スポーツトレーナーになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

スポーツチーム、フィットネスクラブなどに所属して、ケガの予防や応急処置、トレーニングの始動などを行うのがスポーツトレーナーの仕事だ。
フィットネスクラブなどの場合は、利用者一人ひとりの年齢や性別、運動能力などを的確に判断し、適切な練習メニューをつくって、健康管理をサポートする。
チーム所属の場合は、選手のケガを予防するために、テーピングやマッサージなど選手に施したり、選手に日常生活のアドバイスするのも大きな役割。
身体の仕組みや栄養知識などの高度な専門知識が求められるため、大学の体育学部や体育会系の専門学校などで専門的な知識を学ぶとよい。さらに、はり・きゅう・マッサージ等の技術を習得すれば仕事の幅がいっそう広がる。

スポーツに関する仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました