証券外務員になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

証券外務員は、証券会社や銀行、生・損保などの金融と関連する企業で証券営業に従事する。
主な仕事は、株・債券・投資信託などの有価証券の売買や媒介、代理、募集、委託となる。
個人投資家が増え、さらに金融商品の種類が多様化しているため、この仕事をするに、さまざまな金融商品についての知識を身につけることは当然のこと、一般投資家に分かりやすく説明できる能力が必要となる。
また、社会情勢を見極めながら、相場の動向をできるだけ的確に予測していく能力も求められる。
この仕事は、日本証券業協会の外務員資格試験に合格し、金融庁に外務員登録をしなければ業務に就くことができない。
資格は、取り扱える業務に応じて6種類ある。
資格を取得すると、外務員として日本証券業協会に登録され、証券業務を行える。

お金に関する仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました