スポーツ選手マネジメント担当者になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

スポーツ選手の代わりにテレビ出演やCM契約などの交渉を行ない、場合によっては海外遠征のためのビザ取得なども行う。
スポーツ選手がトレーニングに集中できるように、触れ以外のあらゆる面でサポートするのが仕事だ。
スポーツ選手マネジメント担当者になるには、スポーツ選手のプロモーションなどを手がけているエージェント会社に就職するのが一般的なコースといえる。
日本の場合、スポーツ選手のマネジメントに関してはエージェント会社の社員が担当するケースが多いのが現状だ。
しかし、プロ野球やサッカー界には、米国などのようにチームとの年俸契約などの法的な交渉を行う専門的な知識を持ったスポーツエージェントもいる。
スポーツマネジメント学科やスポーツエージェント養成講座などのある専門学校でスポーツエージェントに関する基本的な知識を身につけよう。

スポーツに関する仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました