スーパー辞めたい人が後悔しないために抑えておくべき全知識|退職理由、辞め方、転職先

「業務用スーパー辞めたい…」
「スーパー業界人手不足で辞めたい…」

そう悩んでいませんか?

この記事では読者と同じように「スーパー辞めたい…」と悩み、実際に辞めた人や辞めなかった人、それぞれの体験談をお届けしていきます。

スポンサーリンク

スーパーを辞めたい理由:社員を大事にしない会社が多い(女/40代)

以前、地元のスーパーに勤めていたことがありました。アルバイトから、正社員になったのですが、色々大変で辞めることにしました。

正社員になってからは、雑用から始まって、ゆくゆくは仕入れの担当になるような話になっていました。最初は、頑張ろうと意気込んでいましたし、多少の無理も覚悟していました。しかし、正社員になった途端に、扱いが雑になった感じで、それがどんどん酷くなっていきました。もちろん、私だけではなく正社員の人は、ほとんどがかなりの無理をして、会社のために働いていたのですが、だんだん違和感が強くなっていきました。

例えば、休みの日にいきなり電話がかかってきて、呼び出され、急な仕事の手伝いをさせられたり、パートさんの穴埋めをさせられたりしました。ただでさえ忙しい仕事なのに、休みの日まで働かされるのが、当たり前のような会社の風潮に、辞めたいという気持ちが強くなっていきました。辞めたいと言っている社員も少なくなく、私もスーパーの仕事は好きでしたが、辞めることを真剣に考え始めました。

地元のスーパーで地元の人たちに、貢献したいと思っていましたが、おかしな会社ならば辞めるべきだとも感じ始めました。辞めたい気持ちと、辞めるべきだという二つの気持ちが、私を動かし意思を強く保つことができた結果、無事に退社できました。上司や社長に反対されましたが、話し合いの結果、辞めることを承諾してもらい、辞められたので良かったです。

スーパーを辞めたい理由:忙しい割に給料は中々上がらない(男/40代)

皆さんはスーパーの仕事に対してどのような思いがあるのでしょうか。多くの人が偏見があるのではないかと思われます。
スーパーの仕事は仕事量の割に薄給であり、あまり高給とは言えない仕事の代表格としてあり、薄給イコールスーパーが上げられるぐらいだと思います。私が勤めていたスーパーも同じように仕事の量に比べてなかなか給料は増えないので辞めたいといった悩みがありました。そういったこともあり、私の仕事に対するモチベーションが日に日に失われてきました。日頃からそれほど勤めている内容や仕事先の人間関係、全てにおいてあまりに退屈であり、またスキルを伸ばすことに値しないような内容ばかりで辞めたいと思ってました。それほどまでに楽しい思いで仕事をすることは多くはなかった私ですが、自身が20代とまだ今に比べて若かったということもあり、今までの仕事を続けていても自分自身の人生にとってプラスアルファにならないと感じたので、ここは思い切って正社員と言う身分ではありましたが、心機一転新しい職場へ変更すべく辞めたいということも視野に入れ始めたのです。
私自身そういった考えを持ち出したのは勤めてから二年半ぐらいが経った頃であり、新しくそれから職探し内定を頂き、別の職場で働き始めたのはスーパーの仕事をし始めてから3年未満の頃であります。3年が経った頃にはもう別の仕事をし始めてました。
初めは高校を卒業して入った仕事ですので学校の恩師などにも申し訳ないという気持ちもありましたが、新しく人生をスタートしようとした気持ちを今ならわかっていただけると思います。

スーパー辞めたい理由:毎日同じ作業に飽きる(男/30代)

私は高校を卒業後に5年間ほど正社員としてではなく、いつでも辞めたい時に辞めれるバイトとして近所のスーパーで働いていました。なぜ正社員ではなかったかというと、特にやりたい事も見つからず、好きな時に行って働きたかったので、シフト制のスーパーのバイトを選びました。ですが、週に5回は入って主にレジ打ちを担当していました。やる事が見つからない私ですが、毎日毎日同じ作業の繰り返しに飽きてしまっていて、周りの友人達が大学や社会人としてキラキラしている姿を見ると辞めたいという気持ちにもなりました。なので毎日変化のある仕事で正社員を目指す事にしました。要は転職を考え始めました。5年間のスーパーでのバイト経験があったので、私は少し社会人としての自信がありましたが、振り返ってみるとレジ打ちの日々で、他の業界でアピールできるスキルや能力をほとんど持っていない事に気が付きました。レジなのでコミュニケーション能力が付いたわけでもなく、数字に強くなったわけでもなく。なんの為の5年間だったのかと自問自答する事が多くなりました。そんな時に友達に言われたのが、同じ作業を5年間も続けられたのは、私の能力ではないか、と。言われて気が付く事もあるんですね。少し自信が持てました。やはりどんな仕事内容からでも、他と勝負できるスキルは付いているんだと。今は別の業界で正社員として働けています。もう10年働いていますが、辞めたいと思った事は一度もありません。

スーパー辞めたい理由:不規則な生活なのでオススメできない(女/30代)

私は3年間新卒でスーパーの正社員として働いていました。本当は事務職を希望していたのですが、就職難でいい仕事がなかったので大手のスーパーの販売職に就職しました。3年間ほど続けましたが、結局不規則な生活が続いて嫌になり退職しました。私がスーパー業界の離職を決めた理由は主に次の3つです。
最初に辞めたいと思ったのはやはり不規則な勤務であることが一番の理由でした。正社員なのはいい面もありますが、正直スーパーはほとんどパート勤務の主婦ですので、権力はだんぜんパートさんが持っています。
2つ目の理由は、なんでも正社員に任せられたり、パート勤務の方の穴埋めばかりすることがおおいところです。一番辞めたいと思ったのは、パート勤務の方のいざこざやシフトで急に穴が開いたりしたときに急に入らされたりして、しりぬぐいばかりやらされることがおおいことです。正社員と言えば聞こえがいいですが、パート勤務の方の方ならやりたくなければ断れることでも引き受けないといけないことがとてもおおいことです。
三つめは、責任の割に給与がよくないことです。辞めたいと思ったのは、同級生の事務職の人と比べて給与だけでなくボーナスなども悪かったときです。不規則な時間で働いているうえに給与までわるいと知ってテンションもさがりました。

15年間勤めていたスーパーを辞めた理由(女/40代)

ちょうど1年前、15年勤めていたスーパーを辞めました。今まで一度も辞めたいと思ったことはなく、職場環境はとても良かったのです。何故、こんなに長く勤めていたのに辞めたいと思ったのか。なぜなら時給はあまり良くなく、上がっても東京都の最低賃金でした。そして、そのさらに1年前に違うスーパーとWワークをし始め、ある程度充実した安定した賃金を得られることが期待できました。その始めたばかりのスーパーの研修中は部門も違うし、時給も良く、何しろオープニングの従業員でいずれはそこで一本にするつもりで頑張って楽しかったのです。しかしオープン時に他の店舗のベテランがそこに合流することが判明。始まってからは同等に働くというよりはたちまち上下関係が出来、なんとなくギクシャクしていました。しかし、午後の仕事で今までのスーパーに行き、午前の嫌な雰囲気を一新でき暫くは勤めることができました。しかしWワークは身体がきつくなり、どちらかを辞めたいと思うようになり、当初の予定通りに新しく勤めたスーパー一本に絞り、元の職場を離れることになりました。しかし、その選択肢は私には良くなかったようです。その上下関係が苦痛になり、毎日の出勤が本当に辛くなってしまいました。そして最終的に契約更新をせず、退職することになりました。賃金は大事ですが、環境は大切だと思った出来事です。今は違う職種についてますが、元の職場に未練があるのは事実です。

スーパー辞めた理由:嫌味な人が多いから(女/30代)

私は以前地元のスーパーで働いていました。正社員ではなかったのですが、スーパーの業界に興味があり、働けてよかったです。
初めの2週間はスーパーについての研修とレジについての説明、練習がありました。実際に他の店舗でお客様に対してのレジうちをして、地元の新しい店舗のスーパーで働きました。
最初はレジ打ちが上手にできなくて、自分には合わないのかなと辞めたいなと思っていましたが、徐々に慣れてきてレジ打ちに関してで辞めたいと思う気持ちはありませんでした。
しかし仕事に慣れてくると今度は人間関係で辞めたいなと思うようになりました。
とにかくいじわるな人がパートの人でいて、新人をいじめていました。大事な情報を教えてくれなかったり、お客様の前で嫌みを言われたりなどどこの業界にもいるとは思いますが、嫌で仕方なかったです。
店長も週5、6日は働いているのに、休みすぎだよ。とさも私が働いていないみたいに言ってきたりしました。
正社員ではないし、仕事はしっかりやっているのに嫌みを言われなければいけないのかと本当に悩みました。
年齢が近い人も多かったので、みんなで愚痴りあいをしたりとストレス発散をしていたのですが給料も安く、正社員として働きたかったので、結局は辞めてしまいました。

スーパーのレジ(アルバイト)を辞めた理由(女/20代)

私が一番最初にアルバイトをしたのがスーパーのレジのバイトでした。ネットで初めてバイトをするのは何がいいのか調べた結果がスーパーのレジでした。
スーパーのバイト始めたての時は指導係の方がついて下さったり、2人制でレジをしたりと何とかこなすことは出来ていました。入ってから数回目のバイトの際、少し暗雲がたちこめます。レジ締めを1人でやってみようと指導係の方に言われたので、自分のレジでまず指導係の方のやり方を見て、空いているレジをレジ締めしていました。レジ締めが終わってからそのレジ担当だった方が、誰?このレジ締めたの?と少し怒り気味で聞いてきました。この方は御局様のような方だったみたいです。バインダーのようなものをバンッと机に叩いてどこかに行ってしまいました。ここで辞めたいと少し思うようになりました。

1ヶ月少しが経って子供の日の時にレジに入りました。ものすごく混んでいて、レジには長蛇の列でした。ここで私はクーポンの打ち忘れ、というか打ち方を知らなかった為にお客様から怒られてしまいます。副店長と一緒にレジの近くで沢山のお客様がいる前で謝りました。ここでまた少し心が折れ、辞めたいと思うようになってきます。

レジ締めの際に採算があってるか確認をするのですが、私が何回かミスをしてしまっていたようで採算が合わない日がありました。その時に最初の方に書いた御局様が来て、あなたのレジはマイナスが多すぎると指摘されました。それがすごく責められている感じがして私は泣いてしまいました。同じ時間帯で上がったバイトの方達に、そういうミスは最初はあるよ、と慰めをしてもらったりしたのですが、私もメンタルが強い方ではないので、ここで辞めたい、いや辞めようと決めました。

この時は大学2年生で割かし実習などが多い学科にいたので、夏休みに入るところでしたが夏休みの課題が多く出たのと学業と両立ができないという理由でバイトを辞めました。

スーパーのレジを辞めた理由:時給の割に合わない(女/30代)

スーパーは時給に対して労働が大変な気がします。スーパーでの仕事は基本的にレジ対応ではありましたが、それだけ仕事していればいいというわけではなく、品出しなど重労働も一緒についてきます。子供がいたりしてスーパーはとても働きやすい環境ではありました。子供が学校や幼稚園に通っている間に少しだけ働こうと思うと働きやすかったこともあってスーパーの仕事は勤務体制に対しては申し分ありませんでした。でも、日々子育てしながらスーパーの仕事をしていくと子育てがなかなかうまく出来なくなってしまって体力的についていけなくなってしまって仕事を辞めたいなと思うようになりました。でも、簡単には辞めれなくて、次のパートを決めてから辞めたいなと思っていてなかなかすぐには辞めることが出来ませんでした。でも、仕事をしながら次の仕事を探してしばらくしてから次の仕事を決めることができました。
スーパーの仕事は様々な仕事をやらないといけないので大変な部分があって辞めたいなと思う気持ちも膨らみましたが、経験としては様々なお客さんと会えるので楽しいこともあるし、苦情でどうしていくかの経験なども学べたので良かったなと思うこともありました。

スーパーのレジを辞めた理由:客に見下されるから(女/30代)

私は半年ほど前までスーパーのレジ業務をしておりました。1年半ほど勤めた後に、妊娠を機に辞めました。ピッと商品をスキャンしてかごに入れるだけなので、一見スーパーのレジ業務は簡単なように見えます。しかし決してそんなことはありません。特にかごに入れる作業に苦戦をしました。ただただバランス良く上手く入れられないだけでなく、お客様によって求めることただが違うので尚更苦戦したのだと思います。レジ袋に入れる時にスムーズにできるよう、肉なども全て縦に入れてほしいと言う人もいれば、ドリップが漏れるから縦に入れるなんてあり得ないと言う人もいます。炭酸飲料を横にすると嫌がる人もいます。少々入れ方が雑でも良いから早くしてと言う人もいれば、少々時間がかかっても待つから丁寧に商品を扱ってと言う人もいます。このように、ただスキャンしてかごに入れるだけでなく、その上にお客様の要望を極力聞くようにしなければなりません。しかし、それを全て聞いているとキリがなく、けど応えなければ文句を言われることもあります。次第にストレスを感じ、辞めたいと思うようになりました。実際レジ業務は辞める人も少なくなく、誰かれしも一度は辞めたいと思ったことがあるのではないでしょうか。しかし私は何と言って辞めたら良いのか、適切な理由が見つかりませんでした。結果的にその頃妊娠が発覚したので、妊娠を理由に辞めました。もうスーパーでの勤務者ではありませんが、経験者として皆さんにお願いです。スーパーのレジ業務を見下さないで下さい。思っている以上に難しいですので、お手柔らかにお願いします。そうすると辞めたいと思う人も減ると思います。

スーパーを辞めた理由:職場環境の悪さ(男/30代)

以前、全国的に有名な某スーパーのサービスカウンターで働いていたことがありました。

そのスーパーには、普段から多くのお客様が来店される中、毎日のように来るクレーマーの方の対応がとにかく嫌でたまらなくて、その都度辞めたいという気持ちが強くなり、周りの仲間にも口にするようになっていました。

特に昼間から酔っ払って来店されるため、他のお客様に絡んだりされることも多く、それをこちらのせいにされることも少なくなくて、「何で俺が悪くなってるん」と、思わずお客様に対して言ってしまいそうになるくらい追い込まれていきました。

さらに、お客様の対応だけでも嫌な部分が多いのに、職場環境の方もかなり悪くて、誰の目から見ても人手が足りない状態であるのにもかかわらず、全く求人も出さずギリギリの状況でシフトを回していたのです。

上司に求人出してアルバイトでもいいから入れてほしいとお願いしてみても「必要ない」と一言で終わり、しなくてもいい残業を強いられる日々に嫌気がさし、辞めたいという感情も限界に達しました。

そして、上司に対して「辞めたいです」と伝えてみたところ、全力で止められるという理解できない対応に呆れてしまい、結果的にそのタイミングでスーパーを辞めることにしました。

その後、他のスーパー勤務の知り合いに話を聞いてみると、さほど変わらない状態だったので、スーパー勤務の人は結構苦労されてるのではないでしょうか。

スーパー業界から転職するなら転職エージェントへ相談

この記事はいかがでしたか?

今回の体験談のように、スーパー業界を辞めたいと悩んでいる人はたくさんいらっしゃいます。

ですが、歳を取る毎に転職は厳しいものとなり、辛いスーパー勤務からの転職は難しくなります。

ですので、転職するなら早いに越したことはありません。

そこで役に立つのが「転職エージェント」と呼ばれるサービスです。

転職エージェントは無料で利用でき、登録して面談を受けるだけで自分に合った求人を紹介してくれます。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響に寄る布教に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

接客・サービス・販売・マーケティング転職体験談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました