仕事辞めたい…先が見えない…つらい…泣きたい…苦しい…助けてよ!ねぇ!誰か!!

今の日本で生きていると「先が見えない」ってこと、よくありますよね。

少子高齢化と破綻した年金問題で老後はもはや地獄確定。
仕事は頑張っても頑張っても報われない。
二極化と正規・非正規差別で、勝ち組コースに乗れなかったら一生負け確定。
しかも大企業や公務員ですら、本当に「勝ち組」とは言えない不安定な時代。

生き続けたって、何一つ明るい未来は見えないじゃないか。

「仕事辞めたい…」
「先が見えない…」
「将来が不安…」
「生きるのが苦しい…」
「働き続けるのがつらい…」
「泣きたい…」
「…誰か助けてよ」

ライターの仕事をしていると、毎日、そんな読者の心の悲鳴が聞こえてきます。

今の生きにくい日本の世の中、先に見えない社会に希望を見出して、前向きに生きていく術なんてあるのでしょうか?

…あるに決まってます!

ですが、それを見つけ出せるかどうかはあなた次第。

僕の将来に対する唯ぼんやりした不安

by 芥川龍之介

関連:「仕事つらい…辞めたい…」は絶対的な甘え。仕事は大人の”戦い”だ、覚悟を決めろ!

あなたの心を縛り付ける悪しき”常識”

結論から言うと、あなたが今生き苦しく感じており、先が見えないのは「心に悪しき”常識”」があるからです。

たとえば、以下のようなモラルやマナーにとらわれ、心が苦しくなってませんか?

  • 仕事は絶対に辞めてはいけない
  • 他人に迷惑をかけてはいけない
  • 親孝行をしない人間は恥だ
  • 失敗してはいけない。他人に笑われる
  • 他人の命令や指示は絶対に守らなければいけない

以上のような、誰が考えたかもわからない常識を疑いもせず、自分の心を苦しめていませんか?

…だとしたら、あなたは「心の悪しき”常識”」にとらわれている証拠です。

上のような「良識」「モラル」「常識」の類は、冷静に考えれば「おかしい」とわかります。

  • 仕事は絶対に辞めてはいけない→「仕事を辞めてはいけない」なんて法律はないし、辞めれば次を探せばいいだけ
  • 他人に迷惑をかけてはいけない→他人に迷惑をかけない=他人に頼ってはいけない=他人と関わってはいけない
  • 親孝行をしない人間は恥だ→親孝行とか、自立して財産がたくさん入ってから考えればいい。親とか総じて自分勝手
  • 失敗してはいけない。他人に笑われる→失敗しても死にはしないし、法律違反でもない。失敗したら反省して、次に活かせばいいだけ
  • 他人の命令や指示は絶対に守らなければいけない→上司の指示とかどう考えても間違いなら守らなくていい。怒られたところで、仕事に支障は出ない

以上のように「前提がおかしい」のですから、当然生きていて「苦しい」と感じて当たり前なのです。

ただ、ある程度はみんなが守っておかないと秩序が保たれなくなるだけの話で、絶対に守る必要なんてありません。

…少なからず「自分らしい生き方」「自分らしさ」とやらを見つけ出すためには、こんなくだらねェ常識はさっさと捨てちまったほうが楽です。

どうせ、人間、本当は自分が大事な自分勝手な生き物ですから。

アレもダメ ダメダメ
コレもダメ ダメダメ
時々
「ソレって大人の都合じゃないのー?!」

by 「ダメダメのうた」クレヨンしんちゃんOP

”あるがまま”を受け入れよう

もしあなたが先が見えない世界に不安を抱いているのであれば、それは「あるがままの自分」に出会っていないからです。

「自分で自分のことをよくわかっていない」

あまりにこういう人が多く感じます。

「さとり世代」もせいぜいネットで世界を知った気で、まったく悟りが開けていませんからね。

あるがままの自分を受け入れろ。

他人に期待されているのに、ちっとも仕事が出来ない。
親に金と愛情かけてもらったにも関わらず、何一つ期待に応えられていない。
小さな頃の夢を何一つ叶えられていない、普通以下の自分。

「こうあってはならない(〇〇してはいけない)」
「かくあらねばならない(〇〇しなければならない)」

その思い込みは、自分を苦しめるだけです。

なぜなら、人間は特別でもなんでもない、ただちっぽけな生物でしかないからです。

自分のエゴのためにマナー違反もするし、大人でも間違いは犯しますし、求められた仕事をこなせないこともままあります。

ですが、そういった「出来ない自分」「失敗する自分」も含めて、あるがままの自分です。

別に仕事が出来なかろうが恥じる必要はない。
特別な何者にもなれなくたっていい。
逃げたところで、次につなげれば問題ない。

どうして「完璧な自分」「理想の自分」になりたがる?

どうせ、世の中自分の思ったとおりに事が運ぶことなんてありません。

「自分の思い描いた将来設計」なんて、十中八九思い通りにはいきません。

…にも関わらず、若いうちから「老後の不安」「将来設計」なんて考えるから、今の自分を苦しめることになるんです。

先のことなんて、誰にもわかりません。

なのに「将来、楽になるため」「将来の不安を消すため」なんかに生きているから、先が見えなくなるのです。

「先が見えない」なら、先なんて見なけりゃいいだけの話ですよ。

杞憂きゆう

《中国古代の杞の人が天が崩れ落ちてきはしないかと心配したという、「列子」天瑞の故事から》心配する必要のないことをあれこれ心配すること。取り越し苦労。杞人の憂え。

出典:杞憂(きゆう)の意味 – goo国語辞書

人間は成長できる生き物だ

「先が見えない」のは、なぜか「自分はずっとこのままだ…」と思い込んでいるからです。

極端な話、災害に遭って家がなくなって住んでた地域も大被害を受ければ、そりゃあ誰もが「先が見えない」と思うはずです。

でも、ひとつずつ前に進んでいくしかないんです。

逆説的になりますが「先が見えない」のは、あなたに変わる気や成長する意志がないからです。

前に進むって決めたんなら「先が見えない」なんてことは関係ありません。

活路は自分で開くのみ。
先のことを決めるのはすべて自分。

いつまで経っても「待っていればいつか幸福が寄ってくる」「毎日仕事しとけばそのうち評価されるだろう」なんて受け身の態度だから、先が見えないんですよ。

「先が見えない」と感じるのであれば、今一度「自分自身の手で何か掴み取ろうとしたことがあるか?」と考え直してください。

与えられた仕事をこなしてばかりだから、先が見えなくなるのです。

今のままじゃダメかなって思った時は
もう 変わり始めているから。

by 北条そふぃ/プリパラ

「先が見えない」なら「今、この瞬間」だけを見ればいい

「先が見えない」のであれば、先なんて見なくていい。

あなたは未来に生きているんですか?

…違うだろ「今、この瞬間」だ。

将来の不安とか、未来の安定とか考えるから、怯えるハメになるんですよ。

仕事をクビになったら、ゼロからまたやり直せばいい。
仮に世の中の人間全員に見放されたら、見返す理由が出来たと喜べばいい。
誰かの期待に応えられないなら、そりゃあ努力がまだまだ足りてないってことだ。

お前はまだ、先を見るほどのステージには立っていない。

先を見ていいのは、今を必死に生きているだけの人間だ。

毎日全力で何かのために頑張って、現実の厳しさを知って、それでも越えられない壁に挑み続けて、それでやっと「先」とやらが見える。

必死になっていない人間に先が見えるほど、世の中甘くはねェよ。

「先が見たい」のであれば、とにかく今を必死に生きることが第一条件です。

未来が暗いものと感じるなら、自分で光を見つけ出すしかありません。

暗い空を 飾り付けるような
Starlight

by MUSIC of DREAM!!!/せな,りえ,みき,かな from AIKATSU☆STARS!

先が見えない会社や仕事は転職すればいい

もし仮にあなたが、今の仕事や職場で「先が見えない」と感じているのであれば、転職活動を始めてみるべきでしょう。

仕事は経済状況や会社の経営方針によっては、個人の努力ではどうこうしようもない問題も多いので、自分でどうにも出来ない課題が山積みでしたら、仕事を変えるのも立派な選択肢です。

何より、先も見せてくれない上司や経営者のもとで働いても、つらいだけですから

「こちとら、命削って働いてるんだから”先”を見せてくれよ?」

そう。人の上に立つ器のクセして、部下や社員に夢も未来も将来も見せられない、そんなリーダーだらけなのが、今の日本の実状です。

会社の危機のクセして「ウチの会社は大丈夫だから!」なんて言って、自分らだけ逃げる気満々なのが、今の日本の権力者や上層部。

…こんなんだから、日本の社員たちは「先が見えない…」とみんな弱気になるんです。

だったら、せめて自分の力を発揮できて、先も将来も見せてくれる会社で働きたいものですよね。

実際、就活生の大企業人気を見ても、多くの人が「将来を保証してくれる会社」「先を見せてくれる会社」で働くことを臨んでいるのがわかります。

ですので、今の会社にどうしても先を感じないのであれば、転職活動で「先の見える職場」を探しましょう。

少なからず、先に見えない会社で不安を抱えたまま働き続けるより、転職活動して他の職場を探すほうがよっぽど現実的で前向きな選択肢です。

関連:将来性のない会社の5つの特徴と見分け方。あなたの会社の将来性は大丈夫ですか?

転職エージェントを有効活用して効率よく転職を進めよう

今の仕事の先行きが不安なら、転職エージェントを活用して転職のリアルを知っておくといいでしょう。

転職エージェントは自分に合った求人を紹介してくれるので、今の自分でも転職できる現実的な転職先を知ることが可能です。

少なからず、転職エージェント紹介してもらった求人の分だけ将来の選択肢が広がるので、今の会社で先の見えないまま働くよりは、ずっと将来の選択肢が広がりますよ。

転職エージェントは無料で利用でき、いざ転職したい職場が見つかれば書類作成・面接の指導から、日程調整・内定後のサポートまで行ってくれるので、転職活動に不安がある方でも安心して利用できます。

また、転職エージェントでは「キャリアカウンセリング」も行っており、今の会社の不安や将来のキャリアについての相談からも気軽に出来るので、転職する気がなくても使っておくべき価値は十分あります。

ぜひ、転職エージェントを使って将来の選択肢を見つけ出してみてください。

タグ:仕事辞めたい

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ