スポーツ用品開発担当者になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

スポーツ用品開発担当者は、スポーツ選手の満足度を上げ、さらには成績が向上することを考慮に入れながら商品の開発をしていく。そのためには、素材に関する知識は当然のこと、新しい技術を取り入れるためのノウハウを身につけなくてはならない。例えば、プロ野球選手が使用する道具を作るバット職人やグラブ職人、プロテニスプレーヤーの使うラケットのガットを張るガット職人などもいる。
商品ができるまでには、企画から始まって、社内での承認、設計作業など、たくさんのプロセスを経ながら、完成までこぎつけなくてはならない。
スポーツ用品を取り扱うスポーツ関連会社に就職すること。ただし、採用においては大学卒業以上を条件としている会社が多い。コンピュータや設計などの得意な分野があると有利。ほかの部門よりも高い能力が必要とされるため、配達された部門で評価を得た人が開発担当部門に抜擢されることが多い。

スポーツに関する仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました