スコシテンの教義|名言まとめ

記事を書いている中で、偶発的に生まれた名言をまとめております。

「真なるイノベーションとは、神の領域に到達することでしか、達成できない」

順当に考えれば「どうしたらイノベーションを起こせるか?」ではなく「どうすれば神の領域に近づけるか?」と考えなければならない。

そうすれば、イノベーションなど勝手に起こるのである。

初出:「神とは何か?」最近の若者は本当の神を知らなすぎるし、考えが足りてなさすぎる。

「東京なんて夢追い人のゴミ処分場」

天空の城ラピュタでムスカが「見ろ、人がゴミのようだ!」と言ってましたが、私も東京の渋谷のスクランブル交差点を初めて見た時、同じことを思いましたよ。

人間なんて誰もが特別じゃなく、
数が多ければ多いほど、
ゴミに近づいていくんだ。

初出:夢追い人を辞めて正社員になりたい方へ贈る餞の言葉。大人の階段登る君はまだシンデレラ

背負う使命が重ければ重いほど、人間の価値は上がる

よりよく生きたければ、使命を持て。仕事はその手段に過ぎない

「背負う使命が重ければ重いほど、人間の価値は上がる」

発展形:20代後半女性の私が転職して得られたメリット7つ。「スコシテン」とかいう神サイトを読んでみた結果がこれだっ!

「金もらって、飯食って、適度に安定して暮らせればいいや」という、使命も目的もない、怠惰な人生を送る道を選ぶんです。

一方で、レベルの高い人は「使命=生きる意味」をしっかりと持っています。

自分の命をどう使い果たせば、より社会に貢献でき、幸せに生きられるかを理解しているからです。

命を使うと書いて「使命」ですからね。

天才の一瞬は凡人の一生に勝る」と言いますが、まさにそのとおりでしょう。

ゲームでレベルの低いモンスターが瞬殺されるように、現実でもレベルの低い人が束になったところで、レベルの高い人の1秒を凌ぐ成果は生み出せないのです。

使命を持ち、生きる意味を知れば知るほど、人は強くなってレベルが上がります。

初出・原典:レベルの低い人の特徴。程度が低い人間は相手にしない方がいい。

死を意識すればするほど、生きることの尊さに気づける

己の心の闇を見つめ、死を意識し、重い使命を背負うほど、己の価値は高まる。

初出:20代後半女性の私が転職して得られたメリット7つ。「スコシテン」とかいう神サイトを読んでみた結果がこれだっ!

「あなたがワケのわからない敵と戦っている時、それを上から見てほくそ笑んでいる人間がいるのだ」

私たちは「見えない敵」と戦わせ続けられ、消耗させられているのです。

たとえば「正社員VS非正規」「正社員VSフリーランス」「老害VS若者」「上司VS部下」「男VS女」「右翼VS左翼」など、ネット上にはあらゆる対立構図が展開されております。

世の中「神の名の元に戦う行為=聖戦ジハード」が存在しますが、スコシテンの教義では「無用な争いはすべて避けるべきだ」とも書いております。

「大卒後大企業勤めで仕事を続ける=勝ち組、仕事を辞める・転職=負け犬」という、あまりに狭い二元論から抜け出すことこそ、人間が尊厳を取り戻すための手段なのです。

元ネタ:「戦わない・争わない」という選択肢を見つけ出すための考え方

発展形:20代後半女性の私が転職して得られたメリット7つ。「スコシテン」とかいう神サイトを読んでみた結果がこれだっ!

「嫌われる勇気では足りない。世界を敵に回す覚悟を持て」

初出:20代後半女性の私が転職して得られたメリット7つ。「スコシテン」とかいう神サイトを読んでみた結果がこれだっ!

「孤独を恐れるな、孤独を愛せ」

スコシテンを読んで転職活動することで、孤独を恐れない女の子になれます。

スコシテンの原則教義は「孤独を恐れるな、孤独を愛せ」です

「転職活動は孤独な戦いであり、自己を高める最高の手段だ」

元ネタ記事:孤高な人の特徴。孤独こそが至高にして「成功の条件」である。

発展形:20代後半女性の私が転職して得られたメリット7つ。「スコシテン」とかいう神サイトを読んでみた結果がこれだっ!

無意味な死を、意味ある死に昇華させる

私たちが生きているのは「今、この瞬間」なんです。

スコシテンに関しては「こいつ、未来に生きてんな…」という感じですけど、スコシテンの教義は「無意味な死を、意味ある死に昇華させる」なので、おっさんたちの自分語り=思い出語りとはまるでワケが違います。

神風特攻隊や回天特攻攻撃隊の過ちを胸に刻んで生きている若者なんて、スコシテン編集長ぐらいです。

初出:20代後半女性の私が転職して得られたメリット7つ。「スコシテン」とかいう神サイトを読んでみた結果がこれだっ!

俺は死ぬまで、過去にとらわれ続けるぞ。

過去の俺も、今の俺も、未来の俺も、すべてはひとつの存在でしかない。

よく俺は「過去にとらわれるな」「学歴にこだわるな」と言われたが、それは違うと思う。

お前らは、俺が恋した幼馴染の死を忘れろと言うのか?
あいつが言ってくれた「頭いいね」という言葉を、捨て去れと言うのか?

…捨てていいわけがない。

俺は死ぬまで、過去にとらわれ続けるぞ。

自分の知力や頭脳を無駄にしないために。
高学歴を飾りにしないために。
「頭いいね」と褒めてくれた、死んでしまった幼馴染のために。

これは、俺の社会に対する宣戦布告であり、挑戦状だ。

覚悟を決めた俺に、もはや迷いなどなかった。

俺の東大卒のブレインがフル稼働し、ありとあらゆる情報を高速処理する。

…ああ。

この感覚はいつ以来だろうか。

体が軽い。

心の奥底で闘志が目覚めるのを、ひしひしと感じる。

―――もう何も怖くない。

すべての求人情報、転職情報、企業研究・業界分析の情報群が、あっという間に頭の中で高次処理され、俺の中で瞬時に最適解が導き出される。

あとは、俺の優秀な頭脳に従い、ただ黙々と行動するだけだ。

そうすると、今まで「高学歴ニートで、なかなか職が見つからない」なんて悩みがバカらしくなるほど、一瞬で内定が決まった。

…高学歴ニートが本気を出せば、就職活動なんて、しょせんはその程度なのだ。

「瞬殺」

東大受験に一発で受かった俺が本気を出せば、まさにすべてが「瞬殺」だった。

初出:高学歴ニートの俺が就職したあるきっかけ…。踏み出す勇気が欲しいならぜひ読んで欲しい。

アンチテーゼ先→「嫌われる勇気」が想像を絶するゴミ著だった【実践不可能】

本気で救いを求めて読んでくれる奴に、本気で書かない方が失礼だろ?

私は今この瞬間だけは、この記事を読むであろう読者ただ1人のことしか考えてませんし、無条件に読者のことを信じています。

本気で救いを求めて読んでくれる奴に、
本気で書かない方が失礼だろ?

だから、読者のあなたももうちょっと本気で読んで、本気で仕事に取り組んでください。

初出:転職失敗!死ぬぅ!←死にません。死なせません。次が見つかるまでは…。