【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

慎重な性格な人に向いてる仕事を厳選紹介、就くための方法も解説

突然ですが、自分、慎重な性格なんですよ。

石橋を徹底的に叩いて安全を確かめて渡る。
他人を安易に信用せず用心深く接する。

これが私の信条です。

だってそうでしょ?

世の中、他人を騙して利用しようとする人であふれますし、失敗した人間を責める人ばかりじゃないですか?

そういう世間で生きるためには「慎重さ」が一番大事だと思うんですよね。

考えなしに失言して恥を晒したり、計画なく挑戦して失敗するのが、もっとも愚か。

普段は慎重に動き、失敗しないという確信を得られて初めて、勝馬に乗る。

こういう生き方を「臆病者」と罵るヤツもいるが、知ったことではない。

慎重さこそが、失敗やミスなく人生を上手く生きるための秘訣。

あなたもそうは思いませんか?

考えなしにベンチャー企業で挑戦して失敗する若者を見て、心の底ではどこか安心感を覚える自分がいませんか?

上司が「挑戦しろ」「自分で考えろ」とか言ってきても、失敗したくないので言われたこと以外やりたくないと思いませんか?

私はそういう「軽率な挑戦をしない慎重な人」を非難する気は一切ありません。

むしろ、その逆。

ミスや失敗するリスクが伴う行為はどこぞの挑戦好きにやらせて、そいつの成果や報告を賢く活用することこそ、現代人のスマートな生存戦略。

…話が長くなったな。

このように慎重さを第一と考える私が検討に検討を重ねて厳選した「慎重な人に向いてる至高の適職」をご紹介していこうじゃありませんか。

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

慎重な性格や臆病な人の弱みや短所:仕事でデメリットになりやすい性格面の特徴

向いてる仕事を見極めるためには、まず自分の欠点を理解しておくことが重要です。

「慎重な性格」と言っても、その欠点は、

  • 警戒心が強く人間不信
  • リスク回避志向が強く挑戦しない
  • 意見を言わずに自発性がない
  • 検討するばかりで行動しない
  • 考えてばかりで手を動かさない

など、悪い印象で受け取られることもあり、度が過ぎると「臆病な人」と思われてしまうかもしれません。

こういった短所がマイナス評価されやすい仕事では、活躍の機会を得られないかもしれません。

もし、自分の欠点がマイナスになりやすい職場で働くことになったら、

  • 自分の欠点を上司によく指摘されるのでモチベーションが維持しにくい
  • 価値観や性格がマイナス印象となり正当に評価されない
  • 欠点が目立つため能力を発揮できずに仕事が長く働き続けられない

など、自分の能力や才能を上手く発揮できずに、思うように評価も得られなくなります。

まずは自分の弱みを知っておき
相性の悪い職場を避ける考え方
習得しておきましょう
自分の弱みがマイナスになりやすい
向いてない可能性の高い仕事
記事後半で紹介していきますよ!
自分の弱み・強みをよく知って
本当に適性のある仕事を
見つけ出すヒントにしてください!

必要な判断材料がない状態でも考えすぎて決断に時間がかかる

慎重な性格の人は、必要な情報や判断材料が揃っていない状態でも考えすぎてしまい、決断に時間がかかる傾向があります。これは仕事においても問題となります。例えば、プロジェクトの進行において迅速な判断が求められる場面で、慎重な性格の人は迷ってしまい、プロジェクトの進行が遅れる可能性があります。

このような短所が仕事で与える実害や損失の例としては、プロジェクトの進行が遅れることによるスケジュールの遅延や、他のメンバーとの連携不足によるコミュニケーションの問題が挙げられます。

また、このような慎重な性格の人は、他人からは優柔不断や決断力のなさと思われることがあります。例えば、チームのリーダーとしての役割を担っている場合、他のメンバーからは迅速な判断力や行動力が求められることがありますが、慎重な性格の人はその期待に応えられず、信頼を失う可能性があります。

迅速な決断や動きながら考える場面に苦手意識を感じる

慎重な性格の人は、迅速な決断や動きながら考える場面に苦手意識を感じることがあります。彼らは情報を集め、検討し、慎重に考えることを好みますが、その過程で時間がかかり、他の人とのスピード感の違いを感じることがあります。

このような短所が仕事で与える実害や損失の例としては、迅速な対応が求められるクライアントからの要望に対して、慎重な性格の人が適切な対応を取れず、クライアントの信頼を失う可能性があります。

また、このような慎重な性格の人は、他人からは消極的や行動力のなさと思われることがあります。例えば、新しいプロジェクトの立ち上げ時には、迅速な行動力が求められますが、慎重な性格の人は慎重に考える傾向があり、他のメンバーからは行動力の欠如と思われることがあります。

過度にリスクを回避しようとしすぎて失敗や損失が大きくなる

慎重な性格の人は、過度にリスクを回避しようとする傾向があります。彼らは慎重に計画を立て、リスクを最小限に抑えることを重視しますが、その過程でチャンスを逃したり、失敗や損失を招くことがあります。

このような短所が仕事で与える実害や損失の例としては、新しいビジネスチャンスやプロジェクトに対して、慎重な性格の人が過度にリスクを回避し、チャンスを逃してしまう可能性があります。

また、このような慎重な性格の人は、他人からは保守的やチャンスを逃すことを恐れる姿勢と思われることがあります。例えば、新しいビジネスアイデアを出す場面で、慎重な性格の人はリスクを避ける傾向があり、他のメンバーからは新しいアイデアを出さない保守的な姿勢と思われることがあります。

慎重な性格の人に向いてる仕事や業界

「向いてる仕事」の定義は様々ですが、

  • 適性や才能を発揮できる
  • 興味関心が持てる
  • 熱中できる
  • 今までの経験が活かせる

といった仕事は、長く続いて活躍できる可能性が上がります。

そのためには、まず自分を知っておく必要があります。

周りと比べて自分の欠点を気にすることはありません。

自分の強みや長所を活かせる仕事こそが「本当に向いてる仕事=適職」です。

慎重な性格の人は、以下の隠れた才能を秘めています。

▼慎重な性格の人が持つ適性

  • 検討に検討を重ねる
    リスクを抑える、あらゆる可能性を考慮する、判断材料を集める、計画や戦略を練ってから実行する、ミスやトラブルを抑える
  • 安心と安全を確保する
    専門知識で安全性を評価する、細かな異変に気づく、観察や分析を行う、緻密な計画を立てる

こういった適性は、意外と自分でもわかってないことが多いです。

しかし、アピール次第では転職活動を有利に進めることができ、思いもしなかった天職を引き寄せます。

このような性質を踏まえ、慎重な性格の人に向いてる仕事を解説していきます。

  • 自動車整備士
  • 溶接工
  • 造船技術者
  • ネットワークエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • マーケター
  • 金融マン
  • ファンドマネージャー
  • 国家公務員
  • 公安警察官
  • 国税専門官
  • 食品衛生監視員
  • 裁判官
  • 公害防止管理者

慎重な人にとって向いてる仕事の多くが、準備や開発の段階でトラブルを防ぐ必要があるため、リスクを想定する慎重さが活かしやすいと言えます。一部、国家資格の取得や専門学校でのスキル習得の必要のある仕事もありますが、その分、一度就職してしまえば安定性の高い仕事ですので慎重な人にとって目指してみる価値は高いでしょう。

自動車整備士

自動車を安全かつ快適に走行できるよう、専門の知識と技術で点検と整備を行なうのが自動車整備士の仕事です。工場などに就職後、働きながら必要とされる知識や技術を身に付けていきます。

なお、自動車整備工場には、国土交通大臣が実施する「自動車整備士1~3級」の有資格者を必ず置かなくてはならないという規定があるため、この資格を取っておくと就職にも独立に有利となるでしょう。

自動車の故障などで大事故に繋がらないためにも、慎重な性格の人に向いている職業といえるでしょう。

溶接工

工場や建設現場において、接合部を一時的に溶かして部品同士を接合させるのが溶接工の仕事です。働き先は機械などを生産する工場や船舶をつくる造船所、鉄骨を組み上げる建設現場などになります。

溶接の技術には、接合する素材の種類や溶接に使用する機材によってさまざまな種類があるが、よく使われているのが金属部品の溶接に使われるアーク溶接とガス溶接です。これらの技術について「労働技能講習協会」の講習会などで講習を受け、修了証を手に入れておくと良いでしょう。

溶接作業の際にわずかなズレがあってしまっては場合によっては大きな事故に繋がりますので、慎重な性格の人に向いている職業といえるでしょう。

造船技術者

客船や貨物船、漁船といった船舶を設計したり、造船の作業が工程どおりに進められるように現場の指導や監督を行なうのが造船技術者の仕事です。発注主と相談して使用目的や要望に沿った基本プランを作成し、決定されたプランをもとに各パートを担当する技術者が船の構造、あるいは設備などについて設計を進めていきます。

造船に関する教育コースが設けられている大学(大阪大学・ 九州大学・東海大学・東京大学など)で専門知識を学んで、造船会社へ就職を目指しましょう。そのほか、工業高校や高専などで電気工学や機械工学などを学び、造船会社への就職を目指すこともできます。

ちょっとしたミスが大きな事故に繋がるため、慎重な性格の人に向いている職業といえるでしょう。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、コンピュータを通信機器で接続して、安定したネットワーク通信を可能にするのが仕事です。情報処理サービス産業に従事するネットワークエンジニアは、顧客の要望に従ってネットワーク通信システムの設計や構築を行ない、必要に応じて運営や保守業務もすることもあります。最近では、情報処理産業以外の企業が社員としてネットワークエンジニアを雇う機会が増えており、メールやWebなど各種サーバ管理や、セキュリティの保護などを行なうのがおもな仕事になります。

ネットワークエンジニアになるために必須な学歴や資格はとくにありませんが、理工系の大学などで学校内のネットワークの運用に携わっていた人は就職に有利でしょう。資格は経済産業省管轄の「ネットワークスペシャリスト試験」があります。

組織のインフラを支える重要な役割になりますので、慎重な性格の人にも向いている職業といえるでしょう。

セキュリティエンジニア

コンピューターウィルスやハッキング、不正アクセスな どのサイバー攻撃によって、企業から機密情報などが盗まれる事件が後を絶たない昨今、セキュリティエンジニアはこうした事件を防ぐために、クライアント(顧客)の要望を聞きながら、ウェブサイトをはじめとする企業内のITシステムのセキュリティを強化するため、システムの設計や構築を行なっています。セキュリティシステムの導入後は、企業と情報交換しながらシステムに脆弱性がないかどうかを検査し、監督することも行ないます。

毎日のように新たなサイバー攻撃の手法が考え出されているため、セキュリティエンジニアになるには、技術を高めることはもちろん、日頃からIT業界の動向を観察し、新しい脅威に対抗していかなければならなりません。情報セキュリティ企業に就職して、経験を積みながら「情報処理安全確保支援士」の資格を取っておきましょう。

セキュリティシステムに穴がないように考えられる慎重な性格の人にも向いている職業だといえるでしょう。

マーケター

マーケターとは、マーケティングの仕事を関わる人全般を指す職業で、マーケティングとは簡単に言えば「物が売れる仕組みを作る」ことで、TV広告からネット広告までその範囲は幅広くなります。

マーケティングを行う際、事前の準備や調査、資料作りに大量の時間やコストをかけることも多いため、慎重な性格の人には向いているかもしれません。

金融営業

銀行で働く銀行マンや証券会社で働く証券マン、あるいは保険会社で働く保険マンなど、いわゆる金融業界で働く人は、広く金融マンと呼ばれています。いずれも特別な資格が必要な職業ではありません。

従来、文系の経済学部商学部、法学部の出身者が多かったのですが、業務の国際化が進んでいる金融業界では、語学力を重視するようになっていたり、ITやコンピュータの普及とともに、必要なプログラムを組めるだけの能力を持った理系の人材の需要増えています。

今や世界はいわゆるグローバル化で24時間、365日、リアルタイムで結びついており、そのなかでも金融業界は経済を主導する工場となっています。とくに欧米の先進国は金融が国を支える柱となっており、日本も後を追っています。そういう意味でも仕事は大変ですが、それだけ働きがいがあるとも言えます。

間違いがあっては経済活動にダメージを与えてしまうため、慎重な性格の人にも向いている職業だといえるでしょう。

ファンドマネージャー

ファンドマネージャーの仕事は、顧客から預かった資金を「ファンド(投資信託)」によって運用して収益を上げることです。市場環境を分析して、そこから独自の投資信託商品を企画し、銀行や証券会社などでその商品を販売することで、投資家から資金を集め、株・債券・為替などに投資することで収益を上げます。得た利益は商品を購入した投資家たちに分配します。

日本では、ファンドマネージャーのほとんどが投資信託委託会社、投資顧問会社、生命保険会社、損害保険会社などに所属する会社員ですが、そのほかにも投資信託会社で経験を積んだ後に自分で投資信託委託会社を設立し、個人で顧客を集めて投資信託の商品を売り出して自らオーナーファンドマネージャーとして活躍する人もいます。

大学で経済と金融の基礎を学ぶとともに、現在の株式や経済の仕組み、情勢について常に熟知しておくことが必要です。投資顧問会社や投資信託委託会社に入社して、資産運用や投資信託のキャリアを積みながら、多くの利益を上げることによって顧客から信頼されることが成功につながります。「証券アナリスト」の資格があると就職に有利でしょう。

顧客から資金を預かり収益を上げなければならないため、慎重な性格の人に向いている職業といえるでしょう。

国家公務員

公務員とは日本の国の機関に勤務する者で、国家公務員の仕事は総合職、一般職、専門職の3つに大きくわかれています。総合職試験合格者は「キャリア」と呼ばれる将来の幹部候補生です。入省後、間もない時期から高度な仕事を担当することも多く、3~4年で重要な政策の立案や実行などにも携わることになります。それに対して、一般職(大卒程度試験)を突破した人は、各省庁の中堅幹部職員となって事務や調査のほか、技術的などに携わることになります。また、一般職(高卒者試験や社会人試験)は、各省庁で初級職員として各種一般事務や調査や技術的業務などを行ないます。基本的に採用された地域で勤務します。

国家公務員の受験資格は、総合職(院卒)が30歳未満、総合職(大卒)および一般職(大卒程度)が21歳以上30才未満、一般職(高卒)は17~20歳未満となっています。誰でも受験することができますが、総合職(院卒者試験)は大学院卒業程度、総合職(大卒程度試験)および一般職(大卒程度試験)は大学卒業あるいは短大または高等専門学校卒業程度、一般職(高卒程度)では高校卒業程度の学力が求められます。

試験は筆記試験と面接試験があります。筆記試験で高得点を取ることはもちろんですが、面接試験でも高い評価を得ることが必要です。筆記試験では広範囲な分野が出題されるため、出題数の多い科目や頻出度が高い問題などを過去問から絞り込んで勉強しましょう。また、面接試験対策も考え、専門の予備校や大学の特別講座などで試験対策を学んでおくと良いでしょう。

国政に係わるため間違いなく業務をこなせる慎重な性格の人にむいている職業だといえるでしょう。

公安警察官

警察庁や警視庁および道府県警察の公安部門に属する警察官は公安警察官と呼ばれています。警察庁には生活安全局や刑事局、組織犯罪対策部や交通局、警備局や外事情報部などが置かれています。そのうち国内テロや国際テロ、あるいはサイバー攻撃など、国家体制を脅かす事案に対応しているのが警備局と外事情報部です。警察庁警備局が警視庁警備部と道府県警察警備部を統括しており、それらを含め公安警察と呼ばれています。とくに警視庁の場合は、警備部とは別に独立した組織として公安部が置かれており、多くの公安警察官が専従体制で任務にあたっています。

公安警察官を目指すには、いずれにしても警察官にならなければなりません。警察庁に入るにせよ、警視庁あるいは道府県警察に入るにせよ、国家公務員試験あるいは警察官採用試験を受けて合格する必要があります。警察官採用試験に合格した場合はノンキャリア組、国家公務員総合職試験に合格した場合はキャリア組ということになり、どちらも試験合格後、ノンキャリア組は警察学校、キャリア組は警察大学校に入校し、卒業後に警察署などで現場実務を積んだ上で、本人の希望や資質、上司の意向などを受けて配属が決められることになります。

事件の捜査にミスはできないため、慎重な性格の人に向いている職業といえるでしょう。

国税専門官

国税専門官は、税金に関する調査や指導を行ないます。具体的には、個人や企業が適正に税金を申告してるかどうかを調査したり、未納となっている税金の催促や財産差し押さえなどの滞納処分を行なったり、脱税を見つけ検察官に告発することが仕事です。

国税専門官試験の受験資格は、21歳以上30歳未満の者、または21歳未満で大学を卒業した者、あるいは受験年度に卒業見込みの者などとなっています。国税専門官は会計学や商法の専門知識が必要となるため、大学の法学部出身者が多いようです。採用されると税務大学で約3ヶ月間、税務職員としての基礎を習得する専門官基礎研修を受けたのち、各国税局に配属されます。

調査ミスがあっては事件になってしまうので、慎重な性格の人にも向いている職業だといえるでしょう。

食品衛生監視員

食品衛生監視員は、食品衛生法などの法令に基づき、食の安全を確保する役割を担う仕事です。食品衛生監視員は国家公務員として、厚生労働省検疫所で働く人と地方公務員として各自治体の保健所等に勤務する人の二種類があります。国家公務員として働くなら、人事院が実施する食品衛生監視員試験に合格することが必要です。

食品衛生監視員試験の受験資格は、21歳以上30歳未満で、大学において薬学、畜産学、水産学また農芸化学の課程を修めて卒業した者、あるいは受験年度に卒業見込みの者か、都道府県知事の登録を受けた食品衛生監視員の養成施設で所定の課程を修了した者、あるいは修了する見込みの者となっています。

食の安全を守る重要な役割のため、慎重な性格の人に向いている職業といえるでしょう。

裁判官

裁判官は刑事裁判の場合であれば、検察官・弁護人・被告人の話をよく聞き、提出された証拠をよく見 ながら、被告人に罰を与えるかどうか、さらにはどのくらい重い罰を与えるかを決めるのが仕事です。

裁判官になるには、弁護士や検察官と同様に、司法試験に合格しなければなりません。まずは法科大学院で学び、司法試験の受験資格を得ます。司法試験に合格すれば、その後、司法修習生として司法を修習し、判事補として経験を積んだ後、裁判官になることができます。

事実を客観的に見られる慎重な性格の人にも向いている職業だといえるでしょう。

公害防止管理者

工場など公害発生施設で大気汚染や水質汚濁、騒音や振動公害などの防止と管理にあたるのが公害防止管理者の仕事です。公害防止管理者は、製造業、電気供給業、ガス供給業、熱供給業の公害発生施設の運転、維持と管理、燃料や原材料の検査などを行なう役割を担っています。地域住民との折衝の際には工場側の代表となることが多く、実際に職務にあたるときには、事態の収拾を図るべく交渉を行なわなければならないため、高いコミュニケーション能力が求められます。

公害防止管理者は環境省が認定する国家資格で、産業環境管理協会が実施する公害防止管理者等資格認定講習を受講するか、公害防止管理者等国家試験を受験して資格を取得できます。

人々の暮らしを守る重要な役割のため、慎重な性格の人に向いている職業といえるでしょう。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

【厳選】オススメの転職サービス

最後まで読んでくれた方限定で、当サイトで厳選した「本当に使っておくべき転職サービス」を紹介していきます。

サイト運営7年以上、
人材業界の動向にも詳しい運営者
サービス実態市場ニーズも踏まえて
厳選しました!

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

ポジウィルキャリアは初回相談(カウンセリング)は無料で受けられるため、適職選びで悩んでいるなら相談してみるといいでしょう。

それ以外にも、様々な診断ツールやLINE相談も用意されており、気軽に相談しやすくなっているので、試しに活用してみてください。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

次に異業種への転職を実現させる、次世代型転職エージェント「Worx(ワークス)」の紹介です。

▼こんな人にピッタリ

  • 仕事の将来に期待ができない
  • 別の職業へ転職したい
  • だけど、どの職業が向いてるかわからない…
  • 年収アップしたい
  • 将来性の高い職業に就きたい
  • スキルアップして無理のない転職がしたい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

など、異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)では、

  • どの職業が向いてるか診断してくれる
  • その仕事に就くためのスキルアップ支援もある
  • スキルアップは自宅学習とオンライン面談
  • なので、空いた時間に無理なく転職活動できる

といった、他にはないサポートが用意されています。

これにより、

  • 接客業→大手IT企業
  • ウェディングプランナー→外資系企業
  • 保険営業→インサイドセールス

といった、今までにない転職の選択肢を実現可能となります。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なので、今の会社から抜け出したい人にとっては大きなチャンスを得られると言えます。

また、今までの転職エージェントでは最短3ヶ月と十分な期間が得られないことが多かったですが、Worx(ワークス)は半年~1年と、計画的で無理のない転職活動ができます。

さらに、スキルアップや業界研究をした上での転職となるので、入社後も業務についていけるようになり、転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

Worx(ワークス)は、相談はもちろんスキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、気になった方は試しに使ってみてください。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました