スポーツドクターになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

スポーツドクターは、選手の健康管理、スポーツ障害や外傷の診断・治療・予防研究、競技会などにおける医事運営ならびにチームドクターとしてのサポートにあたる。
スポーツドクターと一口にいっても、仕事内容は幅広く、オリンピックに出場するような競技者の健康管理から、市民の健康スポーツに関するアドバイスまで様々。
日本では、開業医や病院の勤務医を本業としながら、競技団体の役員やチームドクターとして活動している人がほとんど。
チームに帯同し、海外に出向くこともある。
スポーツドクターも医師である以上、医師国家試験に合格して医療免許医師免許を取得しなければならない。
スポーツドクターに関する資格は、下記の三つの組織がそれぞれ異なる名称で認定している。
ちなみに、スポーツ医学に関する職業として、最近注目されているのが、ストレングスコーチやメンタルトレーナーだ。
ストレングスとは「力」「体力」などを意味する英単語で、ストレングスコーチは、選手の筋力・パワー・筋持久力のみならず、スピード、バランス、コーディネーションなどの筋機能が関わるすべての体力要素に不可欠な能力を高める手助けをするのが主な役割だ。
一方、メンタルトレーナーは、心理学をベースにして選手の精神力(メンタル面)を向上させ、目的達成へと導くのが主な仕事となる。
また、スポーツ選手をはじめ、緊張や不安を抱えながらも目標を達成したいと考えている人を、心身両面からサポートする役割を担っている。

スポーツに関する仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました