【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

いつでも辞めてやる精神を持つ人が強い理由。辞める覚悟がある奴こそが一番有能!

「こんな仕事いつでも辞めてやる!」
「会社を辞めても大丈夫なぐらいの自信がある!」
「常に辞めてもいい覚悟で仕事をしている!」

このようにお考えではありませんか?

昨今、一つの会社に依存することがリスクだと認識され、転職を前提としたキャリアが求めれるような時代に変化しつつあるのですから、仕事をいつでも辞めても困らない状況にある人は活躍することができます。

たとえば、上が間違った方針に進もうとしている時にも恐れずに意見できるようになりますし、社内の権力者に嫌われて過小評価されてしまったり、同僚の嫉妬で嫌がらせされてもさほど精神的なダメージが少ないことでしょう。

以上のように、辞める覚悟ができている人ほど実は一番有能な可能性があるのです。

だからといって、何も今すぐ読者に会社を辞めろと言いたいわけではありません。

仕事や会社に対する心構えとして、いつでも辞められるような覚悟ができる人ほど逆に仕事ができて周りから頼られる人物となり、逆に会社にしがみついて辞められない人ほど大した仕事ができなくなるということが言いたいのです。

心の中に辞めてもよい覚悟と余裕、あるいは辞表をいつも胸に忍ばせて万が一の際には叩きつけられる人ほど、結果的には会社に対しても強気の姿勢で働くことができるのです。

そこで今回はいつでも辞めてやる精神を持つ人が、なぜ仕事で活躍できるようになるのか、また、なぜいつでも辞められるようにしておくべきなのか、その理由について解説していこうかと思います。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

上司は全員クソだと思え!!!

社会人経験数年あると気づくと思いますが、上司の9割以上はだいたいクソか無能です。

関連:上司が無能ならどうする?使えない上司の特徴と対処法について

なぜなら、たかだか数年早く生まれて、数年長く勤めただけの上司がほとんどだから。

しかも、日本の企業はタテ割社会で成果主義ではない。

つまり、アホでも年の功を重ねるだけで出世できるわけですね。

この事実を知っておけば、上司が無能かクソばかりであっても不思議ではないですよね。

日本の組織において、上司はだいたい無能かクソ

クソ上司は「敬っている”フリ”」で騙せ!

ただ、バカ正直に「上司はクソ」と態度に出すのはNG。

なぜなら、器量の狭いクソ上司ほど、部下の手柄を平然と盗むから。

…まあ、そういう上司を調子に乗らせるためにも、わざとしょぼい仕事で成果出しておいて「いやあ~、今回の仕事は全部〇〇係長のおかげですよ~^^今後もドンドン学ばせていただきますよ~^^」など、適当にお世辞言っておけばOK。

アホな上司は「こいつは都合よく使えるぞ!」と油断するので、ガンガン仕事や情報を盗み取っていこう。

んで、上司の仕事をほぼ盗み取って存在価値がなくなったあたりで、引きずり落とす。

「いやぁ~、私が出世できたのは〇〇係長のおかげですよ~(上司がバカでよかった^^)」

もちろん、立場が逆転したら、アホな上司は嫉妬心で足を引っ張ってくるリスクがあるので、徹底的にブチのめしておくことも忘れずに。

上司が底なしのお人好しで子分化できればおいしいが、そんなことを許す上司はなかなかいないので、ぶっ潰す気で行くのが定石。

上司の言うことは「聞いている”フリ”」だけでOK
巧妙に仕事を奪い取って、上司の存在価値をなくそう!
上司を越えたら徹底的にブチのめして立場逆転!これぞ出世の醍醐味!

部下の手柄を搾取する上司のもとでは要領よく手を抜け!

部下が上司に対して使える手段は限られてますよね。

真っ向勝負で言い合ってもまず負けますし、嫌がらせ・いじめなど受けると出世どころか昇給にまで悪影響を及ぼす。

…であれば、部下の使う手は「仕事で手を抜く」という方法ですね。

考えても見てくださいよ。

何の指示もなくやる気出す部下とか、ちょっと小賢しい上司なら「うはwwwあいつ何も言わずに勝手に仕事ガンガンやってくるwww搾取ウマーww」とほくそ笑むに決まってます。

つまり、優秀で真面目な部下ほど、実は一番バカを見るんですよ。

関連:なぜ優秀な人ほど突然辞めるのか?仕事の出来る真面目な人から辞めていく職場は自分も辞めた方がいい?

もちろん、仕事が出来ることは非常にいいことですが、それだけではダメです。

わざと仕事で手を抜いて、上司にやる気を出させるべきなんです。

上司も流石にバカではないので「意図的に手を抜いている部下」というのは、一発で見抜けます。

上司としてはポテンシャルも成長性もある部下、手を抜かれると困りますよね。

なので、必ずどこかでやる気を出させるために、何かしら仕掛けてくるはずです。

そこで「バレた…」と焦ってはいけません。

思い切ってダダゴネて、言い訳するべきです。

「最近、この仕事飽きちゃって…。もっと大きな仕事したいんですよねー」
「給料以上の仕事はしない主義でしてね…」
「知ってますか?同業者の〇〇社の友人は△△の案件を任せられてるそうですよ。それに引き換え我が社と来たら、こんなしょぼい仕事ばっか」

ここで上司がキレたら、ほぼ勝ち確定。

あとは煽るだけ煽って「じゃあ、お前がやってみろ!」と言質とれば、上司の仕事をぶんどれます。

逆に「自分は出来る」「部下に仕事は任せない」と思っている上司ほど、頑なになって部下に仕事を振らない。

そういう会社は、辞めてOK。

なぜなら、部下の可能性をつぶすクソ上司とか、一緒に仕事していても先が見え切っているから。

関連:転職先は「上司や社長」を理由に選んでもOK【ワンマン社長についていけない、引退しない社長など】

ただし、ひとつだけ注意点。

上司目線から見て、大して仕事が出来ていない上司がこの交渉術を使うと、ただうざいor勘違いしている痛い部下に思われるだけなので、ちゃんと自分の能力や仕事の成果を客観的に判断した上で使うこと。

目安としては「同僚が全員レベル低すぎて自分にばかり仕事振られる」とか「自分がいないとこの職場回らない!」とか、そういう状態なら使ってOK。

関連:レベルの低い職場の特徴と原因。程度が低い会社に共通する特徴とは?

優秀な人は手を抜いて、上司(会社)から有利な条件を引き出そう!

辞める気満々の優秀な社員は会社側からすれば厄介

みなさまに知っておいて欲しいことは、会社(雇用主)とか”敵”だということです。

もう一度言います。

会社は敵です。

関連:職場の馴れ合いが気持ち悪い…仲良しごっこが嫌いと感じる人の心理とは?

多くの人は「働いてやってんだからもっと金よこせ!」「もっと大きい仕事よこせ!」と思っていることかと思います。

しかし、会社もバカではないのでそう簡単には動いてくれません。

そこで重要になってくるのが「辞めるのか辞めないのか、わからない人材になる」ことです。

逆にダメなのが「こいつは何をしても辞めない、忠実な下僕だ」と舐められたり「あ~こいつダメだな。そのうちやめそうだし、もう放っておこう」と愛想尽かされること。

つまり会社目線で考えると、優秀な部下は無下に扱えば辞められる可能性があり、逆に無能すぎると愛想つかれて「辞めてどうぞ」になるわけです。

ここまで説明すれば、もはや自明でしょう。

「何かあったら会社を辞めてやる!」という人は、それだけ得をしやすいということです。

…まあ、会社は「都合よく真面目になんでも言うこと聞いてくれる人材」が欲しいわけなので、こういったことは学校では教えてくれません。

また、集団心理や道徳心から「あいつはズルい!」「かまってちゃん!」などと叩かれますが、そんなことは知りません。

仕事とか全部自分のためにやっているのであって、本気で「会社のため!」「社会貢献のため!」とか言ってるのはただのアホです。

その事実を上司や会社に突きつけてやるためにも、早い段階で「こんな会社辞めてやる!!!」という選択肢を用意しておくことは、現実的な考え方なのです。

会社に都合よく使われないように「辞める」という”交渉の切り札”を用意しておこう

辞める覚悟で通す意見や主張ほど、説得力が増す

ただ、あまりに「辞めてやる!」と公言し、結局辞めないのは「辞める辞める詐欺」「口だけ野郎」と舐められて終わりです。

「こんな仕事辞めてやる!!」という交渉カードは、言わば”切り札”のようなもので「ここぞ!」という時にのみ切るべきです。

たとえばアホで無能な経営陣が、あからさまに間違った方針を選択しようとしている場合。

会議で「私の意見が通らないのであれば、今!ここで!退職させていただきます!ちなみにこの会議に出席している半数からも『辞める』との署名をいただいており、我が社の〇〇部は大打撃を受けることは明白です」など、大ウソついておけばOK。もちろん、署名とか自作自演なのですが、日本人とか会議で意見言わない奴ばっかなので、テキトーにYESマンの名前出しておけばOK。

だいたい、組織の経営陣とか上司とか危機感足りてない人間ばかりなので、これぐらい強硬策とらないと、自分の意見はなかなか通せないものです。

逆に一番ダメなのだ、バカ正直に事務手続き踏んで意見通そうとしたり、メールとか飲み会で「察して…」という感じで自己アピールする人。

自分の意見を通すなら目的遂行の修羅となれ。

そのためには、会社を辞める覚悟が必要。

…まあ目上への諫言とか、時代が時代なら「打首」「手打ち」「一族郎党皆殺し」など当たり前だったので、せいぜい上司や経営陣に嫌われる程度のリスクなんて可愛いもんですよ。

しかも、会社からすれば「社員を合法的に辞めさせるのは超めんどくさい」せいで、相手の逆鱗に触れても、せいぜい閑職への左遷か職場いじめレベルで済むので問題なし。

左遷されて社内ニートになったら「むしろラッキー!」ぐらいに考え、転職活動にあてるも、上司や本社への復讐期間に費やすも、自由。

「いつでも辞めてやる!」精神実現のために転職活動も常に行っておく

「いつでも辞めてやる!」という覚悟を持つことで、今の仕事も気楽になります。

ただ、その覚悟をより確固たるものとするためには、転職活動を通して「なんだ、全然自分の経歴なら年収アップ楽勝じゃん…」と実感しておくと、よりメンタル面で強くなれます。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました