仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

職歴なしでも正社員になれるのか?社会人経験がなしで正社員を目指す場合のコツとは?

編集長
転職マニアの
スコシテン編集長です

「職歴なしでも正社員になれる?」

そうお悩みですか?

ちまたの転職情報は経歴のある人向けで「職歴なしの自分でも、正社員になれるのかな…?」と不安になりますよね。

答えを先に言っておくと「年齢による」です。

具体的には以下の通り。

職歴なしの年齢層毎の正社員の採用状況

20代前半→既卒・第二新卒扱いとして就活生並に優遇されている年代なので、しっかり就職活動すればどうにかなる。

20代後半→年齢を理由に問答無用で不採用にする企業が増えてくるため、書類選考すら通らなくなる。非正規雇用も視野に入れない年齢層。ただしまだチャンスはある。
関連:20代後半の職歴なしの転職方法。正社員採用が厳しくなることは知っておこう!

30代以降→職歴なしでは正社員になるのは絶望的。少なからず、多くの人材会社のサービスではサポート対象外。ハローワーク通いor非正規雇用の二択。
関連:30歳以上の職歴なしが正社員を目指すのは絶望的か?仕事が決まらない30代は読んでおこう

※フリーター経験がある場合、業種・職種によっては経歴として評価される可能性あり

他にも細かい要素としては、

  • アルバイト・フリーター経験はあるか?
  • 契約社員・派遣社員から正社員を目指す道は考えているか?
  • 人材会社のサポートの受けやすい都市部近郊住みか?

…という条件もあるので、職歴なしの人でも正社員になれるかどうかは、人によって難易度は変わってきます。

今回はそのあたりも含めて、職歴なしが正社員になるための方法について、ご紹介してまいります。

職歴なしの場合「年齢」が大事な要素となる

冒頭にもお伝えした通り、職歴なしの方が正社員を目指す場合「年齢」が重要な要素となります。

ですので、職歴なしから正社員を目指す方は、まずは強く「年齢」を意識してください。

なぜかというと、新卒生や卒業後3年以内の若手の場合「将来性やポテンシャル」を買われて採用されるからです。

その証拠に20代前半の若手は「第二新卒」「既卒」として、人材市場でも優遇されやすくなってきております。

ですので、職歴なしの方でも今までの経歴や学歴問わず、未経験職に正社員として採用されるチャンスがあるわけです。

ここを勘違いして「経歴がないと正社員になれないんだ…」「学歴に自信がないし、資格もない…」と悩んで就職・転職活動に踏み切れない20代の方も多く感じます。

しかし、実際のところは「やる気さえあれば、どうにかなる」ので、考えすぎずにまずは行動してみてください。

それでも不安な方は、以下の記事に職歴なしの人が勘違いしがちなことをまとめていますので、参考にしてみましょう。

20代後半から、だんだん正社員になるのが厳しくなってくる

20代後半の職歴なしとなると、正社員として採用してくれる企業が減ってくる傾向にあります。

企業側としては「若ければ若いほどいい」と考えているので、25歳以降からは年齢を重ねるに連れて、採用を控える傾向があるのです。

ですので、どれだけ応募先企業の仕事の適性があっても、年齢だけを理由に書類選考すら通らないことが増えてきます。

ただし、まだチャンスはある年齢層でもあるので、あまり考えすぎずにしっかり就職・転職活動しておきましょう。

「20代後半・職歴なし」について詳しく紹介している記事はこちら

20代後半の職歴なしの転職方法。正社員採用が厳しくなることは知っておこう!

30歳以降は、職歴なしで正社員になるのは厳しい

30歳以降の職歴なしの方の場合、残念ながら正社員になるのはかなり厳しくなってきます。

正確には「人材会社のサービスを活用して正社員になるのは厳しい」という意味です。

元々、人材会社のサービスを利用して正社員になること自体が「効率のいい方法」になるので、30歳以降は地道に求人を探して応募するか、あるいは非正規雇用から下積み経験を積んで正社員になる道しか残されなくなるわけです。

「厳しい」のはたしかですが「無理」ではないので、以下の記事などを参考に、出来ることから始めておきましょう。

アルバイト経験も転職に活かせることは知っておこう

「職歴なしでも正社員になれるか?」を考える際、なぜか「アルバイト経験は職歴に含まれない」と思われがちですが、職歴に含めたほうがいいに決まっています。

なぜなら、完全な無職よりもマシですし、むしろ自己アピールに上手く活用して採用の決め手になる可能性もあるからです。

また、業種・職種によってはアルバイトでも立派な経歴として評価されることも、珍しくはありまえん。

たとえば、接客業・小売業の仕事は「マーケティング」に含まれますので、店長クラスとして採用されることは十分あり得ます。

接客業・小売業のアルバイト経験のある方は、そもそも離職率(人が辞める割合)が多い業界で転職自体は容易ですので、大手の転職エージェントに登録しておけば、たくさんの求人が届きます。

関連:接客業・サービス業のフリーターが正社員を目指す場合に知っておくべきこと

また、クリエイティブ系(デザイン・ゲーム)関連の仕事であれば、現場で下積みすることが当たり前の業界なので、アルバイト経験でも職歴としてしっかり評価されることもあります。

クリエイティブ系でアルバイト経験からでも利用可能な人材サービスの例

マイナビクリエイター…クリエイティブ系の専門学校生などに幅広く対応している。ポートフォリオ作成の指導も行っている。→マイナビクリエイターの解説記事

Geekly(ギークリー)…IT・WEB・ゲーム業界全般に対応。フリーターからでも利用可能。マイナビクリエイターよりはビジネスライクだが、その分クリエイティブ系の勤務経歴がなくてもサポート対象となりやすい。→Geeklyの解説記事

シリコンスタジオエージェント…ゲーム業界の人材派遣会社の運営する転職エージェント。ゲーム業界・クリエイティブ系でのアルバイト経験ありなら、サポート対象。→シリコンスタジオエージェントの解説記事

このように、業界・職種によってはアルバイト経験が職歴としてしっかり評価されることがあることも、知っておきたいものです。

逆に考えてみましょう。

「アルバイト・フリーター経験が評価されない」と言われているのは、般職(普通のオフィスで普通の仕事をしている人たち)限定の話ですので、それ以外の業種・職種はそうとは言い切れません。

今の日本では非正規雇用も増えている傾向ですので、アルバイトも立派な経歴です。

もちろん正社員の経歴よりは劣りますが、それでも「ないよりはマシ」です。

自信を持って、自己アピールに活用してください。

地方と都市部での情報格差も意識しておく

職歴なしの方が正社員を目指すに当たって、考えておきたい問題が「地方と都市部の情報格差」です。

地方の職歴なしの方は、都市部と比べて正社員になるのが厳しめになりがちです。

その理由は以下の通り。

地方の職歴なしの方が正社員になるにくい理由

  • 単純に仕事の量が都会と比べて少ないので、選択肢が狭い
  • 人材サービスの拠点がないため、サポートを受けにくい
  • 閉じこもった会社が多く、コネ採用などを駆使しないと正社員として採用されにくい

とくに最近の若者はネット情報を参考にしていると思いますが、地方の企業はネットでの情報発信に遅れ気味で、正社員として採用される企業があったとしても、なかなか見つけにくいのです。

地方住まいはハローワークも使っておきたい

地方住まいの職歴なしの方は、消去法でハローワークを使わざるを得ないでしょう。

ハローワークは人材会社と違ってビジネスではないので、不便で効率も悪く感じるかもしれません。

しかし、性質を理解して使えば心強い味方にもなるので、以下の記事などを参考にしてみてください。

都市部への転職、上京を考えれば選択肢は広がる

地方住まいの職歴なしの方は、都市部へ移住して正社員になる方法もオススメです。

もちろん、都市部に移住する貯金がある人限定ではあります。

大手の人材サービスの場合、都市部の求人が多数を占めているので、都市部での就職も視野に入れておけば、圧倒的に選択肢が広がります。拠点も都市部に密集しているので、面談参加による細かなサポートにも期待できるでしょう。

また、職歴なしの方の場合、以下のようなネット・電話での面談に対応している人材サービスを使えば「内定をもらってから引っ越すかどうか?」を考えることが出来ます。

電話面談・Skype面談・LINEでの相談が可能な就職支援サービス

ハタラクティブ…東京・神奈川・埼玉・千葉の求人に特化した就職支援サービス。中卒から30代の職歴なしまで対応と、サポート対象が広め。また就職も効率重視なので、とにかく早く採用を決めたい人向け。電話面談・Skype面談など、柔軟に対応してくれる。→ハタラクティブの解説記事

ウズキャリ…東京と大阪に拠点を持つ、ITベンチャー系の人材会社。ネットでの広報に力を入れている、今どきの人材サービス。ネット経由で話を進めていくことが可能。ちなみに当サイトも、ウズキャリとメール連絡だけで仕事のやりとりをしている間柄。→ウズキャリの解説記事

TokyoDive…東京都内の求人の紹介だけでなく、住まいも初期費用無料で提供してくれる。TokyoDiveも電話面談・履歴書書類送付だけで済むので、地方から上京就職を考えているのであればオススメ。→TokyoDiveの解説記事

特殊な人材サービス会社ですが「JAIC」では、全国各地で開催されている説明会に参加後、泊まり込みで研修した後に都内で就職活動することが出来ます。→JAICの解説記事

また、最近登場した「東京みらいクルー」でも、全国各地で開催されている説明会に参加して、東京都内の求人や不動産情報を教えてもらうことが可能です。→東京みらいクルーの解説記事

都市部での就職も視野に入れておけば「収入が上がる」「選べる仕事の幅が広がる」などメリットが大きいので、引っ越し代・交通費の用意が出来る方は、選択肢に入れておきましょう。

関連:東京都内で働くメリット6つ!東京で就職すると人生は楽しくなるし充実する!

派遣会社の活用も考えておこう

職歴なしの方であれば、派遣会社の利用もオススメです。

とくに大手派遣会社である「JOBNET(マンパワーグループ)」「テンプスタッフ」の二社は、以下のような強みを持ちます。

大手派遣会社の強み

  • 未経験者でもすぐに仕事が見つかる
  • 一度面談登録を済ませれば、ネットで仕事を探すことも可能
  • 派遣会社に登録しておけば、辞めた後のフォローにも期待できる
  • 全国展開なので、地方の人でも利用可能
  • 大手なので、福利厚生・社会保障が充実している
  • 資格支援制度・キャリアアップ支援などのサポートも充実
  • 紹介予定派遣制度を活用すれば、正社員になれるチャンスも

→JOBNET(マンパワーグループ)の解説記事はこちら

→テンプスタッフの解説記事はこちら

また、派遣社員の場合「一日8時間も働きたくない…」「正社員として責任ある仕事はちょっと…」という方でも自分に合った働き方が選べます。

ですので「そもそも、正社員になるのが嫌だ…」「正社員求人の待遇が割に合わない…」と思っている職歴なしの方は、派遣社員をオススメしますよ。

職歴なしで正社員になるなら就職支援サービスの活用を

職歴なしで確実に正社員になりたい方は、就職支援サービスの活用をオススメしますよ。

  • 20代の若手が対象
  • 拠点や紹介求人が関東・関西圏

この2つの条件でもOKの方であれば、就職支援サービスを活用すれば、正社員として採用される確率がグッと上がります。

この記事で紹介しているようなことも、就職支援サービスの担当者に聞けばすぐわかり、自分に合った就職方法を教えてもらうので、素直にプロに相談しておくのが一番効率がよく、かしこいやり方です。

ニート訴求

とくにオススメの就職支援サービスは、以下の3社です。

オススメNo.1!

いい就職ドットコム

→解説記事はこちら

  • 中堅企業の紹介多め
  • 正社員求人限定
  • ブラック企業徹底排除
  • サイト登録式で求人情報閲覧可能
  • カウンセリング(電話可)などのサポートが充実
  • 創業者に既卒経験ありで利用者目線
  • 2001年からの長い運営実績のある老舗
効率NO.1!

ハタクティブ

→解説記事はこちら

  • 効率重視、登録1分で完了
  • 書類選考なしで面接可能
  • 全国に面談拠点あり
  • 電話面談・Skype面談対応
  • 契約・派遣社員の求人あり
DYM就職

→解説記事はこちら

  • 効率重視、登録1分で完了
  • 全国に面談拠点あり
  • 最短1週間の内定実績あり
  • 中堅~ベンチャー企業多め
  • 一部、上場企業の求人も

これらの就職支援サービスは、無料で登録できて就職先が決まるまで丁寧にサポートしてくれます。

なぜ、無料なのか?

理由は単純で「企業側がお金を払ってでも、将来性のある若者を採用したい」と考えているからです。

人材会社の運営する就職支援サービスでは、人件費に余裕のある企業ばかりなので、ブラック企業はなく、働きやすい企業と出会える確率がグッと高くなります。

また、利用者にすぐ辞められたら就職支援サービス側の信用にも関わるので、対応が丁寧で、決して強引な勧誘や無理な就職を押しつけてくることはありません。

途中で利用をやめることもできるので「思ってたのと違う…」「いい仕事を紹介してもらえない…」と思った場合も安心です。

とくにこれらの就職支援サービスは「既卒・第二新卒・フリーター・ニート」といった、レールから外れた人向けのサポートを行っているサービスで、読者と同じような悩みを持つ人を数多くサポートしてきた実績もあります。

さらに就職支援サービスは効率面も重視しているので、履歴書作成の手間がかからず、すぐに面接に行き着くことも多いので、就職活動で余計な手間をかける時間も省けます。

もちろん、面談のアドバイスもしっかりと行ってくれるので、安心して利用できますよ。

無料でここまでサポートしてくれると「怪しい…」と思う方もいるでしょう。

しかし、日本は若手が不足していて、それだけ「お金と時間をかけてでも、しっかりと若い人材を採用したい」と思っている企業が多いということです。

これらのサービスをしっかり活用しておけば、今まで1人で抱え込んで悩んでいたことがバカバカしくなるほどスムーズに就職・転職先が決まりますので、ぜひ登録だけでも済ませておいてください。

※現在は景気がよく買い手市場で非常に内定がもらいやすく、紹介してもらえる求人も多いので、早めの行動をオススメします。

その他の就職支援サービス

日本では20代の若手人材が不足しているため、上の3社以外にもきめ細やかな対応に期待できる就職支援サービスが登場しております。

以下に紹介する就職支援サービスは人を選ぶ反面、自分に合ったものを使えば意外な天職にも出会えるチャンスですので、気になる方はチェックしてみてください。

ウズキャリ

20代の若手でとくにIT・WEB業界に興味があるなら「ウズキャリ」がオススメ。

ウズキャリの特徴は、ざっと以下の通り。

ウズキャリの特徴

  • 社長がニート・フリーター経験ありのため、利用者目線に沿った運営方針
  • IT・WEB系の紹介に強い
  • 面談に平均20時間もかけるほど対応が丁寧
  • 若手中心のベンチャー企業のため、20代目線に近いサポートに期待できる
  • 「ウズカレ」という研修講座を受けた上での就職も可能

良くも悪くも「若手中心のITベンチャー」という会社なので、気になった方は使っておくといいでしょう。

※当サイトの読者限定で、ウズキャリ様より「Amazonギフト券2,000円分」のキャンペーンの案内を頂いております。利用される方はぜひご活用ください。

Amazonギフト券獲得の流れ

  1. 会員登録をする
  2. 本人確認の電話の際に【キャンペーンコード「uz20」】伝えていただく
  3. 面談後、3週間以内にAmazonカードをメールにて送付

JAIC(ジェイック)

20代向けの就職支援サービスとして根強い実績を持つのが「JAIC(ジェイック)」です。

JAIC(ジェイック)の特徴

  • 正社員の紹介限定(他業者だと契約・派遣がある場合も)
  • 研修・講座でビジネスマナーなどを徹底指導してくれる
  • 全国展開
  • 地方から東京までの交通費と宿泊費を全額支給

ウズキャリとは対照的で、古風な体育会系の就職支援という感じです。

また、JAICの場合は「研修や講座でみっちり社会人の心構えを作った上で、就職先を紹介」という方針ですので、効率面はやや劣ります。

社会人としての心構えや基礎をしっかり身につけた上で、腰を据えて働ける会社を探したい方であれば、使っておきたいサービスです。

就職Shop

あのリクルートの手がける既卒・第二新卒向けの就職支援サービスが「就職Shop」です。

就職Shopの特徴

  • 求人数最多
  • 人柄重視の小さめの企業の紹介多数
  • ただし、拠点での面談参加は必須

リクルートらしく、圧倒的求人量はあるものの、面談参加重視な点で、やや効率性には欠ける印象。

GEEK JOB(ギークジョブ)

東京近郊在住の方で、未経験からIT・WEB業界のプログラマー・エンジニアを目指したい方は「GEEK JOB」がオススメ。

GEEK JOBの特徴

  • 20代なら無料で本格的なプログラミング研修が学べる
  • IT・WEB業界で働くために必要なコミュニケーションスキルも学べる
  • ただし、東京都内の拠点に通う必要あり

GEEK JOBは、プログラミング研修を学んで本格的にプログラマー・エンジニアを目指したい方なら、非常に向いているサービスだと言えます。

もちろん、最初は無料で体験講座を受けてから、長期間の研修を受けるかどうか判断することも可能ですので、気になる方はぜひ参加してみてください。

TokyoDive(トーキョーダイブ)

東京への上京就職を考えている方なら「TokyoDive」もオススメ。

TokyoDiveの特徴

  • 地方在住でも、東京都内の仕事を紹介してもらえる
  • 東京の住まいを無償で提供してもらえる
  • ただし、派遣社員の紹介も多め

TokyoDiveの魅力はなんと言っても「東京の住まいも無償で提供してもらえる」という点にあり、上京就職を考えている方にとっては非常に心強いサービスだと言えます。

ただし、難点は派遣社員の紹介もあるところで、東京都内で正社員として長く働ける職場を探たい方にはやや不向きかも。

逆に「派遣社員でもOK」という方であれば、TokyoDiveは非常に魅力的です。

地方住まいの方でも、まずは電話面談と履歴書送付からでもサポートを受けられますので、興味のある方は使っておくといいでしょう。

東京みらいクルー

こちらも東京での就職・転職を考えている人にオススメの「東京みらいクルー」。

東京みらいクルーの特徴

  • 東京都内の正社員求人を中心に紹介してもらえる
  • 東京の不動産物件も同時に紹介してくれる

TokyoDiveはかなり緩めの感じのサービスですが、東京みらいクルーは正社員求人中止なので誠実な印象が強めです。

欠点としては、まだ運営期間が短く、知名度が低いところ。

そのため、あまり具体的な信用できる口コミ・評判も出回っていない点には注意。

関連コンテンツ