職場の人間関係が最悪!仕事で人間関係が悪くなる理由や原因、人間関係が悪くなりやすい会社の特徴とは?

人間関係が最悪な職場トップ画像

職場の人間関係での悩みはつきものですが、我慢できる範囲を越えて「最悪」というほかない職場も世の中には存在します。

そのような職場は複雑な事情や職場の環境もあいまって、一個人の努力や我慢だけでどうしようもないことも非常に多いため、無理に働き続ける必要はありません。

当記事では、最悪な職場の特徴や原因を確認していきながら、働き続けるデメリット、実際に辞める時の転職方針までまとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク

最悪な職場の特徴や原因は?人間関係が悪くなる理由は?

人間関係が悪い職場と良い職場の違い
以下の記事でも紹介しているぞ…

威圧的なクソ上司がいる

職場の人間関係が最悪になる最大の原因は「上司の性格が悪い」ことです。

口だけ上司。
細かいミスでネチネチ言う上司。
完璧主義で融通の利かない上司。
根性論ばっかりのパワハラ上司。

こういう上司が一人いるだけで、職場の雰囲気が最悪になります。

…まあ、こういう職場は、部下が辞めたら上司の責任になるので、さっさと辞めちゃった方がバカ上司のためですよ。

自信を持って辞めましょう。

クソ上司/クズ上司の特徴
以下の記事でも紹介しています

機嫌の悪いお局様がいる

人間関係が最悪な職場では、いつも機嫌の悪いお局様がいることがあります。

▼機嫌の悪いお局様の特徴

  • 仕事でミスすると感情で怒ってくる
  • 気分が悪いと部下に当たる
  • 他人の愚痴を表で言う
  • 新人いびりを平気で行う

職場の人間関係を最悪にするお局は、周りに与える影響を気にしないで感情的に怒鳴り散らしたり、自分の好き嫌いを仕事に持ち好むので、職場の社員は気をつかい雰囲気が悪くなるのです。

お局様が理由で辞めたい時
以下の記事も参考にしてみてください

職場いじめが当たり前になっている

最悪な職場では、職場いじめが当たり前に行われているようなことがあります。

大人になっても、中学生並のいじめを行うような職場は少なくありません。

閉鎖的な環境、停滞した集団で行われるものは恋愛ごっこ・いじめと相場が決まっていますが、これは会社においても例外に漏れません。

職場いじめの標的にされやすい人の特徴
以下の記事でも紹介しております…

余裕のない人が多く常にイライラしている

人間関係が最悪な職場は、とにかく余裕のない人が多いです。

職場環境が悪いと心に余裕がなくなり、細かいことでイライラする人が多くなってきます。

そうなると職場の人間関係が悪くなって、ミスが起こる度に誰かに責任を押し付け合って、最悪の人間関係になってしまいます。

職場のバカにイライラしているなら
以下の記事も確認しておきましょう

暗い雰囲気の人が多い

人間関係が最悪な職場は、ネガティブな人が多く集まるので暗い雰囲気になります。

▼暗い雰囲気の職場の例

  • ミスが許されない
  • 職場がギスギスしている
  • 何かあると上司や先輩に怒鳴り散らされる
  • 向上心がなくやる気がない社員ばかり

暗い雰囲気の職場は、仕事に対してやる気がなかったり、あるいはミスが許さない無言の圧力があるなど、社員としても居心地の悪さを感じやすいものです。

そのような職場は、上司によるモチベーション管理ができておらずに士気が低い職場だと言えるので、注意が必要でしょう。

職場の士気が下がる原因
以下の記事で確認してください

卑屈で自信のない人が多い

最悪な職場では、卑屈で自信のない人が多い傾向にあります。

▼卑屈で自信のない人の特徴は?

  • 「どうせ自分なんて…」と仕事に誇りを持っていない
  • 仕事がクソなので自己肯定感が低い人ばかり
  • 向上心がないので仕事での態度が消極的かつ受け身な姿勢

このように、自分の仕事に自信がないばかりか、自分たちの仕事や会社に対して否定的な人は、卑屈で他人にも悪影響をもたらす人間となりやすいです。職業全体での仕事に対する向上心や目的意識も欠けるため、全体の方向性が定まらないまま愚痴の言い合いや責任の押しつけ合いになりやすいのも、卑屈な人が多い職場の特徴です。

意識の低い職場の特徴
以下の記事でも紹介してます

社内での派閥争いや確執がある

最悪な職場では目に見えないところで、社内政治・派閥争いなどが行われていることがあり、その影響が仕事にまで出てきます。

▼社内政治・派閥争いで職場が最悪になるケース

  • 上司のえこひいきで社内評価が変わる(→職場のえこひいきがストレス)
  • 特定のコミュニティに所属していないと仕事で不利になる
  • 学歴・出身校などが社内評価の指標となっている
  • コネ採用・縁故採用で親族や身内が課題評価される(→コネ採用が使えない)

このようなグループ争いが仕事に影響をもたらす場合、会社自体が社員の出自や所属派閥を重視する傾向が強いため、純粋な仕事の能力や成果では評価されにくいという傾向が強いです。

仕事での社内政治・派閥争いについては
以下の記事も参考にしてください

労働環境が最悪なので人間関係も悪くなりがち

労働環境が最悪なことも多いがゆえに、人間関係も最悪なものとなるとも考えられます。

▼労働環境が最悪な職場の特徴は?

職場環境が悪いから社員の人間関係も悪くなるのか、人間関係が最悪だから社員の人間関係も悪くなるのかの順序はわかりませんが、職場の環境や待遇も人間関係に影響を及ぼすと考えておくのが筋でしょう。

後述しますが一部の職種/業種では人間関係が理由での退職が異常に多く見られるので、社内環境も人間関係に影響をもたらすと考えておき、転職する際の目安とするといいでしょう。

労働環境が悪い/待遇の悪い会社の特徴
以下の記事でもご確認ください

最悪な職場が多い業界や職業は?

最悪だと思われる職場は、特定の業界や職場に偏っていることも多いです。

とくにネット上の評判や、退職経験のある人の経験談の中でも、職場環境のひどい報告の多かった業種/職種をご紹介していきます。

最悪な職場が多い業種/職種は
底辺の仕事とも言われることがあるので
以下の記事も確認してみるといいでしょう

工場勤務

最悪な職場が多いことで有名なのが工場勤務の仕事です。

▼工場勤務が最悪な職場が多い理由は?

工場の仕事は楽との声も多いですが、それはあくまで頭を使わない・難しい仕事をしなくて済むというだけの話。逆に言えば、頭を使わない人が残り続けるとも言えるので、職場環境が最悪なものとなっても改善しようとする気がないままで、まともな人ほど辞めていく構造になるのです。

工場勤務を辞めたい人
以下の記事も確認してみてください

不動産・金融業界

最悪な職場が多いことで有名なのが、不動産・金融業界です。

ブラック企業の報告が非常に多い不動産・金融業界ですが、その背景には以下のような仕事の性質や組織体質があると考えられます。

▼不動産・金融業の職場が最悪になりやすい理由は?

  • 過剰なノルマ主義で威圧的な組織が多い
  • パワハラ体質の上司が多い
  • ミスの許されない環境でプレッシャーがかかる

また、所属部署や会社の規模によっては閉じこもった職場もあるため、仕事の性質と合わせて社内の人間関係もギスギスしやすいと言えます。

飲食・外食業界

飲食・外食業界も最悪な職場が多めです。

▼飲食・外食業界の職場が最悪になる理由は?

  • 営業時間が固定されているので残業ばかりになりやすい
  • 人手不足の続く業界なので一人当たりの仕事量が増えやすい
  • 接客/サービスも含むのでクレーム対応で消耗しやすい(→クレームがストレス)
  • 体育会系の会社が多く罵声や怒号が飛び交う職場も多い(→体育会系の会社辞めたい)

最近では状況が改善されてきていますが、一昔前までは「ワタミ」「ゼンショーグループ(すき屋)」などがブラック企業として有名になるなど、飲食業界全体の待遇の悪さが取り上げられ、今でも一部の人材会社は飲食・外食産業への紹介は禁止しているほどです。

最近では人手不足の対策として、外国人労働者の雇用も増えており、これからの飲食・外食業界では増々社員の負担が増えていくことが予想されます。

飲食・外食業界を辞めたい人
以下の記事も参考にしてみてくださいね

公務員(地方公務員、教師、警察官など)

意外かもしれませんが、公務員の職場でも人間関係が悪いとの報告が非常に多いです。

▼公務員の職場が最悪な理由は?

  • 住民からの理不尽なクレームが多い(→公務員のクレームが理不尽)
  • 上の世代の意識が低い/挑戦心がない
  • タテ割りの組織体質で威圧的
  • サービス残業が多い
  • 時間外出勤が多い

公務員が安定しているというのはあくまで制度面の話であり、職場の人間関係や環境までは保証していません。むしろ、財源の確保しやすい民間企業と比べ、税金頼みの公務員は経費削減の名の下、職場環境も待遇も年々悪くなる一方です。

公務員が向いてない/辞めたいと悩んでいるなら
以下の記事も確認しておいてくれ…

社会福祉(看護師/保育士/介護士など)

社会福祉関連の仕事(看護師、保育士、介護士など)も職場環境が悪いとの報告が非常に多いです。

▼社会福祉関連の職場が最悪になる理由は?

  • 患者や入居者へのストレスを職員にぶつける人が多い
  • 人手不足で現場が回らない
  • 二交代制など生活リズムが崩れやすいため精神面で不安定になりやすい
  • 社会福祉という性質のため賃金が上がりにくい
  • 女性が多い職種のため独特の人間関係のしがらみがある

「対人の仕事」「閉鎖的な職場」「給料が上がりにくい業界構造」「生活リズムが不安定な仕事」など、ストレスを溜めやすい要素が多い社会福祉関連の仕事は、職場が最悪になりやすいのです。

人間関係が最悪な職場では頑張るだけ無駄

人間関係が最悪な職場は頑張って働くだけ無駄なので、辞めちゃった方がいいですね。

…というか「頑張っても無駄、給料も待遇も上がらない」からこそ、ドンドン卑屈な人間が増えて、人間関係が悪くなっちゃうわけです。

新婚生活でキラキラしてた夫婦が、次第に冷めて険悪になっていくのと同じですね。

幸い、仕事は結婚生活と違って、辞めたところでいくらでも代わりの人材なんています。

感謝の心を忘れてしまった人との仕事はつらい…

人間関係が最悪になるのは”感謝の心”の足りていない人が多いからですね。

「安い賃金で働いてもらって当たり前」

こういう意識でいる上司や経営者は、正直人望ないです。

しかも、いつもイライラしていた職場の雰囲気を悪くするので、従業員は働きにくいんですよね。

こっちが必死に働いてやってるというのに「そんなの当たり前」「もっと早く出来ないの?」なんて言われれば、そりゃあ職場の人間関係もドンドン険悪になっていくに決まってますよ。

人間関係のストレスは人生に悪影響を与える

人間関係の最悪な職場で働き続けると、仕事だけではなく人生にも悪影響を与えます。

人生が充実している人って、やっぱり人間関係に恵まれているんですよ。

職場でもいい上司や同僚に恵まれていて、プライベートでも友人に恵まれている。

一方で、最悪な人間関係の職場だけで生きていると、価値観も狭くなるし、愚痴ばっかりの職場でドンドンネガティブになっていく。

そう考えると、人間関係最悪な職場で働き続けるなんて、自ら不幸な未来に飛び込んじゃうようなもんですよ。

人間関係が最悪な職場からは転職しよう!

「今の仕事辞めたら後がない…」と考えている人も多いでしょうが、今時転職先なんてカンタンに見つかるので、早いうちに辞めちゃったほうがいいですよ。

「今の職場を辞めるとみんなに迷惑かかる…」と考えている人も多いでしょうが、最悪な人間関係には、最低最悪な態度で対応しちゃいましょう。

今の人間関係最悪な職場なんて、辞めてしまえばみんな赤の他人になるので、割り切って辞めてしまってもいいんです。

どうせ、最低最悪な人間関係なんて、辞めて距離をおいてしまえば、そのうちどうでも良くなっちゃいますからね。

学生時代の仲悪かった友人や嫌いな教師がどうでもよくなるように、職場の人間も一度やめたらどうでもよくなってきます。

最悪な人間関係で人生台無しにしないためにも、転職しましょう。

転職して人間関係を入れ替えると仕事が楽しくなる

転職して人間関係のいい職場に就くと、自分でも驚くほど人生が変わりますよ。

快く仕事を教えてくれる上司や、気軽に相談に乗ってくれる同僚がいると、それだけで仕事に対して前向きになれますからね。

一方で、いやいやだるそうに仕事をしている人ばかりの職場では、いつも暗い気分で仕事しなければなりません。

「職場の人間関係が最悪!仕事つまんない!」

毎日こう考えて暗い人生を送っている方は、一度本気で転職を考えてみましょう。

職場の人間関係が変わるだけで、人生はうまくいきますよ。

転職エージェントで人間関係の良い職場を探してもらおう!

人間関係最悪な職場から抜け出したいのであれば、転職エージェントを活用しておくことをオススメします。

転職エージェントとは、担当のキャリアアドバイザーが自分に合った職場を紹介してくれるサービスのことです。

就職や転職に失敗してしまう人の多くは、求人情報を参考にしてしまうばかり「職場の人間関係」を重視せずに、入社してしまう傾向があります。

そのため、人間関係最悪な職場に入社してしまい、後悔することになります。

ところが、転職エージェントを通して転職先を見つけると、担当のキャリアアドバイザーが自分に合った職場を教えてくれるので、人間関係の良い職場に就きやすくなります。

紹介先企業の「社風」「人間関係」についても、しっかりと調査した上で教えてくれるので、転職で失敗してしまうリスクが大幅に下がります。

最悪な人間関係の職場に疲れている方は、ぜひ転職エージェントを使っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました