仕事で先が見えない不安で苦しい…泣きたい…。そんな苦境を乗り切るための考え方。

今の日本で生きていると「先が見えない」ってこと、よくありますよね。

少子高齢化と破綻した年金問題で老後はもはや地獄確定。

仕事は頑張っても頑張っても報われない。

二極化と正規・非正規差別で、勝ち組コースに乗れなかったら一生負け組確定。

しかも大企業や公務員ですら、本当に「勝ち組」とは言えない不安定な時代。

生き続けたって、何一つ明るい未来は見えません。

「仕事辞めたい…」
「先が見えない…」
「将来が不安…」
「生きるのが苦しい…」
「働き続けるのがつらい…」
「泣きたい…」
「…誰か助けてよ」

ライターの仕事をしていると、毎日、そんな読者の心の悲鳴が聞こえてきます。

今の生きにくい日本の世の中、先に見えない社会に希望を見出して、前向きに生きていく術はあるのでしょうか?

当記事では、あらゆる「仕事で先行きが見えなくなる原因」を洗い出した上で、対処法についてご紹介していきます。

なぜ、仕事で「先が見えない」と感じてしまうのか?

仕事において、なぜ「先が見えない」と不安になって苦しくなってしまうのでしょうか?

まずはその主な原因について、考えていきます。

給料が上がらないので生活レベルも上がらない

仕事において、もっとも先行きが見えない理由としては、給料が上がらないという切実な理由が考えられるでしょう。

転職の理由については、多くの調査で「給料」がNo.1として挙げられております。

それも今の日本では、二極化・貧富の格差が進んでいるためか、10年働いても実質手取り額が入社時から1万円しか上がらないという会社も、決して珍しくはありません。

そういった会社は、残念ながら不当に給料が低い可能性が高いので、転職すれば年収が上がる可能性も大きくなります。

転職で年収を上げるためには「人材市場価値」「キャリアアップ」を意識する必要があります。

これについては、業界・職種・経済に関する総合的な知識や判断力も必要になってくるため、出来れば「転職エージェント」などの人材サービスを活用し、プロに意見をもらっておくといいでしょう。

※転職エージェントについては、後ほどご紹介いたします。

休みが少ない・プライベートの時間がとれないから

今の仕事で先行きが見えないのは、休みが少ない上にプライベートの時間が十分に取れないからでしょう。

働き方改革が進んでいるとは言え、未だに日本人は「働いているために生きているのか、生きているために働いているのかわからない…」とわからなくなるぐらいに、ブラックな職場もまだまだ多いのが実情です。

中には「週休6日」「有給休暇が取得できない」「サービス残業の強要」など、まったく休みの取れない職場も存在します。

あまりに勤務時間が長い会社も、転職するだけで状況が改善することも多いので、転職について考えておくといいでしょう。

ただし、休日の多さや残業の少なさを理由に転職するのであれば、給料面は妥協する必要が出てきやすいため、どちらを優先するかを決めておきたいです。

会社の将来性がない

会社の先行きが見えないのは、単純に会社・業界に将来性がないからかもしれません。

たとえば「斜陽産業」と呼ばれる衰退産業では、多くの企業が業績悪化しており、苦境に立たされております。

逆に成長産業と呼ばれる業界では、優秀な人材の確保や高い給料の支給により、先行きも明るい業界が多いです。

また、後継者不足が目立ち、経営に不安がある中小企業・零細企業は不況になれば倒産するリスクもあるレベルの会社もあるので、先行きを感じないことも多いはずでしょう。

何にせよ、先行きが見えない今の日本の状況では、柔軟に将来性のある業界や企業に転職するという選択肢がスマートな時代になってきているので、転職活動で自分のキャリアを見直しておくといいでしょう。

社内の雰囲気が暗い

会社の先行きが見えないのは、職場の雰囲気が暗くて陰湿だからではないでしょうか。

毎日「会社に行きたくない…」とため息ばかり漏れてしまうような会社は、いくら高給であっても先行きを感じないものです。

もっと言えば、今の会社で定年退職後まで働き続けるかと思うと、憂うつな気分になる会社だからこそ、先を感じないのです。

では、どういった会社が社内の雰囲気が暗くなってしまうのでしょうか?

ブラックな会社では社内の雰囲気も悪くなり、集まる社員の質も低くなりがちです。

また、日本ではムラ社会の独特な雰囲気があるため、狭い職場では人間関係も悪くなりがちなのです。

以下の記事では、オカルト・スピリチュアル的観点から「呪われた職場」についても書かれておりますが、やはり暗い雰囲気の職場には何かしらの問題があるのです。

いくつかの会社を経験してみればわかりますが、明らかにその会社に集まる人や仕事内容で、職場の雰囲気は激変します。

通常、会社には「社風」と呼ばれる、会社の雰囲気や風土・文化というものがありますので、今の会社とは別の方向性の職場を見つけてみるのもいいでしょう。

社員を大事にしていない会社だから

会社の先が見えない理由は、社員を大事にしていない会社だからでしょう。

給料だけ払っておけば、多少のハラスメント行為や理不尽な働き方が許されると考えている企業は、実に多いのです。

また、最近では非正規雇用者の増加で、平然と人を使い捨てる会社も増えています。

そのような会社は、人がすぐに辞めて入れ替わりが激しいため、社員が育ちません。

短期的に見れば非正規雇用はコストカットになる反面で、社員が成長しないという課題を抱えることになり、先が見えなくなるのです。

その結果、常に人手不足で自転車操業状態になってしまい、現場に残って働く人は消耗し続ける結果となります。

そのような会社は、いくら業績が良くても本人の身も心も持たないと言う意味で、先行きを感じなくて当然と言えるでしょう。

頑張ってもまったく評価されない

仕事で先が見えなくなってしまうのは、どれだけ頑張っても頑張っても、まったく報われないからでしょう。

どれだけ会社のために頑張っても、昇給どころか社内評価も上がらないだけでなく、感謝もされない・他人に文句を言われてばかりでは、仕事にやりがいもクソもあったものではりませんよね。

今の日本の会社では、昔のような「滅私奉公=会社に尽くす」という考え方は通用しなくなっており、どれだけ仕事で頑張っても昇給は雀の涙ほどです。

また、その影響もあってか、会社内の人事としては「褒めて伸ばしあう文化」が推奨されており、昔のような「減点方式=失敗すれば叱責される」という文化は廃れつつあります。

怒られたり文句を言われることはあっても、褒められたり評価されることのない会社などは、働きがいもクソもなくやる気も失せるものですので、先を感じなくて当然です。

今の会社が合ってない・向いていないから

仕事に先を感じないのは、今の会社が合ってない・向いていないからかもしれません。

心のどこかで「今の仕事は本当に自分に合っている仕事ではない…」と感じていると、なかなか割り切れないものです。

もちろん、長年勤めた仕事である以上は割り切って続けることも大事ですが、明らかに向いてない場合は思い切って転職した方が、いい結果になることもあります。

自分の能力や才能が発揮できて、やりがいも感じられる仕事の方が働いていて気持ちがいいですし、先も見えるというものですから。

会社で嫌われているから

仕事に先を感じないのは、会社で嫌われているからという理由もあります。

「嫌われる勇気」などとは言いますが、出来れば誰もが他人に好かれたいと感じるのは、当たり前の感情です。

しかし、現実はそうはいきません。

陰湿な職場であれば「職場いじめ」で標的にされることがあり、居心地が悪く感じてしまうものです。

また、仕事ができない・職場に馴染めないことをいいことに、ハラスメント行為の対象になり、不快な思いをして泣いてしまう方も多いのではないでしょうか。

大人になれば「誰とでも仲良く」なんていうのはキレイゴト、一度嫌われたら会社内でそういう目で見られ続け、先行きも感じなくなるので、転職して人間関係をリセットしてしまうのもありでしょう。

先が見えない会社なら転職活動しておいた方が今後のため

以上のように、仕事で先が見えなくなる原因は数多くあります。

今や、日本では大企業でも将来を感じない時代になっており、その上非正規雇用も増えています。

また、ブラック企業の存在も話題となり、先が見えない会社からは柔軟に転職した方がいい時代になってきています。

しかし、転職はしっかりと転職活動してキャリアを考えておかなければ、そう上手く行くものでもありません。

ですが、現実的に転職可能な求人を知っておくだけでも、今の会社で働き続けるだけの人生しか考えていないよりは、ずっと将来に希望が持てるはずです。

もちろん、実際に転職出来るかどうかは本人次第ですが、それでも先行きが見えない会社で不安を抱え続けて働き続けるよりは、心も楽になります。

先が見えないで不安な方は、この機会にぜひ転職活動を始めてみるきっかけにしてみてください。

転職エージェントに相談して転職先を知っておくだけで先は見える

転職活動は難しいと思われがちですが「転職エージェント」と呼ばれるサービスを利用すれば、効率的かつ安全に転職することが出来ます。

転職エージェントとはプロのアドバイザーが自分に合った転職先を紹介してくれるサービスの総称で、無料で利用可能です。

転職エージェントは面談で仕事の先行きについての相談もでき、現実的に今の会社よりも先の見える転職先を紹介してくれます。

また、転職先から内定をもらうまでプロがサポートしてくれますので、1人で転職活動が不安な方でも安心して利用できます。

先が見えないで不安な方は、ぜひとも転職エージェントでプロの力を借りて、先の明るい転職先を見つけてみてください。

タグ:仕事辞めたい

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが、すべて無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録の際のポイントですが、以下の点に気をつけておけば、面談で優遇される可能性が上がります。

  • 電話連絡に備えて、事前に都合のいい時間を伝えておく(自由記入欄などを活用)
  • 経歴に合わせて求人が届くので、職務経歴は正確に詳しく記入しておく
  • 面談参加に希望しておく

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、担当者によって対応が変わってきますので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 登録後も、職務経歴書・レジュメを定期的に更新しておく
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントでは、利用者のログイン履歴や求人閲覧履歴がエージェント側に残るため、行動意欲が高い人ほど優良求人の案内や面談参加される可能性が高くなります。

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ