【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

書類選考がまったく通らない時に見直しておくべきこと。知っておくだけで選考通過率が上がる方法とは?

「書類選考が全然通らない…」
「何十社応募しても面接にすら行き着かない…」

転職活動において、このようにお悩みになられる方は多いです。

考えられる原因や改善ポイントはたくさんあるのですが、とくに書類選考にまったく通らない人に多く見られる過ちが以下の2パターン。

  • 書類(履歴書・職務経歴書)の書き方が悪い
  • 応募している企業がそもそも採用見込みがない

書類選考にまともに通らない方は、おそらくこのどちらかで引っかかっている可能性大です。

それ以外の「手書きか?PCか?」「職務経歴書は何枚にまとめるか?」と言った”小手先の技術”は、大した要素ではありません。

当記事では「書類選考が通らない…」と悩んでいる方で、共通して見られる改善点をご紹介していきます。

書類選考が通らないで悩んでいる方は、今後の参考にしてみてください。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

書類(履歴書・職務経歴書)の書き方が悪いケース

書類選考が通らない原因として考えられる大きな理由の1つは「書類の書き方が悪い」ケースです。

この場合、

  • 本人の経歴や性格に問題はないのに、なぜか書類選考に通らない
  • 職務経歴書の書き方が下手で、人事に自分の経歴を伝えきれていない
  • 「手書きorPC」などのこだわりが強すぎて、ケースバイケースで柔軟に応募方法を使い分けていない

…など、書類の書き方を改善すれば劇的に選考通過率が上がる可能性も高いので、しっかり見直しておきましょう。

履歴書作成の基本が出来ていない

書類選考にまったく受からない場合、履歴書作成の基本がまったく出来ていないのかもしれません。

履歴書作成の基本

  • 文字を丁寧に書いているか?(手書きの場合)
  • エントリーシートの規定はしっかり守られているか?(求人サイト経由での応募の場合)
  • 証明写真の写りはしっかりしているか?(撮影スタジオで撮ることが好ましい)

これらのすべてを完璧に行う必要はありませんが、余裕があるなら出来るに越したことはありません。

書類選考は限られた情報で相手に自分の魅力や強みを伝えなければいけないので、必然的に「基本がしっかり出来ているだけでチャンス」となります。

とくに、以下のような会社は履歴書作成の基本が出来ていないだけで不採用になりやすい傾向にあるので注意です。

  • 手書きの文字で人柄を判断する古風な会社
  • 応募者数が多いため、減点方式で書類選考をしている人気求人
  • 仕事に丁寧さや書類マナーが求められる事務職など

逆に言えば上記以外の会社は「履歴書作成が多少大雑把でも選考に通ることもある」ので、応募前に企業側の情報や人事の判断基準を予測しておくことも大事です。

職務経歴書の内容がわかりやすくまとめられていない

書類選考が通らない方は、職務経歴書の内容がわかりやすくまとめられていないのかもしれません。

  • 職務経歴書はA4用紙1~2枚で簡潔にまとめる
  • 過去の業務内容も助長になりすぎないように、要点だけをまとめる
  • 余計な情報は書かない(過去の会社の愚痴、理想・理念など)

職務経歴書の役割は「面接に呼んでもらうための判断材料」です。

そのためには、企業の人事担当者に限られた時間で的確に相手が知りたい情報を伝える能力が求められるのです。

逆に言えば、長ったらしく無駄な情報が羅列されている職務経歴書は、読む気すら失せてポイされてしまうということでもあります。

人事が知りたい情報が一切書かれていない

履歴書・職務経歴書は、何も丁寧に決まりどおり書くことだけが正解ではありません。

一番大事なのは、人事に「面接に読んで話を聞きたい」と思わせる情報をしっかり書くことです。

つまり、「自分が伝えたいこと」を書くのではなく「相手が知りたいこと」を書くのが大原則です。

企業の人事側の目線で考えるとわかりますが、以下のような要素はしっかり書いているでしょうか?

企業の人事が書類選考で知りたい要素

  • 今までどういう考えで経歴を作ってきたのか?
  • 現時点で何が出来て、何が出来ないのか?(自己分析)
  • 採用された後、即戦力としてはどれぐらいの仕事をこなせるか?
  • 採用された後の企業で、どのように成長していきたいのか?
  • その他、応募者の人柄や人格

これらの要素は、決して「履歴書・職務経歴書はこう書けばいい!」と書いてある本やサイトだけからは得られない情報であり、自分自身の頭で考えて、企業側のニーズを読み取る能力が求められます。

どれだけ書類送付マナーが完璧であっても「企業目線」「人事目線」が欠けていては、受かるわけがないことは心がけておきましょう。

例文などを参考にしすぎている

書類選考がまったく受からない人は、本・ネットに掲載されている例文を参考にし過ぎている可能性も大きいです。

ネットで簡単に例文を探せるようになった現代では、人事側も例文を丸写ししただけの書類には見飽きており、うんざりしています。

とくに悪い例としては、

  • 例文に習って書きすぎており、具体的な経験をアピールできていない
  • 自分の本心にもないことまで、例文通りに書いている
  • 転職サイトの「〇〇してはいけません」という主張を真に受け、書いたほうがいいことまで書いていない

…など、例文を参考にし過ぎているせいで、自分の良さを殺してしまっているケースもあるのです。

例文を参考にするのは問題ないのですが、その情報が「本当に自分にとって有効か?」という判断基準はしっかり持っておきましょう。

ネガティブなことが書いてある

書類選考が通らない場合、必ず見直しておきたいことは「あまりにネガティブ過ぎることを書いていないか?」ということです。

人事に避けられるネガティブな自己アピール

  • 前の会社の愚痴や悪口を書いていないか?
  • 過去の失敗を責任転嫁していないか?
  • 「自分はこう思われている」など被害者意識の強いことを書いていないか?

別に「前向きになれ」「ポジティブになれ」と言うわけではありませんが、あまりにネガティブで卑屈な自己アピールが書かれていると、誰も一緒に仕事したいとは思いません。

過去のことはどうにもなりませんし、自分の評価を決めるのは企業側です。

卑屈になりすぎず、かと言って傲慢にもならないよう、客観的かつ冷静に自分をアピールしましょう。

応募している企業が間違っているケース

書類選考で落ち続けてしまう場合、早めに気づいておきたい原因が「そもそも、応募している企業に採用見込みがまったくない」ケースです。

これはどういうことかと、

  • 自分の人材価値よりも上の求人ばかりに応募している(理想が高すぎる)
  • 人気求人ばかりに応募して落とされている(競争倍率が高いため)
  • 自分の経歴・スキルとまったく合致しない企業に応募している(未経験職への応募)

…など「他の応募者の存在を考えていない」「企業側のニーズをまったく考えていない」場合に、こういったケースは起こりえます。

このケースの場合、どんなに書類を完璧に書いても最初から受かる見込みが低いので、落ち続けて当然です。

ですので、根本的に転職活動方針・希望する求人条件を見直す必要がありますので、しっかりと現実を認識しておきましょう。

自分が受かるはずもない求人ばかりに応募している

書類選考が何十社も通らない人は、自分が受かる見込みのない求人ばかりに応募している可能性が高いです。

具体的には、

  • 前の職場の条件を基準にしすぎている(通常、新卒入社した会社の年収条件が一番いい)
  • 自分の経歴に合う年収・月収相場よりも上の条件ばかり望んでいる
  • 休日・残業時間の面でまったく妥協していない(完全週休2日、残業20時間未満という条件を譲らないなど)

…など、理想が高すぎる場合は、書類選考すら通らなくて当たり前です。

これがなぜかというと、書類選考にまったく通らない人が望んでいるような条件の会社は存在しないorあまりに人気すぎてよっぽど優秀な経歴がなければ受からない…という現実が見えていないからです。

ですので、転職の現実を知るために意識しておきたいことは、

  • 会員制の転職サイトに登録しておき、自分の経歴に合わせて届く求人に応募する
  • プロのアドバイザーから意見をもらい、現実的に自分が受かる可能性のある待遇条件を知っておく
  • 「理想」ではなく「妥協」で求人を選ぶ

…など、とにもかくにも「自分でも採用見込みのある求人」をハッキリとさせておくことです。

人気求人ばかりに応募している

書類選考がまったく通らない人に考えられる原因は「人気求人ばかりに応募している」というケースです。

応募が殺到しやすい人気求人の特徴

  • 無料求人誌・求人サイトの目立つ位置に表示されている求人
  • 似たような求人と比べて、ずば抜けて待遇条件がいい求人
  • 未経験者でも就ける、経歴を求められない仕事の割に条件がいい求人
  • 会社の知名度が高い・大企業グループで待遇がいい求人
  • 職種・業種自体が人気が高く競争倍率が高い(事務職など)

これらの求人は、仮に応募者が適性があったとしても、採用人数が決まっている以上は、年齢・今までの経歴に光るものがないのであれば、問答無用で落とされてしまいます。

年齢別・書類選考に落とされるケース

書類選考に受からない原因ですが「企業側の年齢制限に引っかかっている」可能性も十分ありえます。

これは国の規定で表面上は「年齢制限なし」となっているので、気づかない人がいてもしょうがないかもしれません。

ただし、実情としては企業側に暗黙の了解で「年齢制限」が設けられているのです。

どういうことかと言うと、法律のせいで「求人票には年齢制限を書けないが、企業側の採用基準としては年齢制限がある」という、求職者側が判断に困ってしまう状況が成立してしまっているわけです。

ですので、書類選考で落ちる方は「自分の年齢に合った求人に応募しているか?」を判断するためにも、年齢層毎のおおよその転職活動方針を知っておくといいでしょう。

20代で書類選考が通らない場合は?

20代の転職の場合、大した経験も経歴もない時期ですので、書類選考自体大して重要ではありません。

ですので、20代で未経験職を目指す方で書類選考が通らない場合は、いっそ書類選考なしで応募できる20代向けの就職支援サービスを使うのが手っ取り早いでしょう。

とくに職務経歴書に書くことのない方の場合は、律儀に書類選考を通すだけ時間の無駄です。

既卒・第二新卒含む20代向けの就職支援サービスは、その多くが「履歴書なしでも紹介先企業と面接を組んでもらえる」ので、書類選考で通らない場合は使っておくといいでしょう。

ただし、20代後半以降のキャリアアップ転職を意識する場合は、職務経歴書の書き方を意識しておいたほうが採用確率は高まります。

ですので、ハローワークや転職エージェントなどに相談して、しっかり職務経歴書を作成しておくといいでしょう。

転職活動においては「職務経歴書(レジュメ)は定期的に更新するのが当たり前」ですので、すぐに転職する気がない方でも、早めに職務経歴書の作成にとりかかっておくだけ損はありません。

30代で書類選考が通らない場合は?

30代で書類選考が通らない場合、考えられる原因は以下の通り。

  • 20代と比べ、今までの経歴が重視される傾向にあり
  • よって未経験職への転職は非常に厳しくなる
  • また、キャリアアップ転職の際は「管理職・マネジメント」に関しての経験や方向性も求められるため、管理職視点がないと採用されにくい

30代の転職活動でとくに重要になってくるのが「管理職としての素質」になってきます。

管理職経験があったり、あるいは管理職候補として働く意志がある方はともかく、そうでない方は転職活動は厳しめになります。

管理職候補として有効にアピールできる要素がない場合は、以下の転職方針も考えておくべきです。

  • 希望条件を妥協して、受かりやすい職種・業種に的を絞って応募する
  • 派遣社員での採用も視野に入れておく(管理職を目指さない場合)
  • 職業訓練校などで一からスキル習得しての再就職を考えておく

40代以降で書類選考が通らない場合は?

40代以降で書類選考が通らない場合、考えられる原因は以下の通り。

  • 管理職経験がまったくない
  • 家族扶養などの企業負担面で妥協が出来ていない(家庭持ちの場合)
  • 今までの経歴・経験が活かせる転職先を選んでいない

40代以降の転職の場合、多くは「他の会社で、自分と同じポストが空くのを待つ」という状態になりがちです。

ですので、書類選考で一から応募するよりも、転職エージェントで自分の経歴と合う採用範囲を担当しているアドバイザーに相談しておき、優先的に自分に合った求人を紹介してもらうのが一番手っ取り早いと言えるでしょう。

完全な未経験職への転職を希望すれば待遇の悪い仕事しかありませんし、かと言って自分で一から応募し続けれもまず受からない…。

となると、現実的に「自分が受かる見込みのある、席の空いた求人」を優先的に紹介してもらって応募するしかないので、40代以降の転職は必ず人材会社を通してプロの担当者とコネを作っておくといいでしょう。

書類選考が通らないのであれば転職エージェントに相談しておこう

以上のように、書類選考が通らない理由や原因は、挙げればキリがないぐらいにたくさんあるので、出来れば一度プロに相談して客観的なアドバイスを受けておくことが、採用の近道だと言えます。

少なからず、今回紹介したような原因や改善点を思いつきもしなかった方は、転職活動に関する知識や人事目線が欠けていますので、いくら自分で工夫したところで良い応募書類が作れるわけがありません。

そういった方のために運営されているのが「転職エージェント」です。

転職エージェントでは、転職に関する総合的なサポートを行っており、今回紹介したような、

  • 効果的な書類作成や自己アピールの指導
  • 受かる見込みのある求人を優先的に紹介
  • 事前に面接官の情報を教えくれ、企業の採用傾向がわかる

…など、様々なサポートをすべて無料で行ってくれます。

やる気や人間性だけで勝負できた就職活動と違って、転職活動はシビアに経歴が採用の是非を左右するようになるので、市場分析・企業分析が出来ない方は、素直に転職エージェントに相談しておいた方がスムーズに転職を成功させることができます。

書類選考が通らないで悩んでいる方は、早いうちに転職エージェントに相談しておき、無駄のない転職活動を行っておきましょう。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました