新聞社辞めたい…転職先はどうする?|新聞記者は激務で辛い?新聞記者からの転職は難しい?

新聞社の仕事と言えば激務で有名で、中には辛いと感じて辞めようかどうか悩んでいる方もいらっしゃるはずです。

しかし、新聞社と言えば転職市場でもツブシが利かず、独特な業界気質に馴染んでしまって辞められない人も少なくはありません。

当記事では、そんな悩める新聞社勤めの方に向けて、新聞社や記者を辞めたい理由から転職活動の注意点までまとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク

新聞社は激務なので辞めたいと感じる人が多い

新聞社の仕事は精神的にも肉体的にも激務だと言えます。

▼新聞社の仕事が激務な理由

  • 原稿ノルマ
  • 徹夜での張り込み取材
  • 地方への遠征取材
  • パワハラ体質の強い社内での長時間勤務

取材のための時間拘束やマスコミ業界特有のパワハラ体質の社内での仕事は、間違いなく激務だと言ってもいいでしょう。

2chでも新聞記者は激務との痛烈な報告が目立つ…

2chなどの匿名掲示板を見てみると、他の業種や職種と比にならないほど新聞社の激務に対するネガティブな書き込みが目立ちます。

639 名前:名無しさん@引く手あまた[] 投稿日:2016/01/18(月) 09:46:34.82
知人の日経記者はあんまり忙しそうじゃないけど。担当のよるんじゃないかね。
一般紙だって社会部の事件担当と文化部じゃだいぶ違うでしょ。

640 名前:名無しさん@引く手あまた[] 投稿日:2016/01/18(月) 11:56:39.67
>>639
そういう甘言に騙された若者たちが次々に壊されていったわけだが。
閑職の存在を認めず、一線をこえるまで激務を強いて搾取する冷酷さ。
「変死」「過労死」と労基署が何度も入ってる社はおたくだけだよ。

786 名前:名無しさん@引く手あまた[] 投稿日:2016/01/30(土) 01:19:02.84
道新の試験が近づいてきたが、いまいちやる気が起きないな。
薄給の全国紙からとはいえ、同じ業界だからな。いくら安定してる道新とはいえこの先どうなるのかわからんからな

789 名前:名無しさん@引く手あまた[] 投稿日:2016/01/30(土) 18:23:46.63
>>786
全国紙でも県版はそんな感じだよ。
例の激務経済紙みたいなとこで過労死するよりマシさ。

801 名前:名無しさん@引く手あまた[] 投稿日:2016/02/01(月) 03:17:11.58
東北でサツ回りしてたことがあるがトイレが困る。
基本は立ちションだが、酷いときには壁に5回くらい小便をしてたこともある。
まるで嫌がらせに行ってるかのようだった。
尿瓶でも持って歩けと怒られたこともある。
頻尿には寒冷地での夜討ち朝駆けはキツイ。

新聞記者辞めた(い)やつらの転職活動・38面目

サツ回り」「夜討ち朝駆け」などの独特な業界用語が目立ちますが、このような単語自体が飛び交うところに新聞業界の異常な働き方や体質が現れていると言えます。

今時、徹夜張り込みさせる会社なんて本当にあるんですね…

世の中には数々のブラック企業・業界が存在しますが、マスコミ・新聞業界はなまじ年収や社会的ステータスが高い分、内部で働く人は激務に耐えられる人ばかりになり、業界の異常な構造に気づけません。

もし、読者が新聞業界勤めで激務を辛いと考えているのであれば、それが普通の感覚だと言えるでしょう。

新聞記者は他人のプライベートに侵入する恥ずかしい仕事?

また、取材・報道陣が向き合わないといけない現実が「他人のプライベートに侵入する」という卑劣なメディアの行為です。

社会的に非難される立場の人間はもちろん、事件の被害者なども、傷に塩を塗るがごとく、いじめ抜くようにして、会社の欲しい一言を言わせるために巧妙に追い詰めなければならないわけです。

まさに、クズ、悪人の仕事です。

記者は、社会的弱者をいじめたがるゴシップ大好き国民の先鋒となって、いじめを担当するクズの極みです。そして残念なことに、クズであればあるほど、いじめが上手ければ上手いほど、記者としては読者に喜ばれる記事が書けるわけです。

そこに社会正義など存在しません。

本当に正義感・ジャーナリズムのある人間なら、金や会社の意向にとらわれず、出来る限りの「真実」を書きますからね。新聞社にすがって記者という立場に甘んじている時点で、正義もクソもなく「自分の生活のため」でしかありません。

新聞社は価値観が古いので辞めたい?

また、新聞社は価値観が古く、頭の堅い人間が多いのも特徴です。

今やインターネットの登場などで、大手マスメディアの権威など信じられなくなりました。

有り体に言えば「新聞社の正しい情報」なんかよりも、誰かの考えたガセネタの方が、大衆は喜ぶことが証明されつつあるのです。

そして、新聞社は「言葉が生きているもの」という認識にも不寛容です。

やれ「言葉の間違った使い方」「読解力」だの、国語の先生みたいな説教をかましていますが、それすなわち言葉の自由性を受け入れていない証拠です。

言ってしまえば、未だに漢文・古文で情報発信し続けているのが、新聞社の正体なのです。

老人のための老人による老人のメディア

また、単純に若年層が新聞離れを起こしたことで、新聞は「老人のための老人による老人のメディア」と化しています。新聞広告などを見ても、高齢層向けの商材ばかりですからね。

時代を動かさない定年退職向けの老人に、化石臭い古文を届けるのが、新聞社の今後の生き残る道になっていくわけです。

教養をひけらかすだけのバカ

また、新聞とは記者が教養をひけらかすための、自己満足の文章が多数掲載されています。

これはオタクの知識自慢となんら変わりありません。

国民の社会生活の一部を担う新聞が、ただの勉強オタクの教養自慢の場となっては、そりゃあ読者も愛想尽きて当然でしょう。

”世界を知った気になれる”傲慢さ

なまじ、新聞社とは色々な情報が集まるだけに「世界を知った気」になりやすい特徴があります。

狭い業界の狂った常識の、デスク上の知識が自分の世界に変わるわけです。

その結果、現場の苦労や悩みなどとは無縁のところで、講釈たれるだけの机上論者が出来上がるわけです。

社会的責任力皆無

また、一部の新聞社では、社会的責任を放棄したとしか思えない、無責任な記事を掲載し、反省の色もなく未だに経営し続けている会社もありますね。

そういった会社に勤めることは、もはや社会的に「嘘つき」と思われてもしょうがないことです。

新聞社は将来性がない?

また、新聞社で勤めることは将来性がありません。

ただでさえ新聞離れが進み、ネットでの情報発信が盛んになっている中、徹夜当たり前の新聞者で寿命を縮めるような激務で身を尽くしたところで、将来性は知れています。

高齢層が引退した後、人手の足りない会社内で管理職となり、傾き続ける会社で苦労をする未来は見えきっていますからね。

ちなみに『若手記者に伝えたい 早々に辞めるのはもったいない|朝日新聞』なんて言い訳がましい記事を書いていますが、自分たちに都合の悪いことは、都合のいいデータや学術書引張り出して印象操作するのも、新聞社のお家芸です。

若いうちに新聞社から離れましょう

「新聞社をやめたい」というまともな判断力があるうちに、転職について前向きに考えましょう。

激務のわりに将来性もなく、誇りもやり甲斐もない仕事が、今の若年層にとっての新聞社の仕事です。

今どき、新聞社で一人前として働ける記者や編集者には、WEB業界ではもっとやり甲斐もあって稼げる仕事もたくさんありますからね。わざわざ先の見えきっている新聞社で働くメリットなんて皆無です。

頭がおかしくなる前に、業界から抜け出しましょう。

新聞社からの転職なら転職エージェントがおすすめ

新聞社勤めが転職するならば、転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは、担当の方と相談して適正を判断してもらい、おすすめの求人先を紹介してくれるサービスです。

新聞社の仕事は激務で体力も必要、その上に教養も必要な仕事ですので、かなり高く評価され、いい求人を紹介してもらえます。

タイトルとURLをコピーしました