的に軽くなり「まあ、仕事とか金さえもらえれば適当でいいや」と割り切れるようになります。

ただし、今の日本は残業多すぎでプライベートの時間もないため、上記のような仕事以外の価値を見い出すのが難しいのは無視できない現実でしょう。

しかも、無理に恋活・婚活すれば挫折するリスクもあり、趣味や副業は続かないから困りものですね。

そういう人は、やはり仕事にこそ価値観を見い出すべきでしょう。

思い切って転職活動を始めてみる

向いていない仕事の苦しみから抜け出すためには、やっぱり転職活動を始めるのが一番ですよ。

別に転職活動を始めたからと言って、今の仕事を辞める必要はありません。

しかも、転職活動は今どきスマホひとつで手軽に始めることが可能です。

たとえばリクルートの提供する「リクナビNEXT」や「ビズリーチ」では、自分に合った企業からスカウトやオファーが届くので、受け身で転職活動可能です。しかも無料。

関連:「リクナビNEXT」は登録しておくだけで転職の可能性が無限大に広がる!受け身な人は絶対使っておこう!

また、最近の転職業界で主流の「転職エージェント」では、プロのキャリアアドバイザーがカウンセリングしてくれた上で、今の仕事が本当に自分に向いていないかどうか教えてくれるので、使っておく価値は十分あります。これも無料。

関連:転職エージェントの仕組み・特徴・メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトとの違いは?

転職エージェントは、まるでお店にオーダーメイドの見積もりを相談しに行く感じで転職の相談ができるので、今の仕事に向いていないと感じてる方は一度使ってみる価値はありますよ。

転職エージェントでは「非公開求人」という一般で出回っていない優良求人を8割以上保有しており、自分の適性に合わせて紹介してくれます。

また、社内の人間関係や社風、具体的な仕事内容から過去の転職者の実例まで紹介してくれるので、より自分に向いている転職先を見つけ出せます。

もし転職したくなった場合でも、書類作成から面接の指導、内定後の退職手続きまですべてサポートしてくれるので、安心かつ確実な転職が可能となります。

「今の仕事が向いていない…」と感じる方は、ぜひとも転職エージェントを使ってみてください。

向いていない仕事を繰り返すだけのつまらない日々から抜け出すチャンスですよ。

タグ:仕事辞めたい

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ