「仕事つらい…辞めたい…」は絶対的な甘え。仕事は大人の”戦い”だ、覚悟を決めろ!

編集長
仕事の修羅と化したスコシテン編集長です

「仕事辛い…」
「仕事辞めたい…」
「仕事向いていない…」

このように考えて、当サイトを訪れた読者は多いと思います。

このサイトでは諸々の都合上で「辞めてOK」と言っている記事も多いですが、今回はあえて逆に書かせていただきます。

辞めたい?
辛い?
向いてない?

は?仕事なめてんじゃねーぞ。

こちとら、無給で1年間毎日12時間以上働いて、それでやっと仕事と報酬もらって、てめぇらみてェなグズどもに無料でお悩み相談記事提供してやってんだよ。

こんなどこの馬の骨とも知れねぇゴミライターの運営しているブログに、何期待しちゃってんの?

てめぇらが仕事が辛くて向いてなくて辞めたいなら、いつでも言ってやる。

辞めたくて辞めたくて震えてろ。

そんな奴は転職業者に都合よくコキ使われるだけ使われて、流されまくって傷つきまくるだけの人生しか待ってねぇよ。

その程度の人生で満足なら、さっさと辞めればいい。

誰も引き止めないし、転職業者も「お、金づる発見!」と喜んでるし、いつまでも都合よく他人に使われて、それで人生終わる瞬間「自分の人生はなんだったんだろう…」と後悔して死ねばいい。

お前が仕事辛くて過労死してしまおうが、オレの人生になんの影響もない。

お前の命なんてその程度。

読者の人生なんかどうなろうが
知 っ た こ っ ち ゃ な い。

「感じ悪い」「嫌な奴」と思う読者もいるだろうが、事実だから仕方ない。

「読者のため」なんて思って仕事してる奴ら、本当は鼻でお前らのこと笑ってるよ。

ネット越しの相手どころか、仕事の仲間も、友人も、本音で言えば「しょせんは他人」でどうでもいい存在。

…つーわけで、無料で人生を変える運命の記事と出会えると勘違いしている寝ぼけた読者どもの目を醒ますため、残酷な現実をご紹介しています。

生きる限りこの世は”地獄”だ

まず「仕事辞めたい」「仕事向いていない」「仕事辛い」と甘えたことを思っている人に、言いたいことがひとつ。

生きる限り、この世は”地獄”でしかない。

「やりたいことを仕事にする!」
「自分の適性や才能を活かす仕事をする!」
「ワークライフバランスで仕事も家庭も充実!」
「効率的な会社の仕事で悠々生活!」
「人の良い上司と同僚と最高の人間関係!」

こんな環境を夢見ている人もいるだろうが、そんな甘ったれた理想は今すぐ捨てろ。

もう一度言うぞ。

生きている限り、人生なんてただの地獄だ。

幸せ?
充実した人生?
理想の家庭生活?

ンなもん、どこにもねぇよ。

少なからず、自分で奪い取る気もねえ奴には一生縁がねぇよ。

あると思ってるのなら、そのまま理想に溺れて死んでいけ。

大人に甘えは許されない

大人に甘えは許されない。

なぜなら、最後の最後に頼りにできるのは自分だけだから。

思い出してみろ。

今まで、親や教師や友人、そして社会人になってからの上司や取引先などの仕事での関係で、本当の意味で頼りに出来る人間はどれだけいたことか…。

多分、1人もいなかったんじゃない?

…そう、本当は誰も助けてくれないんだ。

救 い の 手 は 差 し 伸 べ ら れ な い。

「上司に助けてもらわないと仕事ができない」
「職場の仲間が大事!」
「家族や恋人、友人が大事!」

こういうことを言うやつもいるが全部”建前”な。

上司も職場の人間も、突然辞めることなんて普通にありえる。

仕事ができる人ほど会社を辞めるのはなぜか?理由は単純です

時間をかけて信頼関係を築いた取引先が、いきなり態度を変えるなんてざら。

家族や恋人だって絶対に裏切る保証もないし、実際は自分のことしか考えていないこともままある。

転職の相談は家族や友人にするべき?転職相談は家族や友人の関係を引き裂きます

つまり「助けてもらっている」「仲間」だと思っているだけで、本当は「お互いの都合のいいように利用している」だけ。

ここまでわかれば、もう言う必要はないだろう。

最後の最後に信じられるのは、自分だけ。

別に「他人を頼るな」と言っているわけではない。

仕事をする上では「他人を頼る=利用する」と割り切らないと、やってらんねーという話をしているのだ。

「独りだけじゃつらい…」
「誰も助けてくれない…」
「誰からも信じてもらえない…」
「誰からも期待されない…」
「誰からも褒めてもらえない…」

こんなことをSNSだかブログで毎日つぶやいている奴もいるな。

泣き言を言ってんじゃねーぞ。

仕事は人のためにやってんじゃない。

自分のためにやってんだ。

他人に評価されないのは当たり前。

むしろ、仕事をすればするほど、敵が増えるのが常。

大人ならどんなに辛い経験も過酷な体験も、全部自分の中にしまい込め。

いちいち、他人に不幸自慢してじゃねー。

お前の不幸でメシウマされるだけだ。

「世界に終わり」なんてこないことは、もうずっと前からわかりきっているじゃないか。

明日も地球は回り続けるし、同じような仕事をこなす日々が続くだけ。

弱音吐いたって、何も変わりやしない。

「つらくても笑え」

仕事が辛かろうが、人生充実してなかろうが、とにかく笑え。

暗い顔して不満を顔に露わにしたら、弱みにつけ込まれる。
余裕のない表情をしたら、頼りにされない。

人生充実してなかろうが、辛かろうが、心の底から「こんな逆境、乗り越えてみせる!」と笑ってりゃあいいんだよ。

毎朝、鏡の前で自分の死んだ顔を見て、ため息をついてないか?

スマホの暗転した液晶に映る、やつれた顔の自分。

それが「本当の自分」「ありのままの自分」ってヤツだ。

自分でも「なんて充実してない顔だ」と思うのであれば、他人は10倍ぐらいは同じ印象をあなたに抱いている。

いいか、もう一度言うぞ。

どんなに辛い時でも、たとえ世界最後の瞬間で強大な敵が目の前に迫っている時でも、余裕かまして笑ってろ。

強大な敵でも背を向けるな。

叩きのめされても、目だけは睨みつけておけ。

お前の意識が途絶えるまで、勝機を捨てるな。

上司だろうが経営者だろうが、気持ちだけは対等で笑ってろ。

相手の前で一瞬でも苦い顔をした瞬間、負けだ。

最後にもう一度言うぞ。

人生、最後の瞬間に笑ってたやつが勝ちだ。

明日から、1日たりとも他人の前で笑顔を絶やすな。

最後まで笑い続けた人間が真の勝者なのだから。

今笑っていないお前は、スタートラインにすら立っていない。

ムカつく会社は 徹 底 的 に ぶ ち の め せ

仕事はただの大人のケンカだ。

学ラン代わりにスーツ着て、職場というチンピラ集団の中に紛れて、会社のために金を稼ぐ。

ヤクザの闘争となんら変わりないな。

つまり、ムカつく上司も部下も取引先も、徹底的にぶちのめせばいいだけの話。

上司がムカつくなら出世して上下関係逆転したら、徹底的にいたぶってやれ。

取引先が舐めた態度とってきた?

笑顔でいなして、お前なしでは生きられない会社にしてやれ。

部下がムカつく?

無能な部下はアメとムチで調教しておけ。

「そんなことできるわけがない」
「ケンカはダメ…」

そんな甘えたことを言っている若者がいるだろうが、そういうザコは搾取されまくって終わり。

ぎゃあぎゃあ喚いてないで、戦え。

今の会社からひどい仕打ちを受けているのであれば、徹底的にぶちのめす覚悟で耐え抜けばいい。

もちろん、笑顔で耐えて、笑顔で仕返ししてやれ。

仕事なんてムカつく相手ぶちのめすために趣味でやるもんだ。

まとめ:甘ったれるな、気持ちだけでも前のめりで行け!

いかがでしたか?

いい加減「仕事は辞めてもいい」「嫌な仕事からは逃げてもいい」みたいな風潮に飽きてきませんか?

そんな甘えたやつはこの先、生き残れねぇぞ。

この記事を最後まで読んでしまった人は、もうわかってるのではないでしょうか。

「仕事を続けても先は見えきっている」
「どうせ頑張っても報われない…」
「自分なんかゴミだ…」

そこまでわかっているのであれば、あとは笑って余裕かましてドンと構えて仕事に取り組めばいい。

人生とは生きる限り、決して楽になることない、地獄だから。

覚悟を決めろ。

オレはもう出来たぞ。

この先の日本に待っているのは、ただの地獄だ。

地獄の淵で、まだ見ぬお前を待っているぞ。

本当につらくて耐えられない人は「頑張るための休息」を

どうしても辛いなら、辞めてしまうがよいぞ。

なぜなら、読者が仕事辞めたところで私の人生に何の影響もないから。

別にこの記事読んだことが理由で過労死しても、その事実を知る術はありませんし、知っても「ふーん、へえ…そうなんだ。ちょっと悲しい…かな(貴重な労働力が減った…)」って感じ。

※仮にマジで過労死しそうなぐらい働いていたら、こんなクソ記事読んで悩む前にさっさと厚生労働省運営の相談サービスを利用するか、心療内科に行ってください。

参考→医療機関の選び方|医療や医療機関について|治療や生活に役立つ情報|みんなのメンタルヘルス総合サイト

参考→こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

人間の命なんてその程度なんですよ。

「命は大事!」
「みんなかけがえのない命!」

こんな寝ぼけたことを言う人がいますが、そんなもんウソですよ。

会社からすれば、社員の命など雑草も同然。

伸びるやつは勝手に伸びるし、そうじゃない奴は勝手に枯れていくだけ。

関連:仕事辞めたいと思う奴は弱い。雑魚はそこで干からびていけ…。

今の仕事についていけないのであれば、単に実力が足りていなかっただけ。

関連:レベルの高い職場についていけない時の対策。そのまま頑張るべきか?それとも転職するべきか?

その程度のことです。

大した意味はありません。

―――誰かが辞めても、代わりはいるもの。

転職するなら覚悟を決めろ!

どうしても今の仕事を辞めて環境を変えたい方は、それもまた一つの戦いでしょう。

ですが、あえてひとつだけ言っておきます。

妥協のない転職活動は死ぬほどつらいぞ。

逆に逃げの転職なら転職エージェントに都合よく流されておけばOKなので、割とイージーな模様。

関連:9割が知らない「転職は簡単に成功する」という意外な事実。その驚愕の理由とは?

どっちを選ぶかは読者の自由。

ですが、読者にほんの1ミリでも勇気や挑戦心があるのであれば、安易に妥協せずに納得のいく転職をしてほしいと思ってます。

なぜなら、どうせ転職して働くんならやり甲斐のある面白い仕事のほうがいいに決まっているから。

そう、転職活動をぜひとも楽しんで欲しいわけです。

その結果得た内定であれば、どんな苦境も笑って切り抜けられる仕事が見つかるのではないでしょうか。

転職エージェントを有効活用しておこう【広告】

最後に営利上の理由で「転職エージェント」について、みなさんにご紹介していきます。

転職エージェントとは名前だけかっこつけたサービスですが、プロが自分に合った転職先を紹介してくれるので、1人で転職活動するより楽になるのは間違いありません。

履歴書作成から内定後のサポートも手伝ってくれるので、かなり転職活動が楽になります。

関連:転職エージェントのしくみとメリットを徹底解説!誰でも楽に転職成功できる合理的な理由とは?

ただし、ひとつだけ注意点。

転職エージェントとか人の人生を無責任に左右するクソビジネスですので、業者側の好き勝手流されないこと。

ここだけの話、広告掲載している当ブログですら「は?お前みたいなクソサイトには広告料払えねえよww」みたいな成果報酬搾取を食らっている有様で、正直ぶっ叩きたいレベルの転職業者もいますが、名前は伏せておきます。

つまり、利用する気満々で使わないと、業者に都合よく流されて終わりだということ。

逆にしっかりと利用したり、いい担当者と出会えれば転職の強い味方にもなり得る。

そういった意味でも、転職エージェントは複数社利用して慎重に提案求人を比較・提案しておくといいですよ。

関連:転職エージェントは複数利用が鉄則!その理由と実際の活用の仕方をご紹介!

転職エージェントをまだ利用したことがない方は、まずは大手の転職エージェントを試しに使っておくといいでしょう。

タグ:仕事辞めたい

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ