【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

労働環境が悪い職場の特徴。劣悪な労働条件、低い待遇、職場環境がひどいと感じたらチェックしておきたいこと

「職場の労働環境が最悪…」
「労働環境が劣悪だと感じる…」
「職場環境だけでなく待遇も悪いと感じる…」

このようにお悩みではありませんか?

「職場環境が悪い」と一言で言っても、多くの職場や業界を経験したことならともかく、そうでない人にとっては客観的な判断基準がわからないものですから、今の職場環境が本当に劣悪かどうか判断するのは難しいかと思います。また、大なり小なり会社に対しての恩義や情というものもありますから、多少の労働環境の悪さには目をつむれるのは労働者側の人としての強さだとも言えます。

ただ、そういった「労働者側の義理や温情、あるいは無知さを利用して、劣悪な労働環境を押し付けてやろう」と、半ば無意識に考えている経営者や会社も存在します。国としても、そういった経者側によって労働環境が悪化しないように会社法などの法律で規制をかけるわけですが、実態が追いついているかどうか、経営者側が遵守した上で従業員が安心して働ける環境を作ろうとするかどうかは、また別の話となります。

ですので、極端な結論で言うなら「従業員側が労働環境が悪いと感じるのであれば、それは労働環境が悪い証拠」だと言えるでしょう。なぜなら、実際に労働環境が悪いとしても、その分給料や待遇が良ければ人は耐えられるものですし、多少の不満は我慢してくれる従業員も多くなるはずだからです。

逆に言えば、労働環境が悪いと従業員に感じさせて不満や不信感を抱かせてしまうような会社は、経営が悪かったり、上司のマネジメントが不足している可能性が非常に高いです。

そこで本記事では、労働環境が悪いと従業員に感じさせてしまう会社の特徴を踏まえた上で、さらにその奥の根本原因となる会社側の経営やマネジメントの問題の解説も行い、従業員の立場でできる対策も合わせてご紹介していきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

労働環境の悪い会社の特徴とは?どのような状態が劣悪と言える?

待遇の悪い会社で働き続けることは、まるで”奴隷”のようだ。

給料が低い

待遇の悪い職場は何よりも給料が低いです。「世の中金ではない」とは言いますが、最低限の給料さえ与えられない会社では、従業員のやる気も落ちていき生産性も下がっていきます。

とはいえ、月給など「お金の話」は表に出にくいもので、具体的に「自分がどのぐらい給料が低いか?」はわかりにくいものですよね。そこで厚生労働省のデータから平均月給をまとめておきました。


・平成29年度の平均月給

年齢(歳) 男性 女性
20~24 21万 20.2万
25~29 24.8万 22.5万
30~34 28.9万 24.1万
35~39 32.4万 25.4万
40~44 35.8万 26.2万
45~49 39.4万 26.8万
50~54 42.4万 27万
55~59 41.2万 26.2万

出典:平成29年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省


この平均月給以下であれば、今のあなたの給料はあまりに低すぎます

職場を変えればすぐに給料が上がる可能性があるので、転職を視野に入れておきましょう。

労働時間が多い

待遇の悪い職場は残業時間や出勤日数が多く、とにかく労働時間が長い傾向にあります。

労働基準法では「1日8時間、一週間40時間」以上働かせてはいけないことになっています。

ですが、多くの企業では36協定(サブロク協定)により実質的には「1ヶ月最大45時間まで」になっていることがほとんどです。

しかしながら、厚生労働省の労働時間を見てみると、月の平均残業時間は約15時間ほどです。

以下に、平成28年度の平均労働時間をまとめています。


・平成28年度の平均勤労時間

月平均実労働時間:168.85時間
月平均残業時間:14.6時間
月平均出勤日数:20.1日

実労働時間(時間) 残業時間(時間) 出勤日数(日)
1月 156.4 14.1 18.6
2月 168.0 14.7 20.0
3月 170.7 15.2 20.4
4月 174.5 15.2 20.8
5月 163.1 14.1 19.5
6月 175.9 14.3 21.1
7月 171.8 14.4 20.6
8月 162.8 13.7 19.5
9月 169.5 14.6 20.3
10月 170.9 14.9 20.4
11月 172.4 15.3 20.6
12月 170.2 15.2 20.3

出典:毎月勤労統計調査(全国調査・地方調査):結果の概要|厚生労働省


こうして見てみると、多くの企業が「残業時間は1日につき1時間未満程度」「週休二日」がしっかり行われているかわかることでしょう。

しかし、その裏では36協定を盾に月45時間以上の残業を平然と行う会社も当然ながら存在します。

ひどい場合には「タイムカード改ざん」などでサービス残業を強要する会社もあり、そういった会社は問答無用で「待遇の悪い会社」と言ってもいいでしょう。

休みが少ない

また、待遇の悪い会社では休日が少ないことが特徴です。

ひどい場合には「週休2日制」とは名ばかりで、週6勤務の会社も少なくはありません。

これは「完全週休2日制」と「週休2日制」の意味が異なり、知らずに就職してしまう人が多いからです。

・「完全週休2日制」と「週休2日制」の違い

完全週休2日制:1年を通して週2日以上の休みが毎週あること
週休2日制:1ヶ月に週休2日以上の休みが”1回以上ある”こと

この違いを利用すれば「週休2日制」と言っておきながら、実質月25日以上の出勤を強要することも可能なんです。

仕事とプライベートでメリハリを付けたい人にとっては、こんなに辛いこともありません。

残業時間と出勤日数面での待遇については、多くの場合は転職すれば解決します。

身体や精神を壊してしまう前に、転職を考えておきましょう。

仕事の終わりが見えない

待遇の悪い職場では仕事の終わりが見えないため、職場の士気が低い傾向にあります。

人は誰しも「終わりの見えない苦痛」を抱えると、不安になってしまいドンドンやる気が低下していくものです。

たとえば、学校のテストや受験などは「点数を取る」「期日」と言った、明確なゴールが見えているからこそ、集中して頑張れるわけです。

一方でゴールの見えない仕事では、どんなに熱意ややる気に満ちあふれた人であっても、そのうち心が折れてしまいますよね。

仕事の終わりが見えない職場には、以下の原因が考えられます。

・仕事の終わりが見えない主な原因

  • 職場全体での目標もなくダラダラ仕事している人が多い
  • 仕事量があまりに多く、自転車操業になっている
  • 人手が慢性的に足りていない
  • 上司や取引先が完璧主義者で、理不尽な要求を何度も突きつけられる

これらの原因で仕事の終わりが見えなくなっている会社は、いつまで経っても仕事が終わることのない悪夢を抱えながら、働き続けなければいけません。

当然、終わりが見えない分、残業や休日出社も多くなります。

そして、終わりが見えないので、精神的にも開放感が得られなくつらい仕事になりがちです。

もし、あなたの会社が「仕事の終わりが見えない職場」であれば、それは「PDCAサイクル」が出来ておらず、業務改善がしっかり行わていない証拠です。

仕事量ばかりが増え続け、人員や労働時間の見直しが行われるようなことは決してありません。

もっと余裕を持って働きたいのであれば、仕事の終わりが見える優良企業に転職するべきでしょう。

上司が無能で仕事の割り振りが出来ない

待遇の悪い職場では、根本的に上司や経営者が無能です。

上司や経営者はいくら仕事が出来る人であろうが、部下に適切に仕事を割り振りきれないのであれば、そもそも人に立つ器ではないのです。

また、上司には「マネジメント」と言う、部下の仕事・労働状態を管理する役割も持っています。

マネジメントはいくら本人が効率よく仕事ができようとも、部下を上手く扱えないようでは、一生身につかない能力です。

そして、実に日本の管理職にはマネジメントが出来ない上司が実に多いんです。

もし上司がしっかりマネジメントできておらず、仕事の割り振りが下手であれば、辞めることを考えておいたほうがいいでしょう。

性格の悪い人が多い

待遇の悪い職場には、性格の悪い人が多くなります。

というのも、待遇の悪い劣悪な環境で仕事すれば、どんなお人好しでも性格がどんどん歪んでいくからです。

そして、待遇の悪い職場ではどんどん性格も陰湿でネガティブになっていきますね。

・待遇の悪い職場で生まれる性格の悪い人の特徴

  • 細かい揚げ足取りに躍起になる
  • 他人の人格批判をしてばっかり
  • 派閥を作っていじめのような行為を行う

そして、このような性格の悪い人と接していると、自分も知らぬ間に性格が歪んでいくものです。

充実した人生を送りたいのであれば、待遇の悪い職場は辞めることを考えておいたほうがいいでしょう。

優秀な社員がすぐに辞めるので離職率が高い

待遇の悪い職場では、優秀な社員はすぐに辞めていきます。

なぜなら異常を感じたらすぐに転職するからです。

とくに最近の20代はほとんどの人がスマホで毎日転職情報に触れることになります。

少しでも情報にアンテナを張り巡らせておけば、転職を考えるのは当然ですからね。

しかも、今の日本では少子高齢化に伴い、圧倒的に若い人材が不足しています。

何も待遇の悪い職場で無理に働き続けるメリットは皆無でしょう。

従業員の意識が低い

待遇の悪い職場では必然的に従業員の意識が低くなります。

というのも、終わりの見えない仕事、先の見えない会社でどれだけ頑張って働いても、残念ながら報われることがないことはわかっているからです。

そうなれば、残る選択肢は明快。

仕事で手を抜いてダラダラ働くのみ。

待遇の悪い職場では意識の低い人が増加し、周りも「真面目に頑張るのはバカらしい」と考えてしまい、ドンドン全体の意識が低くなっていきます。

意識が低くなっていくと仕事の生産性も下がり、向上心もなくなり、まさにネガティブスパイラルですよね。

意識の低い環境で長期間働くと自分の仕事に誇りが持てなくなり、自信もどんどんなくなっていきます。

そして、いざ辞めようと思った時も「今の自分には転職なんて出来っこないから、今のままでいいや…」と会社にしがみつくだけの生きた屍と化すのです。

将来性が低い

待遇の悪い職場は単純に将来性が低いです。

待遇の悪い職場には、2つのタイプがあります。

「会社は大きく業績はいいものの、人件費カットで従業員の幸福度は低い」
「会社が小さい上に赤字、倒産秒読み」

前者は会社自体の将来性はあるものの、経営者や役員、あるいは本社のデスクワーカーによる搾取が激しいため、下で働いている人間はいくら頑張ったところで待遇が良くなることは一切ありません。

まさに、現代の奴隷と言えるでしょう。

後者は会社の将来性も従業員の将来性も皆無ですね。

しかし、経営者や従業員の団結力が高いので、人間関係が悪くないところがかえって邪魔になります。

同情して流されやすいような人は、辞めることが出来ずに、待遇が悪いにも関わらず会社のために尽くそうと考えてしまうのです。

一つ言っておきたいことは、会社のために尽くしたところで潰れたら最後、従業員には一切何のメリットもないどころか、文字通り「路頭に迷う」ことになります。

会社のために信じて働いてみるも倒産に巻き込まれ、中高年になって始めて転職し始めてはあまりに遅すぎます。

会社と心中する覚悟がないのであれば、転職の準備をしておくべきでしょう。

労働環境の悪い会社が抱える問題とは?なぜ改善されないのか?

労働環境が悪いと感じる人にとって、その背後にある会社の問題点は様々です。以下では、その問題とその原因、そして具体的な事例を挙げて解説します。

無茶することや手を動かすだけが仕事だと勘違いしている

多くの会社は、働き手に結果を求めるが、その過程や健康を顧みない傾向があります。例えば、ある制作会社では、短期間でのプロジェクト完了を優先し、徹夜を強いるケースが頻発しています。

労働力が確保されておらず、常に人手不足の状態が続いている

人手不足は、従業員の過労やストレスの原因となる。例として、都市部の飲食店では、スタッフ不足で同じ人が長時間働くことが常態化している場合があります。

人手不足の問題を解決するための業務効率化も進んでいない

効率的な業務手法や技術の導入が進まない企業は多く、その結果、時間外労働が増加する。例: 伝統的な製造業での手作業中心の生産ライン。

社員教育や研修の不足/ベテラン社員への依存

新入社員教育が十分でなく、ベテラン社員の知識や経験に頼る文化が根付いている。例: ある建築業界の企業では、新人が技術を習得するのに何年もかかる事例が報告されている。

従業員の成長機会がなく、人事評価制度も年功序列的か不明瞭

成果主義が導入されていない、または年功序列に基づく評価制度が存在する。例: 中堅の商社で、昇進や昇給が勤続年数で決まるケース。

トップダウンでの一方的なコミュニケーション/社員や現場の意見を取り入れない社風

経営層と現場とのコミュニケーションの乖離が生じる。例: ITスタートアップで、開発者のフィードバックが経営層に届かず、製品の品質が低下する事例。

業績が下落傾向にあり、人件費を確保できていない

利益の低下に伴い、給与や福利厚生の削減が進む。例: 販売不振となったあるアパレルブランドでの一時帰休や賃金カット。

短期的な利益を重視し、社員の健康やモチベーションを顧みない/倫理感の欠如や非合法的な業務の存在

利益追求を最優先とする結果、従業員の権利や健康が犠牲になることがある。例: 不正な手段でコストを削減しようとする製薬会社のスキャンダル。

労働環境の悪い会社で働き続けるとどうなる?我慢して続けるべき?

労働環境の悪い会社での長期的な勤務は、従業員の心身に深刻な影響を及ぼすことが多いです。以下では、そうした環境での働き続けるリスクや、我慢して続けるべきかどうかについての考察を行います。

  • 心身の健康問題:
    悪い労働環境はストレスを増加させ、心身の健康を損なう可能性が高まります。具体的には、うつ病や過労死などのリスクが高まる。
  • キャリア形成の遅延:
    スキルアップや成長の機会が乏しい環境では、将来的なキャリアの展開が難しくなります。
  • 人間関係の悪化:
    ギスギスした職場環境は、人間関係の悪化を招き、仕事の質やチームワークにも影響を及ぼす。
  • モチベーションの低下:
    長期間、悪い環境で働くと、仕事への情熱やモチベーションが低下し、生産性も落ちてしまう。
  • 将来的な雇用機会の減少:
    継続的な過労やストレスが原因での退職や休職は、次の雇用を探す際に不利に作用する可能性がある。

我慢して続けるべきかという問題については、一般的な答えは難しいものの、自身の健康や将来を犠牲にする価値があるのか、真剣に考える必要があります。

短期的な経済的な理由や、ある程度の状況改善の見込みがある場合を除き、長期的なキャリアや人生の幸福を追求する観点からは、転職や再挑戦を検討する価値があるでしょう。

労働環境の悪い会社から抜け出すために意識しておくべきことは?

労働環境の悪い会社から抜け出し、新たなキャリアへの道を開くためには、いくつかのポイントを意識する必要があります。以下、具体的なアクションや準備を挙げていきます。

  • 自身の価値を再確認する:
    自身のスキルや経験、得意分野を明確にし、それを活かせる場所を見つけることが大切です。自己評価が低下している場合は、第三者の意見を求めるとよい。
  • 情報収集とネットワーキング:
    新しい職場や業界の情報を収集し、知人や業界関係者とのネットワーキングを活発に行いましょう。それにより、隠れた求人情報や業界の動向を掴むことができます。
  • 経済的な安定を図る:
    転職活動中の経済的な安定は重要。退職前にある程度の貯蓄や計画を立てることで、焦らず適切な新たな職を探すことができます。
  • プロフェッショナルなサポートを利用する:
    転職エージェントやキャリアカウンセリングを活用し、専門家の意見やサポートを得ることで、効率的な転職活動が行えます。
  • 健康を最優先に:
    精神的・身体的な健康を維持し、転職活動中も自身のケアを怠らないことが大切。ストレスや過労が蓄積されている場合は、適切な医療機関での相談を検討しましょう。

労働環境の悪い会社からの脱却は勇気が必要ですが、新しい環境での可能性やキャリアアップのチャンスを追求するための第一歩です。自分の価値を信じ、適切なサポートを得ながら、前向きに転職活動を進めていきましょう。

職場環境が悪いことが理由で転職を考える際のポイント

「転職してもどうせいい会社は見つからない…」
「こんな待遇の悪い会社で働いている経歴なんて評価されない…」
「転職にするともっと悪い職場に就いてしまうかも…」

長い間劣悪な職場環境で働き続けていると、このようにネガティブな不安ばかりで転職に対してもポジティブなイメージが持てなくなります。

しかし、待遇の悪い会社から抜け出すために努力すると、多くの場合、より良い会社が見つかります。

なぜなら、今の会社があまりに待遇が悪すぎるからです。

実際、ブラック企業や残業時間の異常な会社から転職した人の多くは、転職先で働いてみて「こんなに楽でいいの?」と思ってしまうぐらい、待遇の悪い会社はひどいものなのです。

そして、今まで転職を経験したことない人は、今の会社だけで社会や会社全体を知った気になってしまうものです。日本には400万以上の企業が存在するわけですから、少し行動すればすぐに今よりいい会社は見つかります。

待遇が悪いと感じているのであれば、今すぐ転職活動を始めましょう。

ただ、いきなり転職しようとしても、経歴が不十分なうちや自己アピールが不十分なうちは自力で転職しようとしても採用されにくいばかりか、下手をすると年収ダウンしてしまったり待遇がさらに悪くなる…なんて失敗にもつながりかねません。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

会社環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました