自然観察指導員になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

豊かな自然を、できるだけそのままの姿で次の世代へ引き継いでいくために、地域に根ざした自然観察会を開催し、様々な自然保護教育やその活動の指導をしているのが自然観察指導員だ。
今のところ、日本ではボランティアとして活動している人がほとんどだが、地域に根ざした自然観察会を開くなどして、自然を守っていくリーダーとしての役割を担っており、今後、職業とする人が多く誕生する可能性がある。
以前の自然観察会は、動植物の名前や生態を紹介することが主体だったが、最近は単に鳥や花の名前を覚えるだけでなく、自然のしくみ、自然とのつながり、自然と人が今後どのように関わっていけばいいかなど、自然を守るために必要な視点を持つことが大切で、指導員にもそうした姿勢が求められる
日本自然保護協会(NACS-J)が開催している講演会に参加後、NACS-J自然観察指導員として登録してから、個人で活動を始めたり、「連絡会」というグループに参加して、仲間とともに活動したりするのが定番のようだ。
講演会の開催は、土日の一泊二日が原則。
1日目は野外講習と講義、2日目は野外講習が行われ、毎年全国各地で十数回開催されている。
参加資格は18歳以上で、指導員として活動する意思のある人とされている。
2日間の講習会を終了し登録申請すると、NACS-J自然観察指導員として登録され、登録証、腕章、ネームプレートが渡される。
受講後も、会報を通じて環境教育や全国の自然保護の状況などの情報が提供される。
また、類似の資格として森林インストラクターがある。
こちらは全国森林レクリエーション協会が定める資格だ。
こうした資格試験の勉強をしておくと自然観察指導員としてのスキルは高まる。

タイトルとURLをコピーしました