仕事をやめるならいつが一番?退職タイミングに最適な時期を教えます

「仕事をやめるならいつか?」
「退職タイミングに最適な時期はいつか?」

そんなことで悩まれている方もいることでしょう。

結論から言います。

んなもん、職場環境によるに決まってるだろうが!!

はい、解決。

極端な話、あなたがバイトレベルの「いくらでも替えが利く人材」なら、バックレたところで、職場はどうにかなります。

しかし、あなたが数億円規模のプロジェクトの成功に必要不可欠な人材なら、個人の意志や感情どうこうではなく、社会的責任を考えて企業と最適な退職時期を考えないといけません。なんせ、あなたが辞めれば数億円規模の損失が出るのですから、下手すれば企業も損失を埋めるために法的な手続き…裁判をしようと考えてもおかしくはありません。

もっとも、そのレベルの人間なら、こんなクソ記事読まずにさっさと会社に相談しているはずですけどね。それぐらいの社会的責任力と判断力がなければ、そういう責任ある立場にもなれませんからね。

つまり「仕事をやめるのはいつがいい?」なんて考えてる時点で、ぶっちゃけいつやめても問題ないような人間なのです。

もし、あなたが「周りに迷惑かけたくない」「同僚や上司に嫌われないで退職したい」なんて幼稚なことを考えているなら「八方美人は一番職場に必要ない性格!八方美人は”いい人”故にみんなの足を引っ張ります」という記事を読んで、一度社会人としての在り方を見直しましょう。

とはいえ「人による」だけでは、何ら参考にならないクソ記事にしかならないので、とりあえず一般的かつ常識的な退職タイミングについて紹介していきます。

実は繁忙期にこそ、やめるべき!

ちまたでは「繁忙期には絶対やめるな!」と書かれていますが、気にする必要はありません。

そもそも、繁忙期に一人欠けただけでまわらなくなるような職場は、それだけギリギリの人材管理しか出来ていない証拠です。トラブル一発で経営が傾く会社なんて、先が知れてます。やめてもOKです。

相談する際に「今忙しいから後にして」「今やめられると困る」「繁忙期過ぎてからにして。ね?」などと懇願される恐れがありますが、それは無視してもいいです。

退職はなあ、お前と会社の心の殴り合いなんだよ!

つまり、先に折れたほうが負けです。

だいたい、こんなクソ記事読んでる時点で、あなたは会社に不満を持っているはずですので、相手に飲み込まれないためにも「繁忙期にこそやめてやる!」という強い意志を持って退職した方がいいですよ。

一番ダメなのが「やっぱり辞めるのやめます」という、優柔不断なパターンですね。

そうなると、会社側はあなたを完全に舐めきって、好き放題使い潰してきます。

「こんな仕事いつでもやめてやる!」という覚悟を持て。「辞めてはいけない」なんて常識にとらわれるな!』という記事に書いていますが「やめてやる!」という強い意志は、かえって今の職場に活気を与えることにもつながるので、繁忙期にやめるつもりでいることが、結局あなたにとっても職場にとってもプラスになります。

就業規則はしっかり把握しておこう

ぶっちゃけた話、法律に抵触していなければ、いつやめても問題ありません。

相手が何を言ってこようが、プロジェクトが頓挫しようが、法律に触れていなければ問題なしです。

さらに言えば、数億円規模のプロジェクトの成果を自分で奪い取るために計画的に独立して、優秀な弁護士雇って企業と対峙する態勢つくって戦略的に退職するのも、大人としては全然OKです。ていうか、それが本当の意味で「大人」であり「自立」です。戦国時代で言えば「下克上-gekokujo-」ですね。

法律的には2週間以内であれば問題ないですが、雇用契約を結んだ際に、退職タイミングについて明記されている会社がほとんどですので、それに則った形で辞めるのがベストでしょう。

まあ、マジで会社の人員やプロジェクトぶん取る覚悟あるなら、弁護士や司法書士などの法のスペシャリストも味方に引き入れて、法律の盾はしっかり用意しておくべきですね。

あるいは「やめさせねえぞ?」「君がやめると損失出るんだけど?」などと脅された場合は、まずは労働基準監督署に相談するのも手ですね。

何にせよ、しっかり就業規則を守った上で、退職を拒まれた際には、自分の意思を貫くための知識や方法を知っておくことがいちばん大切です。

退職することは最高責任者に最初に告げておけ

たまに、中学生の恋愛話でよくある「実はオレ〇〇ちゃんのこと好きなんだけど?どうしよう?」レベルで、同僚に退職について告げる人もいますね。

そういう場合は総じて「辞める辞める詐欺」と思われますので、やめましょう。

社会人たるもの、誤った情報で職場を錯乱させるのが、いかにいけないことかはわかりきってますよね。

ですので、退職を告げたり相談する際も、まずは今の職場でもっとも権限のある人にしておきましょう。

してはいけないことは、仮に職場でもっとも責任のある人が死ぬほど嫌いで話を通したくない場合に、さらに上の部署に話を通してしまうケースですね。それやっちゃうと、上の部署から職場の責任者に事実確認が行われますので「上から確認あったんだけど本当か?」「いや、なんでオレ通さなかったの?」という流れになるので、かえって話がこじれます。

社会人たるもの、報連相、つまり連絡体系はしっかりと遵守しましょう。

退職届の書き方

退職届の書き方なんてエラソーに書いている某大手企業の記事もありますが、ただのマナーで絶対的なルールではないので、気にする必要はありません。

あなたは習字をするために企業に就職したのですか?

つまりは、そういうことです。

だいたい、なぜ嫌でやめる企業に「ボクの書いた真心のこもった退職届」なんて書かないといけないか疑問です。

これは、言ってしまえば「好きでもない企業に嫌々ラブレター書かせられる」ようなもんなので、ぶっちゃけ読めればなんでもいいです。

ただし、客観的かつ記録的な証拠として退職の事実を残しておくという都合上、やはり退職届はしっかり書いて出しておくのが無難でしょうね。「退職届が提出されてないから、退職は認めない!」なんてバカが退職後に連絡してきても困りますからね。立つ鳥跡を濁さず、です。

まあ、退職届ひとつであなたの心象が悪くなる会社だというのならば、その程度の会社なので、深く気にする必要はないでしょう。

退職タイミングなんて自分で決めるな!

ここまで書いておいてアレですが、

退職タイミングなんてお前一人の都合で決めるな!

…というのが、企業としての本音です。

企業としてしっかり話し合い、両者納得できるタイミングが、もっともベストですからね。

転職先があるならば、その会社との入社タイミングも考える必要があるので、さらにややこしくなります。

退職するなら転職エージェントを利用しよう!

転職先が決まっておらず、衝動的に退職するのはおすすめしません。

ですので、転職先をしっかり決めてやめましょう。

あなた退職タイミングで悩んでいるのは、転職先が決まっていないからです。

転職先への入社が決まっていれば、もはや悩む暇もなく辞めるタイミングなんてハッキリしますからね。

転職エージェントでは、担当の方が退職から転職までしっかりサポートしてくれるので、退職タイミングで悩むような方にはピッタリなサービスです。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ