【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

仕事が向いてないと思ったらどうする?適性のない仕事を続ける意味とは?

「今の仕事、向いてないのかな?」
「向いていないから辞めたい…」
「向いてなくても続けるべき?」

仕事を続けるか辞めるべきか判断に迷うときに多いのが「今の仕事に向いてない」という悩み。

今の仕事に向いているかどうかは自分自身では判断が難しく、複雑な要素が絡んできます。

たとえば「仕事自体は楽しいけど、条件や社内環境が辛い」と感じるのであれば、仕事よりは会社の環境が向いてないと言えます。

逆に数年間勤務しているにも関わらず、仕事の習得度が周りより明らかに劣っているのであれば、仕事内容自体が向いてない可能性が高いです。

また、仕事を向いているか向いてないか判断する際に「適職診断」「周りの人の意見」を参考にする方もいると思いますが、どれも100%当たっているわけではないので、過信は禁物です。

う~ん…
そうなると何を向いているか向いてないかの
判断基準にすればいいんですかね…?

向いている・向いてないを判断するのは非常に難しいですが、一番重要なのは「自分自身が今の仕事を向いていると思えるか?向いてないと思うか?」だと言えます。

仕事が向いているか向いてないかは、言ってしまえば「直観」「運命」みたいなものです。

本当に向いている仕事は「これだ!」「この仕事ならずっと続けられる!」と感じる部分があり、嫌なところがあっても長く続けられるはずです。

もし、読者が「今の仕事向いてないかも…」と悩んでいるのであれば、直感的に今の仕事に向いていないことを感じ取っており、転職やキャリアを考え直す時期に来ているのかもしれません。

そこで当記事では、今の仕事が向いていないと感じていて「辞めるべきか?続けるべきか?」と悩んでいる方に向けて、向いている・向いてないを判断するためのポイントをご紹介していきます。

転職を考えてる方へ

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力3人に2人が年収アップを実現。
当サイト限定でその秘密を解説。

→もっと詳しく

仕事が向いてないと感じる瞬間とは?

仕事が自分に合っていない、あるいは向いていないと感じる時、それはあなた一人だけの感覚ではありません。多くの人が経験する兆候や感覚があります。以下に具体的な瞬間や状況を挙げてみました。

指示や業務内容が理解できない

何度も同じ指示を聞き返すことが多くなったり、同じミスを繰り返すことが増えたと感じるなら、それはあなたが業務内容に適していない可能性があります。

これは短期的な問題であることもありますが、長期にわたり続く場合、適切なトレーニングや指導が必要か、もしくは仕事の適性とのギャップを再評価するタイミングかもしれません。

同僚や上司とのコミュニケーションが上手くいかない

話が合わない、意見交換でのすれ違いが多いということは、仕事の文化やチームとのフィット感が欠けている可能性が考えられます。

これは、あなたの意見や考えが正しく伝わっていない、あるいは受け入れられていないサインかもしれません。

努力しても結果が出ずに社内評価が低く、自身の仕事に対する非難が多い

一生懸命取り組んでも成果が得られず、進捗が見えない時、それは仕事の適性や要求されるスキルとのミスマッチを示している可能性があります。

また、それが原因で周囲からの評価やフィードバックが厳しい場合も、仕事の適性を再確認する必要があるかもしれません。

仕事の達成感や充実感が得られない

一つのタスクを完了しても満足感が得られず、次から次へと仕事が積み重なるように感じる時、それはあなたが仕事に対する価値観や達成の喜びを感じられていない兆候です。

他人の成功を妬ましく劣等感に苛まれる

他人の成功や能力を見て、劣等感や嫉妬心を感じることは、私たちが自分を他者と比較してしまう現代の競争社会においてしばしば見受けられる感情です。特に職場では、自分の適性や能力を他人と比較することで自己評価が影響を受けやすいです。

他者との比較で落ち込むことは、自分の仕事や成果に自信を持てていない状態を示しています。自分の立ち位置や適性を再評価する必要があるかもしれません。

他人と比較して劣っていると感じる時、次のような状況や感情が浮かんできま。

  • 周りの社員の足を引っ張っている
  • 他人の期待に応えられないでいる(上司、先輩、親など)
  • 周りの社員と価値観が合わないで仕事に支障が出ている
  • 仕事が出来ないことが原因で人間関係が悪くなっている

職場についていけない場合、本人が罪悪感を感じて仕事を向いていないと思い、実際に仕事の習得度にも悪影響を与える可能性もあります。

https://sukoshiten.com/level-takai-shokuba/
うーん…
でもよく「他人と比べるな!」って言われてませんか?
それはあくまで
自分に言い聞かせるための言葉で
現実としては仕事は競争の場なので
周りと比べられるだろ?

会社はあくまで競争社会ですので、シビアに「能力差」で比べられる機会が多くなります。

そのため、仕事に向いているかどうかの判断基準として周りについていけているかどうかも考えておくべきでしょう。

もし、周りとの比較で自分の仕事適性や能力を疑問視するようになったら、それは本当にその仕事が自分に向いていないのか、それとも単なる一時的な落ち込みや自己評価の低下なのかをしっかり見極めることが大切です。

朝、職場に向かうのが嫌になることが多く、休日が待ち遠しい

仕事に行きたくないという感情は誰もが持つものですが、そうだとしても、大半の人は出勤日には気持ちを切り替えられるものです。

しかし、「ある日、出社しようと思っても身体が動かなかった」というレベルで感じているなら、それは今の職場環境を本能レベルで拒否しているサインの一つかもしれません。

とくに、次のような感情や考えがよく頭をよぎるなら、注意が必要です。

  • 毎週、日曜日の夜から月曜日の朝にかけて憂うつな気分になる
  • 朝起きるのが億劫で通勤するのが憂うつな気分
  • ズル休みや病欠など会社を休む方法ばかり考えるようになった
  • 仕事の負担で休日はほとんど何もせず過ごしてしまう

これらの症状は「今の会社を辞めた方がいい」と本能的に気づいていて、全力で仕事というリスクを回避しようとしている心の状態に現れとも受け取れます。

また、このような状態で無理に仕事を続けたところで、思考や行動が行き詰まり、仕事に対するモチベーションの低下が生じることが大半で、上手くいくものもいかないです。

こういった状態に対し「甘え」「逃げ」「怠け」と批判されることもありますが、実際に経験してみると、後から「その環境から逃げるべき」という警告であったことに気づきます。

むしろ、メンタルが強い人ほど、こういった状態に陥ることもあるぐらいで、今まで頑張ってきたことが途端にバカバカしく感じ、糸が切れたように仕事に行きたくないと思うような状態になることもあります。

自分では「まだいける!」と思っても
すでに身体・精神ともに
ボロボロになっているのかもしれません

とくに、以下のような性格は知らず知らずのうちに、向いていない仕事を無理に続けている状態かもしれないので注意です。

  • 真面目で素直な性格
  • 頑張り屋・努力家で怠けることを許せない性格
  • 他人に期待に応え過ぎようとする人
  • 負けず嫌いで周りに負けたくない性格

このような感覚が続く場合、健康やメンタル面での影響を避けるためにも、早めに適切な対応や選択をすることが求められます。

仕事を辞めるのが甘えだと思って
無理に続けている方は
以下の記事も読んでみてください…
https://sukoshiten.com/shigoto-tsurai-amae/

向いてない仕事を続けるべき人の判断項目

まずは今の仕事が向いてないと感じている人の中でも、とりあえず続けてみるべき人の判断項目をお伝えしていきます。

以下のような理由で「向いてない」と感じているなら
とりあえず今の仕事を続けてみるべきかもしれません

▼向いてない仕事を続けるべき人

  • 他にやりたいことがない
  • 健康状態を維持できている
  • 仕事は好きだけど会社が嫌いな場合

これらの理由は、実際に向いてないと感じて仕事を辞めた人から逆算して、恵まれている環境で働いている人だと言えます。

この場合、続けることでスキルが身についたりキャリア的にプラスになることが多いので、前向きに続けることを考えておくといいでしょう。

続けるべき判断ポイント1|他にやりたいことがないなら続けるべき!

今の仕事が向いてないと感じている方で、辞めない方がいいのは「他にやりたいことがない」という人でしょう。

最近では「やりたいことを仕事にしよう!」という風潮も強いですが、それはあくまで一定以上のレベルで仕事がこなせたり、仕事を選べる自由のある経歴・実績・経済環境がある人に限った話。

まずはやりたいことをやるよりも「仕事として出来ること」を着実に身につけていくことが、何より一番大事です。

転職するにしても「出来ること」が少ないと
そもそも転職先を選ぶ自由もないからね…

今の仕事が向いてないからと言って、転職活動を始めようにも「出来ること=経歴・実績」がなければ、紹介してもらえる求人も内定がもらえる会社も少なくなり「やりたいことに挑戦する権利すら与えられない」ことになります。

ですので、若いうちは「やりたいことではなく出来ることを増やす」ために、向いてない仕事でも続ける価値はあるでしょう。

また、やりたいことを必ず仕事で実現する必要はないことも知っておきたいです。

仕事なんてお金を稼ぐための手段の一つですからね!

経歴・スキル・お金さえあれば
やりたいことをやりたくなった時には困らないからね!

まずは社会人として「仕事として出来ること」が増やした上で「やりたいこと」は転職・プライベート・副業と数ある選択肢から選ぶことが出来るので、必ずしも仕事がやりたいこと・向いていることである必要はないのです。

仕事を辞めない方がいい・続けた方が人の特徴は
以下の記事でも紹介しているので参考にしてくださいね!

続けるべき判断ポイント2|身体・精神ともに健康を維持できているなら続けるべき!

今の仕事が向いてないと感じている方で、身体・精神ともに健康状態を維持できているなら続けるべきでしょう。

身体を壊さずに仕事が順調に続いているのであれば、以下のような社内環境や待遇は保証されているはずです。

  • 残業時間は法令がしっかり守られている
  • 給料はそれなりの生活水準が保てる額である
  • 物理的な職場環境がしっかりしている(衛生面・交通面など)
  • ハラスメント行為を行ってくる上司や先輩が少ない

これらの条件さえ整っていれば、働く人にとっての労働環境は安定するので、仕事が原因で身体・精神に支障が出ることは少ないはずです。

うちの会社は残業が多いんですけど
具体的にどれぐらいの時間が目安ですか?

残業時間の目安は法令が複雑でわかりにくいですが「残業は1日2時間まで」を目安としておき、それよりも多い場合は会社の労働環境を疑った方がいいでしょう。

残業時間に関しては以下の記事にまとめてあるので、残業が多くて辞めたい方は参考にしてみてください。

その他にも「給料・賃金」「物理的な職場環境」「職場の人間関係(ハラスメント対策)」なども、働く人の健康状態に関わってきますが、そこに大きな不満やストレスがない限りは、向いてない仕事でも続けておく方がいいでしょう。

続けるべき判断ポイント3|仕事は好き・会社が嫌いなら続けるべき!

仕事が向いてないと悩んでいる方で「仕事は好きだけど会社は嫌い」という人も続けておくべきでしょう。

どんな会社でも多少の不満やストレスはあるものなので、健康状態が維持できているうちはストレス耐性を身につける意味でも、続けておく価値はあります。

また、仕事は好きだけど会社が嫌いな状態にも関わらず、今の職種・業種が向いてないと思い込んで辞めてしまうと、本来向いている仕事を避けて他の職種・業種を転々とすることにもなりかねません。

仕事が好きなのか嫌いなのか?
会社自体が好きなのか嫌いなのか?
自分で判断するにはどうすればいいですかね?

仕事自体は好きで向いていて、会社・職場の環境が嫌いで向いていないかを判断するには以下の点をチェックしてみるといいでしょう。

  • 職場の人間関係が仕事の邪魔になることが多い
  • 上司や経営者に不満がある
  • 会社の評価・待遇に不満がある
  • 周りの価値観が社員と合わない

これらの項目に当てはまれば当てはまるほど、仕事ではなく会社や職場の人間に不満があるのであって、仕事自体は向いている可能性も高いです。

ですので、仮に向いてないと感じていて転職するにしても、同じ業種・職種内で転職した方が向いている仕事に出会いやすくなります。

向いてない仕事を辞めるべき人の判断項目

次に向いていない仕事を辞めるべき人の判断項目についてお伝えしていきます。

以下の理由で「向いてない」と感じているなら
退職や転職を検討しておくといいかもしれません

▼向いていない仕事を辞めるべき人

  • 身体が出社を拒むレベルで健康状態に異常がある
  • 周りの社員に比べて明らかに劣っている
  • 逆に明らかに周りの社員よりも優れている
  • 他にやりたいこと(挑戦したいこと)がある

これらの理由は続けるべき人と比べ、今後のキャリアや人生に大きく関わってくるという意味で、重要な判断基準だと言えます。

今すぐ辞めるわけでないにしても、向いてないと感じていることをきっかけに転職活動やキャリアに興味を持つタイミングかもしれないので、自分の状況と照らし合わせてお読みください。

辞めるべき判断ポイント3|明らかに周りの社員よりも優れている

逆に周りの社員と比べて優れ過ぎている場合も向いていないと判断できる基準でしょう。

周りより優れているのに向いていないんですか…?

仕事自体には向いているかもしれないけど
会社・職場環境が自分の能力に合っていない可能性がある

仕事自体に高い適性があったとしても、周りよりも優秀な場合は実務面で以下の弊害も起こります。

  • 周りから明らかに仕事を増やされている
  • 他人の期待に応えすぎて要求がエスカレートし続けている
  • 優秀過ぎるあまり協調性を乱し人間関係を悪化させている

「仕事が増える」「仕事の水準が上がる」だけならともかく、優秀すぎて職場の人間関係や統率を乱しかねないという意味では、その会社には向いていないと言えます。

「優秀過ぎるのも考えもの…」という意味では
以下の記事も参考にしてみるといいですよ!

また、職場では集まる人材の質やレベルも存在し、一人だけ仕事が出来過ぎると不公平感も強くなるというものです。

周りの社員のレベルが低いと感じているなら
もっと上の環境で働くべきかもしれませんね…

仕事の出来る優秀な人ほど辞めていくものですが、それには「いくら仕事に高い適性があっても、会社が能力を持て余す→その結果、仕事を向いていないと感じる」という事態もあり得るのです。

この状態に覚えがあって「向いていない」と感じるなら
より自分に合った仕事ができる職場を見つけてみるべきかもな…

辞めるべき判断ポイント4|他にやりたいこと(挑戦したいこと)がある

今の仕事が向いてないと感じるのは、他にやりたい仕事・挑戦したい仕事が出来たからかもしれません。

この場合、仮に今の仕事に向いていたとしても、より向いている仕事に就きたいという願望から相対的に他の仕事に比べて今の仕事が向いていないと感じることになります。

ですが、今の仕事と新しく挑戦したい仕事のどちらが本当に自分に合っているかは、やってみなければ判断できません。

今の仕事もそこそこ向いてるとは思うんだけど
もっと向いている仕事があると思うと悩む…

もし、読者の方が新しい仕事に挑戦したくて今の仕事を向いてないと感じ始めているのであれば、自分に向いている仕事を見つける意味でも転職活動は始めておくべきだと言えるでしょう。

最近では、適性診断ツールが充実している転職サイトが増えたり、転職エージェントのキャリアアドバイザーの提案力・診断力も上がっているので、早めに転職活動を始めてることで自分の天職とも出会いやすくなるはずです。

何より、新しい仕事に挑戦したいという前向きな意志があるのであれば、後悔する前に行動しておく方が今後の人生のためになると言えるでしょう。

向いていない仕事を診断できる適性ツールは使っておくべき?

向いていない仕事を判断するために、適性診断や診断ツールを活用されている方も多いかと思います。

ですが、適性診断は分析に関する知識がない人が下手に使うと思い違いを生むことになりかねません。

ですので、以下の点に注意して使うといいでしょう。

  • 診断・回答項目が多い適性診断ツールを使う
  • オススメされた職種・業種だけに選択肢を絞らない
  • 0か100の基準で結果の出る診断ツールは参考にしない

上記の基準を満たす適性診断ツールとしては、転職サイト・アプリとしても使える「ミイダス」完成度の高さでオススメです。

▼ミイダスで使える適性診断ツール

  • 職種・業種の適性
  • 上司と部下の相性
  • 自分の性格傾向の数値化
  • 企業の傾向も数値化されててわかりやすい

ミイダスは無料で登録でき、企業のスカウト求人も自動で届くので、向いていない仕事を判断したり、向いている仕事・会社を見つけ出す際には非常に心強いツールだと言えます。

アプリも使いやすく登録しておくだけ損はないので、この機会にぜひチェックしてみてください。

ミイダスを見てみる【完全無料】

仕事が向いていないと感じているならプロに相談しておくことも大事

今回紹介したような判断ポイントや診断ツールはあくまで参考用であり、今の仕事が本当に向いていないのかどうかを見極めるためには、プロのキャリアアドバイザーに相談しておくのが確実だと言えるでしょう。

プロのキャリアアドバイザーに相談するには、以下のようなサービスを活用する必要があります。

  • 転職エージェントに登録してキャリアカウンセリングを受ける
  • 20代向けの就職支援サービスでキャリアカウンセリングを受ける
  • ハローワークの職員に相談する

ここで一つ気をつけておきたいことは、キャリアアドバイザーに相談しても担当者によって向いている・向いていないの判断が別れることもあるので、出来れば多くの人から意見を聞いておくことが大事だということです。

家族や友人、上司に相談するのはダメなんですかね…?

ダメとは言わないが専門知識や転職経験がない人の意見は
本人の思い込みや経験則が強くなるのでオススメはできないな…

以下の記事にも書いていますが、仕事を辞める・辞めない、転職に関しての相談は身内であればあるほど余計な感情や経験則が混ざり、検討違いのアドバイスになりやすいのでアテにしない方がいいです。

20代なら就職支援サービスで時間をかけたカウンセリングがオススメ

20代の方で「仕事が向いていない…」とお悩みなら、20代向けの就職支援サービスで相談しておくのがいいでしょう。

20代で向いてないから辞めたいと考えている方は、仕事が向いてないというよりは会社に問題があることが多いため、客観的に自分の労働環境を判断する意味でも就職支援サービスでのカウンセリングがオススメです。

20代向けの就職支援サービスはたくさんあるので
以下の記事で自分に合ったサービスを見つけてくださいね

就職支援サービスでとくにカウセリングに力を入れているサービスは「ウズキャリ」と「いい就職ドットコム」の二つです。

ウズキャリは若手社員が運営する就職支援サービスで、社長自身がフリーター期間を経験した経歴があるので、仕事で挫折経験をしている人向けのカウンセリングがとくに強いです。

いい就職ドットコムは20代の就職支援サービスとして長い実績を持ち、ブラック企業排除・正社員限定の紹介に力を入れています。また、社員も転職経験ありの方が多く対応も丁寧で、向いている仕事を見つけるためのセミナーなども開催しています。

本格的にキャリアを見直し向いている仕事を見つけるなら転職エージェントを活用しておく

本格的に向いている仕事を見つけるためにキャリアを見直したいのであれば「転職エージェント」の利用をオススメします。

20代向けの就職支援サービスはカウンセリング面に力を入れているため、どちらかと言うと「会社が合わない」「仕事が上手く行かない」という人向けでしたが、転職エージェントは今の仕事に不満が出てきてより自分に合った転職先を見つけたい人向けです。

転職エージェントは初回面談でこちらの要望を聞いた後、自分に合った求人を紹介してくれるため、現在の自分で転職できる仕事の把握も楽になります。

また、職務経歴書の書き方から面接対策までエージェントが指導してくれるため、一人で転職活動するよりもより良い転職先と巡り合える可能性が高くなります。

ぜひ、今の仕事が向いていないと感じている方は、この機会に転職エージェントに登録してみて向いている仕事を見つけるきっかけにしてみてください。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

自己啓発
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました