職場でいじめられるタイプの特徴5選!職場いじめにあわないための防衛方法は?

職場でいじめの標的になっていませんか?

大人になっても、仕事において集団が出来ると、いじめは必ずどこかで起こり得るものです。

残念なことに、いじめられるタイプはどこの職場に行っても、不思議と職場いじめにあってしまいがちです。

では、職場いじめにあってしまうタイプに人には、どのような特徴があるのでしょうか?

この記事では「職場でいじめられるタイプ」について、紹介していきます。

スポンサーリンク

職場でいじめられるタイプの人とは?

職場でいじめられる人は、以下のようなタイプです。

  • ハッキリと意見しない人
  • 周りに合わせない・空気を読まない人
  • 仕事が出来ない要領の悪い人
  • 口答えの多い人
  • 若くてかわいい女性

それぞれ、詳しく特徴を見ていきましょう。

ハッキリと意見しない人はいじめられやすい

ハッキリと意見を言わない人は、職場でいじめられるタイプだと言えるでしょう。

これには以下の理由が考えられます。

  • ハッキリとした意思表示をしないので、考えていることがわかりにくい
  • 決まったことに対して、陰で文句を言うので厄介
  • 他人の顔色を伺ってばかりで、周りをイライラさせる
  • 自発的に動くことがない指示待ち人間で、自分の仕事しかやらない
  • 争いを避けがちで、他人に自分の気持ちを代弁してもらうことが身に染みている

筆者もなるべく対人関係ではイライラしないように立ち回っていますが、ハッキリと意見を言わない割には後から文句をつけてきたり、自分の気分が乗らないと露骨に怠けたり嫌な顔をするタイプは、一緒に仕事していてストレスを抱えることが多く感じます。

人間とは残虐な生き物なので、他人をイライラさせるタイプの人間は、一度誰かが表立ってバッシングしてしまったら最後、いじめてもいいという心理が働いてしまうものです。

ですので、自己防衛の意味でも、ハッキリと意見を言っておいた方がいい場面では、主義・主張を通しておくことも大事でしょう。

周りに合わせない・空気を読まない人はいじめられやすい

周りに合わせない人や空気を読まない人も、職場でいじめられるタイプです。

日本の集団社会では「出る杭は打たれる」という性質が強いので、空気を読まずに目立ちすぎたり、職場の雰囲気を読まない人は、いじめの標的になりやすいかもしれません。

また、会社においては「怒らせてはいけない人」が存在することもあります。

怒らせてはいけない人が上司や経営者である場合、その人との関係だけで出世・昇給が左右されることも十分に考えられます。

部下が有能過ぎる上に、上司や先輩の立場をおびやかすものであると、多くの場合は警戒されてしまい潰されかねません。

とくに日本の会社は年功序列の考え方が強く、縦割り組織であるほど、能力はあるけど空気は読まない人間は嫌われがちです。

「能力があってもいじめられることはある」という点で、空気を読まなすぎないことも、組織においてはいじめを生む原因だと知っておくといいでしょう。

仕事が出来ない要領の悪い人はいじめられやすい

職場いじめにあいやすいのは「仕事が出来ない=要領が悪い=無能」な人でしょう。

仕事においては、足を引っ張る人間は他人をイラ立たせやすいものです。

とくに以下の場合は注意。

  • わからないことを誰にも聞かない
  • 周りのペースに合わせる気がない
  • 出来ないなりに頑張ってる姿勢すら見せない
  • 出来ないことを無理に一人で抱え込む
  • 一切自発的に動かず、指示待ちの姿勢

仕事が出来ないだけならともかく、それをわかっておきながら、一刻でも早く覚えて戦力になる気すらない人は、職場の統率を乱してしまうことになります。

とくに入社したての頃や、新しい職場や仕事に挑戦する際は、周りの足を引っ張っている罪悪感に苛まれることもあるでしょうが、出来ないなりに出来る仕事を精一杯しなければ、本当に足を引っ張ってしまうだけの結果になりかねません。

ただ、どれだけ土食しても周りについてけないと感じているのであれば、転職して自分でも馴染める職場を見つけ出すことも大事かもしれません。

いちいち口答えしてくる人もいじめられやすい

上司の指示や命令に対し、いちいち口答えしてくる人も、いじめられやすいタイプです。

組織においては、理不尽な命令や指示が付き物ですので、納得いかないことにいちいち口答えしていては、話が進まないことも多くあります。

口答えするだけならともかく、上司に対して人前で噛みつくような言動を見せたり、職場で対立を煽るような言動をすれば、反感を買ってしまっても仕方のないことです。

筆者も他人に仕事を振る際に、明らかに不服そうに口答えされると、あまりいい気分はしません。

相手が怒りを飲み込めるような人格者であればともかく、器の小さい人間であれば、報復でいじめにあうことも考えられるので、口答えするのであれば相応の覚悟は持っておくといいでしょう。

若くてかわいい女性は職場の同性にいじめられやすい

身も蓋もない言い方ですが、若くてかわいい女性も職場でいじめられやすいタイプだと言えます。

とくに男性が多めの職場の場合、女性は甘やかされがちなので、他の女性社員から無条件で嫉妬を買ってしまい、職場いじめの標的にされてしまうことがよくあります。

このパターンの場合、職場の男性が甘やかすことでいじめが生まれてしまうため、自己防衛が難しいので非常に厄介です。

男性に比べ、女性のいじめは陰湿なことが多く、なおかつ男性以上に職場の人間関係に依存しがちなため、どうしてもいじめから逃れられなそうなら、素直に転職を考えておいた方がいいかもしれません。

職場でいじめにあったらどうするべき?

ここからは、実際に職場いじめにあっている方に向けて、明日から出来る対策についてご紹介していきます。

社内に味方を作っておく

もし、職場いじめにあっているなら、社内に味方を作っておくことが大事でしょう。

学校でいじめを目の当たりにしたことある方ならわかるはずですが、多くのいじめは流れや雰囲気で行われているので、いじめられている相手が本当に嫌いな人はごく少数です。

社内で味方を作る際、最初に接点を持っておくべき人は、以下のような人物でしょう。

  • 職場でもっとも交流関係が広い人
  • 上司など権限を持つ社員
  • 職場で静観を決め込んでいる社員
  • 他の部署の社員

いじめのリーダーが、社内で大した権限を持っていなかったり仕事が出来ない場合、他の社員にしっかり報告・相談しておくだけで、対処してもらえる可能性があります。

多くのいじめは「閉鎖的環境」「部下の状況を把握していない上司」などの要因がもとに行われるので、しっかり報告・相談しておくだけでも意外と効果があるものです。

企業や組織では、派閥争いや社内政治などのドロドロした人間関係が広げられがちです。

今後も上手く社内での人間関係を築くためにも、良識ある判断の出来る社員を身につけておき、社内いじめをするような幼稚な人間に流されないようにしておくといいでしょう。

いじめを無視して仕事で成果を出す

職場いじめは徹底的に無視して、仕事で成果を出すという考え方もありです。

多くのいじめは、心に余裕のない人間や、仕事の出来ない人間が行うものです。

前述の通り、多くの場合は「嫉妬心」「自己正当化」「暇つぶし」など、ロクでもない理由がいじめの原因であり、精神攻撃で消耗させてくることがいじめる側の目的です。

ですので、一番の対策は徹底的に無視して、一切相手のいじめが効いていないように振舞うことです。

反応がなければ、いじめる側もそのうち飽きて何もしなくなってくるので、根比べだと思って耐えることも大事です。

また、仕事で結果を出しておけば、職場での評価が変わることも考えられます。

いじめの程度や社内の立場によっても変わってきますが、どこの職場にも嫌味な奴の一人や二人はいるものなので、経験だと思ってグッと堪えることも大事でしょう。

社内いじめが続くなら転職を考えておくのも手

それでも社内いじめが続くようであれば、転職を考えておくのも手でしょう。

とくに以下の場合は、社内いじめが仕事のパフォーマンスや成果に対する評価に関わってくる可能性があります。

  • 直属の上司や経営階級がいじめる側で、仕事の評価も不公平に扱ってくる
  • 社内派閥や人間関係が仕事に及ぼす影響が大きく、精神的に参っている
  • 他の社員に相談・報告しても、職場環境に改善が見られない
  • ハラスメント行為・暴力・暴言が飛び交っており、社内環境が異常で相談できる環境でない

目安としては「精神的な負担になり日常生活に支障が出てくる」「職場いじめが社内評価にも影響してくる」あたりが、転職するべきラインでしょう。

職場環境に改善が見られないのであれば、社内いじめに耐えるだけ無駄な負担になるだけですので、転職活動で人間関係が良好な職場を見つけ出しましょう。

職場いじめにあっている人は転職エージェントに相談しておこう

もし、職場いじめにあっていて転職を検討している方は「転職エージェント」を利用してみることをオススメします。

転職エージェントは無料で利用でき、自分に合った求人の紹介から、面接の練習、職務経歴書の作成まで、総合的な転職のサポートを行ってくれます。

転職エージェントはビジネスライクな分、今の職場でいじめにあっていることなど関係なく、平等に次の職場となる求人候補を提案してくれるので、気持ちを切り替えて転職活動を始める意味でも、早めに転職エージェントを活用しておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました