水中カメラマンになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

文字通り、水中や海中をカメラやビデオで撮影するのが水中カメラマンの仕事だ。
主に、雑誌や書籍、広告やテレビなどで使うための水中・海中の風景やそこに生息する動植物、マリンスポーツの様子などを撮影する。
多くは水中写真を専門に撮影するプロダクションに所属したり、自ら撮影した作品を、出版社や広告代理店・テレビ局などに持ち込んだりして仕事の機会をつくり出しているが、ときには研究機関や学者から学術的な目的で仕事を依頼されることもある。
写真科のある芸術系・美術系大学や専門学校で学び、スキューバーダイビングおよび潜水士の資格を取得して、プロの水中カメラマンのアシスタントして修行を積むというのが一般的だ。

タイトルとURLをコピーしました