スポーツエージェントになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

プロスポーツ選手がチームと契約を結ぶときに代理人となったり、その他さまざまなマネジメント、プロモーションを行うのがスポーツエージェントの仕事。
選手が有利な条件で契約できるように、また、競技に集中できるように、何日もかけて交渉することもある。
もともとスポーツビジネスの盛んなアメリカで生まれた仕事で、日本でも認知度が上がってきている職業だ。
アメリカと日本で必要な資格は異なる。アメリカ大リーグでは、選手会の審査による資格取得が必要。日本のプロ野球では、弁護士法による弁護士資格が前提となるのが現状。
また、サッカーでは仲介人制度がある。
競技によって資格は違うが、共通して求められるスキルは語学と法律の知識だ。
こうした知識を大学等で学んで、エージェント会社に就職することを目指そう。

スポーツに関する仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました