謝っても許してくれない上司は人間のクズ!反抗期のガキ!器のない人間は指導者の資格なし!

謝っても許してくれないような上司がいる職場は辞めるべきです。

私自身の経験談をします。

私はかつての上司がミスした仕事をフォローしたんですが、納期に間に合いませんでした。

すると、信じられないことに、上司は自分のミスを私のせいにしだしたんです。

「お前が勝手なことをするから」
「お前がいなければ間に合った」
「お前が要領悪いから」

などと、恩を仇で返すような仕打ちでした。

私はたまりかねて、口答えしました。

「お言葉ですが、ミスは〇〇部長の責任ですし、私は残業してまでミスをフォローしました。なぜそれが私のミスになるのでしょうか?」

すると、上司は無言になりました。

後日、課長に私が口答えした件を部長が報告したらしく、私にわざとらしく「課長からもお叱りの言葉が届いているぞ」と言ってきました。

私は怒りを抑えて「先日は、申し訳ありませんでした。今後は二度とあのようなことが起きないように努めさせていただきます」と冷静に返しましたが、それも気に入らなかったらしく「口だけならなんとも言える。お前の信用はもうゼロだからな」と言われました。

何度謝っても許さない上司

その後も、上司とは冷戦状態が続いたまま、仕事が続きました。

私は毎日、上司に「あの件を本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げていたんですが、一向に許してくれる気配もなく、時には「しつこいぞ」などと聞く耳を持ちませんでした。そのうち無視しだしたので、私も謝ることはなくなりました。

こちらが「折れて謝ってあげている」ことにすら気づかず、上司はまるで反抗期の子供のように口を利いてくれません。

せめて仕事で成果を出して汚名返上をしたいと思うものの、上司はまるで私をいないかのように扱い、同僚づてに仕事を回されます。

いい大人が仕事に私情を持ち込むなんて、子供レベルです。

そして、上司は仕事が忙しくなってストレスが貯まると、私を呼び出して「あの件で反省しているんだよね?じゃあ、この仕事やってくれない?」などと嫌味に言い放ち、信じられないほどの仕事を私に振ってくるようになりました。

上層部に根回しし、私をいじめる陰湿さ

そして、さらに信じられないことが起きました。

上司の上司、つまり課長らから呼び出しをくらい「君が職場の風紀を乱していると聞いて、厳重注意したい」という旨の話を聞かされました。

私は「いえ、その件に関しては~」と弁解しましたが「そんな勝手な言い訳をするとどうなるかわかるよね?」と、話を聞いてもらえませんでした。

おそらく、上司が私を悪者扱いし、スケープゴートとして自分のミスを押しつけたのだと思います。

そして年度末、私は閑職への左遷が言い渡されました。

8年間会社のために勤めてきた私の努力が、クソ上司の責任転嫁のせいで水の泡になった瞬間でした。

私は「あの失態はなんとか仕事で取り返そう」というプライドがあったんですが、部署替えが決まると同時に、全身から力が抜けました。

上司の機嫌ひとつで、どんな努力も水の泡になるんです。

こんなにくだらない仕事なんて、ないと思います。

転職活動して、くだらない会社を辞める決意

部署替えが決まると、私はすぐさま転職活動を始めました。

頭のおかしい上司のいる会社なんて、働くだけ無駄です。

自分のミスを認めない、器量の小さい上司や、ウソをウソと見抜けないバカな課長が残り続けるだけです。

そんな会社なんて頑張るだけ無駄ですからね。

私は転職エージェントというサービスで、自分に合った職場を紹介してもらいました。

最初は初めての転職活動で、30代ということもあり、見つかるか不安でしたが、意外なほどに転職先候補があることがわかりました。

年収や待遇もよく、あんなクソ上司の責任転嫁で自分の評価が地に落ちるぐらいなら、さっさと転職しておけば良かったと後悔しました。

その後、転職エージェントのサポートもあり、スムーズに転職先が決まりました。

年度末と同時に退職したんですが、上司に恨み辛みを込めて黙って辞表を提出しました。

上司は無言でそれを受け取りました。

そのクソ上司は、今でも不幸になって死んでほしいと思っています。

謝っても許さない上司は陰湿な性格なので、すぐ離れよう

転職先では年収も上がり、社内の人間関係も良好です。

転職活動した今だからこそわかるんですが、私の勤めていた会社は、異常でした。

人間関係もコネによる影響が強く、それで部下にミスを押しつけても平然としていられる土壌が出来上がっていたそうなんです。これは、私の退職後に後を追うように辞めた後輩から聞いた話です。

まともな上司なら、謝れば、まず対話の姿勢を見せてくれるはずですからね。仕事に支障が出ますから。

不当な謝罪を鼻で笑って責任転嫁するような、異常な上司がいる会社は辞めてしまったほうが身のためです。極端な話、自分が一切関わっていないことについても、責任を押しつけられる可能性すらありますからね。課長が私の言い分をまるで聞かずに、事実関係を追求しなかったことからも、社内の上層部で陰湿なつながりがあったんだと想像できます。

上司に人生台無しにされないためにも転職を考えておこう

今回の私の体験談に見覚えのある方は、上司の理不尽な責任の押し付けや、謝罪しても許してくれない場合に備えて、転職を視野に入れておいておくべきです。

堅苦しい職場ほど、実は上司は裏では汚いことを考えていて、ミスも許せないような人間ですからね。今の職場に勤めてわかりましたが、部下のミスをフォローできなかったり、過ちを許せない人間は、自分の過ちもミスも認められませんからね。

上司の身勝手で努力が水の泡になるような仕事なんて、頑張るだけ無駄です。

いざという事態に備えて、転職という選択肢を考えておきましょう。

転職エージェントに登録しておこう

私が転職の際にお世話になったサービスは、転職エージェントという担当コンサルタントが自分に合った仕事を紹介してくれる転職サービスです。

この転職エージェントを利用してわかりましたが、自分の今の仕事では考えられないぐらい、高年収・厚待遇の転職先がたくさんあるんです。

また、若い頃からキャリアアップを意識していれば、さらに年収の上がる仕事も選びやすくなります。もっと早く利用しておくべきでした。

その上で、転職エージェントは登録・利用は完全無料ですので、利用しない手はありません。

上司の気分一つで今までの努力が無駄になるリスクを考えると、転職エージェントに早めに登録して、転職活動に興味を持っていたほうがいいでしょう。長年かけて築き上げた信用なんて、ちょっとしたすれ違いやミスですぐに吹っ飛んでしまいますからね。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ