【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

職場の士気が下がる原因とは?チームの士気を下げる人の特徴や高めるための方法とは?

「士気の低い職場」というのは、日本の至る所に存在するものです。

嫌々仕事していて、士気を下げるネガティブ人材は多いですからね。

もともと「士気」とは、兵隊をまとめあげる際の指標として使われる言葉でした。

「士気」とは?

士気は、一般に部隊の任務を遂行する上で有用な兵員の心理的な積極性や耐久性を指す。
その他、軍事関係以外にも集団組織行動全般での関係者の行動意欲に関わる心理的高揚のバロメーターを表す。

出典:士気 – Wikipedia

職場全体のやる気」「職場全体の仕事に対する意欲」と言い換えられますね。

今までなら言葉の由来通り「兵隊的な組織統一方法」で部下をまとめあげることができましたが、今の時代でそんな古くさいやり方は通用しません。

関連:時代遅れな会社の特徴|古い体質で時代錯誤な昭和並の価値観の企業が残り続ける理由は?

職場の士気を高めるためには、仕事の多様性を意識して、個々にあった的確な人材マネジメントが求められる時代になりました。

そんな時代なものですから、上司や中間管理職の方は「職場の士気が低すぎて困る…」とお悩みの方も多いことでしょう。

そこで今回は職場の士気が下がる原因を挙げた上で、職場の士気を高めるヒントを紹介していきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

職場の士気が下がる原因

仕事の生産性が著しく低い

職場の士気が下がる最大の原因は「仕事の生産性が著しく低い」ことでしょう。

  • 何のためにしているかわからない、無駄な仕事を毎日続けている
  • 効率の悪い業務内容ばかりで工夫の余地がない
  • 「穴を掘って埋める作業」みたいな、やり甲斐のない仕事ばかり

生産性が低い仕事をしていれば、社員の生産性も落ち、士気も下がっていって当然です。

また、生産性の低い仕事に疑問を持ったり、効率を上げるための工夫も上司に却下されるのも士気の低い職場の特徴ですね。

お役所体質で変化を嫌う日本の企業は「無変化>生産性向上」という経営判断を好むのです。

管理職のマネジメントがしっかり出来ていない

士気の低い職場では、管理職のマネジメントが行き届いていません。

マネジメントとは「経営、管理」という意味を持ち、具体的には「指導」「仕事の割り振り」「人材配置」などの業務範囲を差します。

ところが、無能な管理職はこういったマネジメント領分の仕事がしっかり出来ておらず、ひどい場合には上の指示をそのまま部下に伝えるだけのメッセンジャーレベルの仕事しかしない人もいます。

関連:上司が無能ならどうする?使えない上司の特徴と対処法について

上司の性格が悪い

士気の低い職場では、上司が人望も求心力もなく、性格が悪い人間ばかりです。

関連:クソ上司にイライラ!クズ上司の特徴と潰されないための対処法!

  • 部下を怒鳴ったり恫喝するだけで、根本的な改善策を実行できない
  • 感情や気分で仕事をしているので、言動がコロコロ変わる
  • 日頃の鬱憤を晴らすために職場いじめなどを平然と行う

上司の性格が悪ければ、部下の心も離れていき、士気は低下。

ひどい場合にはドンドン社員も辞めていく結果になります。

関連:人が辞めていく会社の特徴と原因。この会社なんかおかしいと思ったらチェックしておきたい項目とは?

足を引っ張る・他人のやる気を奪う人がいる

士気の低い職場には、決まって「足を引っ張る人」「いちいち他人のやる気を奪う人」が存在します。

足を引っ張る・他人のやる気を奪う人の特徴

  • いちいち言動がネガティブ
  • 仕事を割り振られても「出来ない」の一点張り
  • 終わったことをねちねち言って揚げ足を取り続ける
  • 裏でコソコソ職場の愚痴を言って、人間関係を悪くする

上司・部下に関わらず、無自覚に職場の士気を下げる人間は一定数存在するものです。…無論、ネットにもたくさん。

関連:意識の低い職場の特徴|意識の低い社員、向上心のない会社、モチベーションの低い職場の原因と対処法は?

待遇が悪い

士気の低い職場は生産性が悪いため、必然的に待遇も悪くなります。

長時間の無駄な残業。
時間内に仕事を終わらせる気のないダラダラ意識。
低賃金、一向に上がる気配のない給料。

発展途上国の治安が悪くなるのと同じで、待遇の悪い職場でも士気が下がってしまうものなのです。

関連:待遇が悪い職場の特徴。職場環境や労働環境が劣悪で雰囲気の悪くなりやすい会社に見られる傾向とは?

「正規・非正規」「男・女」などの差別階層が存在する

士気の低い職場では、差別階層が存在して、不遇な思いをする人が生まれるものです。

「経営者VS社員」
「正規VS非正規」
「男VS女」

階級毎に待遇の違いがあると、不平等感が生まれて差別意識のある人の不満が溜まり、士気もドンドン低下していきます。

古来より、下の層は「一揆」「革命」「デモ」などで反乱を起こせましたが、今の世は法的手続きや労働組合を通さなければ反逆も起こせず、圧倒的に権力者優位の時代となっています。

かの「君主論」にも「ほどほどに与えておけ」と書いている通り、差別意識・被害者意識のある層には適度に施しを与えて不満を抱かせるのが、良いリーダーや会社の在り方と言えるでしょう。

職場の士気を上げるための対策とは?

各々にやり甲斐と目的を授けよう

人が仕事に求めるのは、決して「賃金」ではありません。

お金が欲しいだけなら、わざわざあなたの職場で働く必要もありませんし、その程度の意識ではアルバイト以下のレベルです。

人が仕事に求めることとは「やり甲斐」「目的」「役割」なのです。

「自己同一性=アイデンティティ」という言葉もありますが、人は環境や他人との違いを意識することで、自分の居場所を見いだせることが出来るのです。

言われるがままに仕事をこなしたり、指示ばっかり振っていても、都合の操り人形しか出来上がりません。

そんなモノは、鏡の中マリオネット。ただの機械と変わりねえ!

部下を機械と同様に考え、指示コマンドを入力しているようなレベルでは、人を指導する立場としては、いつまで経っても3流なのです。

失敗をフォローしやすい環境を整えよう

職場の士気を高めるためには、チームの信頼感が大切です。

失敗してもフォローしてくれる仲間。
足りないところは補える仲間。
挫けた時に支えてくれる仲間。

こういった、強い信頼関係が組織の連携をより強固なものにします。

一方、失敗してくだらない責任追及・揚げ足取りばかりしているような職場は、足を引っ張り合うだけに終わります。

チームとは、足を引っ張り合うことも、お互いを高め合うことも、どちらも可能なのです。

仕事には失敗やトラブルがつきものですが、それをチーム全体でリカバリーできることこそ、日本の企業が組織化していく最大のメリットなのです。

しかしながら、足を引っ張り合っている人間の方が多いというのが、悲しい現実ですけどね。

倒すべき”敵”を明確にしよう

 

組織や大衆をまとめあげるのにもっとも効率のいい手段は「共通の敵」です。

我が国では大戦中の「鬼畜米英」
かの悪名高きナチス政権の「ユダヤ人」
トランプ政権発足時の「移民」

「共通の敵=共通の目標」は、集団をまとめるためにもっとも効率のいい方法です。

しかしながら、日本のお仕事では”倒すべき敵”などは存在しません。

ですので、仮想敵をでっちあげてしまえばいいのです。

「社長や経営者がバカだからオレたちがしっかりやるぞ!」
「クライアントがアホなので、しっかり満足させる制作物を仕上げるぞ!」

中間管理職であれば、上のお達しや経営者、あるいはクソ顧客にうんざりしていることもあるでしょうが、ぶっちゃけ部下も同様の不満を抱いているようであれば「経営者が敵」「お客様は敵」と言ってしまって、現場をまとめあげる方法もありなのです。

”個性”を大事にしよう

仕事に大事なのは”個性”です。

組織や仕事のシステマティックさが人々の個性を奪うように感じている人は多いですが、逆です。

システマティックな組織だからこそ、個性を活かせる人材やチームが最強になるのです。

この事実に気づけずに、会社や顧客が求めるようにシステマティックな仕事ばかりしていては、個性などまるで関係のない量産型の仕事しか出来ません。

「適材適所」という言葉もある通り、組織の人員配置には必ず適材適所が存在します。

そもそも、人事が人を選んで会社に入社させているのですから、組織においても個性や適性は死ぬほど大事なのです。

社員各々が、会社や仕事に求めるものも、出来ることも、それぞれ違いますからね。

  • 自己実現のための仕事
  • とにかく成果を出して評価されたい
  • さっさと仕事終わらせて帰りたいから効率最優先
  • お客様の笑顔のため

…など、仕事に求めるものに関しても”個性”が存在するのです。

そういった部下の心理的な欲求を見抜き、的確な仕事を与えることこそ、職場の士気を高めるリーダーの采配だと言えるでしょう。

「部下の悩み」「企業の悩み」「顧客の悩み」…すべてを制することこそ、マネジメント職に求められる真の能力なのです。

大将は焦らない。恐れない。挫けない。

日本の中間管理職が、悲哀に満ちて頭がドンドン禿げ上がるのは、自分の仕事が忙しい上に部下のマネジメントまで求められる所にありますね。

あらゆる立場の人間から、板挟み状態になるわけです。

だからこそ、リーダーとして常に余裕のある態度を見せなければならないわけです。

常に焦って余裕のない中間管理職は、しょせんは下っ端の部下レベルの器量しかないのです。

逆に、どんな逆境でも余裕のある態度で構えている上司は、部下からも頼られる存在になります。

上司が余裕なくイライラしていれば、部下もその程度のレベルでしか仕事しません。

職場の士気を高めるためには、大将がドンと構えておく必要があるのです。

たまに弱みを見せておこう

しかしながら、完璧すぎて隙のない上司は、あまりにロボットじみていて人間味を感じません。

適度に弱みを見せておくことで、部下も上司の悩みや弱みをフォローしてくれるようになってくれます。

自分の弱みや悩みは上手いことさらけ出しておき、部下に親近感を感じさせながら、フォローさせていけばいいのです。

「上司や社長も完璧ではない」ということを部下に知ってもらうことで「この上司(会社)、私がなんとかしなきゃ!」と部下の心を巧妙にくすぐることができます。

部下の「悩み=弱み」を知るためには、自分の「悩み=弱み」を相手に教え合うことも大事です。

転職活動で士気の高い職場を探すのも手

今の職場の士気が低く、あまりにやる気や向上心が湧かないようであれば、新しい職場に転職してしまうのも手でしょう。

なぜなら、職場全体の士気を上げるには並々ならぬ労力が必要とされ、一個人ではどうこうできないこともよくあるからです。

…であれば、士気の高い職場に転職し、より自分の能力を活かせる職場で働いたほうが、自分にとっても社会にとっても総じてプラスになります。

一方で、士気の低い職場で1人だけやる気を出してみても、部下や同僚の心が変わるとは限りませんし、ましてや怠惰な経営者や上司の意識が変わるわけもありません。

為すべきことを為しても職場の士気が上がらないのであれば、見切りをつけて次の転職先を見つけ出しましょう。

ただ、いきなり転職しようとしても、経歴が不十分なうちや自己アピールが不十分なうちは自力で転職しようとしても採用されにくいばかりか、下手をすると年収ダウンしてしまったり待遇がさらに悪くなる…なんて失敗にもつながりかねません。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

会社環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました