新卒でブラック企業に入社してしまって転職をする時に知っておくべきこと。第二新卒はブラックしかないのか?

「新卒入社した会社がブラックだった…」
「大企業なのに実態はブラックだった…」
「新卒3年目以内だけどブラック過ぎて3年も続けられる気がしない…」

そう悩んでいませんか?

ブラック企業問題は未だになくなりません。

しっかり新卒入社した方であっても、ブラック企業に入社してしまった「辞めたい…」と悩んでいる方もいることでしょう。

最近では、卒業後3年以内の早期離職者は「第二新卒」と言われ、転職して正社員としてやり直しの利きやすい年齢層でもあります。

ただ、ブラック企業で精神・肉体ともに追い詰められているならともかく、まだ健康状態にも余裕がある場合は「辞めないほうがいい」こともあるので、一緒に辞めるべきかどうかについて考えていきましょう。

新卒入社した会社がブラックだったら?

新卒入社した会社がブラックで辞めること自体は、別に珍しいことではありません。

新卒は3年以内にどれぐらい辞めているのか?

新卒が3年以内に辞める割合ですが、「七五三現象」という言葉がある通り「大卒3割、高卒5割、中卒7割が3年以内に離職する」という統計結果が出ております。

また、大卒以上の経歴を持っている方でも「従業員100人未満の企業で4割」「30人未満の企業では5割以上」という統計結果が出ており、会社が小さければ小さいほど離職率が高い傾向にあります。

「ブラック」の基準は?

辞める・辞めないの際に「ブラック」の基準が争点になりやすいのですが、法律や規則で決めているラインはあくまで「裁判・法手続き用」です。

ですので、主観的に「自分がブラックで感じるならブラック」という判断で決めてもいいでしょう。

ブラック企業が出来るケースは大きく2つに別れ、

  • 業務量が多すぎて、残業時間・出勤日数が多くなってしまう
  • 経営者や上司の人格がおかしく、精神的に追い詰められやすい職場環境

…のどちらか、あるいは両方とも当てはまるブラックな職場もあります。

企業の「社風」を確認しておく

ブラック企業かどうか見極める際のポイントは「社風」と呼ばれる、その会社独特の文化や慣習、社員のノリや考え方を知っておくことです。

とくにブラックな職場が多いのが「体育会系の社風」の会社で、とくに文系出身者の集まる「営業」「広報」などの仕事が当てはまります。

社風次第では、大手企業や有名企業であっても、ブラックな環境で働くことになることも珍しくはありません。

たとえば、大手広告代理店やマスコミ業界などはブラックな職場が多いことで知られておりますが、その分将来的な年収の高さや社会的地位にも期待できます。

また、不動産業・金融業界の営業もハードで知られており、他にも飲食業など、業界構造・慣習的にブラックになりやすい職種・業種があるので、自身の会社の社風について知っておくといいでしょう。

上司がハラスメント行為をしてくる場合も注意

どれだけ待遇が良くて有名な企業であっても、職場内の上司がハラスメント行為を平然と行ってくる場合も「ブラック」だと言っていいでしょう。

とくに、新卒入社後は上司や先輩から教わらなければ何も出来ない状態なのですが、余裕のない企業は新人を放置することも珍しくはありません。

どんなに過酷な労働環境でも上司がしっかりフォローしてくれる会社であれば精神的には耐えられるでしょうが、そうでなければ精神的にも追い込まれ、うつ病や過労死につながることだってあります。

ハラスメント行為は防止策は国が提唱していても、企業内で改善する気がなければどうにもならない問題なので、現実的には辞めるほかないでしょう。

ブラック企業で長く働くと抜け出せない?

ブラック企業で長く働き続けると、抜け出せない恐れがあります。

その理由は、

  • ブラックな社風についていける頭のおかしい人ばかりが残るため、感覚が麻痺する
  • 「辞めさせない」という威圧感があるので、辞めにくい
  • 職場全体のノリや協調性があるため、罪悪感を感じて辞めにくくなる
  • 睡眠不足・うつ病でまともな判断力がなくなり、冷静な判断が出来なくなる

…など、ブラック企業で勤め続けると、感覚が麻痺してしまい、会社の色に染められてしまうのです。

会社の社風もノリも「合う・合わない」は存在しますので、どうしてもついていけないのであれば、新卒3年以内であっても前向きに転職を検討しておきましょう。

辞められない場合は、退職代行を活用しておく

ブラック企業を辞める際に、まれに「上司が辞めさせてくれない」「脅迫して引き止めてくる」などのケースもあるそうです。

たとえば「そんなんじゃどこ行っても続かねえぞ!」などと威圧して、辞表を取り下げさせるケースです。

しかし、そんな場合も「退職代行」というサービスを活用しておけば、万が一の場合も安心して辞められます。

退職代行のメリット

  • LINE・電話での事前相談を無料で受けられる
  • 自分の代わりに、伝えにくい退職の届け出を行ってくれる
  • 万が一、怖い上司に退職を引き止められた場合も、退職代行が強気に交渉してくれる

ただし、退職代行は利用相場3万円とそこそこの値段がかかるので、最後の手段にしておくといいでしょう。

第二新卒向けの「ウズキャリ」でも退職代行のサポートあり

当サイトに直接広告掲載の委託を頂いている株式会社UZUZ様の運営する「ウズキャリ」でも、退職代行のサポートを行っております。

ウズキャリの場合は退職代行業者と違って「あくまで退職のための手続きをサポートしてくれるだけで、退職手続きは自分で行う必要あり」ですので、その点は知っておきたいです。

ただし、その後の転職サポートはしっかり行ってくれますので、退職と同時に転職活動に取りかかりたい方はウズキャリを使っておくのもいいでしょう。

ウズキャリは登録から内定まで、全て無料で利用できます。

新卒3年以内の転職は「第二新卒」になる

転職に関してはよく「とりあえず3年」などとは言われますが、それはあくまでキャリアアップする場合の話。

冒頭にもお伝えした通り、最近では卒業後3年以内の早期離職者である「第二新卒」層の転職も容易になってきております。

第二新卒はブラックしかない?

第二新卒として転職を考えている方は、

「第二新卒層の転職先はブラックしかないんじゃないか?」
「第二新卒を採用する企業にいい企業はない…」

…と考えているのではないでしょうか。

結論から言えば、新卒生に人気の一部の超大企業以外であれば、第二新卒であれば選べる幅は広いと言えます。

第二新卒の転職事情については、以下の記事などにも詳しくまとめていますので、ぜひご参考ください。

新卒で入社したブラック企業を辞めた後はどうする?

新卒で入社したブラック会社を辞めた後はどうすればいいのでしょうか?

一般的には、以下のようなパターンに別れます。

  • 会社に退職届を出して正式に退職する(通常1ヶ月ほど)
  • ハローワーク(公共職業安定所)に申請して、失業保険受給申請をする
  • 転職先から内定をもらっておき、退職後にそのまま入社する

辞めるだけであれば、会社に辞表を出して1ヶ月もすれば、退職可能です。

また、雇用保険に入っている場合、ハローワークに申請しておけば失業保険を受け取ることもでき、最大半年間は失業保険による手当金が受け取れます。

※条件によって受給資格が変わりますので、最寄りのハローワークに問い合わせてください。→ハローワークインターネットサービス – 雇用保険手続きのご案内

ただ、精神的にも時間的にも余裕がある方であれば、まずは辞める前に就職支援サービスや転職エージェントなどに相談し、次の転職先を見つけ出しておくことを強くオススメします。

辞める前にしっかり相談しておけば「意外と今の会社の待遇は悪くなかった」「ブラックだと思ってた会社だけど違った。続けてみよう」と気づく可能性もあるので、いきなり辞めてしまうよりも冷静に判断できます。

空白期間が長いと「仕事を探すのが億劫…」「ブランク期間があるので自信がない…」という精神状態になり、モチベーションも下がりがちです。

また、転職サポート業者に足元見られて、いい求人を紹介してもらえないこともあるので、出来れば退職する前にしっかり転職活動を行っておくと、後悔せずに済むでしょう。

第二新卒向けの就職支援サービスを使っておこう

新卒でブラック企業に入社してしまって辞めたい方は、第二新卒向けの就職支援サービスの利用をオススメします。

転職を考える場合に「転職エージェント」を使うのもありなのですが、第二新卒向けはより早期離職者に向けてのサポートや対応に期待できるので、必ず使っておきたいです。

転職エージェントに関しては「大手・有名企業の求人を受け取っておきたい(ただし採用されるかどうかは別)」「効率よく転職先を決めたい」という場合であれば使っておく価値はあります。

一方で第二新卒向けの就職支援サービスは、小さめの隠れた優良企業が多めにあり、採用も経歴よりは「人柄・人間性重視」ですので、ブラック企業を避けたいのであれば、就職支援サービスも使っておくと間違いないでしょう。

ニート訴求

とくにオススメの就職支援サービスは、以下の3つです。

就職ShopオススメNo.1…業界No.1のリクルートの手がける就職支援サービス。求人数が多く、人柄・人間性重視の小さめの企業の紹介が中心。意外な穴場求人と出会えるチャンスなので、必ず利用しておきたい。→就職Shopの解説記事

ハタクティブオススメNo.2…急成長中の人材会社レバレジーズの手がける、20代向けの就職支援サービス。中卒~大学中退者まで対応してくる層が厚く、面談通過率・内定率も高く効率がいい。面談拠点は全国展開。→ハタラクティブのオススメ記事

DYM就職オススメNo.3…若手の就職支援業者として、根強い実績を持つDYMが手がける。効率重視で最短1週間で内定がもらえることも。有名企業とのコネも強く、意外な優良企業と出会えるチャンス。こちらも面談拠点は全国区→DYM就職の解説記事

これらの就職支援サービスは、無料で登録できて就職先が決まるまで丁寧にサポートしてくれます。

なぜ、無料なのか?

理由は単純で「企業側がお金を払ってでも、将来性のある若者を採用したい」と考えているからです。

人材会社の運営する就職支援サービスでは、人件費に余裕のある企業ばかりなので、ブラック企業はなく、働きやすい企業と出会える確率がグッと高くなります。

また、利用者にすぐ辞められたら就職支援サービス側の信用にも関わるので、対応が丁寧で、決して強引な勧誘や無理な就職を押しつけてくることはありません。

途中で利用をやめることもできるので「思ってたのと違う…」「いい仕事を紹介してもらえない…」と思った場合も安心です。

とくにこれらの就職支援サービスは「既卒・第二新卒・フリーター・ニート」といった、レールから外れた人向けのサポートを行っているサービスで、読者と同じような悩みを持つ人を数多くサポートしてきた実績もあります。

さらに就職支援サービスは効率面も重視しているので、履歴書作成の手間がかからず、すぐに面接に行き着くことも多いので、就職活動で余計な手間をかける時間も省けます。

もちろん、面談のアドバイスもしっかりと行ってくれるので、安心して利用できますよ。

無料でここまでサポートしてくれると「怪しい…」と思う方もいるでしょう。

しかし、日本は若手が不足していて、それだけ「お金と時間をかけてでも、しっかりと若い人材を採用したい」と思っている企業が多いということです。

これらのサービスをしっかり活用しておけば、今まで1人で抱え込んで悩んでいたことがバカバカしくなるほどスムーズに就職・転職先が決まりますので、ぜひ登録だけでも済ませておいてください。

※現在は景気がよく買い手市場で非常に内定がもらいやすく、紹介してもらえる求人も多いので、早めの行動をオススメします。

その他の就職支援サービス

日本では20代の若手人材が不足しているため、上の3社以外にもきめ細やかな対応に期待できる就職支援サービスが登場しております。

以下に紹介する就職支援サービスは人を選ぶ反面、自分に合ったものを使えば意外な天職にも出会えるチャンスですので、気になる方はチェックしてみてください。

ウズキャリ

20代の若手でとくにIT・WEB業界に興味があるなら「ウズキャリ」がオススメ。

ウズキャリの特徴は、ざっと以下の通り。

ウズキャリの特徴

  • 社長がニート・フリーター経験ありのため、利用者目線に沿った運営方針
  • IT・WEB系の紹介に強い
  • 面談に平均20時間もかけるほど対応が丁寧
  • 若手中心のベンチャー企業のため、20代目線に近いサポートに期待できる
  • 「ウズカレ」という研修講座を受けた上での就職も可能

良くも悪くも「若手中心のITベンチャー」という会社なので、気になった方は使っておくといいでしょう。

※当サイトの読者限定で、ウズキャリ様より「Amazonギフト券2,000円分」のキャンペーンの案内を頂いております。利用される方はぜひご活用ください。

Amazonギフト券獲得の流れ

  1. 会員登録をする
  2. 本人確認の電話の際に【キャンペーンコード「uz20」】伝えていただく
  3. 面談後、3週間以内にAmazonカードをメールにて送付

JAIC(ジェイック)

20代向けの就職支援サービスとして根強い実績を持つのが「JAIC(ジェイック)」です。

JAIC(ジェイック)の特徴

  • 正社員の紹介限定(他業者だと契約・派遣がある場合も)
  • 研修・講座でビジネスマナーなどを徹底指導してくれる
  • 全国展開
  • 地方から東京までの交通費と宿泊費を全額支給

ウズキャリとは対照的で、古風な体育会系の就職支援という感じです。

また、JAICの場合は「研修や講座でみっちり社会人の心構えを作った上で、就職先を紹介」という方針ですので、効率面はやや劣ります。

社会人としての心構えや基礎をしっかり身につけた上で、腰を据えて働ける会社を探したい方であれば、使っておきたいサービスです。

GEEK JOB(ギークジョブ)

東京近郊在住の方で、未経験からIT・WEB業界のプログラマー・エンジニアを目指したい方は「GEEK JOB」がオススメ。

GEEK JOBの特徴

  • 20代なら無料で本格的なプログラミング研修が学べる
  • IT・WEB業界で働くために必要なコミュニケーションスキルも学べる
  • ただし、東京都内の拠点に通う必要あり

GEEK JOBは、プログラミング研修を学んで本格的にプログラマー・エンジニアを目指したい方なら、非常に向いているサービスだと言えます。

もちろん、最初は無料で体験講座を受けてから、長期間の研修を受けるかどうか判断することも可能ですので、気になる方はぜひ参加してみてください。

TokyoDive(トーキョーダイブ)

東京への上京就職を考えている方なら「TokyoDive」もオススメ。

TokyoDiveの特徴

  • 地方在住でも、東京都内の仕事を紹介してもらえる
  • 東京の住まいを無償で提供してもらえる
  • ただし、派遣社員の紹介も多め

TokyoDiveの魅力はなんと言っても「東京の住まいも無償で提供してもらえる」という点にあり、上京就職を考えている方にとっては非常に心強いサービスだと言えます。

ただし、難点は派遣社員の紹介もあるところで、東京都内で正社員として長く働ける職場を探たい方にはやや不向きかも。

逆に「派遣社員でもOK」という方であれば、TokyoDiveは非常に魅力的です。

地方住まいの方でも、まずは電話面談と履歴書送付からでもサポートを受けられますので、興味のある方は使っておくといいでしょう。

東京みらいクルー

こちらも東京での就職・転職を考えている人にオススメの「東京みらいクルー」。

東京みらいクルーの特徴

  • 東京都内の正社員求人を中心に紹介してもらえる
  • 東京の不動産物件も同時に紹介してくれる

TokyoDiveはかなり緩めの感じのサービスですが、東京みらいクルーは正社員求人中止なので誠実な印象が強めです。

欠点としては、まだ運営期間が短く、知名度が低いところ。

そのため、あまり具体的な信用できる口コミ・評判も出回っていない点には注意。

関連コンテンツ