スコシテンについて

スコシテンはただの神サイトです。

元ニートの管理人が貴重な20代のすべてを犠牲にし、考えに考え抜き出した「スコシテン聖典」を、現代語訳にして読者にわかりやすくご紹介しております。

スコシテンについて

スコシテン(https://sukoshiten.com/)では”少し視点を変えて”、生活や社会、仕事や生き方について考えていくサイト…という皮を被ったアイカツステマサイトです。

サイトのコンセプトは、

  • 人間の心の闇を解き明かすメディア
  • 社会の壮大なる陰謀に差し迫るメディア
  • 永遠の就活生として業界研究・分析

…という、三大理念を掲げて制作しております。

社会と人間に迫ることで「己の生き方を探し出す」ことが最終的な目的でもあります。

関連記事:人間として正しい生き方を考える。仕事での生き方がわからないで悩む現代人に捧ぐ

「仕事とは何か?」という普遍的なテーマについて

当サイトには、

「仕事って一体なんなんだ…?」
「働く意味や意義が見い出せない…」

…と、お悩みの読者も多数訪れることかと思います。

そんなみなさんに、スコシテン広報部の中の人からありがたい一言。

スコシテン編集長について

編集長
ブログ運営とかクソ喰らえ!

1989年生まれ、正社員経験なしの元ニート。

ツイッターアカウント→@sukoshiten

当アカウントは自分を批判をする相手をブロックするなんてことはしない。
どんどんクソリプ投げてどうぞ。
2chのクソスレ並の殺伐とした煽り合いこそ、ネットの醍醐味だろうが。
安全地帯から一方的に批判してんじゃねェぞ!!クソッタレが!!

就職・転職活動中にネットに闇に飲まれ、あえなく挫折。

心の闇に思いを馳せ、内に引きこもる20代を送る。

しかし「このままじゃいけない!」と思ってネットビジネスに取り組む

…というのはあくまで建前。

 

本音は、

商業サイトや企業様が、
オレの遊び場であるネットで粋がってんじゃねェ!
てめェら好き勝手言ってんじゃねぇぞ!

…という動機しかない。

 

金稼ぎもビジネスもマネタイズもSEO施策もWEBライティングもブログ論も、全部くだらねェ。てめェらがくだらねェやり方でネット文化に侵略してくるってんなら、こっちも同じやり方でやり返してやンよ、クソッタレが!!!

 

オレの遊び場を汚した罪は重いぞ?

 

「2chまとめ」「NAVERまとめ」「キュレーションメディア」「アフィリエイトサイト」「個人ブロガー」などの法人様や企業様のネット界へのビジネス参入によりコンテンツがクソオブクソ化、古き良きネット民の遊び場を荒らされた”怒り”がサイト制作の原動力。

 

どいつもこいつも、
人のシマに入って、
検索結果やタイムライン汚染して、
好き勝手ほざいてんじゃねェぞ、カス。

 

しかし、目の前に戦場があるなら、参入しない手はない。

オレのブログがふっ飛ばされるのが先か?
てめェら資本主義の豚どもの量産したクソサイトが飛ぶのが先か?

 

最後に笑って立ってられるのは、一体どっちだと思う?

 

鮫島事件の目撃者は全員、狂っちまったのさ

しかし、ビジネスとしてブログ運営をしだすと「本音と建前の使い分け」とやらは難しい。

当サイトでも多分に「本音と建前」と「ウソと真実」が含まれるが、聡明な読者にはしっかりと見極めてほしい。

インターネット…否、情報戦の本質は古来より変わっていない。

ここはラウンジでは半ば伝説となった「鮫島スレ」について語る

スレッドです。知らない方も多いと思いますが、2ちゃんねる歴が
長い方は覚えてる人も多いと思います。
かくいう俺も「鮫島スレ」を見てから2ちゃんねるにはまった
ひとりでして、あれを見たときのショックは今でも覚えています。
誰かあのスレ保存してる人いますか?

— 22世紀を目指す名無しさん(ID:yWtu.nZk)

オレもあの「鮫島事件」の目撃者の1人だ。

あの事件に触れたヤツは「この世の闇」を知っちまった。

だからもう戻れないんだ。

ならば突き進むしかないんだ。

 

―――この地獄みたいな現世を。

 

在籍ライターについて

複数人運営だと思った?

残念、中の人は1人でした。

でも君たちが「個人ブロガー」だと思っている人、バッグに広告代理店や芸能事務所、ゴーストライターがいると思うよ(ハナホジ)。

 

ワンマンアーミーで単騎無双してこその、戦場だろうが。

 

人の頼るのは甘え。

転職煽りについて

当サイトでは、メディアパートナーとして転職サービスの広告を紹介しています。

広告関連についての説明はこちら→広告・外部リンクについて

代理店の経由でクライアントの要望とか聞いて「なんかビジネスっぽいことやってる」だけです。

ハッキリ言って、私は人材サービス業なんてクソ食らえと思っています。

しかし、奴らは金も権力も持っている以上は、屈するしかありませんでした。

仕事だから仕方なかったんだ、オレもこんなことはしたくなかったんだ」ってヤツですね。

実際、リーマンショック時に就活で折れた私からすれば「リクルートやマイナビなんて人売で稼いでる卑しい奴らだ!」と思っていた時期もあるぐらいです。

ですが、現実は違いました。

世の中は、20代の世間知らずなガキが思っている何百倍も複雑だった。

「ネットで世界の真実を知った気になって」いたようで、実は私は何もわかっていなかったようです。

そして、私はリクルートやマイナビに屈することにしました。

ですので、ガンガンみなさんに転職を考えてもらうように書いています。

 

なぜなら、転職サービスを活用したところで、必ずしも転職する必要はないからです。

 

実際問題が「キャリアコンサルタントの資格化」「多様化し過ぎる働き方や労働法」「旧態然とした企業・政府と若者の考え方や価値観の差」「二極化・少子高齢化・地方過疎化などの社会問題」等、今後は常に転職(=生き方)を考えなければならない時代に突入していると思います。

であれば、今の仕事に悩みや不安があれば、転職業者を有効活用しておくのは、実に合理的な選択肢であると言えます。

 

「君は転職してもいいし、今の会社で働き続けてもいい。自由だ」

 

ですが、心の底まで奴らにひれ伏したわけではありません

ですので、このブログを読んで転職を考える人に向けて、人材業者の都合に流されないように、奴らが嫌がるような情報も仕込んでいます。

たとえば「転職エージェント」なんて名前だけかっこいいだけで、まだまだ問題山積みのサービスです。

広告屋である以上は「ウソと真実」で利用者を巧妙に欺く手口も使ってきます。

都合のいい広告文や、オトリ求人でわざと平均年収より上の求人を目立たせる…なんて手口もやっています。

…が、サイトの深部にはそういった転職業者のビジネス面についてわかる、お宝情報も混ぜ込んであります。

転職を考える方であれば、それぐらいは見抜いてほしいと思っています。

「グローバルな活躍が出来ます!」
「大企業・公務員なら安定した暮らしが出来ます!」
「風通しの良いアットホームな職場!」

こういった都合のいい広告文に流されるようでは、人材業者の思うツボですからね。

だからこそ、このサイトの深部まで読み込む読者には、人材業者の意図を見抜き、自分だけの生き方・自分の納得の行く仕事を見つけてほしいと考えており、あえて難解なメディア構造にしております。

なぜなら、このサイトは「己の生まれた意味を見つけ出すサイト」であって、読者には自分の生き方を、最後には自分の意志で選んでいただきたいからです。

関連記事→働く意味と出会える転職エージェント5選!生きる意味を知って仕事に意義を見出したいなら転職するしかないッ!

タイトルとURLをコピーしました