仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

社内ニートは転職するべき?飼い殺しでつらいなら読んでおこう。

転職アドバイザー
元転職アドバイザーのヒビキです

私が転職アドバイザー時代、俗に言う「社内ニート(窓際族)」を理由に転職する方も結構いらっしゃいました。

そして、転職希望の社内ニートに共通するのが、仕事が振られずに自信を失くしてしまっているという悩みを抱えていること。

「本当はもっと仕事で活躍したいのに、何をすればいいかわからない…」
「することなすこと、空回りで上司に怒られて辛い…」
「上司の嫌がらせで左遷された…」

社内ニートであることが悩みの転職希望者の話を聞いていくと、意外と職場環境が原因であることもかなり多いです。

新卒の場合であれば「教育せずに放置」という問題から、20代後半以降からは「職場いじめ(モラハラ)」「左遷」「嫌がらせ」など、職場の複雑な人間関係やいざこざが原因で社内ニートに追い詰められる方もいます。

もし、読者のあなたがそうなのでしたら、自信を持って転職活動に当たって欲しいと思います。

なぜなら、転職活動とは「己を探す旅」でもあるからです。

社内ニートになってしまう原因は?

社内ニートになってしまう原因は、以下の通り。

  • 受け身で言われたことしか出来ない
  • コミュニケーション力がなく自分で居場所を作れない
  • 向上心がないため自発的に仕事に取り組めない
  • 仕事をこなすのが早すぎる(本人が優秀過ぎる場合)
  • 左遷で閑職に追い込まれる

社内ニート本人が悪いこともあれば、理不尽に仕事を振られていない可能性もあるので、客観的に見極める必要があります。

中途採用者であれば、放置プレイを食らうことも珍しくありません。

会社の方針などを見極め、自分から職場内で仕事を見つけ出す努力をしておきましょう。

社内ニートの転職理由は?

新卒社内ニートは色々ヤバイ

新卒入社してすぐに社内ニートになってしまった場合は、色々考えておいた方がいいでしょう。

理由・原因としては以下の通り。

  • 新卒社内ニートの本人が受け身
  • 上司や先輩が新人を放置プレイする社風

この2つが合わさると、新卒社内ニートは非常にマズイです。

通常、新卒社員は会社側でしっかり研修してくれるのですが、それさえしてくれない企業である…ということも考えられますから。

「新人でも自発性が大事」とは言いますが、社内に入りたてで右も左も分からない新卒にそれを求めるというのは酷です。

社内ニートはつらい

社内ニートになってしまうと、単純につらいです。

  • 周りが忙しいのに自分だけ暇な罪悪感
  • 出社しているのに仕事のない虚無感
  • 上司や先輩から陰口を叩かれて酷評されていないか心配になる

…など、社内ニートも決して楽な立場ではありません。

上司や先輩というのは意外に他人の仕事っぷりを見ています。

少なからず、暇で時間があるからと言って「社内ニートは勝ち組!」だなんて慢心しないようにしたいものです。

社内ニートは無能感が重たい…

社内ニートがつらい理由、それは「圧 倒 的 無 能 感」。

やっぱり、人間って自分が無能なのを突きつけられると、耐え難いものを感じるんですよね…。

関連:自分が「無能な働き者」だと感じた場合の改善方法。別に「無能」でもいいんじゃない?

私も過去に大手企業の一流商社に勤めていましたが、あまりにレベルが高い上に派閥争いが激しく、無能感に打ちひしがれて辞めた経緯を持ちます。

関連:仕事についていけないならどうする?周りが優秀過ぎて辛い場合は?レベルの高い職場へ転職してしまった時の対策とは?

仕事のモチベーション低下は転職のきっかけになる

社内ニートに関わらず、多くの方が転職を意識しだすのが「今の仕事に対するモチベーション低下」が原因です。

そして、転職を考えているにも関わらず、なかなか踏み出せない方が勘違いしているのが「モチベーションが低いと転職が成功しない…」という勘違いです。

実は、転職活動を始まる際に多くの人が「モチベーションが下がっている」「転職に不安を抱いている」という状態からスタートするんです。

当然ながら、社内ニートで自信をなくして不安になっている方が、自分だけの力でモチベーションを高めるのはかなり難しいと言えます。

ですので、ほとんどの方がキャリアアドバイザーなどの転職のプロに相談し、転職を成功させています。

とくに「キャリアカウンセリング」では「意欲向上」「自己啓発」といった、転職希望者のモチベーション向上の役割もありますので、社内ニートの方は利用を検討しておきましょう。

関連:転職成功の秘訣は”相談する”こと!無料でキャリアカウンセリング受けられるオススメの業者や施設は?

社内ニートが生まれるのは会社や職場環境のせい

社内ニートが生まれるのは9割以上が上司や職場環境のせいです。

なぜなら、好き好んで社内ニートになりたがる人は、そう多くはないからです。

職場で周りがバリバリ仕事してる中、仕事せずに平然としていることに何も感じないのであれば、そもそも転職したいなどと考えもしませんよね。

社内ニートがニートなのも、単に職場の環境が悪いだけで、自分の使命に出会えていないだけです。

関連:働く意味と出会える転職エージェント5選!生きる意味を知って仕事に意義を見出したいなら転職するしかないッ!
関連:人のせいにして仕事辞めるのはあり?誰かのせいにして生きるのはかしこい処世術だと知っておこう!

社内ニートは出世のチャンスが低い

左遷・嫌がらせ・スケープゴートを食らったパターンの社内ニートは、出世コースが絶たれてしまうという切実な問題があります。

…いや、冗談抜きで「都合良く使われて、ボロ雑巾のように左遷させられた社内ニート」って、たまにいるんです。

しかも、30~40代ぐらいの今まで転職とか考えてなかったような人も。

そういう人の場合、実は経歴やスキルが噛み合えば一発で転職先が決まることも珍しくないので、めげずに転職活動を始めてほしいですね。

社内ニートから転職するなら転職エージェントを使おう

社内ニートで転職をしたい方は、転職エージェントでプロのアドバイスを受けておくことをオススメしますよ。

転職エージェントは無料で利用できる上に、自分に合った求人の紹介や心理面のケアもしてくれるので、社内ニートの方でも自信を持って転職を成功させやすくなります。

社内ニートになると、会社で追い込まれる立場になるので、プロの転職アドバイザーと一緒に転職を進められる心理的な安心感は予想以上にデカイですよ。

…あと、男性の場合は若い女性のアドバイザーがつくと、やる気20%マシになるのでこれも結構大きい。

相談しても必ずしも転職する必要はないので「ちょっと仕事の悩みでも相談して、転職を検討するか」ぐらいの感覚で使ってもOKです。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。