仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

仕事がつらくて辞めたいのは甘えや逃げなのか?辞めた方がいい人とそうでない人の違いとは?

当サイトでは「仕事辞めたい…」「仕事が辛い…」と悩んでいる方に向けて、色んな記事を書いており、1000人以上の転職者を送り出しています。

中でも判断に迷うのが「辞めるのは甘えか?」という悩みです。

「甘え」かどうかの判断は非常に難しいものであり、自分1人では結論が出せませんよね。

「こんなのでくじけるなんて甘えだ!」と思って苦境を乗り越える精神力は大事ですが、それと同時に「本当につらくなったら逃げなきゃいけない」という自己管理も大事です。

ですが、あくせく働いて忙しい毎日の中では、冷静に今の自分の状態を判断できないものです。

当記事では、数年間「仕事つらい…辞めたい…」と悩んでいる方々の声なき声に耳を傾き続けてきた私の視点から「あなたの考え方は甘えか?否か?」について考えていきましょう。

ただの社員なら「甘え」とか関係なく辞めてもいい

いきなり結論から言っておきますが、社員の方であれば「甘えとか逃げとか気にせず、辞めてもいい」と私は思ってます。

仮にあなたが一流商社勤めであったり、エリート官僚候補のような「約束された将来の安定」が保証された立場なら、流石に「しばらく続けた方がいいんじゃない?」と忠告はします。

しかし、この記事に訪れた方はそうでない99%の「ごく普通の会社勤め」の方が大半でしょう。

そういった一般社員の方は、転職が当たり前になった今の日本では辞めてもどうとでもなるので、甘えや逃げとか気にせずに前向きに辞めることを考えおきましょう。

甘えや逃げが許されないのは、社員の生活を背負っている経営者のような責任ある立場の人間に限った話です。

少なからず、社員が辞めたくなるような社内環境を作らないことも経営者や上司の責任であり、それが出来てない時点で会社や上司の責任です。

仕事が辛くて辞めたり逃げるのが甘えでない理由は?

私は転職サイトを運営する中で「辞めたり逃げても、割とどうとでもなる」という事実を知っていますので、躊躇なく「甘えや逃げとか気にせず辞めてもいい」と言っております。

職歴なしの私でさえ、転職エージェントや転職サイトを使えば、普通にバンバン求人届いて内定ももらってますので、本当にどうとでもなります。

職歴なしでも転職エージェントは利用できるのか?20代の元フリーター・現役ニートが試して見た結果…

実際、多くの転職事例を見てみますと、これから紹介するありふれた理由で辞めている人はたくさんいます。

ですので、甘えや逃げとか気にせずに、前向きに辞めることを考えてみてください。

「辞めるのは甘え・逃げ」というのは経営者側の都合でしかない

「仕事を辞めるのは甘えや逃げ」と言っているのは、すべて経営者側・会社側の都合でしかありません。

経営者・会社側からすれば「社員はコスト=金・利益」としてしか見ていないのですから、育って利益につながる前に辞められては、困ります。

つまり、機械やモノとしてしか、社員を見ていないわけです。

ですが、多くの方は「1人の人間として扱ってもらいたい」と感じているはずです。

それが人として当たり前の感情です。

それをまるで機械のように「毎日、残業してまで働け!」「利益を出せない社員はゴミだ!」「社員に自由などない!」と言っているのが、今の社員を大事にしなくなった企業の本性であり本音です。

私も原則として「金=利益」を絶対的な基準として仕事してはいますが、それでも人として「この人と仕事したい」「この会社のためになら頑張れる」「自分の仕事が誰かのためになる」という感情的な部分が大きいです。

そして何より、思考停止で「辞めるのは甘え・逃げ」と言っている無責任な人によって、好きでもない安月給の仕事で人生の大切な時間を使い潰している若者には、もっといい環境で働いてもらって自分の能力を伸ばして成長して欲しいと思ってます。

辞めるのが「逃げ」や「甘え」なのは、あくまで会社の先行きが見えていたり、頑張りに大して見返りが約束されている場合に限った話。

頑張ったところで恩を仇で返してくるような会社なんか、辞めたところで問題ありません。

そういう会社は、何も与えなくても社員が奴隷のように尽くしてくれると思い込んでいるナメた会社なので。

給料が安すぎて生活すら出来ない仕事は甘え・逃げでは済まされない

仕事を辞めることを「甘え」や「逃げ」だと言っていいのは、あくまで給料がそれなりに出ている、あるいは将来的に昇給が見込める会社の場合でしょう。

最近では非正規雇用も増えているせいで、不当に給料が低い状態で搾取されている人も増えています。

都内の場合、未経験でも月収20万円~が目安ですが、これより低い場合は今の自分の年収の適正値を見直したほうがいいかもしれません。

転職すれば絶対に年収が上がるというわけではないのですが、今の年収相場があまりに安すぎる方であれば、転職するだけで年収が上がる可能性があります。

年収を決める要因は経済などの影響もあるのですが、多くの場合は本人の能力以上に「相場」が大事になってきます。

ですので「本当に自分の年収は適正値なのか?」を確かめる意味でも、転職活動をしておく価値はありますよ。

自分の年収相場が気になる方にオススメのアプリ「MIIDAS

年収を決める大事な要素に「ボーナス・賞与」があるのですが、中にはボーナスのでない会社も存在します。

景気が上向きの今、ボーナスが出ない会社は業績が伸びていない可能性もあるので、一度しっかり会社の経営状況を見直しておきたいです。

人間関係が悪い職場では無理に付き合い続ける必要はない

最近の若者でも働き方で重視されている要素が「人間関係」です。

どんなに給料が良くて仕事にやり甲斐がよくても、周りの人間がクソで人間関係が悪いと、出社するのが嫌になってしまいます。

とくにひどい職場の人間関係ですと、

  • 上司に「死ね」などの暴言を吐かれる
  • 同僚に陰湿ないじめにあう
  • 失敗やミスにねちねち言われ、追い詰められる

…など、精神的に参ってしまう人間関係も存在します。

未だに上司や先輩が立場を悪用する「パワハラ」「セクハラ」「モラハラ」など、ハラスメント行為も減りません。

今どき、まともな会社であればハラスメント対策はしっかりしているので、未だにハラスメント行為の横行している野蛮で幼稚な職場は辞めましょう。

そういう会社で精神を消耗するのは、もう平成の時代で終わりにするべきなのです。

過剰なノルマ・売上に追われる会社は辞めてもいい

仕事が辛いと感じてしまう理由としては、ノルマ・売上に関してプレッシャーをかけられるケースでしょう。

ノルマや売上を気にするのは大事ですが、一個人の範囲ではどうにもならないことも多く、これは「甘え」だけでは片づけられない問題です。

仮にノルマが達成できない・売上が伸ばせないことが甘えであるとするのであれば、会社の業績を伸ばせていない多くの企業の存在が「甘え」と言われて然るべきですから。

不動産・金融系の会社は、あまりに過剰過ぎるノルマに耐えきれずに辞めてしまう人が多いことで有名です。

体育会系の社風の会社では、朝に売上目標を叫ばせて、達成できなければ同僚の前で叱られるなどのひどい仕打ちを受けることもあります。

身に覚えがあるなら、辞めることを考えておきましょう。

クレーム対応なんて価値のない仕事は辞めてOK

対人関係が中心の仕事で起こりがちなのが「客や取引先からのクレーム対応がつらい」という悩みです。

とくに接客やコールセンターなど不特定多数を相手に仕事している方は、本当に理不尽なクレーマーの対応をして嫌な目にあっている方も多いと思います。

社会人の中には、理不尽に怒鳴ってきたり恫喝してくる人もいて、本当に疲れますし、自信もなくしてしまいますよね。

営業系の仕事となると、理不尽な取引先との接待・付き合いも増えて、嫌な思いをしている方もいことでしょう。

もちろん、対人での仕事の場合は理不尽な相手に笑顔で対応することも大事です。

しかし、顔を見る度に吐き気やめまいがするぐらいに嫌な相手がいたり、いつも怒鳴られてばかりで自信が持てなくなっている方は、無理をしないことも大事でしょう。

向いていない仕事は続けても辛いだけ

仕事を辛いと感じている人に意外と多いのが「向いていない」という悩みです。

向いていないと感じる原因としては、

  • 自己分析不十分で適性のない会社に入ってしまった
  • 上司や先輩に無能扱いされて自信がなくなってしまっている→向いていないと言われた

…など、判断の難しいところではあります。

ですが、一つだけ言えるとしたら、明らかに自分の能力が追いついていなかったり、周りから邪見に扱われるのであったら、無理に続けても辛いだけだとということです。

明らかに向いていない・適性のないことを無理に続けるのは甘えでもなんでもなく、客観的に自身の能力を判断できる証拠でもあります。

今の会社を選んだことが間違いだったと認め、前向きに自分が向いている転職先を見つけ出すことも、ひとつの勇気であると言えるでしょう。

評価が不当に低い職場も辞めていい

仕事が辛いと感じる理由は、社内評価が不当に低い場合でしょう。

努力しているのに、まったく認められない…。

周りばかりがちやほやされて、自分はまったく褒められない…。

そういったこともあるのではないでしょうか。

また、社内評価に関しては、

  • 上司のえこひいき
  • 周りをイエスマンで固めるワンマン経営者
  • 派閥争い
  • 社内政治

…など、大人の事情も絡んできます。

その場合、上司や経営者の好き嫌いだけで不当に低く評価されることもありえます。

そうなると、甘えだとか関係なく、今の会社でずっと辛い思いをし続ける可能性もあるので、思い切って転職してしまうのが現実的でしょう。

仕事を辞めることが甘えや逃げだと思うなら転職エージェントに相談しておくこと

仕事が辛くて辞めることを「甘え」「逃げ」だと思われるのが不安な方は、転職エージェントを活用しておくことをオススメします。

転職エージェントはプロのアドバイザーが転職に関する相談に乗ってくれ、在職中でも効率よく転職活動が進められます。

どんな理由であれ、在職中に辞めてしまえば「逃げ」「甘え」だと言われる事態は避けられません。

逆に、転職成功して次の職場で活躍できれば、結果として「辞めてよかった」「転職は挑戦だった」と言えます。

転職エージェントを使えば、客観的に「今の仕事を辞めるのは甘えなのか?」という判断もしてくれるので、心もグッと楽になるはずです。

また、次の内定先さえ決まれば、逃げではなく挑戦だとも言えますので、それは決して甘えとは言えません。

何度もお伝えしている通り、今の日本では「転職が盛んなので辞めてもどうにかなる」「仕事を辞めるのが甘えや逃げというのは昔の話」という感じになってきているので、それを実感するためにも転職エージェントを活用してみてください。

タグ:仕事辞めたい

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職系Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

現実の転職はクソ、これからはVR世界での転職の時代

これが新時代の転職活動だ!!!!

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。