森林官になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

森林官とは、全国各地にある広大な国有林を管理する林野庁の職員だ。
国有林の近くに居を構え、自ずから歩いて森林を管理するのが仕事となる。
主に国有林の保全を行う。
野生動物の生息域の確保、レクリエーションの場の提供、二酸化炭素の削減、洪水や山崩れの防御のために、木を伐った後に植林をしたり、木を育てたり、森全体を守っていく。
国有林内林道や歩道の維持管理、森林窃盗(密伐林・盗堀など)や不法投棄の巡視・取り締まりも重要な任務だ
まず林野庁の職員になる必要があるので、国家公務員試験(総合職・一般職)を突破し、林野庁に採用されることが前提だ
その後、研修を受け、適性を見て森林官として配属されることになる

タイトルとURLをコピーしました