【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

第二新卒向けにはブラック企業しかない?そう悩んだら知っておきたい隠れ優良求人の見分け方とは?

「新卒入社した会社がブラックだった…」
「大企業なのに実態はブラックだった…」
「新卒3年目以内だけどブラック過ぎて3年も続けられる気がしない…」

そう悩んでいませんか?

世の中には、ブラック企業がたくさんあります。

新卒入社した方の中には、ブラック企業に入社してしまって「辞めたい…」と悩んでいる方もいることでしょう。

最近では、卒業後3年以内の早期離職者は「第二新卒」と言われ、転職して正社員としてやり直しの利きやすい年齢層でもあります。

ただ、ブラック企業で精神・肉体ともに追い詰められているならともかく、まだ健康状態にも余裕がある場合は「辞めないほうがいい」こともあるので、一緒に辞めるべきかどうかについて考えていきましょう。

【20代向け】オススメの就職支援サービス

経歴に自信がない人でも利用可能な「いい就職ドットコム」の紹介です。
20代なら既卒・第二新卒・フリーター・ニートでも学歴・経歴不問で利用可能。
正社員求人限定」「ブラック企業徹底排除」「経歴より人柄重視」と優良企業の求人多数!
創業者が既卒経験者なので利用者目線の親身な対応に期待できる。
安定した会社に就職して正社員として長く働きたい人にオススメ!

→詳細はこちら

新卒入社した会社がブラックだったら?

新卒入社した会社がブラックで辞めること自体は、別に珍しいことではありません。

新卒は3年以内にどれぐらい辞めているのか?

新卒が3年以内に辞める割合ですが、「七五三現象」という言葉がある通り「大卒3割、高卒5割、中卒7割が3年以内に離職する」という統計結果が出ております。

また、大卒以上の経歴を持っている方でも「従業員100人未満の企業で4割」「30人未満の企業では5割以上」という統計結果が出ており、会社が小さければ小さいほど離職率が高い傾向にあります。

「ブラック」の基準は?

辞める・辞めないの際に「ブラック」の基準が争点になりやすいのですが、法律や規則で決めているラインはあくまで「裁判・法手続き用」です。

ですので、主観的に「自分がブラックで感じるならブラック」という判断で決めてもいいでしょう。

ブラック企業が出来るケースは大きく2つに別れ、

  • 業務量が多すぎて、残業時間・出勤日数が多くなってしまう
  • 経営者や上司の人格がおかしく、精神的に追い詰められやすい職場環境

…のどちらか、あるいは両方とも当てはまるブラックな職場もあります。

企業の「社風」を確認しておく

ブラック企業かどうか見極める際のポイントは「社風」と呼ばれる、その会社独特の文化や慣習、社員のノリや考え方を知っておくことです。

とくにブラックな職場が多いのが「体育会系の社風」の会社で、とくに文系出身者の集まる「営業」「広報」などの仕事が当てはまります。

社風次第では、大手企業や有名企業であっても、ブラックな環境で働くことになることも珍しくはありません。

たとえば、大手広告代理店やマスコミ業界などはブラックな職場が多いことで知られておりますが、その分将来的な年収の高さや社会的地位にも期待できます。

また、不動産業・金融業界の営業もハードで知られており、他にも飲食業など、業界構造・慣習的にブラックになりやすい職種・業種があるので、自身の会社の社風について知っておくといいでしょう。

上司がハラスメント行為をしてくる場合も注意

どれだけ待遇が良くて有名な企業であっても、職場内の上司がハラスメント行為を平然と行ってくる場合も「ブラック」だと言っていいでしょう。

とくに、新卒入社後は上司や先輩から教わらなければ何も出来ない状態なのですが、余裕のない企業は新人を放置することも珍しくはありません。

どんなに過酷な労働環境でも上司がしっかりフォローしてくれる会社であれば精神的には耐えられるでしょうが、そうでなければ精神的にも追い込まれ、うつ病や過労死につながることだってあります。

ハラスメント行為は防止策は国が提唱していても、企業内で改善する気がなければどうにもならない問題なので、現実的には辞めるほかないでしょう。

新卒でブラック企業のまま働き続けると抜け出せない?

ブラック企業で長く働き続けると、抜け出せない恐れがあります。

その理由は、

  • ブラックな社風についていける頭のおかしい人ばかりが残るため、感覚が麻痺する
  • 「辞めさせない」という威圧感があるので、辞めにくい
  • 職場全体のノリや協調性があるため、罪悪感を感じて辞めにくくなる
  • 睡眠不足・うつ病でまともな判断力がなくなり、冷静な判断が出来なくなる

…など、ブラック企業で勤め続けると、感覚が麻痺してしまい、会社の色に染められてしまうのです。

会社の社風もノリも「合う・合わない」は存在しますので、どうしてもついていけないのであれば、新卒3年以内であっても前向きに転職を検討しておきましょう。

辞められない場合は、退職代行を活用しておく

ブラック企業を辞める際に、まれに「上司が辞めさせてくれない」「脅迫して引き止めてくる」などのケースもあるそうです。

たとえば「そんなんじゃどこ行っても続かねえぞ!」などと威圧して、辞表を取り下げさせるケースです。

しかし、そんな場合も「退職代行」というサービスを活用しておけば、万が一の場合も安心して辞められます。

退職代行のメリット

  • LINE・電話での事前相談を無料で受けられる
  • 自分の代わりに、伝えにくい退職の届け出を行ってくれる
  • 万が一、怖い上司に退職を引き止められた場合も、退職代行が強気に交渉してくれる

ただし、退職代行は利用相場3万円とそこそこの値段がかかるので、最後の手段にしておくといいでしょう。

新卒3年以内の転職は「第二新卒」になる

転職に関してはよく「とりあえず3年」などとは言われますが、それはあくまでキャリアアップする場合の話。

冒頭にもお伝えした通り、最近では卒業後3年以内の早期離職者である「第二新卒」層の転職も容易になってきております。

第二新卒はブラックしかない?

第二新卒として転職を考えている方は、

「第二新卒層の転職先はブラックしかないんじゃないか?」
「第二新卒を採用する企業にいい企業はない…」

…と考えているのではないでしょうか。

結論から言えば、新卒生に人気の一部の超大企業以外であれば、第二新卒であれば選べる幅は広いと言えます。

第二新卒の転職事情については、以下の記事などにも詳しくまとめていますので、ぜひご参考ください。

新卒で入社したブラック企業を辞めた後はどうする?

新卒で入社したブラック会社を辞めた後はどうすればいいのでしょうか?

一般的には、以下のようなパターンに別れます。

  • 会社に退職届を出して正式に退職する(通常1ヶ月ほど)
  • ハローワーク(公共職業安定所)に申請して、失業保険受給申請をする
  • 転職先から内定をもらっておき、退職後にそのまま入社する

辞めるだけであれば、会社に辞表を出して1ヶ月もすれば、退職可能です。

また、雇用保険に入っている場合、ハローワークに申請しておけば失業保険を受け取ることもでき、最大半年間は失業保険による手当金が受け取れます。

※条件によって受給資格が変わりますので、最寄りのハローワークに問い合わせてください。

ただ、精神的にも時間的にも余裕がある方であれば、まずは辞める前に就職支援サービスや転職エージェントなどに相談し、次の転職先を見つけ出しておくことを強くオススメします。

辞める前にしっかり相談しておけば「意外と今の会社の待遇は悪くなかった」「ブラックだと思ってた会社だけど違った。続けてみよう」と気づく可能性もあるので、いきなり辞めてしまうよりも冷静に判断できます。

空白期間が長いと「仕事を探すのが億劫…」「ブランク期間があるので自信がない…」という精神状態になり、モチベーションも下がりがちです。

また、転職サポート業者に足元見られて、いい求人を紹介してもらえないこともあるので、出来れば退職する前にしっかり転職活動を行っておくと、後悔せずに済むでしょう。

第二新卒向けの就職支援サービスを使っておこう

ここまで解説したように、第二新卒の求人がすべてブラックに見えてしまうのには数々の要因が潜みます。その中でも最も大きいのは「自分自身のメンタルの不安定さ」「求人情報を見抜く能力の不足」「自分がどうなりたいかのキャリア方針が定まっていない」といった要素です。

ですので、納得のいく転職先で長く働きたいなら、時間をかけてでも就職活動を通して自己分析や企業研究などを行い「自分が本当に就きたい職業は何か?」「どんな職場なら長く続けられそうか?」といった考えをまとめることが大切です。

そのためのサポートを行ってくれるのが20代向けの就職支援サービスでプロに相談することです。

20代向けの就職支援サービス?
怪しくない?ブラックばかりじゃない?

このように思われる方も多いでしょうから、20代向けの就職支援サービスが成り立つ理由について少しだけ解説させてください。

職歴なしは卒業後3年以内なら「既卒」と呼ばれます。既卒は人材市場では「若いという理由だけで価値がある人材」として需要があります。卒業後3年が経過していても、20代までは未経験職への就職をサポートしている業者は数多く存在します。

これは企業目線で考えた際にも、若手向けの人材紹介サービス経由で採用するメリットが大きいからです。

「企業は完璧な採用ができる!」と思いがちですが、実際にはそうではありません。

企業からすれば、若手の採用の際に判断ポイントとなるのが「すぐに辞めないかどうか?」「社内で問題を起こさないか?」といった点です。「職歴なしかどうか?」「経歴が足りない」「能力がない」といった要素は、実はさほど見られてません。

「採用ノウハウがなく求人を出しても人がこない」
「応募が来ても自社に合うかどうか見抜けない」
「誰でもOKな無料求人で募集したら変な人まで来て面接の負担が増える」
「すぐ辞める社員やモンスター社員の採用だけは避けたい」

こういった悩みを抱える企業の代わりに、就職支援サービスを運営する会社が採用や面接の負担を背負っている…という構図になるわけです。

ここまで説明すれば勘の良い方はお気づきかもしれませんが、就職支援サービスを利用すること自体が「採用企業の代わりに人材の選考や教育を行う=就職支援サービスのサポートをちゃんと受ければまともな職に就ける」ということになります。

自分一人で就職活動する場合に、ゼロから「求人探し→履歴書作成→面接対策」しなければならない負担を、就職支援サービスが代わりにしてくれるというわけです。その証拠に、ほとんどの就職支援サービスでは「履歴書なしで面接可能」となっています。

自分一人で就職活動しなきゃ…」と思ってたけど
そんなことしない方が実は効率的だった…!?

企業目線で見た場合も、無料求人で「誰でも応募できる」状態にするよりは、実績のある就職支援サービスを経由して人を雇った方が「すぐ辞める人材や問題社員を採用するリスクを減らせる」というメリットがあります。

ですので、採用に慎重で「いい人ほどを雇いたい」という優良企業ほど、実は表に求人を出さず、就職支援サービスを経由して人を雇おうとするわけです。

今までハローワークや無料求人サイトで
条件の良くない求人ばかり見ていた時間が
無駄だったかも…

この記事に訪れた「仕事の探し方がわからない…」という人ほど、就職支援サービスに相談した方が間違いのない仕事選びができるはずなので、この機会にチェックしてみてください。

安定した正社員になりたいなら
「JAIC就職カレッジ」

「就職に失敗したくない…」
「ブラック企業に入社したくない…」
「正社員として安心して働ける会社がいい…」

このように悩まれている方に、ご紹介したいのが「JAIC(ジェイック)就職カレッジ」です。

JAIC就職カレッジは1991年から運営されている老舗で長い実績を持ちます。

20代向け(既卒・第二新卒向け)の就職支援サービスは数多くあります。その中でもJAIC就職カレッジは高い内定率高い入社後定着率を誇ります。

「内定率」と「定着率」って
どういう意味ですか?

内定率は、その支援サービスを使った場合、最終的に内定をもらえる割合を指します。

JAIC就職カレッジの内定率は「81.1% *1」なので、約8割の人が最終的に内定をもらえる計算となります。*1:2005/5/1~2022/4/30の弊社主催の面接会参加人数

定着率は、その支援サービスを使って就職した後、その会社を辞めずに長く働き続けられるかを表す指標です。

JAIC就職カレッジ入社後定着率は「91.5% *2」なので、約9割以上の人が就職後に入った会社に満足して辞めないで続けている計算となります。*2:2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

「内定率が高い=面接通過率が高い」
「定着率が高い=従業員が辞めない優良企業」
…だと言えるな!

高い内定率・定着率となるのは、時代に合わせてブラック企業排除の方針を徹底してきた歴史があったり、紹介先企業の実態調査もしっかり行っているからです。

入社してもすぐ辞めたくなる
ブラック企業を紹介される
不安はなさそうですね!

さらに、他の若手向けの就職支援でサポート対象となりにくい35歳までの人なら経歴問わずにサポート対象となる点も強みで、長い運営実績に裏打ちされた安定的な正社員就職を実現しているのが、JAIC就職カレッジだと言えます。

JAIC就職カレッジは
下のボタンから
公式サイトで登録できます

未経験からでもITエンジニアになれる
「Next Career(ネクストキャリア)」

次に未経験からのIT人材を目指せる「Next Career(ネクストキャリア)」の紹介です。

IT人材は需要が高く経験を積めば自由な働き方や高年収も実現可能です。

一方、ブラックな働き方の現場が多かったり、スキルを身につけるのに高額のスクールに通う必要があるなど、未経験からIT人材になるには多くの問題もあります。

その点で、NextCareerでは20代であれば未経験から無料でプログラミング学習も提供してもらえ、就職先選びや就職後のサポートも1年間してくれるため、確実にIT人材になりたい20代の人向けだと言えます。

優良中堅企業の紹介多めの
「いい就職ドットコム」

最後に「いい就職ドットコム」ですが、2001年からの運営実績がある老舗サービスです。

面談前提の就職支援サービスと違い、あらかじめ求人情報も閲覧できたり、定期的なセミナー開催があるなど、無理なく自分のペースで就職活動を進めたい20代向けです。

これらのサービスはすべて無料で使え、似たような20代向けサービスと比べて長い運営実績があるので他と比べても内定率は高めの傾向です。

また、高い内定率の理由として研修制度親身なキャリア相談などのサポート面も充実しているため、経歴に自信のない方でも安定して利用しやすいと思います。

さらに、就職後も長く働けるための保証ブラック企業排除の取り組みも徹底しているので、正社員として安定して長く働ける会社をお探しの方は、ぜひ、活用してみてください。

第二新卒
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました