仕事が理不尽で辞めるのは許される?耐えるのは当たり前?会社の理不尽が辛い時に考えておくべきこととは?

「会社が理不尽で辞めたい…」
「上司が理不尽過ぎて耐えられない…」
「あまりに理不尽過ぎて、何のために働いているのかわからない…」

このようにお悩みではないですか?

日本では、まだまだ根性論・精神論が強いためか、

「みんな辛いから我慢して続けろ!」
「仕事が理不尽なのは当たり前」
「上の指示は絶対」

…という風潮が強いですよね。

しかし、当サイトではそういった古くさい考え方には断固反対です。

その理由は単純で、人が理不尽な環境に耐えられるのは、あくまで「先が見えていて、見返りが得られる」場合のみだからです。

どんなに辛い仕事であっても、しっかり土日に休める会社であれば、金曜日には「明日は休みだから、頑張ろう!」と思えますよね?

あるいは、数年後に昇給や昇進が保証されていれば、今の辛い時期や下積みの仕事も「将来のためだ!」と耐えられるはずです。

しかし、今の日本では働いていてもまったく先が見えてこない会社も多いので、理不尽に耐えても何一ついいことがない会社も増えています。

当記事では、理不尽なことに耐えてもいいことがない会社についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

理不尽な会社の特徴は?

理不尽な会社には共通した特徴がありますが、問題の本質が組織にあるのか人にあるのかは分けて考える必要があります。

  • 会社全体に理不尽な風潮があるのか?
  • 業界全体の構造に問題があり理不尽な状態になっているのか?
  • 社内外の特定の誰かが理不尽なのか?
  • 自分自身のストレス耐性に問題があるのか?

上記のような「今の仕事が理不尽だと感じる根本原因」もよく考えた上で、参考にしてみてください。

すぐに怒鳴る上司や先輩がいる

社会人にとって理不尽極まりない存在となるのが「上司」です。

昨今では「ハラスメント対策」も盛んになってはいますが、まだまだハラスメント行為を平然と行ってくる上司はいます。

ハラスメント大好き上司の理不尽さの例を挙げると、

  • 部下の手柄は上司の手柄、上司の失敗は部下の責任
  • そのクセして、取引先や上の人間にはいい顔している
  • ねちねち、部下の失敗やミスを何度も揚げ足取ってくる
  • その割には、一部の部下をえこひいきして公平ではない
  • 「少しは考えろ」「勝手なことをするな」など言っていることがコロコロ変わる
  • 人前で叱責してきたり、他人と比べてダメ出しするなど人の自尊心を平然と傷つけてくる

…など、身に覚えがあるものもありませんか?

以上のような、理不尽な上司は部下を思いやる心がなく、平然と部下の心を踏みにじってくるのです。

一方で、部下の扱いが上手な上司は、部下を褒めて期待していることを示し、働きやすい職場環境づくりに努めています。

今どき、ハラスメント対策もしておらず、部下が働きにくい職場を生み出している理不尽な上司は時代遅れなので、どうしても耐えられないなら辞めて転職することを考えておきましょう。

余談ですが、転職の理由でも「上司(あるいは経営者)との相性」「職場の人間関係」が挙げられることも多いので、上司を理由に辞めてもいいことは知っておきましょう。

他人の行動に否定的な人間が多い

仕事で理不尽となるのが「顧客」「取引先」がクレーマーとなる場合でしょう。

日本人は「お客様は神様」精神で、取引先や顧客の要望のままに奴隷のごとく仕事をする企業も多いので、その理不尽さは社内の人間相手とは次元が違います。

最悪、職場の上司には逆らってもどうにかなりますが、取引先や顧客は責任問題にまで発展してしまうので、非常にまずいですよね。

さらに、誰にでもエラソーにされる小売・飲食や公務員は、底辺層も相手にペコペコ頭を下げないといけないため、非常に理不尽でストレスが溜まります。

何にせよ、取引先や顧客が安い客やバカな人間ばかりですと、理不尽なクレームを浴びせられるリスクが高くなるので、そこから抜け出したいなら転職・キャリアアップを考えて、付き合う人間を変えるしかないでしょう。

論理的な説明や指示ができない会社

仕事が理不尽だと感じるのは、上司や会社が「説明しない」「論理的ではない」会社でしょう。

たとえば、大企業でも不正が起こるたびに謝罪会見を行いますが、社員を納得させるために説明を一切しない会社は、理不尽で信用が得られません。

組織が大きくなればなるほど「社員は黙って会社の言うことを聞け」となりがちで、仕事の無意義感や理不尽さが増していくこととなります。

また、上司が説明能力や論理的思考力がない場合ですと、

「いいから黙ってやれ」
「なんでもいいからやれ」
「部下は黙って指示に従え」

…など、精神論・根性論的な理不尽な指示を行いがちになります。

一方で、頭が良い人が集まる企業であるほど、論理的な指示を行って「仕事の意義」「業務内容の目的」を明確化します。

たとえば、超一流企業であるGoogleの創業者も、若い頃は「なぜ?」とあらゆることを考え尽くしていたという話もあります。

また、アメリカで有名な経営学「MBA」で提唱されている「ロジカルシンキング」などは、高レベルのビジネスパーソンでも半ば必修科目として知られております。

逆に言えば、欧米化が進んでいる今の日本のビジネスシーンで、未だに論理的ではない説明や指示をしている会社は時代遅れで勉強不足だという証拠です。

部下の言い分や意見を一切聞かない職場

仕事が理不尽だと感じる最大の原因は、部下や社員の言い分をまったく聞かない会社でしょう。

「会社の命令だから絶対」
「上司の指示だから絶対」
「上の指示や規律が正しい」

このように頭ごなしに上から押さえつけるやり方は、下の立場の者に不満を溜め込めさせる原因となります。

また、上司も「部下は黙って自分に従え」という感じですと、誰も意見が言えない・間違った方向に進んでいる時に指摘できないなど、殺伐として居心地の悪い雰囲気になりがちです。

その結果、部下は徐々に不満を抱え、次第に心が離れていくことになるのです。

約束を守らない上司がいる

仕事においては、昇進・昇給・待遇向上など、何らかの報酬を求めて働いている人も少なくはないはずです。

その際、大事になるのが「約束を守るかどうか?=信用」となります。

ですが、悲しいことに約束を守らない上司も数多く、時に信じて頑張ったのに約束された見返りが得られないばかりか、恩を仇で返される事態も珍しくはありません。

もし、心当たりがあったなら、それは今の職場の上司が約束を守らない口だけ上司かもしれませんので、以下の記事も参考にしてみるといいでしょう。

関連:信用できない上司の特徴と対処法。上司を信用できなくなったら考えておくべきこととは?

無駄な仕事や効率の悪い仕事が数多くある

仕事が理不尽だと感じてしまうのは、社風が古風で無駄な業務内容が多い会社でしょう。

たとえば、以下のような無駄な業務に時間を割いている職場は、理不尽だと感じやすいはずです。

古風で無駄な業務が多い会社にありがちな文化

  • 宗教くさく朝礼で企業理念を叫んだり、目標を叫ぶ文化のある企業
  • 「飲みニケーション」と称して、飲み会の参加を強要してくる会社
  • 「年上は絶対」という文化が残り、理不尽な上司の存在が許されている
  • 男尊女卑の風潮が根強く残り、女性を軽視しがちの会社
  • 社員旅行・接待ゴルフなどで休日返上が当たり前だと思っている会社
  • プレゼンの資料の文字や空白などのどうでもいい細かいことにこだわる会社

以上のような文化は、無駄で非合理的な悪しき慣習であり、仕事の成果や効率には何一つ結びつきません。

ですが、古風な会社で働く社員はそんなことにも気づかずに「上が指示しているから」「みんながやっているから」という理由だけで、無駄なことに時間を割くのです。

古くさい慣習を疑いもせずに押し付けてくる中高年世代を「老害」などと揶揄することもあります。

老害世代の多い会社は非合理的な慣習にこだわり、無駄が多く理不尽な仕事を疑いもせずにこなし続けるため、いつまで経っても仕事の生産性を上げることが出来ません。

40代ぐらい過ぎると、今まで経験してきた常識にとらわれ、そこから抜け出せない人間が増えますの。

そういった古くさい人間が会社で権力を握っている会社は、いつまで経っても変革できないものです。

事前の説明や準備なしに無茶な仕事を振ってくる

事前の説明や準備なしに無茶な仕事を振ってくる会社も、理不尽な職場と言えるでしょう。

具体的には、以下の通りです。

  • 無茶なスケジュールの仕事ばかりを振られる
  • 出張・転勤などの私生活に大きな影響が出る命令を予告なしに行ってくる
  • ボーナスカット・減給などを何の説明なしに行ってくる
  • 上記の無茶ぶりに対する社員の言い分を聞かない、または納得の行く説明がない

日本の組織では「理不尽には耐えろ」という風潮があるため、上記のような事態を平然と行う会社もまだまだたくさん存在します。

事前の説明があるならともかく、何の通達もなく一方的に命令してきて、社員に一切の交渉余地を与えないような企業は理不尽な決定にも黙って従うのが当たり前の社風だと言えるので、注意が必要かもしれません。

理不尽な仕事は辞めたほうがいい?

以上のような理不尽な職場で耐えられないで、辞めたいと悩んでいる方は少なくないはずです。

果たして、理不尽な職場は辞めた方がいいのでしょうか?

辞めた方がいい場合と、そうでない場合についてご紹介していきます。

将来性の感じない会社

理不尽なら辞めてしまってもいい会社は、将来性の感じない会社でしょう。

仕事で理不尽な環境に耐えても価値があるのは、あくまでリターンが見込める場合のみです。

それが今や、昇給も出世も見込めないような、先の見えない会社ばかりです。

考えても見てください。

土日休みなし、昇給も出世もない会社で、延々働き続ける未来を。

まともな神経をしていたら、まず耐えられない苦行ですよね。

理不尽や辛いことに耐えられるのは、先が見えている場合に限った話です。

学生時代、楽しくもない勉強を頑張れたのは、あくまで「社会人になれば楽になれる」という前提があったからです。

人は理不尽な環境で希望がないまま働き続けられるほど、強くはありません。

明らかに合ってない・向いていない会社

今の会社に合ってない・向いていない場合も、理不尽な環境はストレスになります。

仕事にやりがいを感じられるのは、あくまでその仕事が向いている場合のみです。

好きでもない人間と同棲生活をするのが苦痛に感じるように、仕事も向いていないと苦痛に感じてしまうものです。

また、

パワハラの要綱にも「過小な要求=無能感を植え付ける仕事」が挙げられています。

画像出典:パワハラの6類型|パワハラ基本情報|あかるい職場応援団 -職場のパワーハラスメント(パワハラ)の予防・解決に向けたポータルサイト-

それだけ、今の自分に合ってない・向いていない仕事で理不尽な目にあうのは精神的苦痛が伴うということです。

また、直接「向いていない」と言われてなくても、明らかに周りより劣っていたり、振られる仕事のレベルが低いと、自信もなくなってしまうものです。

身に覚えのある方は、今の職場で求められているレベルと合っていないだけなのかもしれないので、転職を考えておくといいでしょう。

人間関係・上司との関係がどうにもならない場合

仕事で理不尽だと感じて辞めてもいいのは、人間関係であったり、上司のえこひいき・好き嫌いなどが仕事の評価に影響を与える場合でしょう。

たとえば、職場では陰湿な「職場いじめ」にあう可能性もあります。

大人になっても、幼稚な中学生レベルの人付き合いしか出来ない人間もいるのです。

また、組織内では「社内政治」や「派閥争い」なども存在しますが、これも身の振り方を間違えたら最後、一生社内で不当に低く評価され続けることも十分考えられます。

「みんな仲良く」なんてのはしょせんはキレイゴト、仕事での対人関係では理不尽は付き物です。

ですので、社内の人間関係が明らかに仕事に悪影響を及ぼしていると思ったら、前向きに辞めることを考えておくのも一つの処世術かもしれません。

理不尽な仕事を辞めるにしても転職先は先に探しておくこと

以上のように、理不尽な仕事を辞めてもいいとは言えますが、かと言って感情に身を任せて無計画に辞めるのは、あまり得策とは言えません。

少なからず、次の転職先が見つかる算段を立てて、出来ることなら内定をもらった上で消えるように辞めていくのがスマートでしょう。

また、以下の記事などにも書いておりますが、無計画に辞めて空白期間が出来てしまうと、転職先選びも妥協してしまいがちで、またもや理不尽な職場に就くハメになります。

転職を成功させて良い職場に巡り合っている人ほど、在職中の転職活動を怠りません。

理不尽な職場環境から抜け出し、快適な職場で気持ちよく働きたいのであれば、在職中の転職活動を心がけておくといいでしょう。

転職エージェントに相談して、判断を仰ぐと間違いない

今の仕事が理不尽で辞めようか迷っている方は、転職エージェントというサービスでプロのアドバイザーに相談しておくといいでしょう。

転職エージェントでは「今の職場環境が理不尽かどうか?」「年収や会社の将来性が割りに合っているか?」などの要素を客観的に判断してくれるため、自分だけで悩み続けるよりも、冷静に見極めることが可能です。

転職エージェントでは、自分が採用される見込みのある求人を厳選してくれるので、内定確率が非常に高いのも魅力。

仮に、今の職場が理不尽でも給料や待遇面で恵まれているとわかれば、転職しないという選択肢も確保できるので、辞める前に転職エージェントを使っておくと間違いない選択ができるはずですよ。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

仕事辞めたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました